海猫の棲む入り江 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-12-08

ベティ・ザ・キッド(上)


荒れ果てた大地と砂漠、点在するレインスポットに暮らす人々。その過酷な世界を戦車で旅する少女がいた。名はエリザベス・スタリーヘヴン。素性を隠し“賞金稼ぎのキッド”として名を馳せる彼女だが、実は1年前まで銃を触ったこともなかった…。謎の協力者ウィリアムや不思議な能力を持つ少女フラニーとともにベティは旅を続ける。父の仇ロングストライドを追い詰め、決着を付けるために。秋田禎信、待望の新作。

Amazon.co.jp: ベティ・ザ・キッド(上) (角川スニーカー文庫): 秋田 禎信, 山田 外朗: 本

おっ、ウェスタンものだ。女ガンマン、復讐とネタも完全にツボ。
ライトノベル西部劇やってると当たりなイメージがあるんだよな。つーてもパッと
思いつくのは田中哲弥大久保町の決闘と、水無神知宏の此よりは荒野の2作か。
それよりも表紙からニトロプラスのゲームで続・殺戮のジャンゴを連想したんだけど
この本のイラストもニトロプラスの人か。なんとなく雰囲気が似ているはずだ。
期待したとおり、内容が硬派で乾いた非情な空気がかっこいい小説だ。文章が濃いし
中身がぎっしり詰まっている感じだ。 ガンアクションや敵役との対決はまだ少なくて
下巻でどれだけスパートを駆けてくるか次第というところだな。上巻の時点でムードや
シチュエーション、キャラクターのバックボーンはしっかり作ってあるのでこれは
かなり期待してしまう。

大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION (ハヤカワ文庫JA)

大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION (ハヤカワ文庫JA)

Gunning for Nosferatus〈1〉此よりは荒野 (ガガガ文庫)

Gunning for Nosferatus〈1〉此よりは荒野 (ガガガ文庫)

続・殺戮のジャンゴ ?地獄の賞金首? 皆殺しパック

続・殺戮のジャンゴ ?地獄の賞金首? 皆殺しパック



微妙に話がズレるけど女ガンマン / 皆殺しのメロディって映画面白そうなので一度
見たいと思ってるんだがレンタルで見かけたことないんだよな。ベティ・ザ・キッドと
あらすじがよーく似たようなとこあるんで興味がある。

女ガンマン / 皆殺しのメロディ [DVD]

女ガンマン / 皆殺しのメロディ [DVD]

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umineko01/20101208/p1