海猫の棲む入り江 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-05-07

クビキリサイクル

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)


絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、5人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする! 工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友(くなぎさとも)(♀)とその冴えない友人、「戯言遣い(ざれごとづかい)」」いーちゃん(♂)は、「天才」の凶行を“証明終了(QED)”できるのか? 新青春エンタの傑作、ここに誕生!第23回メフィスト賞受賞作。Amazon.co.jp: クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス): 西尾 維新, take: 本

悲鳴伝から遡ってデビュー作へ。悲鳴伝面白かったけど物足りなさもあったしこっちは戯言シリーズ一作目でもあるから続けて読んでいけば分量的に物足りんってこともないだろうし。とりあえずクビキリサイクル一冊だけに関してだと意外にがっちり推理小説やってたんだなー、と。それ以上にキャラが大勢出てくるのに一人一人の立ちっぷり、というか萌えキャラだらけなのが圧倒的。饒舌な語り口は最新作の悲鳴伝と比べると少し固い印象があるけど第一作から濃密で作品に漂う空気感がなんとも独特。完結して数年になる有名シリーズですがいまからゆっくり楽しんでいこうかなと思っています。

悲鳴伝 (講談社ノベルス)

悲鳴伝 (講談社ノベルス)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umineko01/20120507/p1