海猫の棲む入り江 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-09-12

“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2)

“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)

“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)


野村美月が贈る大人気学園ロマンス、待望の第2巻!! 取り憑かれ、うっかり友達になってしまった幽霊のヒカルのため、その【心残り】を晴らす約束をした是光。 ヒカルが示した次の相手は、内気な引きこもりの少女だった。 夜にだけ咲く儚い花のような少女、夕雨。 閉じた世界で幸せに微笑む彼女と過ごすうち、徐々に放っておけない気分になる是光だったが……。 何故か約束の内容を告げないヒカル。 そんな中、夕雨を不登校にした【怨霊】の噂が学園に蘇る。 その正体を前に、是光は――!? 大人気シリーズ第2巻!!Amazon.co.jp: “夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫): 野村 美月,竹岡 美穂: 本

ふむ、2巻目のヒロインは引きこもり少女ですか。さよなら絶望先生小森霧が絶望少女の中で一番好きだったのですがこのお話の夕雨はかなり近い魅力あって可愛いです。是光が自分から惚れちゃうしヒカルは今回ほとんど手助けしてくれないから前巻とは違う味があり、是光の初恋の話として共感できるし男性としてはとても切ない内容でありました。前巻のときも書きましたが本当に人物の心理が水の流れのように美しく変化していきますねー。中盤以降のオカルト的な仕掛けをミステリー的な解決に持っていくのはなかなかの芸だと思います。あと恋愛の達人こと式部帆夏がだんだんとツンデレ化していくのも可愛いなあ。このシリーズまだ2冊目ですけど女の子が心ときめく瞬間を描くのがとても良くて一番そこを楽しみに読んでたりします。

さよなら絶望先生(18) (講談社コミックス)

さよなら絶望先生(18) (講談社コミックス)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/umineko01/20120912/p1