Hatena::ブログ(Diary)

なんということもなく このページをアンテナに追加 RSSフィード

2000 | 00 | 03 |
2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 08 |

04年08月31日 火曜日

台風が、来てる。

雨は降っていないようだけれど、ものすごい風。

今日は、暑くなるんだよね。やだな。

・・・

夏休み最後の日、

二号に、昼飯何でも好きなもので良いよ〜と言ったら、

マクドがいい、と。わが息子ながら、何と安上がりな。

しかし、毎日、粗末(?!)なお弁当で、よく耐えてくれましたね。ホント。

[]

  • 明日は

ハリポタの発売日らしい。未だに盛り上がりがあるのか?

2作目までしか読んでないし、映画も見てないし。

さて、今日は「はやみね」を読んでいます。本日中に読了予定。

  • 下巻のみを買う

「忘国のイージス」ISBN:406273494X

一号が読み終わらず、予約が入っていたため継続も出来ず、

って訳で。何か変だけど。

映画では、如月行君をやるのは、どんな子かしらん。

[]

台風ニュースを見ながら本日分を解く。

・・・どっちかにしろって。

そういうわけで、感想がわけわからん。

ぬりかべの解き上がりが、何やら美しい。

  • 在庫整理

ぬりかべも残すところ19問。上達した気配なし。

しかし、驚異的なタイムをたたき出す人って、人間ですよね、やっぱり。

明日、6−25やる予定。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040831

04年08月30日 月曜日

またまた、近所こぞって、温泉へ遊びに。

子供が一緒だと、のんびりというわけにはいかないけど、

それなりに楽しかった。

あ〜だる〜い。

[] 04:10

大崎善生孤独か、それに等しいもの」

書評追加しましたです。

孤独か、それに等しいもの

・・・来店者数のカウンター、動かないみたいね。

トラブルかな。

あ、売り上げに貢献してないから、見放されたとか?

書店

喪失感と向き合う短編5編。うち女性主人公の3編は、過去に経験した、親しい人の死と対峙する話。絶望の淵に立つも、新しく出会った人々の力を借りて喪失感と決別していく。残り2編は男性が主役。人生の上り坂を進む内に失ったものについて振り返る、といった感じ。どちらかと言えば、男性主役の話の方が共感が持てる。「今になってわかること」というのは確かにある、と思う。多分私も、だらだらと坂を下っている途中なんだろう。それにしても、読み終えた時、かなり疲労しました。04/08/30★★★

[] 04:10

今読んでいるのは、

はやみねかおる「徳利長屋の怪」名探偵夢水清志郎事件ノート外伝

ISBN:4061485202

児童書は、心が休まるな〜。

[] 04:10

今日スリリン、時間がかかってしまった。くやしい!!!

スリリンだけは、解いた人の中で、半分より上位にいたかったのに〜。

04年08月29日 日曜日

昨日の草取りの影響か、

今日は、何やら筋肉痛っぽい。いや〜、参った。

[] 06:06

孤独か、それに等しいもの」読み終わりました。

結構きつかったな〜、精神的に。

こういうのを読むと、暫し囚われちゃう感じ。

[] 06:06

昨日、「探偵伯爵と僕」の書評を書いたのでしたね。

探偵伯爵と僕 (ミステリーランド)

そういえば、

来店者数の数字って、なんか妙な感じ。

書店のレヴュー

有名作家が続々と登場する講談社ミステリーランド。児童誘拐殺害事件を小学生の視点から描く物語最近は、子供が巻き込まれる残酷な事件が多発している。一家団欒の時、そのようなニュースをTVで見たら親としてどのような態度をとるべきなのでしょう?この作品は、大人向けミステリーとして読むと説明不足の箇所が多々あって物足りない気がしますが、あくまで児童書子供を醜悪なものから遠ざけようとする大人と、知りたがる子供とのやり取りが興味深い。理不尽な殺人事件や、戦争など、そういったことを無くすために、次の世代を担う子供らは何を考えるべきか、指針になるのでは。※森作品は初読みになります※04/08/28★★

[] 06:06

  • 昨日は、

昨日の分、ちゃんとやりましたよ。

ここに書かなかっただけ。・・・もう眠くて。

しかし、ぬりかべは難しかった。が心地よいのだ、、、

こういうのが淀みなく解けると、脳に血が巡っているな〜と思う。

ボツ箱は、時間のあるときにしか、出来無そう。

数独がよかった。

ああ、この全ての数字が埋まった後の爽快感と言ったら!

  • 在庫整理

ぬりかべ6-13・・・数が数えられねぇ、ふうぇ〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040829

04年08月28日 土曜日

朝も早くから、

学校で除草の勤労奉仕。ヘトヘト。

[]

  • 以下の本、図書館から連絡あり。

伊坂幸太郎「チルドレン」・・・直木賞候補作。

ISBN:4062124424

垣根涼介ヒートアイランド」・・・新作「サウタージ」が面白そうなので。

ISBN:4167686015

  • 今読本は

大崎善生孤独か、それに等しいもの」・・・短編集。

ISBN:4048735306

一つ目を読んだけど、かなり切ないぞ。

この方は去年「ドナウよ、静かに流れよ」 ASIN:4163597409

を読んだ事があるだけ。

「ドナウ〜」はノンフィクションだったけど、涙ボロボロでした。

去年読んだ中で2押しなので、皆さんにお薦めしたいな〜。

ちなみに、去年の1押しは、

いしいしんじプラネタリウムのふたご」ISBN:4062118262

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040828

04年08月27日 金曜日

今日は、一号が飲み会ということで、

二号とまったりと過ごすつもり。

といっても、まだ夏期講習はあるのだ。気の毒に。

・・・

夜は近所の子等と、

夏休みももう終わりだから記念花火大会」で大盛り上がり。

そういや、すっかり涼しくなったな〜。

[] 12:11

「失踪HOLIDAY」読み終わり〜。

なかなか良かったッス。

「しあわせは子猫のかたち」は、先に「失はれた物語」で読んでいた都合上、雪村のイラストにかなり違和感。でも本来、こっちが先なのだから、文句のつけ様もないけど。ライトノベルって、たとえば「コバルト文庫」なんかもこの分類なのかな?昔、2,3読んだ事があるような。・・・まあ、そんなことを考えつつ、書店の方に書評を書いたのであった。

次は、森博嗣探偵伯爵と僕ISBN:4062705702 を読みます。

・・・

あっという間に読み終わりました。

一応児童書だもんね、厚みはあるけど、字が大きい。

この方は、初めて読むのですが、ミステリー作家サンなのですよね。

あんまりミステリー色が濃くなかった感じがするけど、

内容は、こゆいかった。一晩寝てから、書評を書こう。

[] 12:11

「失踪HOLIDAY」 ISBN:4044253013書評追加しました。

ちなみに、アマゾンにはimageがないけど、イーエスブックスにはあります。

書店のレヴュー

表題作と「しあわせは子猫のかたち」の2編を収録。両作とも「せつな系」、じわぁ〜とくるお話で○。さて、『失はれる物語あとがきで、乙一さん自ら「敗北」と書かれたスニーカー文庫だが、確かにいい年をした大人が購入するのは恥ずかしいし、又、偏見があるのも事実。前者は「乙一」という名前があれば乗り越えられると思うが、「偏見」の方はどうなんだろう?イラストによってイメージが限定されてしまうというのは、否めないだろう。それにストーリーに忠実でない点も多々気になったのだが。小説を読み始める少年少女にとっては、手軽さを感じられて良いのかな〜。しかし、一般書として出しなおす際に、高価な単行本になる事を考えると、ライトノベルで構わない、です。04/08/27★★★

[] 12:11

言葉ゲーム」の結果が発表されているけど。

「すいか」ね。「スイカ」より上だとは。がっかり。

  • 本日分終了。

大きくて、らくらくのエデルが嬉しい。

こういうの、増やして欲しいな。

数独が割りと上位のタイムであった。わ〜い。

04年08月26日 木曜日

さあ、今日も元気に行ってみよう!

最初は、二号の夏期講習の送迎だ!

待ち時間が、私の読書タイムになるので、苦になりませんが。

・・・その後、

いろいろありまして、もう夜。寝るか。

[]

予約本が集中してやってくる今日この頃。

熊谷達也「邂逅の森」・・・言わずと知れた直木賞受賞作

ISBN:4163225706

本多孝好「ALONE TOGETHER」・・・これで本多作品制覇。

ISBN:4575508446

[]

今日のひとくれは良かった。

もっと視野を広くして全体を見るようにしないと、

タイムは縮められないだろう、と思う。

今更早くなんなくともいいのかもしれない。

ゆっくり味わいながら解く方が、楽しいよね。

  • 在庫整理

着々と。ぬりかべ

6−3・・・今日やった中では、これが一番気持ちが良かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040826

04年08月25日 水曜日

MY CARは昨日から車検中。明日まで。

慣れない代車で、出掛ける意欲がそがれるなぁ。

でも、出掛けるけど。

未読のものを整理していて、

幻想水滸伝検廚発売になったことを知る。

・・・いいえ、絶対に買いませんとも。

[]

次は、

乙一「失踪HOLIDAY」ISBN:4044253013 を読みます。

アマゾン写真がないようだ。

前半の「しあわせは子猫のかたち」は、

「失はれる物語」 ISBN:4048735004 にも収録されてましたね。

[]

本日分終了。

今日のスリリンは、なんか不思議な解き味でした。慣れない感じ。

何がかわからないけど、

やっぱり作者の方の個性でしょうか・・・?

たくさんの方が作者として参加するのは良い事。

  • 在庫整理

よく見れば、一番残っているのは「ぬりかべ」だった。

5ー15から2ヶ月あまり手付かず。

・・・別に嫌いというわけではないのですが。

というわけで、集中してやろう!

今日は5−15〜5−26まで計8作。

やっぱり、にゃばさんが好きだよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040825

04年08月24日 火曜日

今日は何でか忙しかった。

まあ、そんな日もあるのだ。

[]

今日ぬりかべ、右上の部分がポイントでしたね。

気付くまで、しばし見つめてしまいました。

[]

「葉桜〜」読み終わり〜、

みんな騙される、と聞いていたので、興味津々でしたが、

本当にすっかり騙されてしまった。

やあ〜、まいった

  • 図書館から以下の本を借りてきました。

はやみねかおる「徳利長屋の怪―名探偵夢水清志郎事件ノート外伝」ISBN:4061485202

クリストファーパオリーニ 「エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉」ISBN:4789722309

[]

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」書評追加しました。

装丁京極夏彦だそうで。

葉桜の季節に君を想うということ (本格ミステリ・マスターズ)

書店のレヴュー

このミス2004」1位、その他いろいろ受賞作ということで、読んでみました。噂通りすっかり騙されてしまいましたね。まさかこんなオチとは、すばらしい。細かく言えば腑に落ちないところはあるものの、負け惜しみでしょうか。大体タイトルからしてもう騙されていたし。このタイトル意味するところは一番最後に明かされるのですが、これがまた感慨深い。私も成瀬のように気概を持って生きてやるぜ、と思ったのであった。読み終えて、わかってから読み返すのも又一興。全く違う話に見えてきます。04/08/24★★★★

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040824

04年08月23日 月曜日

  • 神のお告げか?

PJをやろうと思ったら、

つながらないのよ。

これは、そんなことやっている場合ではない、と、

彼が言っているのであろう。

さて、日常業務に励むか。

・・・しかる後に訪れたら、つながりました。

故障だったようですね。

  • 今週は毎日

スーパーヒーロータイムがあるらしい。関東限定?

早速見てみたら、

これまでの総集編と、映画の宣伝ですな。

しかし、カリスは、え〜の〜。

弓使いに弱い私であった。

[]

「葉桜〜」順調に読み進んで、

ただ今、10章あたり。まだ、よくわかりません。

しかし、こんな語り口調は、最近はやってるのかしらね?

[]

今日の難易度の数独なら、誰でも解けそう。

デルは「たいへん」だったけど、ちゃんと解けたし、

やっぱ、練習あるのみか。

在庫整理・・・

6・7月分は殆ど手付かず。

いったい、何をしていたのだろうか。

勿体無いので、ちゃっちゃとやってみよう、

と一応思っているけど、今日はお休み。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040823

04年08月22日 日曜日

  • 朝起きたら

2時45分だった。朝とはいえない時間。

この早起き癖は何とかならないのか?

二度寝は出来ない体質なので、

PJの早解きチャレンジをして、過ごしました。

大爆笑でありました。

始さん、最高!!

せっかくの、ギャレンのパワーアップシーンが台無しという気もするけど。

今日はどこにも行かない、穏やかな日でした。

一号*1仕事だし、

二号*2勝手に遊びに行っちゃうし。

まあ、いいか。

[]

次は

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」ISBN:4163217207

を読むことに。

この方、初読みになります。

[]

本日分終了。

早解きチャレンジも滞りなく。

大きいスリリンは美しい。

在庫整理は今日もエデル

4−03、難しいじゃん。一度破綻

4−04はらくらく、4−11は、たいへんの割には、簡単。

4−13、時間はかかったけど、良い流れでした。

5−27、たいへん問題とは思えぬタイムで解けた。上達した?

5−30、エッシャーだ。うまいな〜。

*1:夫

*2:息子

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040822

04年08月21日 土曜日

全てをなげうっていたわけではないけど、

かなりなげうっていたので、

今日は真面目に、日常業務。

・・・でもないか。

[]

亡国のイージス」読み終わりました。

いや、長かった。

今日は余韻に浸っていましょう。

以下の本を図書館に予約。

乙女なげやり」三浦しをん・・・順位2番

「High and dry(はつ恋)」吉本ばなな・・・7番

犯人に告ぐ」雫井脩介・・・8番

パラレル長嶋有・・・3番

[]

本日分終了。

カックロ・・・難しかった〜。

後は、らくらく問題ばかりで、らくらく。

スリリンは、あれでも「らくらく」なのね。ふ〜ん。

「たいへん」問題が多い方が、得した気分になるんだけど。

ほら、長い時間、遊べるでしょ。

在庫処分で3−31のエデル

見事に破綻しました・・・腹立つ〜!!!

この問題は、当面、放置!!

[]

亡国のイージス書評追加。

読んだのは単行本でしたが、

今から購入する人のことを考えて、文庫版にしました。

亡国のイージス 上 (講談社文庫)

亡国のイージス 下(講談社文庫)

書店のレヴュー

正に超大作。大藪春彦賞冒険小説協会大賞日本軍大賞・日本推理作家協会賞受賞。日本という国のあり方・生きることの意味を考えさせる作品。自衛隊ミサイルなど軍事関係に全く疎い私ですが、序盤で何とか乗り切って、その後はどんどん読み進められました。人間臭い人物描写が良い。男性は皆、苦悩しているんですね。上巻は登場人物の紹介と状況説明、最後に驚きの真実が明かされて下巻に続くのだった。◆下巻はハリウッド映画ばりのアクション連続で、手に汗握ります。主人公の一人の如月行がかっこよすぎる。また上巻でいまいち冴えなかった仙石さんの活躍も素晴らしい。二人とも不器用で、純粋キャラクターが際立ってますね。壮大な展開も最後にキチンと収拾もついている。これはお勧めです。この本を読んで世界の中にあって、日本という国の正しい方向性を、国民一人一人が考えましょう。04/08/21★★★★★

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040821

04年08月20日 金曜日

オリンピック、なんかすごいな〜。

毎日、メダル取ってるなんて、

こんなオリンピックは見たことなかったよね。

日本人って、いざっていう時には案外弱いかな〜と思っていたけど、

最近は違うのかな。

そう思うと、井上選手は何とも気の毒。ファイト!

[]

昨日、ダ・ヴィンチを購入。

江戸川乱歩、いいね。読んでみようかな。

亡国のイージス」・・・

全てを投げうって読みたいところを我慢して。

と言っても、あと、50Pを残すのみとなりました。

第5章は、ハリウッド映画のようだね。

今日中に読破しましょう!!

[]

今日が締め切りなので、

言葉のゲーム フラッシュに申し込み。

丸いものって、なんだろう?

上位を狙おうと思うと、難しい。

本日分終了。

デルの絵柄、よくできてるなぁ〜。

在庫一掃で3−22,3−27のエデル

「たいへん」ばっかし残しちゃって、もう大変。

会員限定アンケートの結果・・・

自分で何と回答したのか忘れましたが、ハハ。

数独をほとんど解いてない人の多さにびっくり。

すでに、メジャーパズルかと思ってたけど・・・

・・・あ、苦手な人が多いってことか?

私は得意分野(自分的にはだけど)なんだけどな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040820

04年08月19日 木曜日

台風の被害が大きい様子。

早く過ぎてくれると良いけど。

進路に当たっている方、お気をつけください。

被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。

テレビで見るたび、

18・9年前に、床上浸水を経験した事を思い出します。

自然の脅威を前に、無力感を感じたんだ〜、あの時は。

台風のせいかどうか、今日はなんか暑い暑い暑い

[]

亡国のイージス」は、もう少しで第4章が終わり。

驚きの展開でしたね、全く。

出来れば明日中に読み終わりたいけど無理かな。

また図書館から電話があり、取りに行ってきました。

「失踪HOLIDAY」・・・わお、角川スニーカー文庫

孤独か、それに等しいもの」・・・ダ・ヴィンチのプラチナ本、じゃなかったっけ?

[]

アセさんのぬりかべがよかった。

程よく難しくて、気持ちが良い。

在庫整理で3−19のエデル・・・エデルは苦手じゃ〜。

どうやったらうまくなるのかしらん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040819

04年08月18日 水曜日

アンテナの表示、

昨日は出来なかったのに、今日は出来た。

なんだかわかんないけど、まあ、いいや。

某友人から一年ぶりに電話が来た。

DLに誘われるも、その日は予定があったので、

丁重(爆)にお断りした。

世間話で、友人が「冬のソナタ」にはまっている事を知る。

流行は知ってはいたけど、

知り合いで空港までヨン様を見に行く人がいたとは、驚き。

[]

今月、ダ・ヴィンチを買うの忘れていた。まだ売っているだろうか。

予約本の連絡が来たので、図書館に取りに行きました。

「葉桜の季節に君を想うということ」・・・4月に予約したのだった。

探偵伯爵と僕」・・・講談社ミステリーランド

亡国のイージス」は第三章に突入。いよいよ核心に。

ペースが上がってきて、いい調子だ。

[]

本日の分は、楽勝だった。

スリリンの大きいのは、全然気にならない。

在庫処理でエデルの「哺乳瓶の赤ちゃん」と「クマノミ」と「パチンコ」を解いた。

クマノミ」の絵は訳がわからなかったけど、

解き筋は、あんな感じが好きかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040818

04年08月17日 火曜日

朝3時に目が覚めて、

亡国のイージス」を読もうと思ったら見つからなくて、

オリンピックを見ていました。

体操男子団体、金メダルおめでとう!!

いや〜朝から、どきどきしました。

最後の鉄棒、落下しなくて良かったね。

[] 11:45

本日の分終了。

にゃばさんのぬりかべは楽しかった。

カックロは3回も破綻。8+3=12の呪縛にかかった。

かなりボケがきているようです。ビールの量を減らそう。

同じくにゃばさんのひとくれ、大きい盤面は目がチラチラして駄目です。

こんなタイムじゃ〜あきまへん。

[] 11:45

亡国のイージス」第一章読了

「兵士に聞け」と不肖宮嶋の本で、耐性つけていなかったら、

今頃挫折してたかも。

いよいよ面白くなってきて、バンバン読むぜ。

[] 11:45

魔女の宅急便」の書評アップしました。

児童書を間に挟んで、気分転換

魔女の宅急便 (福音館創作童話シリーズ)

書店のレヴュー

魔女のキキは13歳の満月の夜、一人立ちをする・・・。宮崎アニメは見たことがないです。少女がだんだんと大人になっていく過程を描いた本は数多くあると思いますが、この本もそのジャンルに入るのでしょう。旅立ちの前は自信満々だったキキが、新しい町に着いた途端、自信喪失。その後様々な人々や出来事と遭遇し、次第に自立していく様子が微笑ましい。大人と子供の境目にいて、何とも言われぬ感情を持て余している世代の方々には励ましとなるだろうし、十分大人になった人には懐かしく感じられるのでは。04/08/17★★★

04年08月16日 月曜日

記念すべき一日

何の気なしにはじめてみました。

いったい、いつまで続くのやら楽しみだ。

[]

今読本は「亡国のイージス

あまりの厚さに、少々気後れ気味。

早いとこ、調子が付くところまで読み進めねば。

亡国のイージス

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040816

04年08月15日 日曜日

[] 06:44

富士山

富士山

書店のレヴュー

田口ランディさんが直木賞候補ということで、驚いた方も少なからずいらっしゃるのでは?そんなわけで読んでみました。富士山を織り込んでの短編4作。どれもストーリーは、混沌の中を彷徨うような、その中に光明として富士山存在する、といった感じですか。特に前3作は、結構辛かった。最後の「ひかりの子」で救われたか。富士山テーマに持ってきたことで、なかなかまとまっていると思います。さて、私も富士山は好きだな。たまに天気の良い日にぽっと見えると、得をしたような、今日は良い事があるような気がしますね。04/08/15

04年08月11日 水曜日

[][] 16:02

Fine days―恋愛小説

Fine days―恋愛小説

書店のレヴュー

恋愛小説といっても、甘甘の話はありません。短編が4作、どれもつらい「愛」ばかり。本多作品を読むのは3作目だけれど、ちょっと趣向が今まで(MOMENT・MISSING)と違いますね。ファンタジーというか、ホラーっぽいというか。乙一入ってる?これからこの路線で行くのでしょうか。それはそれで好みですが。お気に入りは「イエスタデイズ」。余命わずかの父親に、昔の恋人探しを頼まれた末っ子は・・・。父親の「それだけが俺の人生だ」という科白が好い。こんなふうに言い切れる人生送りたいな。04/08/11★★★

藍色藍色 2010/08/12 14:06 本の装丁のように明るい世界観を映し出す
文体が心地よい本でした。

uminokanatauminokanata 2010/08/13 14:18 本多さんはこの作品で有名になりましたね〜不思議で心に沁み入るお話ばかりでした。

04年08月08日 日曜日

[] 16:36

村田エフェンディ滞土録

村田エフェンディ滞土録

ラストが震えるほど悲しい。土耳古(トルコ)の風景と友人の3人オットームハンマド、ディミィトリスの姿が頭のなかでグルグル回った。『家守綺譚』の外伝かと思いきやそうではなく、『家守』を読まなくともかまいません。でも、前にでも後にでも『春になったら莓を摘みに』は是非読んでいただきたい。ウェスト夫人の『理解は出来ないが受け容れる』という姿勢を踏まえた作品だと思うので。主人公村田は、英国留学中の作者自身でしょう。『春に〜』は最後に9・11テロの話があったけど、こちらではより一層身近なものとして感じられる様に、こんな結末ですか。鸚鵡がいてくれてよかった。04/08/08 ★★★★★

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040808

04年08月04日 水曜日

[]「MISSING本多孝好 16:08

MISSING (双葉文庫)

MISSING (双葉文庫)

書店のレヴュー

第16回小説推理新人賞受賞作「眠りの海」を含む処女短編集。「眠りの海」はいかにもデビュー作らしく、ぎこちない感じです。他は本多さんらしさがすっかり出ていて、良い感じですな。この口調は村上春樹風?いずれの話も「死」が登場しますが、重い感じはなく、ミステリー色も薄いような。「このミス・2000」で10位だったそうですけど。お気に入りは「蝉の証」。私も、死んだ後まで人の記憶に留まっていたいとは思いませんが、若いって証拠でしょうか。「瑠璃」もなかなか。人生は戻れません。悲しいお話。04/08/04★★

藍色藍色 2011/10/07 18:29 たぶん人によってどの作品が気に入るか好みが分かれると思います。ロールシャッハテストみたいなものですね。
ああいいなあ、余韻がいいなあって思えました。

uminokanatauminokanata 2011/10/11 11:16 懐かしいです。「瑠璃」は秀逸でした。

04年08月03日 火曜日

[]

最悪なことリスト

最悪なことリスト

書店のレヴュー

実に良いお話でした。この作者の他の作品は読んだことが無いのですが、情緒障害児教室や福祉施設で仕事をしていた人らしく、子どもの気持ちの動きや、いじめの仕組み、それに対する大人の不誠実な態度の描き方がとても真に迫っている。また、フクロウを育てることになるのですが、その描写も見事。終盤の、天才少女マブのお父さんの科白や、里親のおばあさんの科白にぐっと来ました。大人として、親として、こんな風になりたい。湯本香樹実「夏の庭」がお好きな方、読まれてみては?感涙間違いなしですよ。04/08/03 ★★★

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040803

04年08月01日 日曜日

[] 11:32

誰か ----Somebody

誰か ----Somebody

書店のレヴュー

宮部作品、初読み。今まで読まなかったのは損したな、と思うくらい良い印象でした。これを機に他の作品も読むつもり。前半は、逆玉の輿主人公杉村さんの家族愛や、自転車に轢き逃げされた梶田さんの娘、聡美と梨子の話に終始し、後半で突如ミステリーっぽく。他の方の書評を見ると、物足りないという意見が多いようですが、私としては充分でした。周囲からどう見られようと、夫として、父親として、主人公が常に理想的であり続けたいと思う気持ち、いかに家族を愛しているのかが良く書けている。しかし、最後に明かされる聡美・梨子姉妹の真実には驚きました。余計な様な気が・・・。04/08/01★★

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20040801