Hatena::ブログ(Diary)

なんということもなく このページをアンテナに追加 RSSフィード

2000 | 00 | 03 |
2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 08 |

12年04月10日 火曜日

[]「地下の鳩」西加奈子

地下の鳩

地下の鳩

大阪歓楽街で働く男女のお話、中篇の表題作と短篇の「タイムカプセル」。

どちらの話もずっしり重苦しかった。いい年して自分探し、がテーマなのかな。はっきりした結末でないから余計に苦しい。立っている場所全然違うけれど同年代としてわが身に重ねて思いを馳せると、まだ負けてない、夢や希望を持ってもまだ間に合うよね?と思いました。

特にタイムカプセル」はよかった。

本当は臆病なのに虚勢を張ってしまう癖のある吉田の弱さ、大量に食べては吐くを繰り返すことで生まれ変わろうとするみさを、正直に嘘をつき続け生きてきたオカマのミミィ。人間らしくて三者三様になぜか愛しい。

藍色藍色 2013/04/19 16:06 あれよあれよという間に読破してしまいました。
大阪の人情溢れる話なのかと思ったら、かなり人間の内面を描いた内容でしたね。

藍色藍色 2015/08/04 14:48 やはり今回もおもしろかったです。
こんな青春小説も良いですね。