Hatena::ブログ(Diary)

なんということもなく このページをアンテナに追加 RSSフィード

2000 | 00 | 03 |
2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 08 |

12年07月25日 水曜日

uminokanata2012-07-25

[]「箱庭旅団朱川湊人

箱庭旅団

箱庭旅団

朱川さんらしいホラーっぽい不思議な話が16個。味わいもさまざまバラエティがあって楽しく、短い話ばかりなので軽い気持ちで読み進めていたら、途中でリンクしていることに気づいたのだった。ああ、そういうことか、と一番最初の話の意味がわかってラストの話に到る。連載を始めたときから、こういう結末を考えていたのかな。それともやっぱり震災の後?

世の中大変なときに娯楽はいかがなものかと言われる向きがあって。いわれなくとも娯楽している気持ちの余裕もなかったのだけれど。そういうとき面白おかしく読める小説存在意義に悩んだ作家さんも多かったんだろうな、きっと。

藍色藍色 2012/12/04 23:43 静かな気持ちになって、明日から頑張ろうと思える、そんな作品でした。
じわじわと物語の中に引き込まれていき、読み終わったあと味が良いのは、この作者らしさですね。

藍色藍色 2013/08/02 16:28 例によって不思議系の短編集という体裁ですが、
最初と最後の話をつなげることで
全体がワン・ワールド仕立てに創り上げられているのがいいです。