Hatena::ブログ(Diary)

なんということもなく このページをアンテナに追加 RSSフィード

2000 | 00 | 03 |
2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 08 |

12年07月30日 月曜日

uminokanata2012-07-30

[]「ノーマジーン」初野晴

ノーマジーン

ノーマジーン

終末思想が広がり、未来希望が持てなくなった世界。人目を避け郊外でひっそり暮らす車椅子女性シズカのもとへ、介護ロボットの代わりにやってきたのは、人の言葉を話す赤毛の子猿ノーマジーンだった。。。

近未来舞台にしたお話。誰からも見放された一人と一匹が寄り添いながら暮らす姿にじんわりしているところで、いきなり突きつけられた残酷真実のつらさといったら。

最後はほのかな救いもありましたが、かなり重いお話でした。しかし、終盤になって突如真実を告げる人物が登場するのがやっつけ仕事のようで、不自然じゃなかったかもっとこう、なんかもっといいやり方があったんじゃないかなあ、とか思ったり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20120730/p1
Connection: close