Hatena::ブログ(Diary)

なんということもなく このページをアンテナに追加 RSSフィード

2000 | 00 | 03 |
2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2013 | 03 | 08 |

12年08月17日 金曜日

[]「銀色の絆」雫井脩介

銀色の絆

銀色の絆

フィギアスケート世界を目指す母と娘の物語

スケートの話と知らずに読み始めたので最初は面食らいました。ミステリーサスペンスではなく、スポ根もの母親視点中心。

ちょっとした習い事のつもりで娘にスケートをさせていたセレブぶった母親が、一流のコーチに出会ったのをきっかにのめりこんで行くというストーリーに、反感も覚えましたが、最後には感動も。。。涙。挫折しないでよかった。

ちょうどオリンピックの時に読んでいたので、やたら感慨深かった。メダルを取った選手の人たちは一様に「自分ひとりの力ではない」と言いましたが、まさにこのことで、どんな一流の選手もまずは家族の応援や手助けがなければ始まらなかったのだなあ、としみじみ思いました。そしてオリンピックに選ばれなかったたくさんの選手たちのことも。。。

しっかしさー、この本に出てくるのが事実に近いのだとしたら、お金の問題はどうにかならないんだろうか。結局金持ちしか子どもスポーツ(以外にもあれこれ)させられないんじゃ、あんまりだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uminokanata/20120817/p1