Hatena::ブログ(Diary)

能登のうみやまブシ(西山郷史)

2016年-07月-24日-Sun

2016年(平成28年)7月24日(日) 雑観

f:id:umiyamabusi:20160724064740j:image
朝、タブの落ち葉を掃きに出たら、空が綺麗だった。
6時ちょうど。


下書きで書いていたこと…。
7月6日(水)
夜の風で、タブの葉が一面に広がっている。
道路を掃き終え、大庭の落ち葉をつまつまと掃き集めていると、耳の後ろに触れるものがある。
蜂?アブ?どうも違うようだ
いつの間にか、赤とんぼが舞っている。
どうも、汗を慕って集まってきたかのように、側へ寄っては離れていく。

今日7日は、トンビが盛んに鳴いている。
どうも巣立ちのようだ。
刻々と秋は来ぬ、の印象。
祠堂経も4日目。
7日七夕は、宇出津のあばれ祭りだったが今は7日には行われていない。
新暦の夏の7日。新年の7日年越しと対応する重要な日、宇出津のキリコがなくなれば、何があるのだろう。


改造社現代日本文学全集が、臥龍文庫ー臥龍山西勝寺なので、臥龍文庫。
子供の頃、何のことかわからずに、本を開いていたーにある。
整理した。
f:id:umiyamabusi:20160715075237j:image
f:id:umiyamabusi:20160715075231j:image
以上7日。


以下24
トンビの鳴き声は親が子に教えているようだった、繰り返し繰り返し鳴き声が続いていた。
現代日本文学全集の中に、『伊藤左千夫集 長塚節集 高濱虚子集』があり、虚子の「花鳥諷詠」観の重要なきっかけになったという出来事が記されている「落ち葉降る下にて」(大正4年12月作)がそこにあった。
多分父が若き頃に購入した本であろう、「明易や 花鳥諷詠 南無阿弥陀」がより親しみを持って頷かれる。

ここに重要な一点がある。「南無阿弥陀仏」ではなく「南無阿弥陀」である点。
これは、下書きでは南無阿弥陀仏と書いていた。
虚子の弟子が、「南無阿弥陀」なのだということを、強く虚子からいわれていたとのことで、その人から新聞社担当が聞かされていたとのこと。何度か文をやりとりしている中で、はっきりしてきたことで、
意味もわからずに「黄泉」と書いても、誰も注意しない某世界と、一字一句おろそかにしない世界との差は広がる一方だ。

千代原稿を書いた。一茶は下書きデーターを作った。
虚子をこれから調べたい。

その前に、戸坂潤三木清西田幾多の晩年戸坂三木獄死だから晩年はおかしいかも知れないが、
ともあれ、彼らの晩年における宗教観を見たい。
いずれも、真宗仏教を知り、整理しようとなさっていたのである。


今日は、
取りあえず、戸坂の本を求めたり、京大時代に先輩である戸坂をどうとらえておいでたかを聞いたり、戸坂潤関係者のところを回った。
f:id:umiyamabusi:20160724213832j:image

f:id:umiyamabusi:20160724213826j:image

f:id:umiyamabusi:20160724213820j:image

f:id:umiyamabusi:20160724213813j:image

f:id:umiyamabusi:20160724213804j:image

2016年-07月-20日-Wed

野辺の送りーあなたが、この世で、私に会ってくださいましたー

f:id:umiyamabusi:20160720112554j:image
北國新聞7月20日朝刊

PDF

虚子、一茶、千代尼、一人一人の話しはそれぞれに一日分くらいある。

短い文だが、私を含め、何人もの方々のそれぞれの別れを思い浮かべながら書いた。
そして、身近な別れがあった方に、あなたと共に書いたつもりですとも言った。
「会ってくださいました」には、さまざまな他力がこめられている。

おかげさまを、考え、
思うことが出来る、ゆったりした時を持てるためにも
…の願いにうながされて、と格好をつければ、そうなるのかも知れない。


「あなたが、この世で、私に会って下さいました。」には、小式部を先に送った
和泉式部がたどり着いたという境地、
「先立ちてあだにはかなき世を知れと、教えて帰る子は知識なりけり」もある。


「願いを私にかけ続けておられた」た方々は、生死を分けた人ばかりではない。
お元気でおいでるのだろうが、もう会うこともない多くの人を含んでいる。


何人かから、お電話をいただいた。


一茶や千代尼とは、句から一緒に考えたが、
虚子が親鸞聖人の「自然法爾」と同じ境界に至ったのは、
虚子の書いた「落ち葉降る下(もと)にて」に記されていることを、つい近日知った。
膨大な虚子の著作の中でその文を探すことは難しいだろうし、
しばらくすると関心はほかに移り、そんな文があることも忘れるだろうと思っていたのだが、古い本を整理していて、
父が学生時代に購入した改造社版『伊藤左千夫集・長塚節集・高濱虚子集』に、その文があるのを見つけた。

父の願いが、今、私に届いているのだと思った。
「私に願いをかけ続けているのだ」と思う。


時の流れの中で出会い去って行った多くの方々も、
間違いなく、
この世で、願いと共に会って下さった方々なのだ。

経緯

「野辺の送りー経緯」
この記事だけ見ていたら、どういう場に用いられているか新聞を取っていない人には分からないと思う。

次のような一面が、連休新聞休刊日)明けには現れるのである

f:id:umiyamabusi:20160721083815j:image

若山荘-本願寺との繋がり、春日神社の祭り。

19日夜8時半
f:id:umiyamabusi:20160719213132j:image
満月像法期までの弥陀の縁日、15日。
f:id:umiyamabusi:20160719213126j:image
箇条書きで。
若山荘は、1143年、源季兼が皇嘉門院(崇徳上皇后)聖子寄進
親鸞聖人誕生の30年前のことで、エリアは直郷、飯田郷、若山郷、西海浦、木郎郷。

皇后聖子の異母弟が九条兼実であり、荘園本家九条家領家日野家の支配関係が続く。
九条家は元藤原で、藤原家氏神春日が飯田郷の鎮守である
春日権現の本地は、不空羂索観音薬師如来地蔵菩薩十一面観音

法然上人があらわした「選択本願念仏集」は、政界から引退した九条兼実(法名・円照)の求めに応じて書かれたもの
兼実の弟が親鸞聖人のお剃髪をした天台座主・慈鎮和尚である。

真宗と深い関わりのある若山庄ということになるが、飯田郷・飯田城の城主の寺庵が光福庵。のちの西勝寺。
西勝寺の山号は臥龍山阿弥陀山、春日山城山)で、西勝寺と春日神社は接するようにある。
山号からいうと春日山も臥龍山の一山である。

若山荘末期の支配者は日野家の分家、広橋家当主兼郷。
兼郷は本願寺八世蓮如上人の烏帽子親。
法名・蓮如は父の一字をもらい、俗名・兼寿と名乗る。

20日、21日は飯田春日神社の祭礼、燈籠山祭。
この祭礼日はエビスの縁日である。
19日、各燈籠山が町内にお披露目に出る。
子供の踊りも披露される。

『奥能登キリコまつり』(奥能登広域圏無形民俗文化財保存委員会編、奥能登広域圏事務組合平成6年刊)を編纂した折、飯田の祭りは山車祭りだが燈籠山というように燈籠=キリコが用いられるので、キリコの範疇に入れて紹介した。
明日明後日の祭りを取材するMROテレビが、どうして燈籠山(とろやま)がキリコなのか疑問を抱いたらしい。
キリコなら元キリコ会館館長・藤平朝雄氏。
平氏に取材したらしい。そしたら飯田のことは西山に聞きなさいとおっしゃたらしい。
こちらに質問が来た。
お話しすると、はじめて納得できた。ついては祭り当日解説というか説明を、というので町内の人間は山車を引っ張る。
私は住職なので、山車を曳きに出ないが、その代わり家で、花火でも見ながら祭り囃子を聞いている程度で、目立つことはしません。
では、番組の中で西山の見解を紹介していいか
それは、どうぞ…。ということになった。

明治以降権現がなくなり、神も率先して教えに会い、共に救われていく、という世界がなくなった。

2016年-07月-18日-Mon

広覚寺さんー粟津潔氏。嘉門安雄氏

布教に出向いた広覚寺さんは、粟津姓。
デザイナー粟津潔(1929年2月19日 - 2009年4月28日)氏の父の生家である
その事は早くから知っていた。
もう一つ、戸坂潤氏の実家が当寺の門徒で、
戸坂は幼少期、富来の祖父母の元・戸坂新宅家に疎開していた。
そのような話しを住職さんとする機会があり、
今回の御縁となった。
f:id:umiyamabusi:20160409083137j:image
粟津潔の作品:富来トンネル
f:id:umiyamabusi:20160409083131j:image
荒木海岸から高爪山


広覚寺さん。
芸術家を生んだ雰囲気が各所に窺える。
f:id:umiyamabusi:20160409083123j:image

f:id:umiyamabusi:20160409083116j:image
従兄弟にあたる現住職・啓有氏の字も素晴らしい。

f:id:umiyamabusi:20160409083108j:image

f:id:umiyamabusi:20160409083101j:image

f:id:umiyamabusi:20160409083053j:image

f:id:umiyamabusi:20160409083051j:image
粟津潔著『デザインに何ができるか』1969年田畑書店
坊守が嫁ぐ前に、仕事関係で読んでいた本。
f:id:umiyamabusi:20160720080430j:image
妄想ニッポン紀行』カバー装画:粟津潔
本文に小松左京との対談がある。

富来増穂の浦で行われた荒野のグラフィズム:粟津潔展 日本海の波と夕日を背に山下洋輔の“炎上パフォーマンス”(執筆:不動美里 金沢21世紀美術館学芸課長)。
横川巴人氏も粟津家と縁がある。

ついでに、当寺(西勝寺)の祠堂経の合間に『唱歌童謡ものがたり』(岩波現代文庫)を見ていたら、「われは海の子」の説明文に「東京都現代美術館館長の嘉門安雄(83、註原稿当時。1913年12月1日 - 2007年1月5日)。海に育まれた「海の子」の一人だ。」とあって、
生まれ故郷は、石川県門前町海辺。かつて黒島村と言ったあたりで、自宅の屋敷から通りを隔ててすぐ海がある。」とあるではないか
その時布教中だった広陵兼純師のお寺と黒島海岸は、直線で2・5しか離れていない。
早速、広陵氏に門前にこんな人がいるよ、と話すのだが分野が違いすぎて、師も私もフーン、というだけだったのだが、坊守が、えーっ嘉門さんも能登の人なのと反応を示した。
「も」は、言うまでもなく粟津潔と、である。
広覚寺と門前黒島は直線距離にして10数劼箸い辰燭箸海蹐。
嘉門という人は、まだどんな人なのか知らないが…
旧隣町に、現代アート担い手が輩出された、ということらしい。
『門前町史』の折には、そんな話しはでなかった、なぁ…。

2016年-07月-17日-Sun

布教 富来・広覚寺さん 17日・18日ー今日、明日


祠堂法会
f:id:umiyamabusi:20160717174404j:image
穴水門前・八ヶ川流域・八ヶ川ダム〜穴水〜富来・別所岳麓、富来川流域を往復した。
昔々、よく通った道である
お寺からすぐの台地に富来中学校があって、
そのあたりから高爪山が見えた。
富来に来た、の感慨を最初に抱いた場所だったが、
新たな富来を見い出し、拠点を作ろうとの気力は、もうない。
お話しを終え、いそぎ帰って、様々な分野の整理にいそしむ。
本は増える一方だし…。
f:id:umiyamabusi:20160717174358j:image

f:id:umiyamabusi:20160717174352j:image

f:id:umiyamabusi:20160717174346j:image

2016年-07月-16日-Sat

「あう」「値(あ)う」「遇(あ)う」についてー2010年7月、能登教区御遠忌テーマーに寄せて再録

以前のブログ記事あう、値う、遇うー真宗の用語ー【執筆】写真PDF?)が読みづらい、とのコメントが入ったので、PDFではなく、文そのものを以下に記す。
当然、当時の原稿、下書きがあるはずなのに残っていない。???
スキャナーで取って変換。次の文である

 「あう」「値う」「遇う」について

                    能登教区第十組西勝寺 西山郷史
 親鷺聖人は、私たちが教えに出あえるように、わかりやすい「和讃(わさん)」をお作りになるなど、ご苦労なされました。
 しかも、「愚昧(ぐまい)の今案(こんあん)をかまえず」(『御伝鈔(ごでんしよう)』)、すなわち、愚(おろ)かなわたし(=聖人)のはからいを一切交(まじ)えず、ただ七高僧(しちこうそう)・聖徳太子のお導きのままに、弥陀にたすけ申さるべく信心道一筋・お念仏のご生涯を送られました。
 その聖人の七百五十回御遠忌をお迎えするにあたり、教区から、「ほとけさまに遇(あ)いにきたいのち、今ともに生きよう」のテーマが届いております.
 「ほとけさま」は、いうまでもなく阿弥陀さま・弥陀如来(みだにょらい)ですし、「如来、われとなりて我を救い給う」[曽我量深師]「はたらき」としての阿弥陀さまでなければなりません。
 「地獄一定(いちじよう)すみか」(『歎異抄(たんにしょう)』)に向かうしかない私たちに往生(おうじょう)安楽国(あんらくこく)の大道を示され、空しく過ぎることがないように呼びかけ続けておいでになるのが、「ほとけさま」です。
 「いのち」の方は、寿(いのち)・命(いのち)、生命(いのち)、生死を越えてある「いのち」、あるいは「今、いのちがあなたを生きている」(宗派テーマ)「いのち」など、人の数だけ「いのち」があるようですが、「遇(あ)いにきたいのち」となれば、この世に「遇う」目的を持って生まれてきた「いのち」ということになります。

 親鷺聖人は、御著書の中で「あう・もうあう[参りあうの意]」をほぼ一四〇カ所で用いておられます(『親鷺聖人著作用語索引』)。
 そのうちの六割以上がひらかなで、「値」・「遇」がそれぞれ二割近く出てまいります。
 ところで、現代では、さまざまな意味の「あう(値・遇・逢・遭など)」を「会う」で表記しており、「遇う」は、真宗関孫以外ではあまり見かけないことばです。しかも、私たちにとって最も身近な『正信偈(しょうしんげ)』には、「一生造悪(ぞうあく)値(ち)弘誓(ぐぜい)」と、「弘誓(ぐぜい)に値(あ)えば」が出てまいりますが、そこで用いられているのは、「遇う」ではなくて「値う」なのです。
 にもかかわらず、あえて「遇う」なのは、親鷺聖人が「遇(たまたま)行信(ぎようしん)を獲(え)ば遠く宿縁(しゅくえん)を慶(よろこ)べ」(『教行信証(きょうっぎょうしんしよう)』総序(そうじょ)とあらわしておいでるように、あえるはずがない願いに、あわせていただいた感動・驚き・よろこびを、たまたま「遇(あ)う」と示しておいでになるのです。
 受け難い人身(にんじん)を受け、この人間界で、私たちは、多くの出会いと別れを味わっております。
 人として生を受けた、その事実の重みに頭が下がれば下がるほど、本当の呼びかけに出あいたいとの希求・南無が目覚(めざ)めてまいります。その「南無」が、はたらきかけ通しの本願の光明阿弥陀仏に包まれ、「南無阿弥陀仏」の念仏の声となる。その「であい」が、「遇う」ひと言に籠(こ)められているのでした。もったいないことです。                                      (二〇一〇年七月)