Hatena::ブログ(Diary)

桑田碧海録

2018-06-17

2018-06-12

第二回仙台短編文学賞

第二回仙台短編文学賞へ応募受付が七月一日から始まります。

締め切りは二〇一八年十一月十五日(当日消印有効)。電子メールでの応募の場合は同日二十三時五十九分のタイムスタンプまでです。

仙台宮城東北となんらかの関連のある日本語で書かれた未発表の短編小説を広く募集だそうです。

くわしくは仙台短編文学賞の公式サイトをご覧下さい。

【第2回 仙台短編文学賞 募集要綱】


●対象

ジャンル不問。日本語で書かれた自作未発表の小説に限り、仙台宮城東北となんらかの関連がある作品。


●資格

応募原稿は完全な未発表作品に限ります。小説講座・文章教室同人誌(SNSサークルも含む)などにテキストとして提出、あるいは公開した作品の投稿については選考の対象外とします。同じ作品による他の文学賞への二重応募は認めません。応募は1人1作品に限ります(2作品応募した場合はどちらも選考対象外となります)。


●枚数

400字詰原稿用紙で25〜35枚程度とします。

ワープロ・パソコン原稿の場合⇒必ず一枚あたり40字×30行で作成し、A4判のマス目のない紙を横置きに使用し、縦書きで片面印刷してください(原稿用紙や感熱紙は使用しないでください)。

手書きの場合/必ずA4サイズの400字詰原稿用紙を使用してください。

(略)

仙台短編文学賞

2018-06-09

2018-06-08

2018-06-04

さざなみの国が電子書籍に

拙作『さざなみの国』が惑星と口笛ブックスから電子書籍として刊行されます。

少し先のことなので、いましばらくお待ち下さい。

 そして大ニュースです。みなさまは日本ファンタジーノベル大賞を御存じでしょうか。ファンタジー、幻想文学スリップストリーム現代文学のすべてを取りこんだ日本屈指の賞です。その賞の大賞・優秀賞作品7冊が本レーベルで復活いたします。7冊の内訳は以下の通りです。


『昔、火星のあった場所』北野勇作

糞袋藤田雅矢

『仮想の騎士』斉藤直子

『ゆかし妖し』(『闇鏡』改題』)堀川アサコ

ブラック・ジャック・キッド』久保寺健彦

『さざなみの国』勝山百合

『吉田キグルマレナイト』日野俊太郎

惑星と口笛ブックス