Hatena::ブログ(Diary)

桑田碧海録

2016-06-29

開陽白菜

『蒋公獅子頭』で材料も調理手順も簡素なのは、開陽白菜ではないだろうか。

材料は、白菜半個、乾し蝦大さじ二、塩小さじ一、水大さじ四。

分量外の少量のお湯で戻した蝦と、切った白菜を炒め、水を加えて煮て、沸騰したら弱火で十五〜二十分、塩を入れて味を調える。塩は加減する。

f:id:umiyuri:20160602193526j:image

画像は四川料理の食堂にあった同名の料理。あっさりしているが蝦の出汁でおいしい。

2016-06-14

〈みちのく怪談〉with いしのまき演劇祭2016

七月三十日(土)に宮城県怪談イベントがあります。

この夏、石巻エリアで開催される「いしのまき演劇祭」。

演劇祭に参加する〈よみ芝居〉ユニット「コマイぬ」公演「あの日からの〈みちのく怪談〉」で、東北怪談同盟編『渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉』(荒蝦夷)から収録作品およそ10編が朗読されます。

公演に先立って本書に作品を寄せた東北の会談作家たちが自らの新作を披露する〈みちのく怪談会〉を開催します。

また、東雅夫アンソロジスト文芸評論家怪談専門誌『幽』編集顧問)、黒木あるじ(作家)、土方正志(荒蝦夷代表)各氏らによる〈みちのく怪談〉トークも同時開催です。

会場では参加作家の著書販売やサイン会も。

石巻エリアでは初となる「怪談会」に、ぜひ足をお運び下さい。

【第1部】あの日からの〈みちのく怪談

東雅夫、黒木あるじ、土方正志

【第2部】東北の作家たちによる〈みちのく怪談〉の饗宴

黒木あるじ、勝山百合、小田イ輔、郷内心瞳、須藤文音、崩木十弐、根多加良、鷲尾大介

いしのまき演劇祭 - i-engekisai ページ!

会場は蔵しっくパーク(ひと・まち交流館)(宮城県東松島市矢本字北浦二五。JR仙石線矢本駅徒歩十分)

入場無料。熊本地震支援の募金箱にお志を賜れば幸いです。

第1部 十二時三十分〜十三時

第2部 十三時〜十五時

怪談イベントのあと、十六時からの「コマイぬ」公演は入場料千円が必要です)

この怪談イベントについてのお問い合わせは、荒蝦夷までお願いします。

(022−298−8455/ araemishi@nifty.com)

『渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉』著者リスト

七月二十日発売予定の『渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉』の著者は、黒木あるじ、勝山百合、小田イ輔、郷内心瞳、阿部喜和子、須藤文音、崩木十弐、根多加良、鷲尾大介、ジャパコミ、東雅夫、土方正志(掲載順、敬称略)です。

2016-06-13

渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉

七月、仙台の出版社荒蝦夷から怪談集が出ます。拙作も収録されます。

【新刊】渚にて あの日からの〈みちのく怪談

鎮魂と哀惜――東日本大震災、東北の作家たちが綴った海辺の怪異譚。体験談、採話、創作。話題の「震災怪談」45篇を収録。私たちとともに生きる〈亡き人〉たちの物語を、いまこそ。

【解説】東雅夫アンソロジスト文芸評論家怪談専門誌『幽』編集顧問)

【編】東北怪談同盟

【予価】2000円+税

【発売(予定)】2016年7月20日

【発行】有限会社荒蝦夷

(Amazonでの取り扱いはありません)

タイトルは、ネヴィル・シュートの『渚にて』(On the Beach, 1957 )を踏まえたものだそうです。

渚にて』は、第三次世界大戦北半球は壊滅、南半球で生き残った人類はほそぼそと社会の営みを続けていたが……という話です。

渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)

渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)

渚にて 人類最後の日 (創元SF文庫)/ネヴィル・シュート/佐藤 龍雄 創元SF文庫 - 本:hontoネットストア

2016-06-11

ミステリーズ! vol.77

ミステリーズ!』vol.77(東京創元社)をご恵送いただいた。ありがとうございます。

ミステリーズ!  vol.77

ミステリーズ! vol.77

ミステリーズ! vol.77(2016JUN) THE 13TH ANNIVERSARY/太田忠司 - 小説:hontoネットストア

表紙にくらり(東京創元社のキャラクター、ウサギになりたい黒猫)の姿がなく、裏表紙も探した。くらりはもう使わないことにしたのかともう一度表紙を見たら、表紙の女の子の左手に。

「レイコの部屋」のお客さまは、鳥飼否宇氏。