Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2003-09-30 (Tuesday)

東京地検特捜部 田中真紀子を不起訴処分に

国から公設秘書給与をだまし取り一部を流用したとして、詐欺容疑で告発されていた前外相の田中真紀子前衆院議員(59)について、東京地検特捜部は30日「秘書には勤務実態があり、流用の事実もなかった。詐欺には当たらない」として不起訴処分とした。

不起訴処分の中には、十分な証拠が得られなかった場合の「嫌疑不十分」や容疑そのものがない「嫌疑なし」などがあり、特捜部は「嫌疑なし」とした。

シロのお沙汰が下り、選挙戦への支障が無くなる。

電子メディア文化の深層にムネオハウスの研究論文が掲載

学習院大学教授・遠藤薫氏(執筆時は東京工業大学助教授)の2002年の論文「テクノ・エクリチュール−−コンピュータ=ネットを媒介とした音楽における身体性と共同性の非在/所在」が収録。

ポイントは

筆者は、3回目のイベントに参加したが、やや意外に感じたのは、そこがある意味とても居心地のよい場所だったことである。そこは「2ちゃんねる」のイメージや、このムーブメントに関するマスメディアその他の言説からイメージされるものよりも、ずっと<音楽的>な場であった。アンダーグラウンド的な気負いやかつてのフォークソング・ムーブメントの(どちらかといえば押し付けがましい)「共同体意識」のようなものはほとんど感じられなかった。深夜0時〜早朝6時という時間帯であったにもかかわらず、人々はむしろ礼儀正しくその場を愉しんでいた。「ムネオ」は確かに随所にちりばめられていたが、それは政治的な記号であるよりも。一種の「合図(cue)」であったように感じられた。

遠藤薫 (2002) 「テクノ・エクリチュール−−コンピュータ=ネットを媒介とした音楽における身体性と共同性の非在/所在」 『電子メディア文化の深層』 (早稲田大学出版部 2003) p.78

と実際にイベントに参加しての感想が述べられている点。

多くの参考資料を提示しつつ、ムネオハウスイベントの<身体性>や、音楽としてのムネオハウスの(否-)政治性、<笑い>等について分析・考察を行っているので、ご興味のある方は一読されることをお勧めします。

OPACを見ると、大体の大学図書館には所蔵されているようで、公立図書館でも大きいところにはある様子です。

補足

遠藤先生周辺では、他にも2002年度の東京工業大学のディスカッションプログラムにて「インターネットにおける匿名音楽制作者の活動〜ムネオハウス・ムーブメント〜」と題した発表も有り。

2003-09-27 (Saturday)

社民党 選挙戦は憲法問題を争点に

社民党の土井たか子党首は二十七日、沖縄県具志川市内で記者会見し、総選挙では「憲法と暮らしを正面に掲げて闘う」と述べた上で、法案を提出できる二十一議席を目標とする考えを示した。

また選挙日程について「少なくとも、テロ対策特別措置法改正案は徹底審議が必要」と主張、解散から審議日程を逆算する流れを批判。合併後の民主党との連携に関しては「共闘は小泉内閣打倒の一点。憲法を変える人とは提携できないが、民主の中でもいろいろな立場の人がいる」と説明した。

2003-09-25 (Thursday)

塩爺引退

御年81歳。73歳定年制議論もあり引退。

MUNEX終了へ

86 名前:WORKER 774 [sage] 投稿日:2003/09/25(木) 20:19 ID:???

10月いっぱいでMUNEXを閉鎖したいと考えています。

生活が変わり近々引っ越す事になったので、その影響もあります。


最も大きな問題は、MUNEXをいつまで続けるのかという事にあるんです。

もともとの存在意義としては

「ムネオハウスをはじめて知る人に、キャッチーでリアルにムネオハウス世界を知ってもらおう」

というビギナー向け、ポータルサイトの意味合いで製作されていました。

しかし、現在は一見さんも非常に少なくなりましたし、リンク先も多くが閉鎖になり、存在意義を失っていました。

デザイナーとしても更新が止めたまま(これは僕の所為ですが)、

まさに死に体となってしまったサイトを延々存在させ続けるのは辛いことだからです。


私事で申し訳ないのですが、最近就職活動をしました。ムネオハウス関連作品は非常に好感触で、

ある企業にプロダクトデザイナーとしての内定を頂きました。もちろんそれだけが原因ではないのでしょうが。

ムネオハウスは僕の人生を大きく変えてくれました。


先日、ある職人さんと会いました。その方もムネオハウスで人生を変えられた一人です。

それにムネオハウスが無ければその方と出会うこともなかったわけですから。


声を大にして言いたいです。ありがとうムネオハウス。


僕にとってもMUNEXの終了が、ムネオハウスの終わりと同義ではありません。

このスレが止まらぬ限り、ムネオハウスを続けたいという人がいるかぎり、ずっと続いていくものだと思っています。

[ムネオハウス板@.net] 【μ】MUNEOHOUSE47th【NEO】 (Mirror)

管理人であるWOKER774氏の生活環境の変化もあり、10月いっぱいを持って終了に。

2003-09-24 (Wednesday)

民主・自由合併

菅氏は調印式後、記者会見し、次期衆院選で政権交代を実現する決意を強調。「今回の合併で二大政党が選挙前に首相候補とマニフェスト(政権公約)を競い合えることになった」との認識を表明。

小沢氏も「戦後政治で、初めて自民党に代わって健全な政権を担当しうる野党が誕生した。この(政権獲得の)挑戦に失敗すれば、日本の議会制民主主義の失敗ということになる」と指摘するとともに、政権獲得に強い自信をみせた。合併により一九九八年一月に結成された自由党は解散し、菅代表ら民主党執行部体制が継続し、小沢氏は当面無役となる。

選挙戦は自民vs民主の二大政党対決の構図に。

2003-09-22 (Monday)

山崎拓 幹事長退任

「山拓、悔し涙」−。数々の女性スキャンダルを抱え、去就が注目された山崎拓氏(66)が自民党3役人事で幹事長を退任し、副総裁に就任した。森喜朗前首相(66)や青木幹雄参院幹事長(69)らの「下半身(醜聞の)幹事長では選挙は戦えない」との猛烈な山拓降ろしに、盟友・小泉純一郎首相(61)が屈し、副総裁に棚上げされた形だ。山崎氏は安倍晋三新幹事長(49)の後見役を強調するが、影響力低下は必至の情勢で“がけっ縁”に追い込まれた。

副総裁は名誉職のようなもの。

2003-09-21 (Sunday)

社民党 辻元清美政界復帰に期待

土井氏は「党もこの機会に反省し、信頼をもう一度取り戻すようなことをしないと、辻元さんに対しても(政治活動を)やってもらうということにはなっていかないだろう」と述べた。

また北朝鮮による拉致事件で、与党などが社民党の対応を批判していることを念頭に「いわれのないことで社民党がたたかれるのは分からない。ひぼう中傷、人権侵害が甚だしい」と反発した。

2003-09-20 (Saturday)

小泉純一郎 自民党総裁選 勝利

自民党総裁選は二十日午後、投開票を行い、現職の小泉純一郎首相が過半数(三百二十九票)を大きく上回る三百九十九票を獲得し、再選された。亀井静香前政調会長は百三十九票、藤井孝男元運輸相は六十五票、高村正彦元外相は五十四票だった。

首相は再選後の記者会見で、二十六日に召集する方針の臨時国会でテロ対策特別措置法改正案を成立させ、十月十四日の衆院統一補選告示前の「十月十日解散」に踏み切る考えを示唆した。この場合「十一月九日総選挙」となる。

一気に選挙モードへ。

2003-09-13 (Saturday)

鈴木宗男 自民党総裁選で橋本派候補を応援

藤井氏支持は鈴木議員の意向。公判で一貫して無罪を主張していることから、将来の復党も視野に「古巣」の側面支援に乗り出したとみられる。また、多くの自民党員を抱える後援会が、総裁選を期に、次期衆院選でぶつかる自民党現職陣営の草刈り場になるのを防ぐ狙いもあるようだ。

計算ずく。

新曲 : muneo mutter

名無しさんの作品。.netアップローダに投稿されました。作者からは「新ネタで」とだけコメント有り。

ムネオハウスに新曲があがった

当時の新曲紹介の際に書いた雑文。

ムネオハウスに新曲があがった

「muneo mutter」。ミラーアップロードしてみた。あんまり久しぶりの行為なのでなんか新鮮。曲自体は「曲作るのが好きな人」が作った感のあるマトモな作り。保釈されて政治活動を再開した鈴木宗男さんに呼応してムネオハウスも再始動なのか。音声ソースのキャプチャ組は以前から地道に活動しているので素材を得るのにはあんまり苦労しなくて大丈夫ですんで、あとはイカした曲を作るだけでっせ!と曲作るの好きな人向けに煽り文句の一つも入れてみたが、果たしてそんな人達がこのページをみてんのか。んなわけないよな。

わたしゃムネオハウスでやりたいことは去年のうちにあらかたやったし、やり足りなかった事はその後のNOVAうさぎRemixなり日ハム-オリックス戦満員企画でやって、それなりに狙い通りにできてるから、今からムネオハウスでなんかやりたいとは思わないんだが、どっか他のコミュニティに出向いたときに、たとえば「え〜私ムネオハウスのイベント行きたかったんですよ」とか「曲作ろうと思ったらもう終わってた」とか言われたケースが多々あったりもしたので、何かそういう潜在的なニーズというか盛り上がりの芽はどこかに隠れているのかもしれないので、そこだけは確かめてみたい気はしてます。

さて、どう動くかね。

完全にムネオハウスに飽き飽きしているのがよく分かりますね。

放送後記 09/13

無題 Info / 24:30 - 明朝まで (inlive)

毎日放送垂れ流し、MvD音源、関テレ垂れ流し。そのまま寝て放置。

2003-09-12 (Friday)

鈴木宗男 保釈御初の公判

公判は月2回のペースで開かれ、今回が19回目。検察側の立証はヤマを越えており、近く無罪を主張している弁護側が反証を始める予定。判決は早くても来年秋以降とみられる。

この日の鈴木被告は紺のスーツ姿。拘置中は着用が許されなかった国会議員バッジやネクタイを身に着け、法廷に入った。

2003-09-11 (Thursday)

ムネオハウスを車で全開で流しながら根室に突入した人

東京から車で東北 → 北海道と旅行を続ける方のブログから。根室でガソリンスタンドの店員に反応されたそうです。

ってことで、今さらではあるがお約束でMUNEO HOUSE全開で根室に突入。
途中のガソリンスタンドで店員が苦笑いしてたのは、ちょっと意外だった。

MUNEO HOUSEを知ってるのか、藻前は…

あなたの知らない方が良かった世界: 根室でMUNEO HOUSE

知らなくてもそんな曲流してたら笑うと思いますよ。

2003-09-08 (Monday)

山崎拓 愛人報道裁判 敗訴

山拓の愛人、裁判所も認定−。自民党の“山タフ”こと山崎拓幹事長(66)が週刊文春の「愛人報道」で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋などを相手に計5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が8日午前、東京地裁であった。土肥章大裁判長は「内容は真実か、真実と信じるに足る相当な理由があった」として、請求を棄却した。山拓氏は愛人報道を続ける同誌に対し計3度の名誉棄損裁判を起こしているが、第1弾の敗訴は大きな痛手となりそうだ。

2003-09-07 (Sunday)

放送後記 09/06

無題 Info / 12:00 - 20:00 (inlive)

テレビのlineoutとターンテーブル、PC内の音源を混ぜて配信。15:00頃からFTP開放してリクエストを採る。料理のあいだは阪神戦垂れ流し。週末の予定がなく暇だった模様。

2003-09-06 (Saturday)

DJ MUNEO、帰郷で「号泣」ロング・プレイも出演意欲マンマン

ネタニュース。尚、引用元のスレッドが初出ではなく、これは他所からのコピペとのこと。

DJ MUNEO、帰郷で「号泣」ロング・プレイも出演意欲マンマン クサで目を真っ赤にファンに潔白訴え

DJ、MUNEO SUZUKI

 昨4日、イビサから帰還後初めて北海道にお国入りしたDJ MUNEO(Bribery、Under trial/JP)は、釧路市の某クラブでコアなパーティ・ピープル約100人が集まるシークレット・パーティに出演。オーディエンスから口々に「お帰りなさい」と声をかけられると、みるみる目を真っ赤に腫らし、しまいまで泣き通しに泣いたロングセットを披露。

注目の次期ラブパレードへの出演については「私からは話していない。ムネオハウサーの皆さんからは温かい激励をいただいた」と前向きで、言うところのアップリフティング・ムネオ節は健在。5日は札幌に移動し、松山千春(47)がオーガナイズするStimulation Gathering(OPEN AIR)に出る。

パーティでDJ MUNEOは「皆さんのヴァイブに支えられて437日間連続プレイを頑張ってこられました。イビサでは3食がきちんと食べられる。つらいこともあったが、ご飯も食べられない時期があった駆け出しDJのころに比べたら天国です」と件のアゲアゲの甲高い声で元気さをアピール。

「1点もやましいところはありません」とコールすると、「ラブパ出演するなら全力で支援する」のレスポンスが。すかさず、「皆さんの心はよくわかった」とスキルフルなライミングで応じた。

あいさつの途中、奥さんのNORIKOさんがオーヴァー・ドーズで気分を悪くして救急車で運ばれる一幕もあった。

[ムネオハウス板@.net] 【μ】MUNEOHOUSE47th【NEO】 (Mirror)

元ネタはこちら。

2003-09-05 (Friday)

鈴木宗男 北海道に帰還

昨4日、保釈後初めて北海道にお国入りした衆院議員、鈴木宗男被告(55)=受託収賄罪などで公判中=は、釧路市のホテルで後援会幹部約100人との会合に出席。支持者から口々に「お帰りなさい」と声をかけられると、みるみる目を真っ赤に腫らし、しまいまで泣き通しに泣いた。

注目の次期衆院選への立候補については「私からは話していない。後援会の皆さんからは温かい激励をいただいた」と前向きで、言うところのムネオ節は健在。5日は札幌に移動し、松山千春(47)が発起人の激励集会(トークイベント)に出る。

会合で宗男氏は「皆さんに支えられて437日間を頑張ってこられました。拘置所では3食がきちんと食べられる。つらいこともあったが、ご飯も食べられない時期があった子供のころに比べたら天国です」と件の甲高い声で元気さをアピール。

「1点もやましいところはありません」と潔白を訴えると、「出馬するなら全力で支援する」の声が。すかさず、「皆さんの心はよくわかった」と応じた。

あいさつの途中、奥さんの典子さんが気分を悪くして救急車で運ばれる一幕もあった。

2003-09-01 (Monday)

放送後記 08/31

無題 Info / 22:00 - 24:00 (inlive)

FTPを開いてリスナーからテーマに合わせた曲を投稿してもらい、そこから選曲する放送。前半歌謡曲系、後半クラブ系。