Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2003-12-31 (Wednesday)

StepMania - MURU-CORE @ アオノソラ

ロゴ画像

MURU-CORE(1st-10)を使ったStepMania用譜面が今月になって公開されていました。作者はウェブサイト "アオノソラ"の空さん。難易度は一種類のみ、背景画像は自作のもののようです。譜面の流れはこんな感じでした。

謝辞&備考

記事起稿日 2011年12月23日

記載にあたってアオノソラ運営委員会・空さんに情報と動画収録用に譜面データを提供して頂きました。空さんの協力に深く感謝致します。なおファイルの配布は既に終了しています。

2003-12-26 (Friday)

鈴木宗男 「ウソつき」見出し訴訟 高裁で逆転敗訴

週刊新潮の記事で「ウソつき常習男」と表現され名誉を傷つけられたとして、元衆院議員、鈴木宗男被告(55)=受託収賄罪、偽証罪などで公判中=が新潮社に1000万円の賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は25日、100万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を取り消し、鈴木被告の請求を棄却した。

西田美昭裁判長は「(鈴木被告の)言動を報じた記事や、関係者への取材結果などから、うそをついていると信じる相当の理由があった」と指摘。「『ウソつき常習男』との表現は品がない表現だが、意見、論評としての域を逸脱しない」と判断した。

「ウソつき常習男」裁判は逆転敗訴。

2003-12-24 (Wednesday)

2ちゃんねる公式ガイド2004

2ちゃんねる公式ガイド2004

2ちゃんねる公式ガイド2004

北田暁大氏の寄稿「『漏れモナー』で行きませんか」の中で一回だけ名前が出ていました。

JOY祭りでは全員が「梨本」化

たとえば「大規模オフ会」「祭り」のことを考えてみてください。吉野家の同時多発オーダーなんてのはひたすら「(笑)」です、いささかのメッセージ性もない。田代祭りやムネオハウス、黒装束なんかも似た傾向を持っている。「便所の落書きで悪かったね(笑)」といった純粋なアイロニー精神に貫かれたものといえますね。W杯時の江ノ島のゴミ拾いとかはそれなりのメッセージ性を持っていますが、フジに先んじてゴミを全部拾ってやろうというはてしない馬鹿馬鹿しさが、やはり「(笑)」の自己ツッコミとして機能している。

しかし、たとえば、JOY祭りなんかではもはや「(笑)」が消去され、参加者がみんな梨本化しちゃってたんじゃないでしょうか。別にヤンキーを擁護するわけじゃないですが、≪世界を嗤う代わりに、自分も嗤いの対象として相対化する≫という2ちゃん的なアイロニー精神がJOYに関しては全く見受けられなかった。ちゃねらー自身が自らの正義を疑わない学級委員長になってしまってるわけです。

北田暁大 「『漏れモナー』で行きませんか」 『2ちゃんねる公式ガイド2004』 (コアマガジン 2003) p.47

ここでの「(笑)」は対談記事やインタビュー記事で用いられる自己ツッコミの記号としての「(笑)」のこと。

他にムネオハウスに関係したところでは、付録CDに収録された「さいたまミュージックCDDA」で、ムネオハウスにジャケット制作等で参加していたエアポート快特氏作曲の「さいたま80年代テクノ風」が収録されているくらいでした。

2003-12-22 (Monday)

辻元清美 論告求刑公判

国から計約1870万円の秘書給与をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた社民党の元衆院議員、辻元清美被告(43)に対する論告求刑公判が22日、東京地裁(中谷雄二郎裁判長)であり、検察側は懲役2年を求刑した。辻元被告は「公職にあった者として責任をしっかり受け止める」と改めて謝罪し、公判は結審。判決は来年2月12日に言い渡される。

検察側は土井たか子前党首の元政策秘書、五島(渡辺)昌子被告(66)には懲役1年6月を求刑した。

全面降伏作戦のため、辻元清美裁判はあっという間に結審。

2003-12-09 (Tuesday)

山崎拓 変態報道訴訟を全て取り下げ / 松山千春 鈴木宗男を「抱きしめたい」

山タフ、ついに白旗−。自民党の山崎拓前副総裁(66)は、変態愛人疑惑を報じた『週刊文春』の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋らに損害賠償などを求めていた民事訴訟の控訴を取りやめた。疑惑を全面的に認めることで、次期参院選で出直したい意向だが、党内からは「女性票が逃げる」と批判が噴出する。元愛人も「私には謝罪もない」と怒りは収まらず、四面楚歌の中、風前の灯火となった政治生命も女性に吹き消されそうだ。

 「総選挙で敗北したことを受け、初心に立ち返り、出直すことを決意した。一連の週刊誌報道もこれ以上、事実関係を争わない」

 山崎氏は8日、こうコメントし、文春と編集長らに損害賠償5000万円と謝罪広告の掲載を求めていた裁判と、東京地裁で係争中の訴訟計4件すべてを取り下げることを明らかにした。

 つまり、愛人変態疑惑をすべて認め、「自分は変態だった」と懺悔したわけだ。

同郷で親交のある鈴木宗男前衆院議員について「何があっても見捨てない。抱きしめてあげたい」と熱弁。「肉体関係はないよ」と付け加えていた。自民党が自衛隊をイラクに派遣させる意向であることは強烈に批判していた。

2003-12-07 (Sunday)

放送後記 12/06

無題 Info / 23:20 - 25:55 (inlive)

内容不明。こっそりとやっていたようです。

2003-12-05 (Friday)

山崎拓 参院選出馬に逆風

 「山タフ、参院選に出るな!」−。自民党亀井派が昨4日に開いた議員懇談会で、先の衆院選で落選した山崎拓前副総裁(66)が来年7月の参院選への出馬を検討していることに対して厳しい批判が相次いだ。派閥の会合で他派閥の特定人物を名指しで批判する事態は極めて異例で、参院選出馬で起死回生を狙う山拓氏の戦略にも大きな影響を与えそうだ。

亀井派の島村宜伸事務総長によると、会合では同派の参院議員を中心に変態愛人スキャンダルを抱える山拓氏に批判が噴出。

「出馬すれば、何十万票という女性票が減る」、「党のイメージを踏みにじった候補者が参院選に出るのはおかしい。首をひねるような立候補はいかがなものか」などと声があがったという。

2003-12-04 (Thursday)

辻元清美 公判続報

被告人質問で辻元元議員は「政治を変えたいと強く思う一方で、なぜ旧弊そのままに名義借りをしてしまったのか、その矛盾を今も説明できない」と話した。発覚時点の記者会見で全面否定したことについては「取り繕おうとして、引っ込みがつかなくなった」と語った。

裁判続き。取り繕う事が出来ると思っていた辻元清美。

2003-12-01 (Monday)

杉山さんという方から

「初めまして いつも見てます 頑張ってください」なメールを頂戴して大変恐縮する。あぁこんな場末でしかも勢いで背景どぎついピンクにしたはいいけど、あまりにどぎつくてやってる本人の更新する気が失せかけたとか口が裂けても言えない上に、「小銭を見つけるといつも半開きの目がグワッと開くわね」ということで親戚中で評判(実話)のトンチキなおっさんのページなんか見ちゃダメ!メッ!メッたらメッ!!なので、是非その辺は再考を促したいですっていうか本当にこういうメールを貰った試しがないので素でドギマギしています。

まさにドギー&マギー (mp3 @ clammbon.com)です。