Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2004-01-29 (Thursday)

古賀潤一郎 民主党除名処分

民主党は29日午前の常任幹事会で、学歴詐称疑惑で同党に離党届を提出していた古賀潤一郎衆院議員(福岡2区)への対応を協議し、離党届は受理せず、党の倫理規則で最も重い処分である除籍(除名)とすることを決めた。当初、離党で決着させる方針だった菅代表ら執行部も28日までの党内調整で「学歴の誤りが確認された。対応の不手際で国民の政治不信を招いた」と判断。岡田克也幹事長が除籍を提案した。異論も出たが、最終的には全会一致で了承された。

菅氏らが除籍を決めたのは、7月に参院選を控え、世論の反発を抑えるために党の主体的な判断で責任を取ったことをアピールするためだ。一方で、若手らが求めていた議員辞職勧告は避け、同情論が強かった古賀氏と同じ旧自由党出身議員にも配慮。古賀氏が昨秋の総選挙で破った自民党の山崎拓前副総裁の「復活」につながりかねない4月補選を回避する狙いは変わっていない。

離党届は受理して貰えず。但し山崎拓の復活は阻止したいので辞職は勧告されず。

ムネオハウス2周年ラジオ 予告

MUNEO HOUSE INFORMATINにて、新曲紹介の雑文の中で告知。

「なんで今このときに」と不思議でしょうがないのですが、出たものは広めたい。

そのためのmuneo house informationでございますので。

  • (2004/01/29) 「戦え!! スズキムネオ」 mp3 / ジャケット - アップ元
  • (2004/01/25) 「muneo_no_kokoro」 ノーマル版 / ハイビットレート版
  • (2003/11/09) 「muneo station 20031109」 "muneo logs and bootlegs by 5-111"へ
  • (2003/10/05) 「MUNEO IMPOSSIBLE(今夜の主役はムネオハウス)」mp3
  • (2003/09/11) 「muneo_mutter」 mp3
  • (2003/08/30) 「burahimi_snack」mp3

ちょっと昔まで遡ってみました。「muneo station 20031109」は11月の衆院選の際に作った番組仕立てのミックス。松山千春がまくし立ててます。他ミニマルっぽいのからよくわからないのまで色々。

で、もうすぐムネオハウス2周年(スレッド建立が2002/02/14)なので、去年もやりましたイベント音源ぶっ通し放送などでもしてちょっとはそれっぽくアニバーサリー気分を演出してみたいと思います。それくらいはやらないとね。

追記(1/30)

「MUNEO_IMPOSSIBLE」、ファイル追加しておきました

2004-01-27 (Tuesday)

古賀潤一郎 街頭演説会開催

古賀潤一郎衆院議員が27日、福岡市で行った街頭演説での発言の主な内容は次の通り。

ペパーダイン大を卒業したとの自信を持っていたが、渡米の結果、卒業できていないということだった。(当時)弁護士に一切を任せていたので、(渡米調査で)弁護士を探したが、今現在、探し切れていない。総選挙で訴えた「福岡2区が変われば日本が変わる」との思いを心に持ち続けている。

(訪米中の)5日間に1000通のメールをいただいた。私の信念が変わらぬ限り、皆さまのご支援をいただくことができるならば、政治活動を継続させていただきたい。

このままでは、私の責任がつかないものがある。私は今現在、民主党の一員だ。政党にこれからご迷惑を掛けてはならない。その思いから、まず1点は、党籍を離脱させていただく。2つ目として、これからの任期まで、あるいは次の解散総選挙の日まで議員報酬を受け取らずに働く。

米国のペパーダイン大学では19単位残っているが、国会の閉会中に渡米して1つでも2つでも単位を修得する。このことを私に言い聞かせながら、私自身の認識不足、大いなる不手際を反省しながら、国会に出させていただきたい。

離党表明も議員辞職はせず。更にはちゃんと単位を取って大学は卒業するとの意向を示す。

「米国大学卒業」という学歴詐称疑惑が浮上している民主党の古賀潤一郎衆院議員(福岡2区)は27日午後、国会内で同党の菅代表と岡田克也幹事長に会い、離党届を提出した。同党は規約にしたがい、29日に開く常任幹事会で扱いを協議するとともに、古賀氏の進退について最終的な判断をすることになる。

その日のうちに東京へ戻って離党届提出。処遇決定は29日。

新曲 : 戦え!!スズキムネオ

初宗心者(utpala)氏の作品。自作のジャケットと同時公開。

33rd Single - 戦え!!スズキムネオ -

s33

  1. 戦え!!スズキムネオ

MU-NEOCD 888

525 yen (taxes included)

TMH records / TMH records distribution.

External Resource

2004-01-26 (Monday)

古賀潤一郎 帰国

学歴問題を自ら調べるため渡米していた民主党の古賀潤一郎衆院議員(福岡2区)は26日夕、帰国した。成田空港を経由して福岡に戻った古賀氏は、「すべての調査は終わっていないが、説明責任は果たしたい」と述べ、27日朝に福岡市で釈明の街頭演説をする考えを示した。進退なども明らかにするとみられる。民主党は本人の報告を聞いた上で、処分も含めた対応を検討することにしている。

(中略)

同じ福岡県選出の北橋健治・幹事長代理は「あす27日にきちんと説明責任を果たすことを期待している。ただ、寒い中、街頭で説明するような話ではない。一方的に責任を放棄する場合は議員辞職しかない」と話した。

もう後が無い古賀潤一郎、街頭演説で民意に訴える作戦に。

2004-01-25 (Sunday)

新曲 : muneo no kokoro

ケツメイツ氏の作品。ムネオの秘書氏が運営するFTPサーバ、通称「ムヒ鯖」で公開。

2004-01-24 (Saturday)

古賀潤一郎 Webサイトの経歴訂正→訂正後の大学が否定→再訂正

UCLAが古賀氏の在学の記録を否定。古賀氏は23日、「CSULAの間違いだった。私の単純ミス」などと民主党幹部や事務所などに伝えてきたため、事務所では同日午後2時過ぎ、HPの経歴欄にあった「UCLA」を「CSULA」に訂正した。

うっかりミスでしたと訂正。

CSULAメディア関係部のキャロル・セルキン部長によると、大学側は70年から82年にかけての在学生の記録を調査した。古賀氏の名前は正規の授業だけでなく語学講座にもなかった。このほか、当時の記録がない公開講座があるものの、同講座の出席だけでは在学とは言えないという。

古賀氏は昨年11月の総選挙中、選挙公報に学歴として「ペパーダイン大学」としたほか、「UCLA(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)」など2校を学歴として挙げた。UCLAは名門のカリフォルニア大学ロサンゼルス校の略称で、すでに同校は古賀氏の在学を否定している。古賀氏側は23日、UCLAとしたのはCSULAの誤りだったとしてホームページを訂正していた。

あっという間に大学側に否定される。

古賀氏は24日、訂正はスタッフ間の連絡ミスとして、「UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)」に再訂正した。UCLAは古賀氏の在学を否定しているが、古賀氏は「エクステンション(公開講座)に参加した」と主張しているという。

古賀氏の地元事務所によると、UCLAが23日、古賀氏の在籍と公開講座への参加を否定した報道を受け、党幹部らと相談の上、CSULAに訂正した。だが、24日になって古賀氏から「UCLAで間違いない」との連絡があったという。

もうメチャクチャ。

2004-01-23 (Friday)

古賀潤一郎 ペパーダイン大学を卒業できていなかった

同大学の広報部長ジェリー・デローシャン氏によると、大学側は78年から82年にかけて同議員が在学中に取得した単位や成績などの記録をあらかじめ用意して示した。古賀議員は他大学で取得した単位を含めると卒業に必要な単位となる可能性を探ったが、それは同大学入学時にすでに単位に編入されていた。それらすべてを加えてもなお卒業には至らない、とデローシャン部長は明言した。

単位足りてませんとの回答。

民主党の古賀潤一郎衆院議員(福岡2区)が昨年の総選挙後、衆院事務局に届け出た経歴にも、大学側が卒業を否定している米ペパーダイン大卒と記載していたことが23日、明らかになった。公明党の東順治国対委員長が記者団に明らかにした。

しかし「ペパーダイン大学卒」と届け出ていた。

2004-01-22 (Thursday)

古賀潤一郎 UCLAでの在籍記録無し

UCLAは読売新聞の取材に対し、「1890年にまでさかのぼって在籍者名簿を検索した結果、『J・コガ』という人物は『ジム』と『ジェフリー』の2人だけで、『ジュンイチロウ』という名前はなかった」と回答した。

同校の規則では在籍者名簿に登録しない限り聴講生になることもできない。このため正規の学生だけではなく、過去の聴講生にも同議員と同じ名前の人物はいないことになる。

またUCLAは多彩な公開講座を持ち、単位の取得はできないものの一般市民に門戸を開いている。この公開講座に関しても、過去35年間の受講者名簿に「ジュンイチロウ・コガ」という名前は見つからないという。

学校側に完全否定される。

ABC振興会のハワード・ディーンRemix紹介記事に載る

Howard Dean Yeah! Remixes

海外ゴシップを扱うブログとして有名なABC振興会の記事中にてちょっぴり登場。

しかし、これにバカ受けしたのは私だけではないようで、さっそく「Howard Dean Yeah! Remixes(ハワード・ディーン イエイ!リミックス)」なるものが続々登場してる模様。アメリカではこの「イエイ!リミックス」が、かつてのムネオハウス並の勢いで流行るかもです。いや、もうこんだけあれば流行ってるつうことだな。

アメリカ大統領選候補がムネオハウス・リミックス状態: ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会

2004-01-21 (Wednesday)

古賀潤一郎 渡米 / 衆院福岡2区は、はや「補選」体制へ

「米国の大学卒業」との学歴に疑問が持たれている民主党の古賀潤一郎衆院議員(福岡2区)が21日、その学歴を確認するため、渡米した。古賀議員の事務所が明らかにした。

衆院議院運営委員会理事会で了承された古賀氏の海外渡航についての届け出では、期間は26日まで。

お許しをもらって確認に出発。

古賀氏がこの問題で記者会見を開いた17日夜、山崎氏は系列の県議ら数人と福岡市で懇談。「引責辞職」が現実となった場合の展開を話し合ったという。

女性スキャンダル問題報道の逆風を受け敗れた山崎氏には、参院選立候補について批判が根強く、正式表明を先送りしていただけに、懇談に参加した1人は「早く国政に戻れる予期せぬ機会」と話す。

衆院補欠選挙について、山崎氏本人は沈黙を守るが、山崎派幹部は「200%出る。党を挙げてリベンジ(仕返し)を期す」と明言。ただ、スキャンダル報道の“後遺症”から厳しい戦いも予想され、「落選すれば今度こそ終わり」と慎重な姿勢を崩さない幹部もいる。

手ぐすね引いて待ち受ける山崎拓陣営。

2004-01-20 (Tuesday)

民主党 古賀学歴問題は渡米調査後に対応 他

岡田幹事長は「古賀氏本人は『説明責任を果たすため渡米を準備している』と言っている。米国での調査を待って、党としての対応を決めたい」と報告、了承された。

米カリフォルニア州マリブのペパーダイン大は読売新聞の取材に対し、古賀氏の「卒業」を否定しており、役員会後、岡田幹事長は記者団に「大学側から述べられた事実は重いと思うが、状況がよくわからないところがある。本人は『卒業した』と言っている。当事者同士が協議してみないと、確定的なことは言えない」と語った。

一方、古賀氏の事務所関係者は20日午前、「現時点では、記者会見もコメントも考えていない」と語った。

古賀氏は19日、衆院本会議と民主党国会対策委員会役員会などを欠席。同日夕、電話で民主党幹部と連絡を取り、「自ら渡米し事実を確認したい。自分の卒業証書を過去に見た覚えがある」と説明したという。

国会会期中にも関わらず、本人が直接確認に。

国際機関「支援委員会」が1991年から実施していたが、「友好の家」やディーゼル発電所建設が疑惑を生み、2001年1月の物資供与を最後に事業が凍結されていた。支援委員会も昨年4月に廃止された。

しかし2003年度から元島民団体「千島歯舞諸島居住者連盟」が事業を継承。昨年10月までに物資を届ける予定だったが、ロシア側の受け入れ手続きが滞り、3カ月遅れの出発となった。

2004-01-17 (Saturday)

古賀潤一郎 学歴詐称疑惑が浮上

古賀氏は衆院選で自民党前副総裁の山崎拓氏(67)らを破った。選挙前、読売新聞などの調査用紙の学歴欄では「米ペパーダイン大卒」と記入していた。

読売新聞が関係者から入手した米国の大学関連機関発行の証明文書では「1978年9月から82年12月まで同大に在籍していたが、学位は取得していない」という内容になっている。

古賀氏は「永住権取得を弁護士に相談した際、学校に関する証明も必要だったため弁護士に任せた。弁護士から証明書として渡された書類では卒業となっていたので、卒業したと思っている。その書類がどこにあるか分からない。最後のテストも受けた」と話した。

山崎拓を破って当選した古賀潤一郎に疑惑が浮上。

福岡市内で記者会見し、早急に大学側に確認する意向を表明するとともに、報道通りだった場合は「けじめはきちっとつけたい」と述べ、議員辞職も含めて検討する考えを示した。

ちゃんとけじめはつけると宣言。

2004-01-15 (Thursday)

田中康夫 退院

事はこれまでに、ぼうこうにできた腫瘍(しゅよう)の摘出手術を5回受けたが、昨年12月24日に入院し、25日にぼうこうと前立腺を摘出。人工ぼうこうの取り付け手術を受けた。  入院していた長野市民病院は「極めて順調な経過。病理組織の検査結果から(腫瘍などの)再発の可能性はない」とのコメントを出した。

お疲れさまでした。