Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2007-04-30 (Monday)

鈴木宗男 夕張チャリティープロレス 続報 他

財政破綻(はたん)からの復活を目指す北海道の夕張市で29日、大仁田厚参院議員(49)によるチャリティープロレスが開催された。メーンイベントの有刺鉄線デスマッチには新党大地代表の鈴木宗男衆院議員(59)が特別レフェリーとしてリングイン。

有刺鉄線トルネードタッグデスマッチ。大仁田軍に対する敵軍を率いるのは公設秘書の中牧昭二氏。しかし本当の対戦相手は、レフェリーを務めた宗男氏だった。

会場となったゆうばり文化スポーツセンターに詰めかけた1000人超の観衆。その目は白黒ストライプのレフェリージャージー姿で有刺鉄線で囲まれたリングに登場した宗男氏にくぎ付けとなった。東京マラソンを完走する体力と過剰なサービス精神。レスラーに求められる条件はクリアしている。初体験とは思えないほど宗男氏はリングで輝きを放った。

中牧組の矢口による火炎放射で薄い頭を焦がされそうになりながらも果敢に左フックを死神に見舞う。この一撃でダウンした死神を大仁田氏がサンダーファイヤーパワーボムで押さえ込み勝負は決まった。宗男レフェリーはカウント3を入れた後、大仁田の手を挙げる前に感極まって1人で勝手にバンザイ。「真の勝者は私」と言わんばかりの振る舞いに観客も大爆笑で応えた。

「有刺鉄線は本当に痛かった」という宗男氏だがパフォーマンスは止まらない。大仁田プロレスでは試合後、ファンにペットボトルの水を口に含んで吹きつける “聖水ショー”が恒例となっているが、宗男氏はこれにも挑戦。大仁田氏から無理やりペットボトルを口に突っ込まれながら、リング下に向かって「プハーッ」。恍惚(こうこつ)の表情で“59歳の聖水”を浴びるファンとともに「夕張のみなさん、がんばれー。1、2、3、ファイヤー」と絶叫した。

「参院選と結びつけないで。夕張には政党とか関係ない」と強調するが、宗男氏のレフェリングについては「30点」と辛口採点。“おいしい役”を奪われたのは想定外だったようだ。

思いっきり参院選に向けてのパフォーマンスをかます鈴木宗男。

何故かホリエモンも来ていた。

ムネオハウスウェブリング消滅

運営元のウェブリング・ジャパンが本日付けでサービスを終了したため。

2007-04-29 (Sunday)

鈴木宗男 夕張チャリティープロレスでレフェリーとして登場

この日は「新党大地」代表の鈴木宗男衆議院議員が、ゲストとして登場。第2試合終了後に行ったあいさつではスーツ姿だった鈴木議員だが、大仁田議員らが出場したメインイベント「ノーロープ有刺鉄線ストリートファイト・トルネード・デスマッチ」では、特別レフェリーとしてリングに上り、会場からは拍手喝采を浴びていた。

この「デスマッチ」、選手が4対4(途中選手乱入で5対5)で有刺鉄線の張り巡らされたリングで闘うというもの。場外乱闘や凶器攻撃なども認められており、会場内を選手たちが暴れ回る。特別レフェリーの鈴木議員は、大男たちがぶつかり合う迫力に負けじと、リング内を忙しく動き回っていた。

試合は途中、もう一人のレフェリーがレスラーに殴られ、リング下で失神するハプニングに。一人取り残された鈴木議員は、悪役レスラーたちが放つ凶器攻撃に毅然とした態度でチェックを入れる。そして大仁田議員が自らの必殺技「サンダーファイヤーパワーボム」を決めると、鈴木議員はワン・ツー・スリーとマットを叩き、大仁田組が見事勝利を収めた

しっかり美味しいところを持って行く。

2007-04-27 (Friday)

ドワンゴ 鈴木宗男の着ボイス配信開始

■ 電話やメールの着信を「宗男節」でお知らせ!鈴木宗男氏の着ボイス配信開始 ■

個性的な演説や数々の名言で国民におなじみの、新党大地代表 衆議院議員 鈴木宗男氏のボイスが、携帯電話向けコンテンツとして配信開始されます。

携帯電話向け着信音サイト「dwango.jp(うた)」「dwango.jp(メロ)」「dwango.jp(ボイス)」では、鈴木氏の独特な節回しや名言を着信ボイス「ムネオボイス」として配信開始。電話やメール用のショートボイス・着と~くボイス(ロングボイス)に加え、今後は着うた®にアレンジされた「ムネオうた」を「dwango.jp(うた)」にて、さらに着うたフル®調の「ムネオうたフル」などのオリジナルコンテンツを「dwango.jp(フル)」にて追加配信します。

着ボイス配信開始。

2007-04-19 (Thursday)

土井たか子 雑誌を名誉毀損で訴える

訴状によると、同誌は06年5月号に掲載した論文「拉致実行犯辛光洙(シン・グァンス)釈放を嘆願した“社民党名誉党首”」の中で、「土井氏は知る人ぞ知ることではあるが、本名『李高順』、半島出身とされる」などと言及した。土井氏側は「事実無根の捏造(ねつぞう)記事で、土井氏に対する取材に基づかない一方的な推測で作成したものだ」と主張している。

2007-04-17 (Tuesday)

鈴木宗男 政治資金パーティー開催

新党大地の鈴木宗男代表(59)は12日夜、都内のホテルで政治資金パーティーを開いた。都内開催は11年ぶりとあって、約1800人が集まる盛況ぶり。セクハラ問題で参院議員を辞職し、共産党を離党した筆坂秀世・元政策委員長(59)も顔を見せ、エールを送るなど、かつての“宿敵”と歴史的和解を果たした。

「私は共産党の宗男疑惑追及プロジェクトチームの責任者をしていた。恨むなら私を恨んでください。ただその後、私も失脚しました。宗男さんに日本の政治をよくするために頑張ってほしい。大いに応援していきたい」

筆坂氏の登場に会場がどよめく中、同氏は笑いを取りながら激励。これに対し宗男氏は満面の笑みで応じるとともに、「ムネオハウスなんて捏造、造語だ。(共産党より)もっと悪いのは(社民党の)辻元清美だ。疑惑の総合商社だなんて!」と怒りの矛先は辻元氏に向けられた。

パーティーには、同じ地方重視を訴える民主党の小沢一郎のほか、亀井静香、小渕優子など、政治オンチの本誌記者でも知っている有名議員もズラリ。また元横綱の北の富士親方、元宗男秘書のムルアカなどの顔もあった。また“外務省のラスプーチン”の異名をとる佐藤優(現在は起訴休職外務事務官)が同日開催されていた大宅壮一賞を著書『自壊する帝国』で受賞したニュースも飛び込み、喜びを語るシーンも。

しかし政治オンチな本誌記者としては、最後に渡された鈴木宗男着ボイス配信スタート(ドワンゴジェイピーにて12日より随時配信)のチラシが一番気になるニュースであった…。

ドワンゴでの着ボイス配信が判明。

2007-04-11 (Wednesday)

"DJ BATTLE PV" from muneo house

人気の「usodayo PV」も制作したGEBIRA氏の作品が本日Youtubeにアップされていたので掲載。実際の証人喚問の映像と曲がきちんとシンクロしています。初出は2002年だと思いましたが具体的な日付は確認できませんでした。

情報求む。

2007-04-09 (Monday)

達増拓也 岩手県知事選勝利

小沢・民主党代表の地元、岩手県の知事選は、3月まで同党県連代表を務めた前衆院議員、達増(たっそ)拓也さんが、新人5人の争いを制した。

達増さんは、現職知事では最年少の42歳。

達増さんは、東大法学部卒業後、外交官となり、対米外交などにかかわった。衆院議員には1996年に初当選、今回の知事選出馬に伴い、4期目途中で自動失職した。

人気映画シリーズ「スター・ウォーズ」の大ファン。マニフェストの題名も、シリーズ初作品のサブタイトル「新たなる希望」を引用して「希望王国」と名付けたほどだ。

先月22日の告示第一声で、「私は『小沢チルドレン』と呼ばれることに誇りを持っている」と語るなど、小沢代表との密接な関係をアピールし続けている。

達増さんは8日午後8時過ぎ、盛岡市の事務所で支持者らを前にあいさつに立ち、「まず岩手で、小沢代表が掲げる『生活維新』を実現したい」と声を弾ませた。

一方、達増さんと戦った前岩手県滝沢村長の柳村純一さん(56)は、「国とのパイプ役には自分が適任だと思ったのだが……」と無念さを隠せない様子。前県議の覆面レスラー、ザ・グレート・サスケさん(37)は、無党派層の風を起こせず、「人生最大の敗北だ。小沢民主王国は強かった」と語った。

(2007年4月9日1時45分 読売新聞)

2007-04-07 (Saturday)

トヤマエレクトロ

ニコニコ動画で公開。外山恒一氏をフィーチャーしたエレクトロハウスのPV。説明文のところで「ムネオハウスの注意書き」を改変して使用しています。

決して、決してですね、外山恒一氏を中心とする異端的極左活動家達の活動姿勢に賛同し、これを応援するために作られたものではございません。同様にですね、彼等を無責任に誹謗・中傷するためのものでもないのですよ。全ては、健全なパロディーとアイロニーの精神によって行われているものと記憶しております。

トヤマエレクトロ - ニコニコ動画