Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2009-08-31 (Monday)

衆院選結果続報 / 山崎拓 敗戦の弁

会見で進退を問われると、「党の再建が優先。当面、引退は考えておりません」と言明した。

当選が叶わなかった八代は、「4年ぶりにチャレンジの機会を与えてくれた鈴木代表に感謝したい。(選挙戦では)広い北海道を車いすで走り抜けた。稚内から函館、あるいは釧路から余市に至るまで東西南北を走りながら、いたるところで鈴木宗男ありというのを感じた。願わくばあと1議席というのは、次の機会に大きく膨らむプロローグであると感じた。これからも鈴木代表を支えるために頑張りたい」と笑顔で語った。

新党大地は比例で70万票の獲得を目指したが、結果は約43万票にとどまった。

比例2位の八代英太は当選ならず。43万票は2005年衆院選時とほぼ同数。

2009-08-30 (Sunday)

2009衆院選結果 民主大勝 / 鈴木宗男 辻元清美 田中真紀子当選 / 山崎拓落選

Q 総理大臣になるための覚悟。どういう総理大臣を目指すか。何を一番実現したいか。

A 私は覚悟がなければ、政治家をやるべきではないとそう思っておりますから、その中でも最も重い責任を背負う総理大臣である以上、もしそれを任務として果たすということになれば、当然のことながら覚悟を持って臨むことはいうまでもありません。その覚悟を私は政治家を捨てる覚悟だと申し上げたわけだが、いわゆるポストとか、そういうことのために政治家をやってるんでじゃないぞという覚悟を常に持っていることが肝要ではないか。それから当然のことながら、そのことを覚悟をもって何を望むかといえば、今の現実の国民のみなさんの暮らしを考えたときに、これは小沢代行代表時代から国民の生活が第一と申し上げてきた。それが残念ながら果たされていなかったのが今日までの政治だ。従ってこれは官僚から国民主権にと、さかんに私が申し上げているのは、ただ単にお題目を唱えているわけではありません。まさに国民のみなさんの今の立場の中での苦しみをできるだけ解放するような政治、一人ひとりの心というものを思いやりながらみんながみんな居場所を見いだすことができて、あるいは働く場所を見いだすことができる、そんな日本の社会をなんとしても作り上げていきたい。

経済とか景気とかいう言葉で言えばひとくくりになってしまうが、もっと一人ひとりの心の中にしみわたるようなことに、日本の国に、私たちが暮らしてきて本当によかったねと本気で思えるような国をつくるために精いっぱい努力をしていきたい。

単独過半数は超えるも絶対安定多数には若干足りず。

新党大地唯一の議席を守った鈴木宗男代表は31日未明に記者会見。「私の力不足で(2議席の)結果を出せなかったことは申し訳なく思っております。ただ、政権交代という大きな夢は実現できました。北海道の有権者の皆さん方の見識に心からお礼を申し上げ、感謝をします」と述べた。

選挙活動は専ら民主党候補の応援ばかりだったが、自分は無事当選。

4年前は比例区で復活当選した大阪10区の社民前職、辻元清美氏(49)。今回は民主と国民新からの推薦も受けて「野党統一候補」を強調し、前回敗れた自民前職を打ち破って4選した。事務所で支援者らに深々と頭を下げ、「民主、国民新党など、みなさんの協力で当選できた。今までの立場を乗り越え、一緒にこれからの日本をなんとかせないかん」と話した。

民主・国民新党の支援もあって小選挙区で当選。

公明・冬柴氏を撃破。

福岡2区では、13回目の当選を目指した元党副総裁の山崎拓氏(72)が敗れた。事務所で「自民党として、国民の期待を裏切るような国政運営が積み重なったのではないか」と敗因を振り返り、支持者に深々と頭を下げた。派閥領袖もあらがえなかった党への逆風。自身の進退を問われると、「党の再建が優先。当面、引退は考えておりません」と言明した。

自民大敗北の上、残った議員はタカ派ばかり。

2009-08-29 (Saturday)

田中真紀子 連合新潟の推薦辞退

連合新潟によると、27日午前に田中氏側が連合新潟の事務局を訪れて辞退を申し出た。辞退の理由について、関係者は「政策協定に不満があったようだ」と話している。

我を通すところはちゃんと通してきている。

2009-08-28 (Friday)

辻元清美 余裕の選挙戦

「民主の議員が自民の電話にエールを送ってくる。そんな特殊な状況だ」。26日に高槻市で開かれた候補者4人の合同演説会で、3選を目指す自民前職の松浪健太は公示後に民主議員から応援の声が寄せられたことを明らかにした。

大阪10区は、かつてない追い風を受ける民主が候補者擁立を見送り、国民新党とともに社民前職の辻元清美を推薦。辻元は「野党共闘」を旗印に選挙戦を展開し、松浪陣営はその切り崩しに躍起だ。

辻元清美に民主・国民新党相乗りで勝ちに来ている。

2009-08-25 (Tuesday)

鳩山由紀夫 メンチカツで騒ぎを起こす

全国遊説に飛び回る民主党の鳩山代表の「お買い物パフォーマンス」が思わぬ波紋を広げた。衆院東京2区候補の中山義活氏の応援で23日に東京・谷中の商店街を練り歩く途中、名物のメンチカツ1個(150円)を自腹の千円札で購入。報道陣を前にほおばり、笑顔を見せた。

だが、おつりをもらわず、「買収では」などと一部報道で指摘される羽目に。鳩山事務所は「鳩山氏は『千円分ください』と言ったが、人で大混乱し、残りの商品も、おつりも受け取れなかったようだ」と説明する。

中山氏側は「誤解を生んではいけないし、お店にも迷惑がかかるので」と関係者が25日朝に店を訪れ、おつり850円とメンチカツ1個の領収書を受け取った。

2009-08-24 (Monday)

田中康夫 埋没に危機感

新党日本の田中康夫代表(53)が23日、東京・渋谷のハチ公前、銀座和光前で演説会を行った。ハチ公前ではあっという間に人垣ができる注目ぶり。民主党大躍進の選挙結果予測が報じられる中、田中氏はミニ政党が埋没する危機感をにじませながら「猫もしゃくしも民主、民主になっているが、政権交代には新党日本が必要」と声をからして訴えた。

すっかり空気と化してしまっている。

2009-08-23 (Sunday)

田中康夫 人格攻撃される

23日夜に尼崎市内で開かれた冬柴氏の演説会。公示前の松本サリン事件被害者の河野義行さん(59)に続く応援弁士として、自民党の丸山和也参院議員(63)と猪瀬直樹東京都副知事(62)が登場した。

猪瀬氏は長野県知事時代の田中氏に言及し、「ダムをやめるといいながら、対案を出さずに何もしなかった。借金を減らしたというが、積立金を使っただけ。実績が怪しい人」と批判。丸山氏も「選挙は逆風ほど面白い。もし冬柴さんが勝ったとしても、1万や2万の差では恥。最低でも5万はつけないと」と、約900人の来場者を鼓舞した。

さらに、猪瀬氏は「冬柴さんのような業績のある人に国会に残っていただきたい」としたうえで、最後は田中氏への人格攻撃までも行ったのだ。

冬柴氏も必死。

【MUNEO HOUSE×初音ミク】初音山脈

ニコニコ動画にアップ。「宗男山脈(6th-10)」をベースに大西氏と田原総一朗のやり取りを初音ミクでやっています。画像は宗男山脈シングルジャケットを若干改造して使用。

作者は大変な途中下車シリーズで作品を投稿しているAkkieさんという方。何故今これをやろうと思ったんでしょうか。

2009-08-20 (Thursday)

田中真紀子 直撃インタビュー

−−なぜ民主に入党したのか

「若手の方々から『入党してほしい』という嘆願書をいただき、逡巡していた。『後援会幹部に頭を下げてもいい』という熱心なお誘いだった。有権者に約束したことを実行するには、無所属では難しい。政策の近い民主党に入り、政権交代を実現して、実際に仕事をしたい」

2009-08-18 (Tuesday)

2009衆院選 選挙戦開始

新党日本の田中康夫代表は自ら立つ兵庫8区の尼崎市で「日本にはおかしいことがたくさんある。今こそ官僚統治、中央集権、既得権益がはびこる日本を根底から改める『改国』を行わねばならない。『しがらみ』『なれ合い』と無縁な政治のリーダーシップが必要だ」と気勢を上げた。田中氏は夕方まで尼崎市内を遊説し支持拡大に努める。

北海道を拠点とする新党大地の鈴木宗男代表は、盟友で歌手の松山千春さんとともに、札幌市内で午後0時半から出陣式を行い、午後1時半から第一声。

衆院選は「北の大地・北海道からチェンジ! そして、北海道から初の首相を!」を掲げている。これが第一だ。小泉政権以後、北海道が「地方切り捨て」の象徴になってしまった。自民党の幹事長、政調会長が出たのに内閣の官房長官、財務相が出たのに何もいいことがなかった。もう政権交代しかない。

後期高齢者医療制度の廃止も大切だ。障害者自立支援法の廃止や、郵政民営化の抜本的な見直しも必要だ。また、北海道は大自然があるので観光産業を確立したい。そして、アイヌ民族の歴史・文化を尊重する政策を掲げたい。

「弱肉強食」や「勝ち組、負け組」といった新自由主義の政治を変えなければ、北海道が沈没すると考えた。その点、民主党は「地方重視」「生活者第一」「政治は弱い人のためにある」と主張している。それを実現しないといけないと考え、民主党と選挙協力を進めることにした。選挙で勝利したなら、新党大地は民主党などとの政権協議に参加する。

2009-08-15 (Saturday)

田中真紀子 夫婦で民主党入党

無所属で元外相の田中真紀子前衆院議員(65)=新潟5区、写真=は15日、新潟県長岡市内のホテルで民主党の鳩山由紀夫代表とともに記者会見し、民主党への入党を発表した。夫で無所属の田中直紀参院議員(69)も民主党入りした。「真紀子人気」を選挙の追い風としたい民主党と、選挙後の影響力を確保したい真紀子氏の思惑が一致したようだ。

新潟入りした鳩山由紀夫と共に入党を正式に発表。旦那も一緒。以下、記者会見の詳報。

2009-08-12 (Wednesday)

田中真紀子 民主党入り検討

田中氏は、自民を離党後、法案骨子を作っても国会に提出できなかったとして、「無所属の限界で、できなかった面もかなりある。(6選を目指す)中堅なんだから実行しなきゃならない。閣僚ポストなんかより議員立法をやりたい」と語った。

閣僚ポストには興味は無い模様。

2009-08-08 (Saturday)

ムルアカ氏 自宅を新築

〇二年に吹き荒れた「ムネオ疑惑」。鈴木宗男代議士の後ろを歩く二メートル九センチの大男、コンゴ民主共和国出身のムルアカ氏(48)は“謎の秘書”とやり玉にあげられた。

そんなムルアカ氏が最近、神奈川県に家を新築した。

見上げる高さ。大きな手。股下百二十センチ。靴のサイズは三十四センチ。既製服は着られず、「オーダーメイドでお金がかかる」とこぼす。スーツに赤いネクタイの似合うムルアカ氏が穏やかに語る。

「あの騒動のあとは職を失い、家族には苦労をかけました。騒動が収まったら、家族が安心して住める家を造ると約束して、それを果たすことができた。

国際交流のために、お客さんを呼んでも恥ずかしくない家です。来日以来、いつも頭を下げ続け、お風呂で足を伸ばしたことはありませんでしたが、天井を高くして、足を伸ばせるお風呂をつくりました。借金はいつ返せるか分かりませんが……(笑)」

2009-08-07 (Friday)

田中真紀子 民主党から推薦を受ける / ロシア 北方領土への人道支援を拒否

民主党は6日、衆院選で新潟5区から出馬する無所属の田中真紀子前衆院議員を推薦すると発表した。田中氏が同党の推薦を受けるのは初めて。

田中氏は無所属だが民主党会派に属している。田中氏自身は推薦を求めていなかったが、同党は「民主会派で活動されており、こちらから出すことを決めた」としている。

前々回、前回は無所属・推薦無し。

ロシア外務省は7日、日本が北方領土に提供してきた医薬品などの人道支援物資を今後は受け取らない、とモスクワの日本大使館に通告した。

メドベージェフ大統領は7月、麻生首相との会談で領土問題について厳しい態度を示している。今回の措置は、人道支援を提供する枠組みとなってきた日本との「ビザなし交流」の制限に踏み切ったことを意味しており、北方領土問題を巡る日露の緊張が一段と強まりそうだ。

ロシア外務省は同日、日本が1990年代初めから南クリル諸島(北方4島)に提供してきた人道支援に「心からの感謝」を表明した上で、「今後、人道支援を受ける必要性はないと日本に説明した」との声明を発表した。

2009-08-05 (Wednesday)

ムネオハウスのフライヤーを部屋に貼っている人が鈴木宗男と遭遇

北海道の方のTwitterの呟きから。どのイベントのものかは不明。

近所のスーパーに買物に行ったら、鈴木宗雄と遭遇し、握手を求められたw ムネオハウスのイベントフライヤーを居室に貼っているといったら、すごく喜んでたwwww

Twitter / Takahiro Kawaji: 近所のスーパーに買物に行ったら、鈴木宗雄と遭遇し、握 ...

win-winですね。