Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2010-08-31 (Tuesday)

松山千春 「千春カード使わないで」

同補選をめぐり鈴木代表は一時、自民党の町村信孝元官房長官の対抗馬として、盟友の歌手松山千春氏の擁立に前向きな発言をしたが、式典に出席した松山氏は「松山千春というカードを使わないでもらいたい」と独特の言い回しで出馬をきっぱり否定。ただ「ここだなと思った時なら行きます」と、今後の政界進出には含みを持たせた。

2010-08-30 (Monday)

鈴木宗男 北方領土渡航問題で外務省を批判

鈴木氏は北方領土以外の極東では日本の事業が行われているとした上で「サハリン経由で資材を送るのすら駄目という姿勢は現実的でない」と指摘。「政府は意識改革して時代に合わせなければ、四島が戻る可能性は少なくなる」と強調した。

2010-08-26 (Thursday)

道東道 穂別トンネル貫通

道内のトンネルでは、十勝管内広尾町と日高管内浦河町を結ぶ国道236号の野塚トンネル(同4232メートル)を抜き、最長となる。

2010-08-24 (Tuesday)

政府 国後観光ツアーに遺憾の意 / 鈴木宗男は政府を批判

仙谷由人官房長官は24日午前の記者会見で、日本人の観光ツアー客がロシアの査証(ビザ)を取得し北方領土の国後島を訪問した問題について「事実なら、閣議了解に反するもので極めて遺憾だ」と明言し、旅行業者や旅行者に厳重に抗議する考えを示した。仙谷氏は政府として事実関係を調査していることを明らかにし、「調査結果で事実と分かれば、旅行業者にはこのようなツアーをアレンジしないよう、また旅行者には参加しないように求める」と述べた。

北方領土問題に取り組む鈴木宗男衆院外務委員長は「閣議了解が形(けい)骸(がい)化している。私は政府方針に沿って領土返還の現実的な『段階的解決論』で取り組んでいる。渡航についても柔軟な対応が必要で、希望者に特別パスを出すなどの知恵を出すべきだ」と政府の対応を批判した。

2010-08-23 (Monday)

北方四島に観光ツアー

【モスクワ共同】福岡市の旅行業者が組織した観光ツアーの客8人と業者1人の日本人計9人が23日、ロシアの査証(ビザ)を取得して北方四島の国後島を訪問したことが分かった。日本人グループがロシアのビザを取って北方四島への観光ツアーは初めてとみられる。

外務省ロシア課は「事実なら閣議了解に反し、極めて遺憾」とし、調査に乗り出すとしている。

日本政府は日本人がロシアのビザで北方四島を訪れることはロシアの実効支配を認めることにつながりかねないとして、1989年の閣議了解に基づき、自粛を要請してきた。しかし今回の旅行業者は無視していた。

2010-08-19 (Thursday)

辻元清美 離党届受理される

社民党は19日の常任幹事会で、辻元清美衆院議員(大阪10区)の離党届を同日付で受理した。党内には除名を求める意見もあったが、地元の党大阪府連合から「これまでの党への貢献を考慮し、厳しい処分はしないでほしい」との要望もあったため、除名処分は見送った。辻元氏は無所属で議員活動を続ける意向。

2010-08-18 (Wednesday)

辻元清美 インタビューに答える 他

−−参院選の終盤、東京・荻窪での応援演説を聞いていました。熱弁だったが、もうひとつ元気がなかった。

辻元さん いやなところ見てますね。沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で連立政権から離脱した社民党の決断は正しいんです。あそこで離脱しないと、コアの支持者を裏切ることになりますから。でも社民党が政権からいなくなって喜んだのは、アメリカと外務省と防衛省でしょ。私は葛藤(かっとう)があった。スッポンみたいに食らいついて、取るもん取ったれ、と。辺野古移設の日米合意を閣議決定で骨抜きにする方法も考えたし。政権離脱を決めた党全国幹事長会議の締めくくりで、こぶしをあげて、ガンバロー!ってやったけど、力入らへんかった。

−−ずいぶんとリアリストになったんですね。

辻元さん 政治は政権を取るベクトルのエネルギーがない限り続かない営み。初めて国会に来たとき、いきなり自社さ政権でね。勉強になりました。竹下登(元首相)さんからは「政治は4割主張が通れば御の字」と教わったし、山崎拓(前自民党副総裁)さんからは「法案を通したい場合は真綿にくるんで、すり足で運べ」と教わった。「なんでも100%要求派」の市民運動からスタートした私にはどれもが新鮮でした。彼らの政権への執念もすさまじかったし。

−−副国交相の経験もリアリストに磨きをかけた?

辻元さん 国交省のすぐ隣が警視庁なのよ。私が(秘書給与事件で)03年に逮捕されて留置されていたところ。感慨ひとしおやったなあ。あそこから平行移動してきた私が改革の最前線で切り込み隊長をやるんやから。一ミリでも現実を動かしていく手ごたえはありました。財政がえらいことになっている現実も知らされたし。集中治療室に入れないとあかんと痛感した。それに副大臣ってごっつ権力があるんですよ。ある通達に疑問を感じるでしょ。スタッフの官僚に、「これおかしいの違う」って言えば、3時間たったら全部削除して持ってくる。

やはり政権与党で副大臣を担った経験が今回の離党に繋がったとのこと。

中国を訪問している民主党の鳩山由紀夫前首相は18日、北京市内で記者会見し、9月上旬にロシアで開かれる経済関係の国際会議に菅直人首相の「名代」として出席することを明らかにした。鳩山氏は「首相のときにやり残した北方領土問題についてロシアのメドベージェフ大統領と会談し、解決への道筋を広げたい」と意欲を示した。

2010-08-14 (Saturday)

ムルアカ氏 テープカット

同日開いた落成式で鈴木社長=写真中央=は「武道家でもあった先代がこの地で温泉旅館を創業。若い人達に日本文化の精神を継承していってもらいたいという思いから、運動選手の合宿などを積極的に受け入れてきた。地場産業としての温泉旅館経営を通して、日本文化を担う人材の育成に今後も尽力したい」とあいさつした。

来賓には、渡辺優下田市副市長=写真左端から2人目、東京五輪・メキシコ五輪の重量挙げ金メダリストでNPOゴールドメダリストを育てる会理事長の三宅義信氏=写真右端から2人目、鈴木宗男衆院議員の元秘書で千葉科学大学教授・神奈川工科大学特任教授のムウェテ・ムルアカ氏=写真左端=など多数の著名人が出席した。

三宅理事長は「温泉の質、緑豊かな環境、そして気配りの心が観音温泉の魅力。体育館を併設しており、日本のスポーツ界では『スポーツの里』として親しまれ、多数のメダリストを輩出している」と絶賛。ムルアカ教授は「家族でよく泊まりにきている。鈴木さんという名字の人に悪い人はいない」と話して会場を沸かせた。

もはや鉄板ネタ。

2010-08-07 (Saturday)

松山千春 新曲PVをネットで無料公開

無料視聴ができるのは5月12日に発売された2枚のシングル作品「神よ」と「慕う」。

今春、コロムビアの大株主が米リップルウッドから、日本のIT企業「フェイス」に移行したことが無料視聴を後押しした形だ。コロムビアは10月1日に創業100周年を迎え、社名も元の「日本コロムビア」に戻る。改めて“コロムビアの顔”として千春を前面に出す狙いもあるようだ。

「神よ」が歌った社会や世の中全体の親や大人が子供たちを思う世界は、計らずもタイムリーな内容となった。

大阪市西区のマンションで幼児2人の遺体が見つかった事件のショックは大きい。全国で親による子供の虐待が増える中、「愛情を持って子供と接することの大切さがよくわかった」「身につまされる詞」「若い娘にも聴かせたい」といったファンの声が寄せられているという。

「慕う」は、千春が故郷の北海道・足寄を思い、書き下ろした作品。これもお盆休みが近づく中で、望郷の想いで耳を傾ける人が多いようだという。

最新アルバムに収録された新曲の「小さな幸せ」は、今月から冠婚葬祭の日本セレモニー「典礼会館」のCM曲に起用されるなど、毒舌キャラクターとは裏腹に、千春が歌う“詞の心”にスポットが当たり始めている。

2010-08-05 (Thursday)

北方領土議連が初の勉強会

民主党の有志議員らでつくる「北方領土問題解決促進議員連盟」(会長・鉢呂吉雄衆院議員)は5日、初の勉強会を国会内で開いた。鉢呂氏は終了後、鳩山由紀夫前首相に顧問就任を要請することや、日本が第2次大戦の無条件降伏文書に調印した9月2日を事実上の「対日戦勝記念日」と定めたロシアへの抗議を検討する方針を明らかにした。

出席したのは、民主党の衆参両院議員と顧問を務める新党大地代表の鈴木宗男衆院外務委員長ら約30人。元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏が講演し、政治主導で問題解決に当たる必要性を訴えた。

2010-08-04 (Wednesday)

鈴木宗男 永年在職表彰を受ける

鈴木氏は本会議で演説し、「わたしは今、刑事被告人の身だが、必ず真実が明らかになると確信している」と強調。「一部の外務官僚と検察官僚によって失脚させられた。わが国の民主主義が根底から崩される危機を痛切に感じている」と述べ、「官僚支配の打破」を訴えた。

有罪が確定した議員や、刑事被告人として係争中の議員が表彰されたケースがあるため、慣例通り表彰が決まった。

ゼネコン汚職事件で上告中だった中村喜四郎衆院議員は2001年に、リクルート事件で一審係争中だった故藤波孝生元官房長官は1991年にそれぞれ永年表彰を受けた。佐藤孝行元総務庁長官はロッキード事件で有罪確定後の92年に表彰された。

自民党政権時に前例有り。

2010-08-03 (Tuesday)

仙谷官房長官 北方四島への渡航自粛見直しを否定

仙谷由人官房長官は3日午前の記者会見で、新党大地代表の鈴木宗男衆院外務委員長が北方領土への渡航自粛を求めた閣議了解の見直しの必要性に言及したことについて、「(ロシアの査証を取得して)北方領土への入域を行わないよう要請を続ける考え方に変わりはない」との見解をあらためて表明した。

鈴木宗男のツッコミを受けて。

2010-08-02 (Monday)

鈴木宗男 四島渡航自粛の閣議了解は「時代遅れ」

日本人の北方四島への渡航について、衆院外務委員長の鈴木宗男・新党大地代表は2日、ビジネスなどでロシア側のビザ(査証)を取得して多数が往来している実態があるとしたうえで、渡航自粛を求めた1989年9月の閣議了解を「どう考えても時代遅れ。国益の観点から判断すべきだ」と批判した。政府は渡航を「ロシア側の実効支配につながる」と問題視している。

閣議了解に反した渡航は10年以上前から問題になっており、7月下旬にも北海道内の機械メーカー社員らが、択捉島に入っていた。

同社の社長(66)は毎日新聞の取材に「昨年末に国内の商社を通して、択捉島の業者に販売したイクラの魚卵連続分離装置の修理を頼まれた」と証言している。鈴木代表はこうした動きについて「島の開発を、日本が指をくわえて見ているのは現実的ではない」と述べ、閣議了解見直しを求めていく考えを示した。