Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2011-01-31 (Monday)

鳩山由紀夫 「こんな党をつくったつもりじゃなかった」 / ロシア訪問団 国後島入り / 鈴木宗男 週プレで連載開始

小沢一郎元代表の国会招致問題などで対立が強まっている党内情勢について「こんな党をつくったつもりじゃなかった。もっと友愛の心を持った、友達同士を大切にする民主党にしていかなければならない」と述べ、党内融和に努めたいとの意欲を示した。

名古屋市で行われた街頭演説での発言。

政府のクリル諸島社会経済発展計画(2007〜15年)に基づくインフラ整備の点検が狙いで、メドベージェフ大統領が訪問を指示した。

政府代表団は同省のほか、財務、運輸、経済発展、エネルギー、保健社会発展の各省と漁業庁の代表からなる。2月1日には択捉島も訪れる予定にしている。

インタファクス通信の報道について、「大変遺憾だ。事実関係を確認の上、そうした事態になれば、さらに厳しくわが国の姿勢と遺憾の意を伝えなければならない」と述べた。

今年2回目。

大統領は97年6月3日付書簡で「露日が良き隣人となる新たな可能性がかつてなく広がっている。歴史的チャンスを生かさねばならない。協力すれば最も難しい問題も解決できる」と強調。そして〈1〉4島の帰属問題を解決すると明記した東京宣言に基づく関係発展〈2〉漁業など4島をめぐる実務上の問題――の並行協議を提案した。首相は、同18日の書簡で「歴史的チャンスを生かす考えに賛成」と返答。領土交渉に本格的に取り組む意向を伝えた。

2008年に報道された件の裏付け資料。

〈菅政権、民主党について述べます。菅首相に「俺が総理大臣だ、トップリーダーだ」という姿勢が見えない処に国民の不安、不満があると思います。叩き上げ、市民活動家から政治家になり、上り詰めた菅首相に期待したのですが、官僚の手のひらに乗ってしまいました。かつての官僚と相対した姿が消え「草冠」の菅首相が「草冠」のとれた「官」に、官僚の官直人首相になってしまいました。消費税増税然り、普天間の辺野古移設等、官僚の作ったシナリオにあわせてしまったのは本来の菅直人ではない姿です。昨年の総選挙で4年間、消費税の話はしないと国民に約束したのですから、これは国民との約束であり、政権交代できたのですから言ってはいけないことなのです〉

2011/02/07日号より始まった佐藤優氏との往復書簡での連載。「カタカナでムネオ+横文字」で大体それらしいタイトルになるのは御存知の通りです。

* なおこの記事がWebで公開されたのは2011年3月1日です。

2011-01-28 (Friday)

ロシア 今度は地域発展相が北方領土訪問へ

代表団には漁業庁や経済発展省、エネルギー省、財務省などの関係者が参加。国後島ユジノクリリスクや択捉島クリリスクで住宅や交通インフラなどを視察し、「クリール(千島)社会・経済発展計画」(2007〜15年)の履行状況を点検する。

次々仕掛けてきます。

ロシア地域発展省のトラブニコフ次官は27日、内外の一部メディアと会見し、メドベージェフ大統領が日本の北方領土に創設することを提唱した「統一経済圏」や「自由貿易圏」の構想について、「詳細を語るのは時期尚早だが、第三国を何らかの事業に誘致することに障害はない」と述べた。ロシアが北方四島の開発に外国企業を巻き込み、実効支配の既成事実化を推し進める可能性が出てきた。

2011-01-27 (Thursday)

鳩山由紀夫 「我々は略奪愛ですから」… 他

 純愛に感動した鳩山氏だったが、妻・幸さん(67)とのデートの思い出を聞かれると「我々は略奪愛ですから、あまり話さない方が…」とぶっちゃけ。幸さんに一番助けられたのは?との質問にも「私が浮気をした時じゃないっすか」。96年に週刊誌で報じられた女性関係を自ら掘り起こした。映画は幸さんも観賞したが「体調不良」のため取材は回避した。

昨日開催された夫婦で大好きな韓国映画の試写会にて。

民主党の鳩山由紀夫前首相は27日、都内で講演し、北方領土問題をめぐり麻生太郎政権時代に浮上した「面積2等分論」について「陸上に国境線が引かれることには躊躇(ちゅうちょ)を覚える。交渉の中での条件整理はあろうが、将来に禍根を残す結論は導かない方がいい」と批判した。

2011-01-26 (Wednesday)

日露次官級協議で遺憾の意を伝える

前原誠司外相が2月10日から予定しているロシア訪問に向けた調整のための日露次官級協議が26日、東京・麻布台の飯倉公館で行われた。外務省の別所浩郎外務審議官は昨年11月のメドベージェフ大統領以降、ブルガコフ国防次官ら露政府高官の北方領土訪問が相次いでいることについて「日本の立場と相いれない」と遺憾の意を伝達。ロシアのボロダフキン外務次官は「北方領土はロシア領」との原則的立場を主張した。

【μ】宗男山脈/DJ MUNEO【NEO】

「宗男山脈(6th-10)」の動画。映像は歴代ジャケット画像を使用している他、時節柄"イカっている"という事でイカ娘的な画像も一枚入っています。

2011-01-22 (Saturday)

ロシア ブルガコフ国防次官 視察終了

20〜21日に北方領土の択捉島と国後島を視察したロシアのブルガコフ国防次官は22日までに、駐留部隊の戦闘態勢を強化するため、両島への今年の燃料供給を増やす方針を明らかにした。タス通信などが報じた。

2011-01-21 (Friday)

政府 ロシア国防次官の択捉入りに遺憾の意 他

「わが国の立場と相いれない行動がされ、大変遺憾だ。日露間の関係を前に進めるためにも、領土問題を解決し、平和条約締結に向けて、繰り返し粘り強く交渉を求め、進めていくことを徹底したい」と述べた。

ロシア軍のドロブシェフスキー報道官は21日、ブルガコフ国防次官による北方領土の択捉、国後両島訪問について、「政治的意味はなく、現地の駐留部隊を視察し、問題を解決することが唯一の目的だ」と述べ、日本側の懸念を否定した。タス通信が伝えた。

2011-01-20 (Thursday)

ロシア国防次官 択捉島入り

ロシア国防省のブルガコフ次官(陸軍大将)ら代表団が20日、現地駐留部隊の視察を名目に北方領土の択捉島に入った。23日まで択捉、国後両島に滞在する予定。昨年11月のメドベージェフ露大統領に続く国防省幹部の北方領土視察は、北方四島の実効支配を軍事的側面からも強めようとするロシアの国家意思を鮮明にしている。

現地からの報道によると、次官らは両島に駐留する砲兵師団の施設を訪れ、「戦闘準備態勢を確認」する。食料や衣服、兵営の状況など「部隊の物的側面」の点検が主要目的で、部隊の幹部人事にも踏み込む可能性があるという。

ロシアのブルガコフ国防次官らが20日、択捉島入りし、ソ連崩壊後に縮小していた北方領土の軍備再強化に向けた具体的な検討作業を開始した。ロシアは2008年秋以降、軍のスリム化と即応力向上を主眼とした「第二次大戦後で初めての本格的な軍改革」に乗り出しており、この方針に従って機動的な北方領土軍備のあり方を探っているとみられる。

旧ソ連・ロシアが北方領土の返還を拒んできた大きな要因の一つは、四島の持つ軍事的価値にある。特に国後水道(エカテリーナ海峡)と択捉水道(フリーズ海峡)が、年間を通じてオホーツク海から太平洋に出られる不凍海峡であることが重視されてきた。

今回の訪問の背景。

2011-01-19 (Wednesday)

ロシア 北方領土訪問団出発 / 枝野官房長官兼沖縄・北方担当相 北方領土訪問に意欲

ロシア国防省は19日、ブルガコフ国防次官が北方領土の国後、択捉両島訪問に出発したことを明らかにした。インタファクス通信が伝えた。

「可能な限り早い時期に訪ねたい。」とのこと。

2011-01-17 (Monday)

今日のニュース :北方領土の地形図 88年ぶりに更新

国土地理院は、北方領土の歯舞群島などの地形図を88年ぶりに作製した。ロシアが実効支配しているため現地調査ができず、全国で唯一、戦後の地形図が作製されていなかったが、陸域観測技術衛星「だいち」の画像データを基に実現した。

完成した地形図は、水晶島など歯舞群島のすべて(7枚)と国後島南部(6枚)の計13枚で、縮尺は2万5000分の1。従来は1922(大正11)年に作製された縮尺5万分の1が最後だった。

地図の完成には10年かかるとのこと。

2011-01-15 (Saturday)

前原外相 2月にロシア訪問 / 枝野官房長官が沖縄・北方対策担当相兼務へ

前原氏は2月11日に予定される日露外相会談を「領土問題に関して両国がこれまで積み上げてきた合意をロシア側に再確認させ、協議のテーブルにつかせる起点」(政府関係者)に位置づけている。また、北朝鮮問題などに関しても意見交換される。

ロシアのメドベージェフ大統領が現地訪問した北方領土に関しても、事前の情報収集・分析が不十分だったとして、政権の危機管理が問われる事態を招いた。枝野氏への担当替えは、留任した前原誠司外相、北沢俊美防衛相らの意向も働いた。枝野長官は会見で「(沖縄と北方対策は)直接官邸で担当する方が強力な推進ができる」と述べた。

2011-01-14 (Friday)

ロシア 国防次官が北方領土訪問へ

インタファクス通信によると、ロシア国防省当局者は14日、ブルガコフ国防次官が今月19日から23日までの日程で北方領土の択捉、国後両島を訪問すると明らかにした。

現地に駐留するロシア軍部隊の視察が目的という。

2011-01-13 (Thursday)

ロシア外相 北方領土訪問は「今は解決不能」 他

ロシア外務省首脳は12日、日本との北方領土問題について共同通信に対し「今は解決不可能だ」と明言、経済協力などの2国間関係強化が先決だとの考えを示した。日本との領土交渉の推進は当面先送りし、日本企業の対ロ進出や投資など経済関係の発展を優先させるロシア政府の方針が鮮明になった。

インタファクス通信などによると、ロシア海軍当局者は13日までに、フランスと共同建造することで合意したミストラル級強襲揚陸艦4隻のうち、最初に配備される予定の2隻の母港について、太平洋艦隊の司令部がある極東ウラジオストクと、北方艦隊の司令部がある北部セベロモルスクの両港が検討されていることを明らかにした。

北方領土を含む千島列島にも配備の可能性有り。

2011-01-07 (Friday)

鈴木宗男の獄中からの年賀状 東スポ1面を飾る / 辻元清美 中国訪問

独占入手!鈴木宗男の獄中年賀状

あっせん収賄、受託収賄罪などで昨年9月に上告棄却で実刑が確定し、12月に収監された新党大地代表の鈴木宗男氏が関係者などに向けて入所前後の近況を獄中でしたためた手紙を本紙が入手した。刑務作業の紙袋作りなど独房での受刑生活を明らかにすれば、日ハムの斎藤佑樹投手への思い、歌手の松山千春との涙の別れを激白している。

面倒なので紙面までは追いません。なお収監先は希望通り喜連川だそうです。

加藤氏のほか、自民党の竹下亘衆院議員、公明党の富田茂之衆院議員、無所属の辻元清美衆院議員らが参加する。

11日から13日の予定。

2011-01-05 (Wednesday)

辻元清美 地元のテレビ番組出演

辻元氏は「都にしたら魔法のように大阪がよくなるのか。(都や特別区の)財源がどうなるかなど具体的なプランを統一地方選の前に示さないとあかん」と疑問を呈した。橋下知事は「民主党ですら(衆院選前に)子ども手当の財源の制度設計をできていなかった」と反論。都構想の詳細は選挙後に詰めると説明した。