Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2011-11-30 (Wednesday)

鈴木宗男 仮釈放決定 / 松山千春自叙伝「足寄より」来年舞台化 他

受託収賄やあっせん収賄など四つの罪で懲役2年の実刑が確定し、服役中の前衆院議員鈴木宗男受刑者(63)について、関東地方更生保護委員会は30日までに、仮釈放を認める決定をした。12月6日に出所する予定。決定は11月28日付。

鈴木受刑者は昨年12月6日に収監され、栃木県にある民間参画型の刑務所「喜連川社会復帰促進センター」で服役している。服役期間はちょうど1年間となる見通し。

捜査段階や一審公判中の勾留期間の一部が除かれたため、来年4月に刑期満了の予定だった。刑期満了までは保護観察が付く。公選法の規定により、満了後も5年間は立候補できない。(2011/11/30-20:31)

テレビ報道では「本人が健康上の理由で仮釈放を要請していた」とする弁護人のコメントを報じていました。

シンガー・ソングライター、松山千春(55)が29日、東京国際フォーラムで行った全国ツアー『愛の歌』の東京公演で、自叙伝『足寄より』を舞台化することを明らかにした。来年、デビュー35年を迎えることから計画されているもので、公演に向けて「松山千春」役を一般公募することも発表。現役シンガーの自叙伝の舞台化は異例であり、注目を集めそうだ。

来年夏に舞台化が予定されている自叙伝『足寄より』は、松山が1977年に「旅立ち」で歌手デビューして2年後の79年に小学館から発刊。当時23歳の松山が自らの生い立ち、生き方、デビューするまでを描いた自伝的小説として話題となり、70万部を超すベストセラーとなった。

その後、デビュー30周年を迎えた2006年に朗読CDドラマ化した際には塚本高史が、2009年の映画化では大東俊介が松山役を好演。CDドラマはこの種のCDとしては異例の5万枚を出荷、映画も当初は単館上映だったが拡大を続け、最終的には100館で上映され5億円を超える興収となったという。

日本民間放送連盟がラジオのリスナーからアンケートを募った「ラジオdeランキング〜パーソン・オブ・ザ・イヤー 喜怒哀楽2011」が発表された。

それぞれのトップは、『喜』部門が「なでしこジャパン」のキャプテン、沢穂希選手。『怒』部門は、震災・原発事故への対応に不満が集中した菅直人前首相。『哀』部門は、亡くなったばかりの落語界の風雲児、立川談志さん。そして、『楽』部門では、フジテレビ系ドラマ「マルモのおきて」で人気を集めた天才子役の芦田愛菜ちゃんが1位、鈴木福君が2位だった。

鳩山由紀夫氏も7位にランクインしておりました。

2011-11-29 (Tuesday)

「muneo impossible」のジャケットを作られたという方、ご連絡下さい。

表題の通りです。ニコニコ動画に投稿されている24thアルバムの動画に2011年10月13日付で

「これのジャケットまでは作ったんだが、掲示板が消えて以降アップできなくなった」
「muneo impossibleのジャケ作って終了した」

とコメントされた方、もしまだ手元にデータが残っているようでしたらこちらで公開させて頂きたいので是非ご一報いただけないでしょうか。メール、コメント欄、Twitterどこでも結構です。是非ご連絡下さい。宜しくお願いしたします。

YouTubeやニコニコ動画のコメント欄はたまにしか巡回しておりませなんだもので発見が遅くなってしまいました。御免なさい。

2011-11-26 (Saturday)

日露戦略対話 モスクワで開催

日本外務省の佐々江賢一郎事務次官は25日、ロシアのデニソフ第1外務次官と、日露戦略対話をモスクワで行い、北方領土問題を含む日露関係のほかアジア太平洋や中東などの地域情勢、経済協力問題など幅広いテーマで意見交換した。

在ロシア日本大使館やロシア外務省などによると、米国が欧州でミサイル防衛(MD)構築を進めていることに対し、新戦略兵器削減条約(新START)からの脱退の可能性も含むロシア側の「対抗措置」について、同国側は説明した。次回戦略対話は来年前半、東京で行われる。(共同)

2011-11-25 (Friday)

鈴木宗男 妻との出会いに感謝

10月14日に石川代議士が結婚報告に来てくれた。事前に女房(典子夫人)から「阪中さんはとても感じの良い女性でした。好印象です」と手紙を受けていた。石川代議士は政治家としてこれからが本舞台である。そして現在は公判中で、つらく厳しい時である。そこに現れた阪中さんはなかなかの女性であると伝わってくる。石川代議士にとって大きな力になることだろう。

2人が知り合ったのはテレビ出演がきっかけという。やはり人生は出会いである。私は出会いをモットーに生きてきた。その最高の出会いはやはり結婚である。昭和44(1969)年、学生の時に中川一郎先生の秘書となり、1年後に下宿先の大家さんから「知り合いの女子学生の就職相談に乗ってくれないか」と頼まれ、私は「秘書がいいよ」と中曽根康弘先生の事務所にお願いした。2年後に今度は私が事務所の秘書を探すことになり、中曽根事務所に紹介していた女性をスカウトした。この女性こそが女房である。

仕事はテキパキこなし、愛想も良く、お客さんの評判、後援会の受けも良かった。当時人気絶頂であった山口百恵さん似ということもあり、何よりも中川一郎先生が気に入ってくれた。後で分かったことだが、中川先生は事務所に入った時から「鈴木君と一緒にさせよう」と言っていたそうだ。そんなことで自然に結ばれる流れとなった。巡り合わせ、縁とは本当に不思議なものである。

政治家の妻として一番大変なのは選挙である。地盤が安定するまでは、選挙区に張り付かなければならず、絶えず選挙民の目が気になり、気苦労が多い。女房のことで恐縮だが「奥さんは気さくで親しみやすい」と地元でかわいがっていただいた。そこに至るまでの女房の頑張り、努力にも頭の下がる思いだ。

私が過去、さまざまな苦難に直面した際も、女房は常に背中を支えてくれた。娘の言葉を借りれば「最高で最強のお母さん」であることに違いない。山と山は、どんなに立派なものでも、あの日本一の富士山でも、あの世界一のエベレストでも、出会うことはない。しかし人には出会いがある。その最高の出会いが結婚であることを、今一度心に刻みたい。「人生出会い」に改めて感謝しながら、家内にお礼を伝える日を待ちたい。

石川知裕議員結婚の話題を枕に、いつもの「家族の絆」ネタへと繋いでおります。

2011-11-24 (Thursday)

ロシア 北方領土などに2012-14年で260億円超を投入

北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州の幹部は24日の記者会見で、来年から2014年までの3年間に北方領土を含む千島列島(クリール諸島)に投入されるロシア政府の開発予算が105億ルーブル(約258億円)になると明らかにした。ロシア通信などが報じた。

この予算で択捉島の空港建設が完了する見込み。また、道路や岸壁の建設などが継続される。

北方領土のインフラ整備は、07〜15年に約180億ルーブルを千島列島開発に投入するロシア政府の「クリール諸島社会経済発展計画」で進められており、今年は約30億ルーブルが輸送やエネルギー分野などの基盤整備に費やされたという。(共同)

2011-11-21 (Monday)

野田総理 北海道知事から根室訪問を要請される

野田佳彦首相は21日、高橋はるみ北海道知事らと官邸で会い、北方領土視察に意欲を示した。高橋知事から北方領土の対岸にある北海道根室市訪問を要請され「しかるべきタイミングにぜひ行きたい」と述べた。具体的な時期は示さなかった。

高橋知事らは領土問題の早期解決を求める要望書を手渡した。首相は「北方四島の帰属問題を解決し、ロシアと平和条約を締結するという政府の方針は変わらない」と強調。旧島民の高齢化にも触れ「時間との勝負と自覚しながら対応したい」と述べた。(共同)

この共同通信が配信した記事、かなり釣り気味なタイトルになっております。

北海道の高橋はるみ知事は21日、首相官邸に野田佳彦首相を訪ね、北方領土問題の早期解決を求める要望書を提出するとともに、北方領土に近い根室市を訪問するよう要請した。首相は「しかるべきタイミングで訪れたい」と応じたが、具体的な時期については言及しなかった。現職首相の根室訪問は、2004年の小泉純一郎氏以来行われていない。

首相は高橋知事に「北方四島の帰属の問題を解決して(ロシアと)平和条約を締結するという政府の方針は変わっていない」と述べた。

こちらの時事通信の記事の書き方が適当なのではないかと思う次第です。

野田佳彦首相は21日、首相官邸で、高橋はるみ北海道知事らと会談し、根室からの北方領土視察について「しかるべき時期に訪れたい」と述べた。また、知事らから領土問題の早期解決を求める要望書を受け取ると「北方領土がわが国固有の領土であることは明白で、戦後66年が経過してもなお問題が解決されていないことは誠に遺憾だ。粘り強くロシア側と交渉を行う」と強調した。

産経に至っては領土視察する気満々といった風情です。

2011-11-16 (Wednesday)

松山千春 4枚組ベストアルバム発売決定

1977年1月25日にシングル「旅立ち/初恋」でメジャー・デビューした松山千春。現在までにシングル69枚、オリジナルアルバムを36枚発表、全国ツアーにおいてチケットは全会場即完、年間動員数は10万人以上というアーティスト・パワーはデビューから35年経つ今なお健在。現在も全国26箇所31公演の全国ツアー「愛の歌」の真っ最中と精力的に活動している中、2012年、デビュー日と同じ1月25日に35周年記念ベスト・アルバム『35th Anniversary 松山千春の世界 Chiharu Matsuyama Selection』の発売が決定しました。

デビューから現在までのポニーキャニオン時代の音源を含むすべての楽曲の中から松山千春自身が選曲した楽曲約60曲を収録。さらに初回生産限定盤はLPサイズのスペシャルパッケージ仕様となり、約40PからなるLPサイズ解説書の封入を予定、35周年というメモリアルにふさわしい豪華な作品となっています。

2011-11-15 (Tuesday)

横綱白鵬 松山千春の檄で九州場所連勝スタート

1年納めの場所。優勝へのこだわりの中に、マイペースも持ち続けている。今年から宿舎が福岡県糟屋郡の南蔵院に変わった。福岡国際センターまで、高速道路を使って約30分。その間は音楽を聴いてリラックスしている。

「矢沢永吉、レディーガガ、KARA」と横綱がアーティストの名前を挙げる中でも、お気に入りは松山千春の「大空と大地の中で」だ。

場所前の6日に福岡市内のホテルで後援会発足式が開かれた。そこにゲスト出演したのが松山だった。「お前、強えなと言ったら、いや運がよかっただけですと。じゃあ、運という字を漢字で書けるかと聞いたら書けませんという」と松山は横綱とのエピソードを披露。「運とは軍が走る、イクサがハシルと書く。自分が戦う気がないと、運はまわってきません」と松山は続けた。

63連勝という記録と7連覇を達成。「もう燃え尽きたかと思った」という松山からの、厳しさの中にも愛情のこもったエールだった。

行き帰りの車中で松山の歌声に自分の声を重ね、モンゴルの大草原を思い出し、松山からの言葉を思い出す。

横綱としての円熟期はこれから。燃え尽きてなどいないことを、証明し続けていく。

2011-11-13 (Sunday)

日露首脳会談開催

【ホノルル時事】野田佳彦首相は12日午後(日本時間13日午前)、ホノルル市内のホテルでロシアのメドベージェフ大統領と初めて会談し、北方領土問題について、「静かな環境」で解決に向けて実質的な議論を進めることで一致した。大統領は首相のロシア訪問を招請し、首相は「感謝する。検討したい」と応じた。

首相は「領土問題を解決し、平和条約を締結する必要性がある。交渉は、日ロ両国で達成された諸合意に基づき行う必要がある」と指摘。両首脳は、相手国を尊重して協議していくことを確認した。

アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議のため米ホノルルを訪問中のロシアのメドベージェフ大統領は12日、APEC加盟国の企業トップの会合に出席、北方領土を含む千島列島(クリール諸島)を日露で共同開発するため日本に投資を呼び掛けた。

大統領は「われわれは日本の投資家を待っている」と述べ、「われわれ(日露)の関係にのしかかる問題がある。それは平和条約がないことと領土問題だ」と指摘。北方領土はロシア領であると主張しつつ「この問題を大げさにしたり、ヒステリックになったりする必要はない」と従来の主張を繰り返した。

2011-11-12 (Saturday)

日露外相会談開催

【ホノルル共同】玄葉光一郎外相は11日午後(日本時間12日午前)、ロシアのラブロフ外相とハワイで会談し、日ロ間最大の懸案である北方領土問題について「両国間の合意事項や法と正義の原則に基づき実質的な議論をしたい」と表明、本格交渉に取り組む決意を強調した。ラブロフ氏は「自分が訪日した際に議論したい」と述べた。

日ロ原子力協定発効に向け、ラブロフ氏は早期の国会承認を要請。玄葉氏は今国会で審議されるとの見通しを示した。

ロシアの爆撃機が9月に日本周辺空域を周回したことについて、ラブロフ氏は「ロシア軍に日本を刺激する意図はない」と説明した。

ただ玄葉外相が一方的に言っているだけ。

2011-11-11 (Friday)

メドヴェージェフ大統領 北方領土への外国投資を歓迎 他

 【モスクワ時事】ロシアのメドベージェフ大統領は11日、北方領土を含む千島列島を日本と共同開発する用意があるとの認識を改めて示した上で、「中国であれ韓国であれ、外国投資はウエルカム(歓迎)だ」と表明した。ロシア極東メディアとの会見内容として、インタファクス通信などが伝えた。

米ホノルルでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際、日ロ首脳会談が予定されており、大統領は野田佳彦首相に日ロ共同開発について提案すると述べた。

ただ、大統領は北方四島共同開発の提案にもかかわらず、日本側はいつも「領土問題解決が先、投資はその後で、と言う」と述べ、日本の姿勢に不満を漏らした。

大統領はこの中で「クリール諸島(千島列島と日本の北方四島)を共同開発する用意があることは日本の首相に一度ならず言ってきた」と発言。「(投資するのが)韓国や中国のビジネスでも決して悪くない。大事なのは、日本人がこの(列車の)車両に乗り遅れないことだ」と高圧的な姿勢を見せた。

また、北方領土で進められている軍備増強をめぐっては「わが国の領土なのだからそこに部隊があるのは当然だ」とし、「第三国や日本に向けた行動ではない」などと述べた。

以上、日露首脳会談への前振り。

北方領土の元島民たちを乗せて、北海道の根室港と北方四島を往来する客船えとぴりか(1150トン)の進水式が11日、江田島市能美町の中谷造船本社工場であった。

関係者約30人や住民が見守る中、船と船台をつなぐ安全帯を撤去すると、純白と濃紺の2色の船体が海面に滑り降りた。独立行政法人「北方領土問題対策協会」(北対協)などが実施するビザなし交流事業や自由訪問で使う。

「えとぴりか」は根室半島の辺りに生息する鳥の名前なのだそうです。

2011-11-10 (Thursday)

根室沖で日ロ洋上会談開催

北海道とロシア南千島沿岸警備隊が北方領土周辺海域の操業秩序などについて情報交換する今年2回目の日ロ洋上会談が9日、野付沖の道漁業取締船「海王丸」(306?)船内で行われた。会談は日本側から道水産林務部の中村慎一国際漁業担当課長ら7人、ロシア側は同警備隊のアレクサンドル・ミハリン大佐ら6人が出席した。  

2011-11-08 (Tuesday)

臨死体験の記事に馳浩のエピソードが掲載

対戦相手である後藤達俊のバックドロップを受け、一時心肺停止状態になった馳浩は、臨死体験をした。蘇生した馳の証言によると、綺麗な虹を見ていたという。また、飯伏幸太は感染性の急性咽頭炎を発病、救急車で搬送され緊急入院した際、救急車の中での記憶が欠落しており、砂漠が見える幻覚が脳裏を過ったと証言している。

記事中のエピソードの中では、加藤茶の「死んだはずのいかりや長介がいて『これはまずい!』とその場から逃げ出したら、蘇生した」が一番良い回答なのだと思われます。

2011-11-06 (Sunday)

松山千春 横綱白鵬激励会にゲスト参加 他

ゲストに白鵬と親交がある歌手の松山千春が登場し、ヒット曲「大空と大地の中で」を白鵬、後援会長の古賀良太氏との3人で熱唱した。壇上で「心技体はそろった。あとは(相撲や伝統への)感謝と(他者への)祈り」とエールを送った。

宮城野部屋九州後援会発足祝賀会にて。

徳島大が先月、北方領土をロシア領とした地図を広報誌の表紙に誤って使い、教員からの指摘で回収していたことが分かった。同大は「外注時のチェックミスで意図的ではない」としている。

10月1日発行の季刊広報誌の秋号で、デザインを委託した印刷会社の提案を受け、表紙に日本周辺の地図を使ったが、北方領土がロシアの領土と同じ色で表示されていた。地図は外国製とみられ、配布前のチェックでも気付かなかったという。

作製した1万2000部のうち2300部を学内で配ったところ、教員から指摘があった。大学側は誤解を招く恐れがあるとして表紙を差し替えて再発行した。【阿部弘賢】

北方領土の元島民や子孫を乗せて、北海道の根室港と北方四島を往来する客船「えとぴりか」(1150トン)が11日、江田島市能美町の中谷造船の工場で進水する。来年5月予定のビザなし交流事業で就航し、四島を訪れる。

全長66・5メートル、速力約15ノットで、旅客定員は84人。独立行政法人北方領土問題対策協会(北対協・東京)などが実施する元島民たちのビザなし交流事業や、自由訪問で運航する。

訪問者は高齢者が多いため、乗降時に車いすを乗せるリフトを備えるなどバリアフリーに配慮した設計で、横揺れ軽減装置も付いている。港のない場所から上陸することもあるため、30人乗りの小型船も積み込む。

総事業費は20.5億。

2011-11-03 (Thursday)

川端北方相 洋上から北方領土視察 / ロシア 地熱で国後島の全電力を供給する方針

北海道訪問中の川端達夫沖縄・北方担当相は3日、就任後初めて、海上保安庁の巡視船で洋上などから北方領土を視察した。この後、川端氏は根室市内で記者会見し、北方四島へのビザなし交流に関し、「私としても機会があれば行きたい」と述べ、ビザなし交流に参加しての北方領土訪問に意欲を示した。

【モスクワ共同】ロシア紙イズベスチヤは3日までに、ロシア政府が北方領土・国後島で地熱発電所のタービンを増設するとともに既存タービンも更新し、島全体の電力を地熱で賄う方針だと伝えた。実現すれば、日本側が供与したディーゼル発電施設が不要になる可能性もある。

同紙は、日本政府が北方領土へのロシア要人訪問などに反発していると指摘する一方、住民の電力確保を目的にした事業であることから、日本との「対立が深まることはないだろう」とする専門家の見方を伝えた。

偽計業務妨害で外務官僚と三井物産社員の4人が有罪になったあのディーゼル発電施設の事ですね。

2011-11-02 (Wednesday)

ロシア大統領 北方領土訪問から1年

モスクワ=遠藤良介】ロシアのメドベージェフ大統領が旧ソ連・ロシアの国家元首として初めて北方領土の国後島に乗り込んでから11月1日で丸1年。この「暴挙」で極度に険悪化した日露関係は東日本大震災後にやや修復されたとはいえ、北方領土の実効支配を強めるロシアの姿勢は全く変わっていない。メドベージェフ氏に比べれば「知日派」とされるプーチン首相(前大統領)が来春、大統領に返り咲くことが確実視されているものの、領土交渉の行き詰まり打開は決して容易ではない。

ロシアは次期政権で軍事力の増強を重視し、欧米との対立も辞さないプーチン氏流の「大国路線」をとるとみられている。2020年までに20兆ルーブル(約53兆円)の国防費を支出して軍備刷新を行う方針がすでに示されており、北方領土についても今年春に策定された軍備増強計画に沿って兵器の更新が始まった。

ここ一年の動向のまとめ記事。暴挙と言い切るところがいかにも産経。

ほとんど釣りタイトル。中身は櫻井よし子氏が書いた中国抑止のための日露関係の重要性を説いたSAPIOの記事。