Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2012-04-29 (Sunday)

新党大地沖縄支部設置 支部長に横峯良郎 / 民主党前原政調会長 ロシア訪問

新党大地・真民主(鈴木宗男代表)は28日、那覇市与儀に沖縄での政治活動の拠点となる支部を設置した。支部長に横峯良郎参院議員が就任した。

同党の鈴木代表は同日夕、同市内のホテルで記者会見し、米軍普天間飛行場の移設問題について「平和の配当は日本全体で請け負うべきであり、県外移設を掲げて行動する」と強調した。次期衆院選で比例九州・沖縄ブロックから候補者を擁立する考えを示した。

民主党の前原政策調査会長は、ロシアのプーチン首相が来月大統領に復帰するのを前に、政府要人らと北方領土問題などを巡って意見を交わしたいとして、29日、モスクワに向けて出発しました。

民主党の前原政策調査会長は、ロシアのプーチン首相が来月7日に大統領に復帰するのを前に、29日から6日間の日程でロシアを訪問することになり、29日昼すぎ、成田空港からモスクワに向けて出発しました。

前原氏は、滞在中、ラブロフ外相やプーチン氏に近いナルイシキン下院議長と会談することにしていて、北方領土問題や北朝鮮情勢などを巡って、意見を交わしたいとしています。

2012-04-28 (Saturday)

鈴木宗男 小沢一郎と電話会談

新党大地・真民主の鈴木宗男代表は28日午前のテレビ東京の番組で、東京地裁で無罪判決を受けた民主党の小沢一郎元代表が、指定弁護士側が期限の5月10日までに控訴するかどうかを見極めた上で記者会見する意向を示していることを明らかにした。

鈴木氏によると、小沢氏から26日午後に「いろいろご支援ありがとう」と電話があり、鈴木氏は「短時間でも肉声で国民にメッセージを伝えたらどうか」と記者会見を開くよう促した。これに対し、小沢氏は「指定弁護士の対応を見極めてから、しっかりと国民の皆さんにお話したい」と述べた。また、判決前の24日に会談した際、小沢氏は「与えられた任務は何なりと果たしたい」と述べ、党員資格停止処分解除後に党の役職に就くことにも意欲を示したという。(2012/04/28-12:38)

小沢一郎氏の声を鈴木宗男氏がアナウンスする、という構図。

2012-04-25 (Wednesday)

松山千春 野外公演は今年が最後 / 鈴木宗男 野田首相に森元首相のロシア派遣を提案

松山にとって、十勝での野外コンサートは78年8月に、出身地の足寄で開いて以来34年ぶりとなる。メモリアルコンサート開催の地として選んだ理由を「たくさんの人に松山千春を生み育てた十勝の空気を体感してもらいたいと思った」と話している。

一方で「ファンを含め自分自身の年齢としても、これが最後の野外コンサートにしようと思っている」としており、歌手生活最後の野外コンサートと位置付けるつもりだ。それだけに「35年の全てを出し切って、新たなスタートを切りたい」と決意を語っている。

新党大地・真民主の鈴木宗男代表は25日午後、首相官邸で野田佳彦首相と会談し、ロシアのプーチン首相が5月に大統領に就任した直後に、自民党の森喜朗元首相をロシアに派遣するよう提案した。これに対し、首相は「私もそれを考えている」と述べ、検討する意向を示した。

鈴木氏は会談で「プーチン氏と(緊密な)人間関係を一番持っているのは森元首相だ」と指摘。首相は「日ロ関係は重要だし、新時代をつくりたい。私も日ロ関係をダイナミックに動かしたいという思いはある」と述べ、北方領土問題の進展を含め日ロ関係強化を目指す考えを示した。 (2012/04/25-19:04)

各紙で表現が分かれているのですが、「『鈴木宗男氏が先に提案』し『野田首相も同調』した事を鈴木宗男氏自身が記者団に語った」という構図が正しいようです。

2012-04-24 (Tuesday)

新ビザ無し交流船えとぴりか テスト航海 / 辻元清美 民主国交部門座長に

北方領土ビザなし交流に今年から使用される新造船「えとぴりか」が24日、試験運航のため根室港を出港した。

乗員定員84人の「えとぴりか」は1124トンで、これまで交流に使われていた「ロサ・ルゴサ」(480トン)の2・4倍と大きくなった。北方4島周辺の海域は最新の海図がなく、試験航海は安全運航を確認するために、日露両政府の了承を受けて実施された。

島の港内の海は浅く、海底には沈没船も多いことから、座礁の恐れがあり従来船は接岸せず、小舟に乗り換えて上陸していた。「えとぴりか」も沖合に停泊して小舟に乗り換える訓練を行い、平均年齢78歳になっている元島民が安全に上陸できるかを点検する。

北方領土問題対策協会の川名昇事務局長は「しっかり点検して、島の人に新船をお披露目してくる」と語り、船に乗り込んだ。今年のビザなし交流第1陣は5月上旬に予定されている。

(2012年4月24日 読売新聞)

民主党は24日の政調役員会で、小沢一郎元代表に近い議員が党役職を辞任したことに伴う政調役員の後任人事を決めた。辻元清美政調副会長を国土交通部門会議座長に充てたほか、近藤昭一衆院議員を政調副会長とし、環境部門会議座長に起用した。

また、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加について議論する経済連携プロジェクトチーム座長の鉢呂吉雄前経済産業相が、社会保障と税の一体改革に関する衆院特別委員会筆頭理事に内定したため、新座長に桜井充政調会長代理を充てた。(2012/04/24-20:26)

2012-04-22 (Sunday)

ロシア正教復活祭の聖火 初めて択捉島に届く

ロシア正教の復活祭がロシアで行われるなか、ロシアが実効支配する北方領土の択捉島で、21日、聖火が届けられる行事が初めて行われました。

ロシアでは、キリストの復活を祝うロシア正教の復活祭が15日から始まったのに合わせ、各地で、エルサレムからもたらされた聖火が届けられる宗教行事が行われています。

このうち、北方領土の択捉島でも、21日、ロシア極東のサハリン州を経て、フェリーで聖火が届きました。

島では、地元の司祭などが聖火を出迎え、大勢の住民が集まるなか、島の高台にある聖堂で聖火がろうそくにともされました。

教会関係者によりますと、8年前からサハリン州までは聖火が届くようになりましたが、北方領土まで聖火が運ばれたのは今回が初めてだということです。

ビタリー司祭は「この島の住民の大部分はロシア正教の信者だ。ロシアとロシア正教の歴史は切り離すことができない」などと述べ、北方領土に対するロシア側の実効支配が宗教行事にも影響している実態を印象づけました。

2012-04-21 (Saturday)

松山千春 野外ライブへの意気込みを語る

松山千春さんの「デビュー35周年記念 Summer Live in 十勝」が8月4日午後5時から、音更町のとかちエコロジーパーク・ピクニック広場で開かれる。十勝での野外ライブは、デビュー直後の1978年8月に足寄町で開いて以来。松山さんにライブに向けた意気込みなどを聞いた。

−十勝での野外ライブは34年ぶりになるが。

足寄町で生まれた男が35年間歌ってきて、その集大成を自分を育ててくれた十勝の空の下で歌う。こんなぜいたくはない。多くの観客に松山千春を生み育てた空気を体感してもらいたい。十勝の人たちにも「俺たちここまでできるぞ」という力を結集したい。

これまで各地で野外コンサートをやってきたが、自分の年齢的にも、ファンの年齢的にも、これが最後の野外コンサートにしようと思っている。35年の全てを出し切る。

(後略)

こんな感じのインタビュー。

2012-04-20 (Friday)

三浦祐太朗、松山千春「旅立ち」カバーでソロデビュー

祐太朗がソロアーティストとして再出発する。

デビュー曲「旅立ち」は、1977年に発売された千春のデビュー曲でもある。祐太朗は「光栄です。千春さんのモノマネではなく、三浦祐太朗の『旅立ち』を精いっぱい歌いたい」と力を込めた。

祐太朗は4人組ロックバンド、Peaky SALTのボーカル兼ギターとして、08年11月に「イトシセツナナミダ」でメジャーデビューしたが、メンバー間の方向性の違いから10年9月に活動休止。その後はソロを目指して活動していた。

新たな可能性を探っていた祐太朗は、千春の自伝的小説を舞台化した「旅立ち〜足寄より〜」(7月30日〜8月3日、東京・赤坂の草月ホール)の千春役オーディションを知り、「第一線で活躍する千春さんを演じることは、将来の自分にとっても大きなチャレンジになる」と挑戦。

両親、弟で俳優、三浦貴大(26)にも内証だったが、最終選考の歌唱審査では「旅立ち」を唯一、千春になりきるため2フィンガーで披露し、見事、グランプリを獲得。母親譲りの甘く切ない歌声、確実なギターテクニックが評価され、ユニバーサルミュージックからソロデビューが決定した。

同曲は、千春が自身を見いだしてくれた札幌・STVラジオの故竹田健二ディレクターと出会うきっかけとなった思い入れが深い楽曲。これまでカバーの依頼に本人は首を縦に振らなかったが、自分の“生き写し”である祐太朗にはゴーサインを出した。

また、カップリング2曲も注目を集めそうだ。1曲は祐太朗のオリジナル曲で、もう1曲は両親が結婚前の78年にグリコ「アーモンドチョコレート」のCMソングとして使用された「季節の中で」だ。愛息が思い出の曲を奏でることに両親も喜んでいるに違いない。

5月17日から東京・SHIBUYA−REXで隔週の定期ライブをスタートさせる祐太朗は、「バンドのときとは違ったアコースティックなライブにしたい」と気合十分。音楽界のトップを目指して再び走り出した。

2012-04-19 (Thursday)

堀井学 北海道9区での出馬公算大

スピードスケート五輪銅メダリストが、次期衆院選で民主党鳩山由紀夫元首相(65)の刺客に急浮上した。自民党の北海道議の堀井学氏(40)は18日、日刊スポーツの電話取材に応じ、北海道9区から出馬に前向きな姿勢を示した。同じ選挙区の鳩山氏にとって、堀井氏が出馬した場合、強力なライバルの出現となる。

堀井氏によると、自民党地元支部に候補者選任を一任された暫定支部長の橋本聖子参院議員(47)が16日、登別市を訪れ同選挙区での出馬を要請したという。橋本氏は「相手が相手なので、地元に根ざした人間が望ましい。堀井君に候補者になってほしい」と熱心に話したという。

堀井氏は「光栄なことで真摯(しんし)に受け止めたい」と述べた上で「今(の自分)があるのは地元登別があるから。私を育ててくれた後援者や支持者の方々の意見を聞いて、選挙区の状況も勘案しながら、最終的には自分で決断したい」と語り、出馬に前向きな姿勢を示した。「一般論として、議員としてやる以上は、誰しも衆院や参院など国政でやってみたいという気持ちがあるのではないでしょうか」とも語った。

さらに、鳩山氏への批判的な見解も口にした。「国民との約束をことごとく破って、迷走している民主党政権には憤りを感じる。その責任は最初に首相に就いた鳩山氏にもある。イラン訪問でもいいように利用された感がある。このような人を、地元の代表として国会に送り出すのは恥ずべきことだ」と切り捨てた。

世論調査で民主党政権の支持率が著しく低下する中、自民党は北海道9区を政権奪還への象徴区として、知名度の高い候補者擁立を目指してきた。地元支部は昨年9月、橋本氏本人に出馬を要請したが、橋本氏は今年2月、後援者らに参院からの鞍替えの賛同を得られないとして辞退した。

自民党関係者によると、同区の候補者選びは現在、堀井氏を含めて最終調整が進んでいるという。候補者対応を一任されている橋本聖子参院議員は、「最終的に決まったらお話ししたい」としている。

同選挙区(室蘭市、登別市、苫小牧市など)は、96年に小選挙区制が実施されて以降、鳩山氏が5回連続で議席を獲得してきた。精悍(せいかん)なイメージの五輪メダリストの参戦が浮上し、一転して波乱含みの選挙区になりそうだ。

刺客候補

2012-04-18 (Wednesday)

衆院予算委員会 鳩山氏イラン訪問で質疑 / 衆院外務委員会 ようやく開催

野田佳彦首相は18日の衆院予算委員会で、「二元外交」と批判された鳩山由紀夫元首相のイラン訪問に関し、1月末に首相官邸で鳩山氏と会談した際、「私もひと肌脱ぎたい」と相談を受けていたことを明らかにした。佐藤茂樹氏(公明)に対する答弁。

鳩山氏は会談で、イランの核開発問題に懸念を示した上で「日本とイランは長い信頼関係もある。独自のパイプをもっと使うべきではないか」と助言。首相は「それぞれの立場で力を発揮するのはありがたい」と謝意を伝えたという。 

首相は、このやりとりに関し「まさかこのタイミングでイランを訪問するとまで詰めた話ではない」と釈明。日本を出発する直前の鳩山氏に電話で「慎重な対応」を求め、鳩山氏が「十分、分かっている」と答えたことも明かした。(2012/04/18-13:06)

野田佳彦首相は18日の衆院予算委員会で、鳩山由紀夫元首相が今月上旬にイランを訪問したことに関し「(事前に鳩山氏から)このタイミングで訪問するとの話まではなかった」と不快感を示した。

首相は、鳩山氏が1月下旬に官邸を訪れた際、イラン情勢に懸念を示し「一肌脱ぎたい」と語ったため、「それぞれの立場で力を発揮してもらうことはありがたい」と伝えたことを明らかにした。ただ、イラン訪問や時期については話題にならなかったとした。

玄葉光一郎外相は「鳩山氏に『せめて延期してくれないか』とお願いしたが、どうしても行くとの強い意向だった」と述べ、鳩山氏が政府の中止要請に応じなかった経緯を説明した。公明党の佐藤茂樹氏への答弁。

今国会で一度も開かれていなかった衆院外務委員会(田中真紀子委員長)が18日、開かれた。

昨年12月9日に日本とペルーの経済連携協定(EPA)批准承認案などをめぐり田中氏が職権で開会を強行したことに野党が反発。北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射など外交案件が山積する中で、4カ月間も“開店休業”が続いていた。

田中氏が今月12日の理事懇談会で、昨年末の自らの議事進行を「反省している」と陳謝。野田佳彦首相の出席でも与党側が譲歩し、正常化にこぎ着けた。

18日の委員会では、玄葉光一郎外相が所信を表明した。20日に質疑が行われる見通し。

2012-04-15 (Sunday)

鳩山由紀夫 地元でも総スカン

鳩山由紀夫元首相が14日、地元の北海道苫小牧市で民主党総支部の大会に出席し、支持者から厳しい批判にさらされた。

鳩山氏は先週のイラン訪問について「総理を務めた人間として、世界平和への貢献を考えた」と理解を求めた。だが、支持者の一人は「総理経験者という気負いは自重してもらったほうがいい。イランに行くのではなく、地元に来る方が大事だった」と指摘。別の支持者は首相辞任後の「政界引退」宣言の撤回について「軽々しい」と語った。

連合北海道胆振地域協議会の井野斎会長は次の衆院選について「有権者の『鳩山離れ』を実感してほしい。鳩山さん本人が有権者の理解を得る努力をしなければ難しい」と苦言を呈した。

2012-04-14 (Saturday)

鳩山邦夫 「兄はサメに食われた」

 政府・与党の反対論を無視して、イランを訪問した民主党最高顧問(外交担当)の鳩山由紀夫元首相(65)に対し、自民、公明両党は国会への参考人招致を求める方針で一致した。弟の鳩山邦夫元総務相(63)は夕刊フジの取材に応じ、批判が殺到している兄に苦言を呈した。

「兄が悪気があってやっているとは思わない。大魚を得ようとして、サメに食われたような感じではないか」

邦夫氏は、今回の騒動をこう語った。

(中略)

邦夫氏は「兄は周囲に『利用されるから行くな』といわれても、『逆に、成果があったら称賛を浴びる』という狙いで行ったのだろう。案の定、イランに(都合よく)利用された。鳩山政権が行き詰まった米軍普天間飛行場移設問題とまったく同じ構図だ。イランに優しい言葉をかけて、何かを引き出そうと思ったのだろうが、『友愛』は少なくとも外交では通用しない。言動に責任を持ってほしい」と話した。

(後略)

2012-04-12 (Thursday)

田中真紀子 陳謝 衆院外務委ようやく正常化へ / 日ロ外相会談開催

田中真紀子衆院外務委員長は12日の理事懇談会で、昨年12月の経済連携協定(EPA)の強行採決をめぐる委員会運営について「反省している」と陳謝した。野党はこれを受け入れ、今国会開会後、一回も開催されていなかった外務委は3カ月近くたって、ようやく正常化される見通しとなった。

早ければ来週にも委員会が開かれる見通し。与野党の意地の張り合いで委員会が開かれない状態が続いたことは立法府の責任が問われそうだ。

外務委は昨年、ペルーとのEPAをめぐり、野党が採決見送りを求める中、田中氏が職権で委員会を開会。自民、公明、社民各党が欠席したまま与党の賛成で可決した。

【ワシントン横田愛】玄葉光一郎外相は11日夕(日本時間12日午前)、ロシアのラブロフ外相との会談で、北方領土問題についてプーチン首相が5月に大統領に就任した後、政府間で議論を進めることを確認した。

玄葉氏は「5月以降、これまでの両国間の諸合意、諸文書、法と正義の原則にのっとり議論を本格化させたい」と伝え、ラブロフ氏も了承した。両外相は1月に東京で会談した際、大統領の正式就任後に領土交渉を本格化させることで合意しており、同行筋は「具体的な協議の方法は今後議論する」と述べた。

また、ラブロフ氏は野田佳彦首相と玄葉氏のロシア訪問を改めて要請。玄葉氏は「適切な時期に訪問する」と答えた。

ディスク百合おん新譜「長津田ハートブレイク」にムネオハウス収録

長津田ハートブレイク

当代のナードコアシーンを牽引されていらっしゃるディスク百合おんさんの新譜「長津田ハートブレイク」に収録されていました。名前もそのまま「ムネオハウス」。これがおそらく昨年のライブで披露されていた曲なのでしょう。ご本人さんとしては2002年当時に作られた「Suzuki-Ryu」以来の通算二曲目のムネオハウス楽曲だと思われます。

視聴はリンク先のページにて。正しくおハウスなトラックでしたよ。

補足

この記事を書いている時点では何のアナウンスも無いんですが、時期的に春M3で頒布されるんでしょう。

追記 (2012/04/12 18:40)

レーベルのページでアナウンス出てました。やっぱりM3春で頒布だそうです。私も店頭委託があったら買います。

2012-04-11 (Wednesday)

野田首相 鳩山由紀夫イラン訪問は「問題なし」 / 自公 鳩山氏招致要求で一致 / 前原政調会長 29日からロシア訪問

野田佳彦首相は11日の党首討論で、イランを訪問した民主党の鳩山由紀夫元首相に対する批判が与野党で強まっていることに関し、「政府の基本姿勢を踏まえて対応したと思う」と語った。イラン国営テレビで、鳩山氏が国際原子力機関(IAEA)を批判したと報道されたが、帰国後に在日イラン大使館が鳩山氏に陳謝したことなどを踏まえ、問題ないとの認識を示した発言だ。

これに対し、自民党の谷垣禎一総裁は「日本外交の信頼性を傷つけた」と鳩山氏を非難した。 (2012/04/11-18:03)

自民、公明両党の幹事長・国対委員長は11日午前、都内のホテルで会談し、イランを訪問した民主党の鳩山由紀夫元首相が国際原子力機関(IAEA)を批判したと同国側に報じられたことを受け、衆院予算委員会への鳩山氏の参考人招致を民主党に要求していくことで一致した。北朝鮮の「衛星」と称する弾道ミサイルが発射されれば、同委での集中審議を求めることも確認した。

会談では「鳩山氏は米軍普天間飛行場移設問題でも内外を混乱させた失敗がある」「党の外交担当最高顧問に任命する野田佳彦首相の考えがおかしい」との批判が相次いだ。(2012/04/11-10:54)

民主党の前原誠司政調会長は11日、今月29日から5月4日までロシアを訪問する方向で調整に入った。ラブロフ外相と会談し、北方領土問題をめぐり意見交換する意向だ。

前原氏は、来月7日に大統領に就任するプーチン首相が領土問題決着に意欲を示していることに着目。新政権発足直前の機会を捉え、領土交渉の停滞を打開する糸口を探りたい考え。長距離弾道ミサイル発射を計画している北朝鮮情勢や、ロシアからの液化天然ガス(LNG)輸入などエネルギー協力についても意見を交わすとみられる。

また、ナルイシキン下院議長ら政府以外の要人とも会い、領土交渉進展に向け環境整備を図る。 (2012/04/11-16:11)

2012-04-10 (Tuesday)

自民党 鳩山由紀夫イラン訪問を徹底追求へ / イラン特任大使陳謝 他

玄葉光一郎外相は10日午前の記者会見で、イラン訪問から帰国した鳩山由紀夫元首相と9日夜に電話で話し、「元首相ということで外(国)から見られるので、そのことによく思いを致してほしい」と、言動に慎重を期すよう求めたことを明らかにした。

藤村修官房長官は会見で、鳩山氏が国際原子力機関(IAEA)を批判したとイランで報じられたことに関し「(鳩山氏が)捏造(ねつぞう)記事だと言うなら、ご本人が抗議して解消すべきだ」と述べた。

これに対し、鳩山氏は同日開いた民主党鳩山グループの会合で「『要らん』ことをやってきたなと言われている」と発言し、失笑を買った。 (2012/04/10-12:35)

自民党の石原伸晃幹事長は10日午前の役員会で、民主党の鳩山由紀夫元首相が「国際原子力機関(IAEA)は公平ではない」と述べたとイラン大統領府が発表したことは国益を損ねているとして、鳩山氏を党外交顧問に任命した野田佳彦首相の責任などを国会審議で徹底追及するよう指示した。

石原氏は役員会後の記者会見でも「懸念した通りイラン側に利用されている。外交顧問に任命した首相の責任は非常に重い」と批判。政府の反対を振り切ってイランを訪問した鳩山氏に関しては「在日米軍普天間飛行場の迷走でどれだけ沖縄県民の心を踏みにじったか。日本にとって“イラン”外交だ」と皮肉った。

民主党の鳩山由紀夫元首相は10日、イランのヘシュマティファル臨時代理大使と衆院議員会館で会談し、アハマディネジャド大統領との8日の会談で国際原子力機関(IAEA)を批判したと大統領府側に発表されたことについて「批判した事実はない。遺憾だ」と重ねて抗議した。これに対し、臨時代理大使は「おわびする」と陳謝した。

鳩山氏は会談内容を記したホームページの訂正も要求。臨時代理大使は該当部分は削除したと答えた。鳩山氏の事務所が明らかにした。 (2012/04/10-19:19)

イラン大統領府がウェブサイトで、鳩山由紀夫元首相が国際原子力機関(IAEA)の対応を「二重基準」と批判したと伝えた問題で、在日イラン大使館が10日、鳩山氏に謝罪した。英語版とペルシャ語版のウェブサイトから発言も削除した。

鳩山氏はアフマディネジャド大統領との会談で「二重基準」発言をしたとされ、鳩山氏は9日の記者会見で「捏造(ねつぞう)だ」と反論。イラン側に訂正を要求していた。大統領府の担当者は朝日新聞の取材に「発言は事実だが、日本との間で緊張を引き起こしたため」と発言削除の理由を説明した。

一方、10日の自民党外交部会で外務省側は「(鳩山氏の発言は)違う文脈で使われたのかもしれない」と説明した。大統領との会談には駐イラン大使も同席していたが、今回の訪問は「あくまで議員個人の活動」として、外務省の記録にもとづく鳩山氏の発言内容は明らかにしなかった。(北川学=テヘラン、高橋福子)

イランのサレヒ外相は、このほど同国を訪問した鳩山由紀夫元首相に対し、イラン政府に核兵器開発の意図はないと断言し、自身を「信頼して」ほしいと訴えたと伝えられている。

ちょっと良い話。

2012-04-09 (Monday)

鳩山由紀夫 アフマディネジャド大統領と会談 / イランTV 鳩山氏のIAEA批判発言を紹介 / 本院は捏造だと反論 他

【カイロ時事】民主党の鳩山由紀夫元首相は8日、イランのアハマディネジャド大統領とテヘランで会談した。イランの国営テレビ「プレスTV」(電子版)は、鳩山氏がこの中で、国際原子力機関(IAEA)について、イランを含めた特定の国々に二重基準的な対応をしており不公平だと述べたと報じた。

実際にこのような発言があったかは不明だが、報道からは、鳩山氏訪問を核開発正当化に結びつけようとするイラン側の意図がうかがえる。 

大統領は会談で、核開発はあくまで平和目的との立場を強調した。国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国とのこれまでの協議に関し、「提案された要求は一方的であり、交渉は双方向であるべきだ」と不満を表明する一方、イランと日本は核兵器廃絶に向けて協力できると語ったという。(2012/04/09-07:54)

民主党の鳩山由紀夫元首相は9日夜、イラン訪問から帰国後、衆院議員会館で記者会見した。アハマディネジャド大統領との会談の中で、鳩山氏が国際原子力機関(IAEA)が二重基準的な対応をしていると批判したと、イラン側が伝えたことについて、「完全に作られた捏造(ねつぞう)だ。(政府方針から)逸脱する発言は一切していない」と述べ、報道内容を否定した。

鳩山氏は大統領との会談で「核保有国を対象とせず非保有国の平和利用に対して査察を行うのは公平ではないと(イランが)言うのは承知しているが、日本は原子力の平和利用が国民の活動に有益との信念から、国際社会の疑念を払う努力をしてきた」と語ったと説明。また、「核拡散防止条約(NPT)に入らず(事実上の)核保有国になっている国にとって有利になっていることは承知しているが、その流れが拡大しないためにも国際社会との協力が必要だ」と指摘したという。

これに関し、山根隆治外務副大臣は9日の記者会見で、「一部分をピックアップすると少し誤解を生む」と述べ、鳩山氏の発言には軽率な点もあったとの認識を示した。(2012/04/09-22:17)

藤村修官房長官は9日の記者会見で、民主党の鳩山由紀夫元首相(外交担当の党最高顧問)がイランを訪問し、同国のアフマディネジャド大統領と会談したことについて「たとえ個人の立場でも、こういう時期に訪問しない方がいいとずっと言い続けた」と述べ、不快感を示した。

イランの国営テレビは、鳩山氏が会談の中で国際原子力機関(IAEA)がイランなどに二重基準の対応をしており、不公平だと述べたと報じている。

藤村氏はこの件について「政府としてコメントしない。わが国は核問題解決に向けたIAEAの役割を重視しており、イランにIAEAと完全な協力を行うよう求めている」と強調した。

「ずっと言い続けた」の言い回しに味わい深いものがあります。

2012-04-08 (Sunday)

鳩山由紀夫 テヘラン入り イラン外相と会談 / ルース駐日大使 日本政府に懸念伝える

【テヘランAFP=時事】イランのサレヒ外相は7日、同国を訪問した鳩山由紀夫元首相と会談した。同外相はこの中で、「核の平和利用の権利」を強調。近く予定される国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国との核協議について、「米欧が信頼醸成に向かう契機にしてほしい」と期待を示した。イラン国営メディアが伝えた。

 これに対し、鳩山氏は次回の核協議が「重要だ」と指摘した上で、対話と交渉を通じたイラン核問題の解決を訴えた。鳩山氏はアハマディネジャド大統領らとも会談する見通し。 (2012/04/08-07:07)

鳩山由紀夫元首相が6日にイラン訪問へ出発する前にルース駐日米大使が首相官邸に電話で懸念を伝えていたことが7日分かった。政府関係者によると、訪問中止を強く求める発言はなかったものの、大使は「鳩山氏のためにも良いことではない」と指摘。米国と欧州が核開発を続けるイランへの経済制裁を強める中、鳩山氏の訪問が国際協調の足並みを乱しかねないと憂慮したとみられる。

電話を受けた官邸スタッフは「野田佳彦首相と玄葉光一郎外相も中止を求めたが、鳩山氏は一議員として行くとのことだ」と説明。政府として関与していないことを強調したという。鳩山氏は政府側からの中止要請に応じずイラン入り。8日にアフマディネジャド大統領と会談する予定だ。

2012-04-07 (Saturday)

鳩山由紀夫のイラン訪問に党内からも批判 / 北海道9区 次期衆院選への準備加速

民主党の前原誠司政調会長は7日の読売テレビ番組で、鳩山由紀夫元首相のイラン訪問について「今は行くタイミングではない」と批判した。

元外相の前原氏は、核開発を進めるイランに対し欧米諸国や日本が圧力を強めようとしていることを踏まえ「微妙な時期でイランに利用されないことを願っている」と述べた。

一方、鳩山氏の訪問を許可した民主党の対応については「議員個人として行くのであり、民主党が派遣したのではない」と説明した。

衆院北海道第9選挙区の各党は選挙準備を本格化させている。現在、民主党候補予定の鳩山由紀夫元首相(65)は毎週のように地元入りし、逆風の挽回に懸命。自民党は堀井学道議(40)=登別市=の出馬を待望する声が党内や各界から聞かれる。共産党も党地区役員を軸に調整しており、月内に決める方針だ。

民主党第9区総支部は14日に苫小牧で開く定期大会後、党と後援会で選対準備会の設置に向けて検討する予定。5月の連休明けにも連合胆振地協と協議を始める見通しだ。

前回の衆院選で全国史上最多の20万票を獲得して首相に就任した鳩山氏は、引退発言撤回などで批判を浴び、党の逆風もあって支持者離れが懸念材料となっている。昨年夏以降、毎週のように9区入りしイベントなどに顔を出し、地元重視の姿勢をアピール。

同総支部の滝口信喜代表代行は「26日の小沢一郎元代表の判決が一つのポイントになる。やれることはやりきっていく」と表情を引き締める。

一方、自民党は9区支部長代行の橋本聖子参院議員に候補選考を一任しているが決まっていない。同党最重点選挙区として、各界から知名度のある堀井氏の名前が挙がるが、公式な要請など表立った動きはない。

一つのヤマと見られるのが、21日に苫小牧で開かれる政経セミナー。衆院議員の石破茂氏の講演があるが、党の実力者だけに、壇上で堀井氏へ打診するのでは―と憶測も広がる。関係者は「石破氏は現在、党の要職に就いておらず、考えにくい」と否定している。

堀井氏は「もし出馬を要請されたなら」との室蘭民報社の質問に「登別市民と後援会に相談した上で考えたい」と含みを持たせる。同党登別支部では「まだ決まったわけではないので、道議選の補選など考えていない」とする。

共産党も候補選考を急いでいる。室蘭地区委員会の高橋克美委員長は消費税増税法案をめぐる民主党役職者や政務三役の辞職問題を挙げて「内部のごたごたで政府の体をなしていない。反対世論は広がっている。政府の言うことは信用できないという流れは止められないだろう」と語気を強めている。

(本社政経部)

2012-04-06 (Friday)

松山千春 8月に十勝で野外コンサート開催 / 新党日本 国民新党との統一会派解消

足寄町出身の歌手松山千春さんの「デビュー35周年記念 Summer Live in 十勝」が8月4日、音更町のとかちエコロジーパーク・ピクニック広場(十勝川温泉南18ノ1)で開かれる。十勝での野外ライブは1978年8月に足寄で開いて以来、34年ぶり2度目。

十勝エコロジーパーク財団、十勝観光連盟、帯広市、音更町、幕別町、池田町、足寄町、音更町十勝川温泉観光協会、十勝川温泉旅館組合などでつくる実行委員会の主催。十勝の野外ライブでは最大規模の1万人の来場を見込む。

松山さんは1977年に「旅立ち/初恋」でデビューし、今年、デビュー35周年を迎えた。会場では十勝の名産を扱うフードコートも設置する予定。高橋勝坦実行委会長は「コンサートでは道内外から多くのファンがこの十勝に訪れる。これを機会に十勝の魅力を知ってもらい、経済や観光の振興になるよう主催者として万全の受け入れ体制を整備し、来場者に『十勝にまた行きたい』と言っていただけるよう準備を進めたい」と話している。

新党日本の田中康夫代表は6日、亀井静香氏が国民新党を離党すると表明したことを受け、衆院での同党との統一会派を解消すると発表した。(2012/04/06-22:32)

これで田中氏は会派無所属。

2012-04-05 (Thursday)

鳩山由紀夫のイラン訪問に政府・野党共に大反発 / 本人は中止拒否

野田佳彦首相は5日午前の参院予算委員会で、鳩山由紀夫元首相が6日からイランを訪問し、アフマディネジャド大統領との会談を予定していることについて「国際協調の立場と整合的でなくてはいけない」と懸念を示した。首相は「訪問は政府、民主党の要請ではない」と述べ、鳩山氏個人の活動であると強調。その上で「本人から直接話を聞くなど、意思疎通をはかる」とも語り、5日にも鳩山氏と接触して訪問中止を求める可能性に言及した。

玄葉光一郎外相は鳩山氏の訪問中止を求めた自民党の山本一太氏の質問に対し「そういう思いもなくもない。働き掛けを全くしていないわけではない」と述べた。さらに「あたかも政府の代表であるかのように行って政府の方針と違う立場で臨む二元外交にならないよう慎重な対応を促したい」と語り、政府に事前の説明や相談がなかった鳩山氏に不快感を示した。

鳩山氏は9日まで訪問予定。米軍普天間飛行場の移設問題で迷走した鳩山氏が元首相として外交に携わることには党内外から批判が出ている。山本氏は「絶対ろくなことにならない。日本の国益のために羽交い締めにしてでもやめさせてほしい」と訴えた。

たった一人で日米外交を大混乱に陥れた輝かしい戦績が物を言っております。

玄葉光一郎外相は5日、国会内で、イラン訪問を計画している鳩山由紀夫元首相と会い、「もっと早く相談してほしかった」と不快感を示し、訪問の取りやめを促した。これに対し、鳩山氏は「政府しか外交ができないということであれば、議員外交ができなくなる」と拒否。予定通り6日からイランに向かい、アフマディネジャド大統領らと会談する方向だ。

 イランの核開発問題を巡り、政府は欧米諸国とともにイラン産原油の輸入削減を決定。各国が協調してイランへの圧力を強めており、政府は「対話のタイミングではない」(外務省幹部)と判断している。野田佳彦首相も5日の参院予算委員会で「大変微妙なタイミングで、国際協調の立場と整合的でなければならない」と述べ、鳩山氏のこの時期の訪問は好ましくないとの考えを示した。

当然説得にも耳を貸さず。

2012-04-04 (Wednesday)

鳩山由紀夫 勝手にイラン訪問へ

民主党の鳩山由紀夫元首相は6〜9日の日程で、イランを訪問する。アハマディネジャド大統領との会談を調整中で、鳩山氏は核開発放棄と国際社会との協調を呼び掛ける考えだ。中東情勢に詳しい大野元裕同党参院議員が同行する。

鳩山氏は4日夜、都内で記者団に「イランにしっかり言うべきことを言い、決して厳しい状況にならないよう努力するのが外交だ。外務省と連携を取っているわけではなく、個人の立場で国際的な平和に役立つよう努力したい」と説明した。

玄葉光一郎外相は同日の記者会見で「政府の要請に基づくものではない。個人の行動だ」と強調。藤村修官房長官も「党の外交だと受け止めている」と語った。政府がイランへの制裁圧力を強める米欧との連携を重視する中、鳩山氏の行動は「二元外交」との批判を招く可能性もある。 (2012/04/04-21:12)

2012-04-03 (Tuesday)

宮城県のレース鳩 国後島で発見される / 田中真紀子のせいで外交委運営が止まっていると産経新聞

【ウラジオストク共同】3月末に青森県むつ市を出発点に約300キロ南の宮城県北部をゴールに行われたハトのレースで、1羽が“コース”を大幅に外れた北方領土・国後島で見つかり、同島を実効支配するロシアの国営メディアで報道されて話題を呼んでいる。

レース主催者の「日本鳩レース協会」仙北連合会の相沢秀一事務局長=宮城県大崎市=によると、3月26日のレースにハト約1600羽が参加。うち約7割はその日のうちに宮城県北部の鳩舎に帰還した。

一方、3月28日に出発点から約480キロ離れた同島内で弱ったハト1羽を保護。足輪の情報から、このハトがレースに参加した1羽と判明。

衆院外務委員会が今国会召集後、一度も開かれていない。きっかけは先の臨時国会における田中真紀子委員長の委員会運営。しかも田中氏は、開会に向けて努力するどころか、野党側に恫喝(どうかつ)まがいの圧力をかけるありさまだ。

北朝鮮の「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイル発射予告という課題や、法案、条約案の審議という課題が棚上げされたままとなり、真紀子氏の姿勢は国益の観点から問題になりかねない。

「公明、共産、社民さんは委員会を開いたほうがいいと思うんでしょ。知恵を出してくださいよ!」

先月29日、真紀子氏は外務委の野党理事に電話でこうまくし立てた。

外務委が休業を続ける発端は、昨年12月9日の臨時国会にある。日本とペルーの経済連携協定(EPA)などの批准承認案について野党が「審議時間が足りない」と採決の見送りを求める中、真紀子氏は職権で開会を強行、自民、公明両党などが欠席する中で採決した。先に採決した参院では両党も賛成していた案件だったため、野党はそっぽを向いたのだ。

先月23日になって、公明党の仲介で民主、自民両党が開会への協議を始めたものの、自民党が北朝鮮のミサイル問題を審議するため野田佳彦首相の出席を要求すると、民主党が難色を示し、平行線となっている。

この間、真紀子氏の「仕事」は、先月6日に突然、外務省関連施設の視察を各党理事に呼びかけたのを除けば「大した働きかけはない」(関係者)という。

ところで、外務委には、審議テーマによっては田中直紀防衛相の出席もある。現時点で野党側から直紀氏の出席要求はないが、真紀子氏が開会への指導力を見せないと、同氏は夫婦の「共演」を避けようとしている、という見方も出かねなくなる。