Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2012-05-31 (Thursday)

山崎拓 出馬意欲を見せる

自民党の山崎拓元副総裁(75)は31日、次期衆院選への出馬について「今国会中に衆院解散があれば、捲土(けんど)重来を期して必ず挑戦する」と重ねて意欲を示した。自らが会長を務める派閥会合で語った。

同時に「万が一、国会が閉会し、解散なしということになれば勇退せざるを得ない」とも述べ、今国会中に解散がなければ政界から引退する可能性を示唆した。山崎氏は2009年の衆院選で落選した。(共同)

[2012年5月31日17時58分]

以前から同じ事言っていますね。

2012-05-30 (Wednesday)

玄葉外相 韓国企業の択捉島岸壁工事について 「大変遺憾」

玄葉光一郎外相は30日の記者会見で、韓国の建設会社が北方領土の択捉島で港湾整備事業をロシア側から受注、工事を開始したことについて、「ロシアの管轄権を前提としたような行為を受け入れることはできない。大変遺憾だ」と述べた。具体的な対応に関しては「韓国側とも必要な意思疎通をしているし、ロシアとの関係でも山根隆治外務副大臣らからわが国の立場を伝えている」と説明した。 (2012/05/30-16:29)

2012-05-29 (Tuesday)

択捉島岸壁工事 韓国企業が工事開始

【モスクワ大前仁】ロシア通信によると、韓国の建設企業が29日までに北方領土(ロシア名・南クリル諸島)の択捉島で岸壁建設工事を始めた。「クリル諸島社会経済発展計画(07〜15年)」の関係者が明らかにした。ロシア以外の外国企業が北方領土の開発事業に参加するのは初めて。日本政府は、ロシアの法律に基づく外国企業の事業参加は、ロシアの主権を認めることになるとして反対してきた。

工事は現地にあるロシアの水産会社「ギドロストロイ」が主導。択捉島中部クリリスク(日本名・紗那)近郊にあるキタボエに総額14億ルーブル(約34億円)を投じ、ふ頭や桟橋を建設する。年内の完成を目指す。下請け企業となる韓国の「クムト総合建設」が今月20日ごろに技術者や労働者を現地入りさせ、建築資材や機械を搬入していたという。

日本政府は、日本の法的な立場を害さないという前提で、ロシアとの間で北方領土の共同開発の可能性を検討している。ロシアによる、韓国や中国の企業に対する事業参加呼びかけを憂慮してきた。山根隆治副外相は25日にモスクワで、モルグロフ外務次官と会談した際、択捉島の岸壁工事について、領土問題を解決するための「静かな環境」を損ねかねないと指摘し、「ロシアにとってマイナスになる」との日本側の見方を伝えていた。

2012-05-28 (Monday)

韓国企業の作業員約50名 択捉島に上陸 他

北方領土の択捉島で岸壁工事を請け負っているとみられる韓国企業の技術者ら約50人が上陸していると27日、現地の関係者が朝日新聞に伝えた。今月19日ごろに現地に入り、建設関連資材や機械類を搬入したという。

岸壁工事はロシア政府が北方領土開発のために進める「クリル諸島社会経済発展計画」の一環で、総工費は約35億円。韓国企業は、工事を手がける水産加工会社ギドロストロイから同島内の岸壁の海底を深くする工事を下請けしているという。

北方領土での外国企業の経済活動は、同地でのロシアの法的な立場を認めることになるとして、日本政府は反対している。

択捉島を訪れていた北方領土ビザなし交流の訪問団64人が28日、新チャーター船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。プーチン大統領が7日に就任して以降初めての交流。長尾明宏団長(北方四島交流北海道推進委員会会長)は「楽しく活発に交流を進められた」と振り返った。

訪問団は25日に根室港を出港し、26日に択捉の内岡(なよか)港から上陸。島中央部の紗那(しゃな)にある博物館や日本人墓地などを訪れた。

現地の家庭も訪問。ボルシチなどの家庭料理を食べながら、日本や島内の現状について情報交換した。「厳しい冬の暮らし」をテーマにした意見交換や、ロシア側の子供に日本の絵手紙の書き方を伝える交流の場もあり友好を深め合った。

(同行記者団)

このギターで歌ってくれ!! 舞台「旅立ち〜足寄より〜」(7月30日から8月3日まで東京・青山の草月ホールで9公演)で松山千春役を演じる三浦祐太朗(28)に、フォークシンガーの松山千春(56)が27日、「思い出のギター」マーチンのD28をプレゼントした。「これからは祐太朗の時代」と、ギターに期待と夢を託した。

三浦友和・百恵夫妻の長男祐太朗は、千春の自伝的小説「足寄より」を舞台化した「旅立ち〜足寄より〜」で千春役を演じる。08年にロックバンド、Peaky SALTとしてメジャーデビュー。シングル3作品とアルバム1作品を出したものの10年に活動を休止した。その後、方向性を模索する中、射止めたチャンスが今回の役。8月1日には、千春が77年に発表したデビュー曲「旅立ち」のカバーでのソロデビューも決まっている。

その境遇を千春は、自身と重ね合わせた。35年前、千春を見いだした北海道・STVラジオの竹田健二ディレクターは、デビューした千春に「全てのアコースティックギター演奏者のあこがれ」とされるマーチンのD28ギターをプレゼントし、シンガーとして成功する夢を託した。そして今、千春もこのギターに思いを込めた。「あの時にもらったギターと、同じギターを祐太朗に渡したいと思った。これからは若いシンガーに頑張ってもらわないと…」と千春は、後継者に祐太朗を指名した格好だ。

千春からマーチンのD28を手渡された祐太朗は「このギターを持つのは憧れでした」と言い、目頭を熱くした。早速、ギターを抱えると、千春は思わず言った。「かっこいいよ。ブルース・スプリングスティーンにそっくりだ。とにかくアコギで歌えるカッコいいシンガーになって欲しい。舞台でもこのギターを使ってほしい」。恐縮する祐太朗は「頑張ります」と言うのが精いっぱいだった。

2012-05-27 (Sunday)

鈴木宗男 谷川親方の断髪式に出席

首を痛め昨年5月に引退した大相撲の元関脇北勝力、谷川親方(34)=本名木村英樹、栃木県出身、八角部屋=の断髪式が26日、東京・両国国技館で行われた。政治家の鈴木宗男氏ら約240人がハサミを入れ、師匠の八角親方(元横綱北勝海)が大銀杏(おおいちょう)を切り落とした。

04年5月場所での横綱朝青龍からの金星が思い出という、谷川親方は「やりたいことがいっぱいある」と涙はなし。後進の育成はもちろん、高校進学に加え、アームレスリング挑戦という異色の目標を掲げた。「無差別級で日本代表になりたい。強い人ばかりで難しいが面白い」。既に専門のジムに通い「筋肉を作りかえている」と話した。来年の大会出場を目指すという。

八角部屋後援会会長なので。

2012-05-26 (Saturday)

鳩山由紀夫訪中 李克強副首相と会談 続き / 山根外務副大臣 モルグロフ外務次官と会談

【北京=川越一】民主党の鳩山由紀夫元首相が25日、北京を訪問し、人民大会堂で中国の李克強副首相と会談した。鳩山氏は沖縄・尖閣諸島などをめぐる日中間の対立を「さざ波」と表現。「友愛という考え方は国として自立を求めながら相手を尊重し、歴史を学ぶことが大事だ」と述べ「東シナ海を友愛の海に」という持論を説いた。

鳩山氏によると、李氏は尖閣問題には触れなかったが、新疆ウイグル自治区については「核心的利益だ」と強調。東京での世界ウイグル会議開催について「日本政府の中国に対する対応が変わったんじゃないかと思った。それによって日中関係に支障が出ている」と強い不快感を表明した。鳩山氏は「中国に内政干渉するつもりはない。一部の人の声が大きくなってしまうことに対し、静かに大所高所からこの問題を見ていきたい」と語った。

また、鳩山氏は東シナ海を「友愛の海」にするため共同資源開発の早期再開を求めたが、李氏は「提案を心に留めておきたい」と語っただけだった。

本当に産経は毎度書き方が辛辣です。

“容認できない”

北方領土の択捉島でロシアの企業が韓国の建設会社に発注して港湾整備を進めようとしていることについて、ロシアを訪問している山根外務副大臣は、容認できないとする日本の立場を伝えました。

山根外務副大臣は、25日、モスクワのロシア外務省で、アジア太平洋地域を担当するモルグロフ外務次官と会談しました。山根副大臣は会談後、記者会見し、北方領土の択捉島でロシア企業が韓国の建設会社に発注して港湾整備を進めようとしていることについて、第3国による経済活動はロシアの実効支配を正当化しかねないとして、容認できないとする日本の立場をロシア側に伝えたことを明らかにしました。そのうえで、「ロシアにとってもマイナスになる」と述べて、北方領土問題の解決に向けた環境を損ないかねないと指摘したということです。

山根外務副大臣がクレーム入れにいったので再度記事になってました。

2012-05-25 (Friday)

鳩山由紀夫訪中 李克強副首相と会談

【北京=川越一】民主党の鳩山由紀夫元首相が25日、北京を訪問し、人民大会堂で中国の李克強副首相と会談した。鳩山氏は沖縄・尖閣諸島などをめぐる日中間の対立を「さざ波」と表現。「友愛という考え方は国として自立を求めながら相手を尊重し、歴史を学ぶことが大事だ」と述べ「東シナ海を友愛の海に」という持論を説いた。

鳩山氏によると、李氏は尖閣問題には触れなかったが、新疆ウイグル自治区については「核心的利益だ」と強調。東京での世界ウイグル会議開催について「日本政府の中国に対する対応が変わったんじゃないかと思った。それによって日中関係に支障が出ている」と強い不快感を表明した。鳩山氏は「中国に内政干渉するつもりはない。一部の人の声が大きくなってしまうことに対し、静かに大所高所からこの問題を見ていきたい」と語った。

また、鳩山氏は東シナ海を「友愛の海」にするため共同資源開発の早期再開を求めたが、李氏は「提案を心に留めておきたい」と語っただけだった。

産経は毎度書き方が辛辣です。

2012-05-24 (Thursday)

英チャールズ皇太子 DJに挑戦

今月初め、イギリスのテレビ局の天気予報に突如、キャスターとして登場し、大きな反響を巻き起こしたばかりのチャールズ皇太子が、今度は、訪問先のカナダでディスクジョッキーに挑戦し、再び大きな話題となっています。

イギリスのエリザベス女王の即位60年を記念して、カナダを訪問しているチャールズ皇太子は、22日、トロント市内にある慈善団体の施設を訪れ、この施設で開かれたディスクジョッキーの講習会に参加しました。

初挑戦ということもあり、初めはやや堅い表情でしたが、講師から手ほどきを受けて、ひとたびヘッドホンを頭につけると、皇太子は、しなやかな手さばきでターンテーブルのレコードを回したり、機材のスイッチを操作したりして、周りにいた人たちも驚くほどのパフォーマンスを見せました。

地元メディアによりますと、皇太子は若者たちに、「ディスコ三昧の日々は、もう過去のことだよ」とジョークを飛ばし、大きな笑いに包まれたということです。

チャールズ皇太子は、今月10日には、カミラ夫人とともに、イギリスの公共放送BBCのローカル放送局の天気予報に、突如、キャスターとして登場し、大きな反響を呼んだばかりで、今回のディスクジョッキー姿も早速大きな話題となっています。

英誌テレグラフ配信の記事と動画がこちら。今時Vinylってところが年長者への配慮だったんでしょうか。

一応比較用に6年前に鈴木宗男氏がDJっぽい事をしたときの動画もつけておきます。

このとき講師を担当させられていた"サイプレス上野とロベルト吉野"さんは今じゃすっかり人気者。

択捉・港湾整備下請けに韓国企業…作業員派遣へ

モスクワ=緒方賢一】北方領土・択捉島で計画されている港湾整備事業に、韓国企業が参加する見通しとなった。

国後島の消息筋が23日、読売新聞に明らかにした。

企業名など詳細は不明だが、消息筋によると、作業員約50人が近く、韓国から択捉島に入るという。

択捉島の港湾整備事業は、ロシア政府が進める北方領土を含むクリル諸島(千島列島)の開発計画の一つと位置づけられ、地元企業が請け負う。韓国企業はその下請けになるという。

日本政府は北方領土におけるロシアの法的立場を認めることにつながるとして、外国企業に対しても、北方領土で経済活動を行わないよう呼びかけてきた。

(2012年5月24日09時55分 読売新聞)

2012-05-23 (Wednesday)

鈴木宗男 「半年以内に共同経済活動を」

新党大地・真民主の鈴木宗男代表は23日、都内で講演し、北方領土について「今も国後島沖では、魚を取る海での経済活動を行っている。それを陸の上でもやったほうがいい。半年以内に決断しなければ日本の出る幕がなくなってしまう」と述べ、政府に対しロシアが呼びかけている北方領土での「共同経済活動」に応じるよう求めた。

太鼓さん次郎 - ムネオハウス

譜面を作ったニコニコユーザーのきもっち〜さんがプレイ動画を投稿していました。使っている曲は定番の「muneo house(1st-03)」。

譜面自体の公開があるかどうかまでは分かりませんでした。

2012-05-22 (Tuesday)

COOL ONLINE 有料サービス終了

昨日5/21一杯をもって、COOL ONLINEの有料サービスが終了しました。5-111さんのページ"muneo logs and bootlegs by 5-111"がここを使っていたため、巻き込まれて閉鎖と相成りました。

当方の確認している範囲で、現時点で2002年頃のままの場所で生存しているページは以下の通り。

Sound.jp
Tripod.com
ISPサーバ
独自or自宅サーバ系

muneohouse.netはレンタルサーバ→infoseek(無料)→自宅サーバと変遷し、都度アドレスが変わっています。Munexは2004年に一旦消滅した後、2008年にmuneohouse.net内に移築。珍しいところでは、2009年に閉鎖されたgeocities.comにあったmuneohouse annenxさんが、向こうの有志たちによるgeocities保存活動のおかげで復活しているなんてのもあります。

ホームページサービスも化石のようなものになってきましたので、sound.jpも米lycosもいつまで持つことやら。

2012-05-21 (Monday)

新党大地 比例全ブロックに候補擁立へ /「首相在任中になぜもっと頑張らなかったのか。」と琉球新報の社説

新党大地・真民主の鈴木宗男代表は19日、故郷、足寄町大誉地の生活改善センターで同党所属の国会議員5人全員と支持者らによる懇親会を開き、「次期衆院選では比例全11ブロックや、小選挙区でも候補を立てる」と気勢を上げた。(5月20日朝刊とかち帯広版に掲載)

動画ニュースなのでおそらくすぐ消えます。

そこまで言うのなら、首相在任中になぜもっと頑張らなかったのか。何をいまさらとの思いも残る。

鳩山由紀夫元首相の発言のことだ。5月15日の「復帰40周年記念式典」出席のため来県し、講演や本紙とのインタビューで、あらためて米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設は困難との認識を示した。県外移設に向け日米両政府は仕切り直しすべきだと主張した。

「最低でも県外」の公約を捨て、辺野古移設に回帰した判断は裏切り行為と、多くの県民から批判された。しかしまた、このことも契機に、「県内移設ノー」が沖縄の民意として確固としたものになったのも事実だ。鳩山氏の今回の言動については、好意的とは言わないまでも、氏の主張を再検証するきっかけにしても良いと受け止めた県民も少なくないだろう。

それに比べ本土メディアは、発言を非難する冷ややかな報道が目立った。テレビのワイドショーでは、再び沖縄県民に幻想を抱かして罪深いといった趣旨の発言があった。「相変わらずの宇宙人ぶり」と書いた新聞もあった。普天間問題を鳩山氏だけの責任に矮小(わいしょう)化し、「県外移設」などできっこないという世論が当たり前のように醸成されていないか。そうした風潮に違和感を禁じ得ない。

普天間の県外・国外移設はもはや、沖縄にとって幻想ではない。党派を超え県民の誇りや自己決定権にかかわる要求だ。2000年の沖縄サミットで外務省から県に出向してサミット推進事務局長を務め、今年3月に外務省を正式に辞め、東京外国語大教授専任となった山田文比古氏は、一枚岩になった沖縄の民意を「化学変化」と、最近の論考で表現した。まさに「不可逆的」ということだ。

鳩山氏はその化学変化で、触媒の役割を果たしとも言えるが、今後には注文を付けたい。鳩山氏は本紙インタビューで、県外移設が頓挫した要因として「防衛、外務官僚はいかに辺野古に戻すかに腐心していた。政治主導で、オバマ大統領との直接対話など、官僚を飛び越えた議論ができなかった」と述べた。

ならば今度こそ、政治主導で民主党内でも化学変化が起こるように、普天間問題解決への本気度を、言葉だけでなく行動で示してほしい。そうして初めて、政治家としての歴史的評価が定まると、自覚してもらいたい。

2012-05-20 (Sunday)

鳩山由紀夫&幸夫人 国会コーラス愛好会として舞台挨拶に参加

[シネマトゥデイ映画ニュース] 20日、東銀座の東劇で行われた映画『プッチーニに挑む 岡村喬生のオペラ人生』の舞台あいさつに鳩山由紀夫元首相、幸夫人が登場、彼らが所属する国会コーラス愛好会のメンバーとともに唱歌「故郷(ふるさと)」を披露した。

国会コーラス愛好会は、衆参両院の国会議員とその家族で構成。1993年から活動を開始した彼らは、日比谷公会堂や九段会館などで公演を行い、その活動における収益全額を国連難民事務所やユニセフにチャリティをしている。日本人オペラ歌手の岡村はこの国会コーラス愛好会に指揮者としてボランティアで参加。その縁でこの日は国会議員たちが応援に駆け付けることとなった。

コーラス愛好会有志を代表してあいさつに立った鳩山元首相は「岡村先生、おめでとうございます。わたしは1度だけ練習に参加して、こりゃだめだと思って、出なかった劣等生でございます。しかし他の皆は優等生でございます」と冗談交じりにあいさつ。そして「80歳になっても、まさに人生これから。わたしの妻から80本の花束を贈りたいと思います」と付け加えると、幸夫人が80本もの大きな花束を岡村に贈呈。岡村は「こりゃ重いね」と言いながらも笑顔を見せた。その後、愛好会のメンバーは会場の観客を交えて「故郷(ふるさと)」を合唱。なかなか堂に入った議員たちの歌声に、会場の観客からは「ブラボー!」と歓声があがった。

かつて岡村はプッチーニの傑作オペラ「蝶々夫人」で、「南無妙法蓮華経」と下から上へと書かれた鳥居を持ち、ちょんまげで登場する僧侶をヨーロッパで演じさせられた過去を持つ。本ドキュメンタリーでは、日本文化の誇りを取り戻すべく、オペラの聖地イタリアへと乗り込み、誤った日本描写を修正しようと奮闘する姿が描かれる。「それはまだ完成途上。来年、再来年とプッチーニさんのところに通って、日本人は間違いを看過しておかない人種であることを世界に示したい」と80歳を超えてなお衰えることのないその情熱に、大きな拍手が沸き起こった。(取材・文:壬生智裕)

2012-05-19 (Saturday)

鳩山由紀夫 維新の会公約を批判

民主党の鳩山由紀夫元首相は19日、テレビ東京番組に出演し、大阪市の橋下徹市長が次期衆院選に向けて首相公選制や参院廃止を掲げていることに対し、「実現の期限を区切らずに大きなテーマを掲げており、マニフェスト政権公約)にはほど遠い。正攻法ではない」と批判した。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設をめぐっては、鳩山氏は「現行の辺野古案には県民が総意で反対している。米議会の新たな動きを日本の国会議員も受け止めれば、(新たな)結論が出ない話ではない」と述べた。米上院の有力議員から嘉手納統合案など見直し案が出ていることが念頭にあるとみられる。

一方、15日の自らの沖縄訪問に批判が集まっていることに対し、「行ってよかった。私は県民のために戦おうとしたが、今、(政府は)必ずしも県の側に立っていない」と述べた。

2012-05-18 (Friday)

自由訪問第一陣 志発島から帰港

【根室】北方領土ビザなし交流の枠組みで歯舞群島志発島を訪れていた自由訪問の本年度第1陣=児玉泰子団長(67)=が18日、チャーター船「えとぴりか」(1120トン)で根室港に戻った。久しぶりに故郷の土を踏んだ元志発島民とその家族ら58人は、笑顔で関係者の出迎えを受けた。

一行は16日に根室港を出発した。ロシア側による入域手続きは4年ぶりに国後島古釜布沖から志発島に近い水晶島沖に変更されたが、悪天候で同日午前の予定が同日夕にずれ込み、志発島上陸は17日に。17日は同島北東部カフェノツに上陸し、墓地などを訪問。18日は水晶島沖での出域手続きを経て、根室に戻った。<北海道新聞5月18日夕刊掲載>

2012-05-17 (Thursday)

山根外務副大臣 ロシア訪問へ

政府は16日、山根隆治外務副大臣を24〜27日の日程でロシアに派遣する方針を固めた。プーチン新政権が発足して初の政務三役の公式訪問で、野田佳彦首相や玄葉光一郎外相の訪ロに向けた調整に入る。首相は訪ロを通じて領土交渉を打開したい考えだが、北方四島の帰属問題を巡り、日本とロシアの溝はなお深い。

山根副大臣は23日にパリで開幕する経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会に出席した後、ロシアに入る。実質2日間のモスクワ滞在中、ロシア政府関係者と相次ぎ面談し、首相が訪ロした場合の日程や議題、成果について協議する。(後略)

2012-05-16 (Wednesday)

自由訪問団第一陣 志発島へ出発 / 森元首相ロシア派遣 G20までに / 鳩山由紀夫 琉球日報のインタビューに答える 他

北方4島の元島民や家族が古里を訪問する「自由訪問」の今年度第1陣58人が16日午前、北海道根室市の根室港から、歯舞群島・志発(しぼつ)島に向けて船で出港した。北方領土問題解決に向け、日露関係の協力を強化する意向を示したロシアのプーチン大統領の復帰後、日本人訪問団が北方領土に向かうのは初めて。

訪問団員たちはあいにくの雨の中、出港の午前9時の前に、新造されたビザなし交流船「えとぴりか」(1124トン)に続々と乗船。志発島出身で、元島民団体「千島歯舞諸島居住者連盟」理事の児玉泰子団長は「引き揚げの苦しさに比べたら、こんな雨大したことはない。楽しんで一歩一歩、島を踏みしめましょう」とあいさつ。童謡「ふるさと」が流れる中、デッキから手を振って出港した。第1陣は、16日午後に島に上陸。居住地跡の散策や墓参を行い、18日に根室に帰港する。

今回は、歯舞群島・水晶島沖で出入域の手続きを行うことで日露両政府が合意。手続きで国後島・古釜布(ふるかまっぷ)沖を経由していたルートに比べ、渡航時間は約3時間短縮され、志発島に4時間弱で到着する。

(2012年5月16日 読売新聞)

野田佳彦首相は16日午後、首相官邸で新党大地・真民主の鈴木宗男代表と会い、自民党の森喜朗元首相のロシア派遣を6月にメキシコで行われる20カ国・地域(G20)首脳会議までに実現したいとの考えを伝えた。

首相はG20の際にロシアのプーチン大統領と首脳会談を行いたい意向。首相は鈴木氏に「何とかG20までに森元首相にはロシアに行っていただき、日ロ首脳会談につなげてほしい」と述べた。 

既に官邸サイドから森氏側に訪ロを要請。首相は11日の内閣記者会のインタビューで、北方領土問題の打開に向け「大統領と個人的な信頼関係もある森元首相に一肌脱いでもらいたい」と述べていた。(2012/05/16-16:55)

鳩山由紀夫元首相は15日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画をめぐり、県民の強い反対や再考を促す米議会の動きなどを挙げ、辺野古移設は困難との認識を示した。鳩山氏は米側と再交渉に入る必要性を強調し、「現実的な答えを早急に見いだすべきだ」と指摘した。

県外移設を掲げながら、県内移設に回帰した鳩山氏自身が、日米合意の実現性に強い疑問を呈した。

復帰40年の記念式典に出席するため来県し、琉球新報社の単独インタビューに応じた鳩山氏は県外移設を達成できなかった要因について、防衛、外務官僚が辺野古回帰に執着する中、「官僚を飛び越え議論する環境をつくれなかった。私の力量の問題だった」と説明した。

本紙などの世論調査で沖縄への基地集中は「不平等」との回答が県民7割に対し、全国が3割余にとどまったことに「まさに不平等だが、全国は3人に1人程度しか思っていない。大きな意識の差があり、沖縄が差別されていると思うのは当然だ」と述べた。

(琉球新報)

社民党の福島瑞穂党首は16日の記者会見で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関し、鳩山由紀夫元首相が県外移設を公言し、沖縄県民の期待を高めたことが「問題を複雑にした」との岡田克也副総理の指摘について、「問題は県民に期待を持たせたことではなく、約束したことをやり遂げず、今もやろうとしないことだ」と批判した。(2012/05/16-19:10)

ズバリ。

今年デビュー35周年を迎えたフォーク歌手の松山千春(56)が16日、東京国際フォーラムでコンサートツアー「松山千春の世界」の東京公演を行った。

4月14日の厚木市文化会館からスタートし、6月28日の札幌・ニトリ文化ホールまで全国20カ所24公演が行われる予定。

10公演目のこの日、開演のベルと共に客席からは声援が飛び、2003年の作品「風光る」からスタートした。

「もう一度」「ひき潮」など愛の歌を並べた前半は、トークの中でも千春流の恋愛論を熱く語った。

「これだけ恋愛の歌を作ってきたってことは、それだけ恋をしてきたってことだけど、二股をしたりとか、女性を殴ったりとかしたことはないよ」と暗に俳優の塩谷瞬(29)と俳優の早乙女太一(20)の騒動をチクリ。「女子はどんなことしても、いい女子であってほしいし、男は無理してでもいい男してください。金があろうが、なかろうが。いい女はいい男が育てるので、男子諸君、責任もっていい男してください」と呼びかけた。

後半は、「Human」「淡々と…」など人生観を歌った曲を多く披露した。

「人それぞれ人生が違うんだ。自分には厳しく、でも他人にはそれは強要しないよ」と語りつつ、時事問題で毒舌を発揮。「野田政権はどうするのか。そもそも40兆円の税収しかないのに、93兆円の支出の予算を組んでいるのが大間違い。それを説明しないで税金を上げるなんて、お前はガキの使いかと言いたい」とバッサリ切った。

アンコールを含め全15曲、相変わらずの毒舌トークと歌唱に集まった約5000人のファンが酔いしれた。

千春も「(デビュー当時の恩人の)竹田さんが亡くなってから俺を見守ってくれる人がいなくなったと思っていたけど、あなた方ファンが竹田さんなんだとこの35周年コンサートで気付いたよ。俺の姿形が変わろうとも、これからも叱咤(しった)激励してくれ」とファンに熱いメッセージを残した。

会場には、7月に東京・草月会館で上演される千春の自伝を元にした「足寄より〜旅立ち〜」に主演する歌手の三浦祐太朗(28)の姿も。三浦について千春は「さすが三浦友和さんと山口百恵さんの息子だよな。まるで(競走馬の)ディープインパクトとウオッカみたいなもんだな。でもうちのお袋に話したら三浦友和も山口百恵も知らないんだ。隣の整骨院の息子か?だって」とぶっちゃけ、爆笑を誘った。

2012-05-15 (Tuesday)

日露両政府 歯舞訪問手続きを簡素化 / 鳩山由紀夫 沖縄本土復帰記念式典に参加 他

玄葉光一郎外相は15日午前の閣議後の記者会見で、北方領土の元島民らが墓参などで歯舞群島を訪問する際の出入手続きを簡素化することでロシア政府と合意したと発表した。

16〜18日にかけて行われる同群島志発島への自由訪問に適用され、玄葉氏は「今回1回限りの措置だが、高齢となった元島民の負担を踏まえてロシア側と調整していきたい」と述べ、簡素化の継続を求める考えを示した。 

歯舞群島の訪問には、北海道根室市から船で約4時間半の国後島古釜布での出入手続きが必要だった。今回の合意では同群島水晶島沖での手続きが可能となり、移動時間の短縮や高齢者の元島民の負担軽減につながる。玄葉氏は1月の日ロ外相会談で、ラブロフ外相に北方領土出入手続きの簡素化を求めていた。(2012/05/15-12:32)

自民党の溝手顕正参院幹事長は15日の記者会見で、沖縄県の本土復帰40周年記念式典に、在日米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で迷走した鳩山由紀夫元首相が出席したことについて「民主党の外交担当の最高顧問として行ったようだが、ちゃんちゃらおかしい。かえって沖縄の世論を逆なでして困ったことになる」と批判した。

脇雅史参院国対委員長も「今、行くという無神経さは本当に理解できない」と非難した。

みんなの党の江田憲司幹事長も15日の記者会見で「ガラス細工のように積み上げた基地返還の道筋を粉々にしてしまった。その罪は万死に値する」と痛烈に批判。さらに「一刻も早く民主党政権を交代させるのが沖縄問題解決の最低条件だ」とも述べた。

鳩山由紀夫元首相は15日、沖縄県宜野湾市で講演し、首相在任時に米軍普天間飛行場の移設先をめぐり迷走したことについて「心からおわびしたい」と謝罪した。鳩山氏は「最低でも県外」と述べたが、後に県内移設に回帰していた。

一方で鳩山氏は「今も『最低でも県外』という気持ちだ。それを果たさなければ、沖縄の皆さんの気持ちを十分に理解したとは言えない」と述べた。

鳩山氏は「自分の思いが先に立ちすぎて綿密なスケジュールを取れず、多くの方を説得できなかった。結果として皆さまにご迷惑をかけた」と釈明した。

移設先について「国内で『受け入れる』という自治体が出てほしかった」と述べた。鹿児島県・徳之島への移設を一時検討したことにも言及し「反対論の中で難しい状況になった。迷惑を掛けた」と陳謝した。

岡田克也副総理は15日の記者会見で、民主党政権下での米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の迷走について「『県外』と鳩山(由紀夫元)首相が明言したことで、もともと難しい問題をさらに難しくした。(県民の)期待感が高まり、それを裏切られたという気持ちが、さらに問題を複雑にしたことは間違いない」と指摘した。

 岡田氏は鳩山政権で外相を務めた。自身の責任については「結果については責任を負わなければいけないと思っている」と述べた。 (2012/05/15-17:33)

今国会で、衆院外務委員会が5分程度しか開かれていない。前半は、民主党の田中真紀子委員長が(68)が前国会で強行採決をしたため野党が反発し、最近は、問責可決された夫の直紀防衛相(71)が居座っていることが原因という。普天間飛行場移設問題など懸案を多数抱えているが、田中夫妻は現状をどう考えるのか。

衆院委員部によると、1月24日に開会した通常国会で、外務委員会は、4月18日に玄葉光一郎外相が所信を表明した約5分開かれただけで、質疑はゼロだ。

きっかけは、昨年12月の臨時国会での強行採決。野党が、日本とペルーの経済連携協定(EPA)などの批准承認案について採決見送りを求めたところ、真紀子氏が職権で委員会を開き、自民、公明両党などが欠席するなかで押し切った。野党は猛反発し、委員会は休業状態に突入した。

野党委員によると、真紀子氏はこの後、「知恵を出してくださいよ!」と野党理事に言い放った以外は、目立った動きはなし。与野党理事で協議した結果、4月12日の理事懇談会で、真紀子氏が「(議事進行を)反省している」と陳謝し、同18日の玄葉氏の所信表明でいったんは正常化した。

ところが、参院に直紀氏らの問責決議案が提出され、同20日に可決された。外務委員会では、北朝鮮ミサイル問題など、直紀氏関連の議論もあり、野党は直紀氏の交代がない限り、審議に応じない姿勢に。再び休業状態に陥った。

外務委員である自民党の小野寺五典衆院議員は「真紀子氏がきっかけで委員会が止まり、動いたと思ったら、ご主人の問責で止まった。あり得ないことだ。外交的な懸案は数多くあり、私たちは議論をしたいが、できない環境を放置しているのは、政府・与党と委員長の責任だ」と話す。

一方、民主党関係者は「野党側の主張も分かるが、委員会には多くの法案が積み残っている。こちらが審議を呼びかけると『野田首相を出せ』など無茶な要求をしてくる。国民のために審議に応じてほしい」と語る。

ちなみに、真紀子氏には、国会会期中には委員長手当に当たる「議会雑費」が1日6000円支給されている。1月24日から5月14日までの111日で66万6000円。仮に、5分間勤務として時給換算したら159万8400円になる。

小野寺氏は「外務委員会の職員も仕事がない。税金の無駄遣いだ。早く、議論できる態勢をつくってほしい」と話す。

真紀子氏の事務所にも何度も電話を入れたが、応答はなかった。

外務委員会が止まっていた件についての夕刊紙らしい記事。

2012-05-12 (Saturday)

日露首脳 電話会談 6月のG20で会談実施へ / ビザ無し交流第一陣中止に / 中韓企業 北方領土開発参画へ

野田佳彦首相は11日夜、ロシアのプーチン大統領と電話で会談し、日露関係発展に向け、早期の首脳会談を約束、北方領土問題について「静かな環境で話し合いたい」との意見で一致した。6月にメキシコで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせて会談を調整する見通し。

北方領土ビザなし交流の今年度第1陣の出港は11日、悪天候のために延期となった。しばらくは天候の回復が見込めないため、5年ぶり7回目の中止が決まった。

団長を務めた根室市の長谷川俊輔市長は「プーチン大統領の就任直後で団員の意識が高かっただけに、非常に残念」と話した。

今年度のビザなし交流事業は、今回の中止も含めて10月中旬までに日本側から14回で約620人、ロシア側から7回で約310人が相互訪問する予定。

(2012年5月12日 読売新聞)

北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のホロシャビン知事は12日、中国と韓国の企業が択捉島や国後島でインフラ整備や農業生産に参画すると明らかにした。知事によると、ロシア政府が北方領土で進めている開発計画に外国企業が参画するのは初めて。ロシア通信などが報じた。

日本政府は、ロシアの管轄下で行われる外国企業の北方領土での経済活動や投資は認められないとの立場で、中国、韓国企業の北方領土でのインフラ整備などが確認されれば日本の反発は必至。

知事によると、韓国企業は択捉島の岸壁建設に参画。岸壁は今年中に建設される予定で、事業規模は14億ルーブル(約37億円)。また、国後島では中国企業の資本による農園が創設され、地元住民向けの農業生産を行うという。韓国と中国の具体的な企業名は不明。(共同)

2012-05-11 (Friday)

ビザ無し交流第一陣 荒天で延期 / 野田首相 森元首相の特使派遣に再度言及

北方領土・国後、色丹島に向かうビザなし交流の今年度第1陣訪問団64人は11日午前、北海道根室市の根室港でビザなし交流船「えとぴりか」に乗船したが、悪天候のため出港できず、出発を延期した。訪問団長を務める同市の長谷川俊輔市長ら団員はそのまま船内で待機・宿泊する。12日朝の天候をみて、実施団体「北方四島交流北海道推進委員会」が出港を判断する。

根室港では、この日午前9時頃、陸上の風速が14メートル、波も高さ3メートル以上あり、岸壁で予定された出発前の団長あいさつが中止に。団員たちは船に乗り込んだが、安全確保の面から延期が決まった。訪問団の根室帰港は14日のため、12日に出発できた場合も、行程が変更される可能性がある。

(2012年5月11日 読売新聞)

野田首相は11日の内閣記者会のインタビューで、北方領土問題に関し、「日露関係全体の発展は、超党派でやるべき問題だ。(ロシアの)プーチン大統領と非常に信頼関係のある森元首相に一肌脱いでもらいたい。いずれの日にかロシアを訪ねていただくことも念頭に置いている」と述べた。

自民党の森氏を、政府特使などとしてロシアに派遣する意向を示したものだ。

森氏は自民党内で、消費増税を巡る政党間協議に応じるべきだと主張している。森氏の特使派遣案に対しては、「消費増税で自民党を説得してもらいたいという期待もあるのではないか」との見方も出ている。

(2012年5月11日20時59分 読売新聞)

2012-05-10 (Thursday)

鈴木宗男 ビザ無し交流で北方領土へ / ロシア プーチン大統領 G8欠席

新党大地・真民主の鈴木宗男代表が11日、今年初のビザなし交流のメンバーとして北方領土を訪問する。パイプのあるプーチン氏の大統領復帰を受け、対ロシア外交に積極的に関与する構えだ。政府内には日ロ関係で経験豊富な鈴木氏に領土問題打開への期待があると同時に「主導権を奪われる」(外務省筋)との不安も出ている。

鈴木氏の北方領土訪問は2010年8月以来。4日間の日程で元島民や学識経験者ら計約60人とともに色丹、国後両島を訪れる。現地の自治体幹部と会談するほか、地元住民との交流会にも出席する。

4月下旬には野田佳彦首相に自民党の森喜朗元首相のロシア派遣を進言。首相も鈴木氏の提案を受け入れ首相特使として近く森氏を派遣する意向だ。

鈴木氏の動向が注目される背景には森政権時代の北方領土交渉方針だった2島先行協議案の再浮上がある。歯舞、色丹2島の帰属確認、引き渡しをめぐる話し合いを先行させるもので当時、鈴木氏もこの案に深く関与していた。

政府内には鈴木氏のロシア人脈活用を求める声も出ている。ただ、外務省幹部は「領土交渉には静かな環境が必要だ。発信力のある鈴木氏がかかわることでそれが保てなくなる」と懸念する。(共同)

米ホワイトハウスは9日、ワシントン郊外のキャンプデービッドで18、19日に開かれる主要国(G8)首脳会議に、ロシアのプーチン大統領が欠席し、代わりにメドベージェフ首相が出席することを明らかにした。プーチン氏は、新政権の組閣に専念することを理由に挙げている。

この欠席の報に落胆の色を隠せないのが日本政府だ。大統領と野田佳彦首相の会談を「サミットで数少ない目玉」(首相周辺)と位置づけ、北方領土問題の進展に淡い期待を寄せていたからだ。

民主党政権になって、日露関係は外務省幹部ですら「過去何十年を振り返って最低水準に近い」と認めるほど悪化の一途をたどっていた。平成22年11月には、メドベージェフ前大統領が国家元首として初めて北方領土の国後島を訪問。このため、日本政府は親日的とされるプーチン氏の大統領復帰を関係修復のきっかけにしたいと考えていた。

プーチン氏は3月、北方領土問題を「最終的に解決したい」と発言しており、日本側には今回のサミットを領土問題の突破口にしたいという期待感もあった。

ただ、ロシア側には、領土問題を誘い水に日本から経済協力を引き出す狙いがあるとみられ、「民主党政権はあまり前のめりになるべきではない」(政府高官)との指摘もある。

両政府は、6月中旬にメキシコで開催される20カ国・地域(G20)首脳会合の際に首脳会談を行うことで再調整する。(ワシントン犬塚陽介、半沢尚久)

2012-05-09 (Wednesday)

メドヴェージェフ前大統領 領土交渉の打ち切りに言及していた

2010年11月に菅首相(当時)とロシアのメドベージェフ大統領(同)が横浜で行った日露首脳会談で、メドベージェフ大統領が北方領土交渉の打ち切りに言及していたことが9日、分かった。

日本政府関係者が明らかにした。

会談はメドベージェフ氏が北方領土を訪問した直後に行われた。

この中で、菅氏が訪問に抗議の意を示したのに対し、メドベージェフ氏は平和条約を結んでいない日本に義務を負わないことを強調したうえで、「二つの選択肢がある。領土交渉を継続することと交渉をやめることだ」と述べたという。これに対し、菅氏は交渉継続を求めた。

メドベージェフ氏の発言は、菅政権時代に日露関係が一時極度に悪化したことを示すものだ。

(2012年5月10日10時01分 読売新聞)

2012-05-07 (Monday)

ロシア プーチン大統領就任 / 藤村官房長官 玄葉外相の発言を受けて従来の方針を強調

【モスクワ=遠藤良介】プーチン首相の大統領復帰に伴い、日本の一部では北方領土返還交渉に弾みがつくとの希望的観測がある。だが、プーチン氏は前回大統領期(2000〜08年)と同様、日ソ共同宣言(1956年署名)に基づく歯舞、色丹の「2島引き渡し」を軸に領土問題の幕引きを図る考えで、日本の求める四島返還との隔たりは大きい。

メドベージェフ前大統領が2010年、北方領土の国後島への訪問を強行するなどして対日関係を険悪化させたのに比べ、柔道家でもあるプーチン氏は親日的とされ、中国以外のアジア太平洋諸国と関係を強化する方針も鮮明にしている。

プーチン氏はまた、3月の大統領選に先立つ外国メディアのインタビューで、領土問題を「最終決着させたい」と発言。複数の露メディアが大統領就任に向けた日本側の「期待」について報じた。

ただ、パノフ元駐日大使は「今もプーチン氏は(平和条約の締結後に歯舞、色丹を引き渡すとした)日ソ共同宣言が交渉の基礎となる唯一の文書だと考えている」と指摘する。

プーチン氏は大統領1期目の00年9月に日ソ共同宣言を有効と確認。01年3月署名のイルクーツク声明では、同宣言を「交渉の出発点を記した基本的文書」と明示した上で国後、択捉を含む四島の帰属問題を解決することに同意した。

ここには「色丹と歯舞の返還時期や方法」と「国後、択捉の帰属」を併せて協議する日本側の「2島先行返還論」(同時並行協議)も反映されていた。ロシア側は「日本がイルクーツクの交渉プロセスを拒否したことが交渉の停滞を招いた」(パノフ氏)とし、野田政権が再び同時並行協議の線で動くとみている。

ただ、プーチン氏の支持基盤は前回大統領期に比べて弱まっており、ロシアが領土問題をめぐって大胆な「譲歩」に出ることは考えにくい。早くも国営通信社が「日本は領土問題解決の歴史的機会を逸した」「日本は2島返還での解決を模索」などと、足元を見透かした報道をしている。

ロシアでは都市部住民を中心に反政権機運がじわじわと広がっており、中長期的にはロシアの政体が変わる可能性も排除されない。国力を増す隣国の中国はロシアの潜在的脅威であり、中露関係の将来も不透明だ。北方領土問題の解決には、こうしたロシア内外の要因も大きな意味を持つ。

藤村修官房長官は7日の記者会見で、玄葉光一郎外相が北方領土四島のうち、歯舞・色丹2島の帰属確認、引き渡しを先行協議する案に含みを持たせたことに関し「日本政府の立場は四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結するもの。これは一貫している」と述べ、従来の政府方針を強調した。そのうえで「四島の日本への帰属が確認されるならば、実際の返還時期は柔軟に対応する。今後もその方針に基づいて日露間で交渉していく」と述べた。

2012-05-06 (Sunday)

玄葉外相 二島先行返還に含みを持たせる発言

【マラケシュ共同】モロッコ訪問中の玄葉光一郎外相は5日夕(日本時間6日未明)、北方領土問題の解決に向け、歯舞、色丹2島の帰属確認、引き渡しを先行協議する案に含みを持たせた。同行記者団と懇談し、この2島の返還を記した日ソ共同宣言の有効性を確認した2001年のイルクーツク声明に関し「四島の帰属は日本にあるとの立場と符合する。矛盾しない」と述べた。

2島先行協議案は森政権当時の交渉方針。政府がロシアへの派遣を検討する森喜朗元首相については「領土問題に深い洞察を持っている。一定の役割を果たしていただきたい」と期待感を表明した。

2012-05-03 (Thursday)

ロシア国営通信 高官の「領土交渉 機会はもはやない」との発言を伝える 他

【モスクワ=遠藤良介】国営ロシア通信は3日、北方領土問題について「(日本にとっての)歴史的機会はもはやない」とする匿名の大統領府高官による発言を伝えた。高官は7日に退任するメドベージェフ大統領の外交を4年間にわたって補佐した人物とされ、同通信に今後のロシアが領土問題で日本に譲歩することはないとの見方を示した。

高官は、日本が1990年代に領土問題解決の歴史的機会を逸したとの見解に賛成かと問われ、「いかなるロシア大統領もその方向(日本への譲歩)には進まないと確信している」などと答えた。日露首脳が97年11月の非公式会談で「2000年までの平和条約締結に全力を尽くす」と合意したことなどが念頭に置かれている。

日本の一部にはプーチン首相の大統領復帰に伴って領土交渉が進展することへの期待がある。高官の発言には、こうした楽観論を一蹴し、日本側を牽制(けんせい)しておく狙いがあるとみられる。

この発言について、訪露中の前原誠司・民主党政調会長は3日の記者会見で「(北方)四島は日本固有の領土だ」とした上で「両国が過去に交わした諸文書、諸合意、法と正義に基づいて問題を解決するというのが政府与党の共通した考え方だ」と述べた。

【新党大地・真民主・鈴木宗男代表談話】

日本国憲法公布から65年、サンフランシスコ講和条約から60年の節目の年に当たり、平和憲法を順守しながら、時代に合った憲法にすべく、改めるべきは速やかに改正すべきである。

特に、第9条の戦争の放棄は堅持し、ただし世界の平和、民生安定に貢献している自衛隊の立場、存在を明確にすべきである。

2012-05-02 (Wednesday)

前原民主政調会長 露ラブロフ外相と会談 / 石田内閣府副大臣 羅臼町から北方領土視察

ロシアのモスクワを訪問中の民主党の前原誠司政調会長は2日午後(日本時間同日夜)、ラブロフ露外相との会談後に記者会見し、北方領土の経済協力について、外相から「両国の法的な立場を害さない立場で協力を行うことは大変重要。実を結ぶことを期待している」との表明があったと語った。

協力の具体的な方策については、日露の実務者間で交渉が進んでいるという。双方は、依然として「低いレベル」にある日露関係を発展させることの重要性を共有しあったといい、前原会長は四島が日本固有の領土であることは「紛れもない事実」という認識を示した上で、「一般論として(領土問題に)柔軟に対応することが求められている時期にある」と語った。(モスクワ 佐々木正明)

石田勝之内閣府副大臣が1日、北方領土視察のために中標津空港から根室管内に入り、羅臼町の国後展望塔から国後島を視察、中標津町のトーヨーグランドホテルでは管内1市4町の首長と懇談した。石田副大臣は「あいにくの天気だったが国後島は肉眼ではっきりと見え、66年経過した今、なんとしても領土問題解決への決意を新たにした。2月に東京で中学生の領土返還弁論大会を開催した。若い世代に思いを伝えたい」とあいさつ。「プーチン再登板で変化の兆しのあるロシアに対し、北方領土問題が日本の譲れない関心事であるという熱意をみせねばならない。四島一括返還が政府の方針」と述べ、与野党の枠を超えてこの問題の解決に全力をあげる熱意を示した。

2012-05-01 (Tuesday)

辻元清美 塩谷瞬にメロメロだった と日刊ゲンダイ

BS12の対談番組で「ええ男やし、大ファンやねん」

平成の火野正平”か“羽賀研二の再来”か。今やモテ男として注目の俳優、塩谷瞬(29)。

モデルの冨永愛(29)、料理研究家の園山真希絵(34)との二股交際がバレて連日、マスコミを賑わせているが、本人は1日にも都内で釈明会見を行う予定。何が語られるか興味津々だが、塩谷の魅力にメロメロになっていたのはこの2人だけじゃなかった。御年52、民主党の元国交副大臣、辻元清美代議士。塩谷の“トリコ”になり、テレビで共演して「ええ男やし、大ファンやねん」と女子高生のように頬を紅潮させていたのだ。

4月22日にBS12 TwellVで放送された「トーク☆ロック」。各界の著名人が会いたかった人を指名して出演し、ホスト役として対談を行うトーク番組で、辻元が塩谷を「指名」。

まず辻元は待ち合わせのカフェに現れた塩谷からイチゴをプレゼントされ、ニッコリ満面の笑みを浮かべた。自身が秘書給与問題などでメディアから大バッシングを受けたときに、感動して見た映画が塩谷の出世作となった映画「パッチギ!」だと語り、「圧倒された」「パワーをもらった」と絶賛。さらに、塩谷が辻元と面識のある映画監督の若松孝二氏の作品に「出たい」と言うと、「紹介するわ」と二つ返事で引き受けた。

実は2人は以前にも仕事が一緒になったことがあるそうで、その時、辻元は短時間ながら「心が通じた気がした」と語り、「タクシーに一緒に乗ったときに六本木の店に連れて行ったる言ってたやんか。……今度、行こ」とも。国会で「ソーリ、ソーリ」と舌鋒鋭く迫る姿とは対照的な、甘えた口調でデートに誘っていた。

辻元が速射砲のようにまくし立てる間、塩谷は辻元の目を見据えてうなずくのみ。

アラサー美女から五十代熟女まで魅了するとは大したもの。まさにホスト顔負けだ。