Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2012-05-11 (Friday)

ビザ無し交流第一陣 荒天で延期 / 野田首相 森元首相の特使派遣に再度言及

北方領土・国後、色丹島に向かうビザなし交流の今年度第1陣訪問団64人は11日午前、北海道根室市の根室港でビザなし交流船「えとぴりか」に乗船したが、悪天候のため出港できず、出発を延期した。訪問団長を務める同市の長谷川俊輔市長ら団員はそのまま船内で待機・宿泊する。12日朝の天候をみて、実施団体「北方四島交流北海道推進委員会」が出港を判断する。

根室港では、この日午前9時頃、陸上の風速が14メートル、波も高さ3メートル以上あり、岸壁で予定された出発前の団長あいさつが中止に。団員たちは船に乗り込んだが、安全確保の面から延期が決まった。訪問団の根室帰港は14日のため、12日に出発できた場合も、行程が変更される可能性がある。

(2012年5月11日 読売新聞)

野田首相は11日の内閣記者会のインタビューで、北方領土問題に関し、「日露関係全体の発展は、超党派でやるべき問題だ。(ロシアの)プーチン大統領と非常に信頼関係のある森元首相に一肌脱いでもらいたい。いずれの日にかロシアを訪ねていただくことも念頭に置いている」と述べた。

自民党の森氏を、政府特使などとしてロシアに派遣する意向を示したものだ。

森氏は自民党内で、消費増税を巡る政党間協議に応じるべきだと主張している。森氏の特使派遣案に対しては、「消費増税で自民党を説得してもらいたいという期待もあるのではないか」との見方も出ている。

(2012年5月11日20時59分 読売新聞)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/underdefinition/20120511/News