Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2014-10-30 (Thursday)

鈴木宗男関連裁判 元港湾部長への民事訴訟も敗訴確定

新党大地代表の鈴木宗男・元衆院議員が、自らの刑事裁判でうその証言をされたとして、北海道開発局の元港湾部長に損害賠償を求めた訴訟で、鈴木氏を敗訴とした二審・東京高裁判決が確定した。最高裁第三小法廷が28日付の決定で鈴木氏の上告を退けた。

鈴木氏が問題としたのは、北海道開発庁長官だった際、工事の受注を口利きした見返りに賄賂を受け取ったと認定された事件。裁判で元部長は「鈴木氏に指示されて建設会社に受注させた」と証言した。一、二審判決は「偽証は認められない」と判断していた。

この訴訟と同様、別のあっせん収賄事件の裁判をめぐって元林野庁長官に賠償を求めた訴訟についても、小法廷は28日付の決定で、鈴木氏の上告を退けた。

これで残っているのは一昨年に「新証拠が見つかった」と主張して始めた再審請求のみ。

2014-10-29 (Wednesday)

鈴木宗男関連裁判 元林野庁長官への民事訴訟 敗訴確定

受託収賄罪などで実刑が確定し服役した新党大地代表の鈴木宗男元衆院議員が、自身の公判でうその証言をされたとして元林野庁長官に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は29日までに、鈴木氏の上告を退ける決定をし、鈴木氏敗訴が確定した。決定は28日付。

1、2審判決によると、北海道帯広市の製材会社「やまりん」が国有林の不正伐採で受けた行政処分をめぐり、元長官は公判で「随意契約で同社の損害を取り戻させるよう、鈴木氏から働き掛けを受けた」と証言した。

1審東京地裁は、他の林野庁関係者らと証言が一致しており、虚偽とは認められないと判断。2審東京高裁も支持した。(共同)

[2014年10月29日19時17分]

2014-10-20 (Monday)

鳩山由紀夫 「官僚は私を諦めさせるためにウソをついた」

―結局、鳩山さんも最後は「辺野古への移転」を受け入れてしまいます。首相を辞任されるときの記者会見で「学べば学ぶほど沖縄基地、海兵隊の抑止力の重要性に思い至った」とのコメントがありましたが、あれは本心? それとも言わされたんでしょうか?

鳩山 正直申し上げれば、あのようなことを言わざるを得ない状況に追い込まれた。そのときに自分としては辺野古にはしたくなかったが、辺野古移転に戻らざるを得ない理屈をつくらなきゃいけない。そこで、陸海空の沖縄駐留米軍全体としての抑止力があり、そのなかの一翼を海兵隊が担っているという言い方で逃げようとしたというのは事実です。

―後悔されてますか?

鳩山 何より、移転先を辺野古に戻してしまったことを後悔していますし、あのような理屈をつけた発言をしてしまったことには当然、悔いが残ります。

―日本の官僚は沖縄に海兵隊がいることが本当に抑止力になると信じているのでしょうか?

鳩山 外務省、防衛省の役人、また自民党も今でも米軍が沖縄に存在していることが抑止力だという考え方です。ただし、私は中国とアメリカが戦争する、特に尖閣諸島を守るために米軍が戦争するなどということはあり得ないと思います。

アメリカは、日本以上に中国と協力していくことが将来的にメリットがあるとわかっていますから、いたずらに中国脅威論を振りかざし、それに対抗するために日米が協力するとか、米軍基地が沖縄にあることが中国に対する抑止力になり、それはアメリカのためでもあるんだ、みたいな発想は根本的な誤りがあると思いますね。

―そういうロジックは主に日本側から出されたものだと?

鳩山 もし沖縄の米軍基地が抑止力というなら、沖縄はあまりにも中国に近すぎて、もしミサイルが来たら、あっという間に潰されてしまう。抑止力になるどころか最初に壊滅させられてしまう場所だから、もっと遠くに基地を置いたほうが戦略的にもいいことはアメリカもわかっているはずです。

―つまり、「国外、最低でも県外」は決して荒唐無稽(こうとうむけい)な提案ではなかった。それを阻んだ最大の障害は、沖縄の米軍基地を「抑止力」とする考えに固執し続けている日本側の安全保障政策、官僚組織ということですか?

鳩山 そうだと思います。

2014-10-19 (Sunday)

大田国土交通相 海上から北方領土視察 / 鳩山由紀夫 「トラストミーの意味を曲解されて報じられた」

太田昭宏国土交通相は19日、北海道根室市を訪れ、根室海上保安部の巡視船に乗って北方領土を視察した。視察は2012年12月の就任以来、初めて。ロシアとの領土交渉の停滞に加え、沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国との関係悪化なども含めて領海警備の重要性が増しているとして、任務に当たっている海保職員を激励した。

太田氏は、同市の納沙布岬沖の洋上から北方領土を望み、領海警備の現状に関し説明を受けた。根室港に戻った後、職員に「国境の最前線で警備する役割は極めて重要だ。国家、国民のため領海を守り抜いてほしい」と呼び掛けた。

海上保安庁によると、国交相による視察は民主党政権時の10年10月に沖縄北方担当相を兼務していた馬淵澄夫氏が行って以来、約4年ぶり。18日には山口俊一沖北相も納沙布岬から北方領土を視察した。

―一方、アメリカの本意はどうだったのでしょう?

鳩山 オバマ大統領との会談のなかで、「日本の政権も変わったから安全保障に関しても新しい立場で臨んでいきたい。当然、日米安保は重要だと考えているが、その具体的な方法論については今までの政権と同じではない」と申し上げました。すると、オバマ大統領からも「日本も新しい政権が誕生したんだから、新しい発想を受け入れる」という姿勢を示していただいた。

ただし、普天間の移設問題に関してはあまり時間をかけすぎずに、ある時点できちんと答えを出すから、私を信頼してほしい、「トラストミー」ということを申し上げた。

―有名な「トラストミー」発言ですね?

鳩山 ところがその「トラストミー」が曲解されて、「普天間の移設先は辺野古に戻すから信じてほしい」という話として報じられてしまったんです。

―その解釈もおそらく外務省内でつくられ、意図的にメディアに流されたものだと?

鳩山 そうだと思います。少なくとも私自身はそういう意味で言ったつもりはまったくない。こうした経緯を考えると、むしろ日本の官僚が普天間基地の辺野古移転に固執していて、アメリカはもっと柔軟な発想を持っていたのではないかと。今も日本がしっかりとした結論を示せば、それを受け入れる度量はアメリカにはあるんじゃないかという気がしています。

以下、2009年11月19日付け朝日新聞の記事。

鳩山由紀夫首相は19日、先の日米首脳会談で首相がオバマ大統領に「私を信頼してほしい」と伝えたとの朝日新聞の報道に対し、「それは事実です」と述べた。その発言に対し、オバマ氏から「信じますよ」という返答があったことも明らかにした。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

さらに、首相はオバマ氏との会談について「こういう(米軍普天間飛行場の県外移設を求める)感情が沖縄にも強くある。そのなかで、我々としてはできるだけ早く結論を出したい。だから『トラスト・ミー(私を信頼してほしい)』だと。そうしたら『信じますよ』と言ってくれた。そういう信頼関係はあると思う。(どこに移設するかという)中身の話ではない」と説明した。

ちゃんと報じてますね。

2014-10-18 (Saturday)

山口沖縄・北方担当大臣 納沙布岬から北方領土を視察

山口俊一沖縄・北方担当相は18日、北海道根室市を訪れ、納沙布岬から、就任後初めて北方領土を視察した。この後、同市内で記者会見し、日ロ首脳が11月に北京で会談することに触れ、「一歩でも二歩でもこの(領土)問題が前に進むように私も努力したい」と決意を示した。

山口氏は視察の感想に関し「目に見えない境界線だが、紛れもない故郷だ」と語った。根室市内の北方四島交流センターで元島民らとも懇談した。(2014/10/18-17:51)

2014-10-17 (Friday)

日ロ首脳 ASEM会場で10分間会談

【ミラノ=杉本康士】安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が17日午前(日本時間同日夕)に会談した時間は、わずか10分間だった。それも、会談が終了したのはアジア欧州会議(ASEM)首脳会議の開始時間を過ぎたギリギリのタイミング。首相がそれほど無理をしてまで会談にこだわったのは、ウクライナ情勢をめぐり冷え込んだ日露関係を立て直し、北方領土交渉を再び軌道に乗せたい執念の表れといえる。

「ウラジーミルと8カ月ぶりに話ができることをうれしく思う」

安倍首相は会談冒頭でプーチン氏をファーストネームで呼びかけ、プーチン氏も首相を「シンゾー」と呼んだ。日本側が「必ず座ってもらう」(首相同行筋)ともくろんだ通りソファに着席して行われ、とりあえずは首脳同士の親近感を演出することに成功した。

とはいえ、日露関係はつい最近まで関係悪化の坂道を転げ落ちていた。ウクライナ情勢をめぐり、日本は欧米諸国の同調圧力に応じる形で立て続けに制裁を発動。ロシア側も報復制裁や大統領府長官の北方領土訪問などで応酬した。

こうした流れを食い止めるため、安倍首相は9月に訪露した森喜朗元首相にプーチン氏宛ての親書を託して関係改善を模索した。

首相の誕生日の9月21日とプーチン氏の誕生日の10月7日には祝意を伝え合う電話会談が実現。首相は誕生日プレゼントにプーチン氏の趣味である釣り道具を選んだほか、4日に都内で開かれた日露武道交流イベントには昭恵夫人を参加させてもいる。

17日の首脳会談では日露関係だけではなく、ウクライナ情勢やイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」にも触れており、首相周辺は「10分間だったが濃密な会談だった」と胸を張った。

その一方で会談では実現がほぼ絶望的となっている今秋のプーチン氏訪日や、延期されたままの岸田文雄外相訪露など、ハイレベルの相互訪問については直接的な言及はなかった。ウクライナ情勢をめぐりロシアと対立する米国は日露再接近に神経をとがらせており、安倍首相の苦心はしばらく続くことになりそうだ。

2014-10-13 (Monday)

鳩山由紀夫 露下院議長と会談 日本政府の対露制裁を批判 他

鳩山由紀夫元首相は13日、訪問先のモスクワで、ロシアのプーチン大統領の側近ナルイシキン下院議長と会談した。鳩山氏は「日本政府、特に外務省は常に米国に配慮しなければならない状況に陥っている」と述べ、ウクライナ危機で発動した日本の対露制裁は米国の圧力を受けたもので、間違いだとの考えを強調した。

ナルイシキン氏は「日本が米国から大きな圧力を受けて制裁に同調したと認識している」と応じた。(共同)

【モスクワ時事】モスクワを訪問した鳩山由紀夫元首相は13日、ロシアのナルイシキン下院議長と会談した。ナルイシキン氏はプーチン大統領の側近。ロシア通信によると、鳩山氏は日本で来年開催される10回目の「ロシア文化フェスティバル」に合わせたプーチン大統領の訪日を提案した。(2014/10/13-23:48)

2014-10-10 (Friday)

北海道新聞 国後返還を視野に入れたソ連政治局議事録全文入手

【モスクワ渡辺玲男】北海道新聞は、東西冷戦下の1983年5月末に旧ソ連のアンドロポフ書記長やグロムイコ外相が、北方領土問題について日本に譲歩する案を協議した議事録の全文を入手した。アンドロポフ氏が日本との「共同開発」を主張したのに対し、グロムイコ氏は「歯舞、国後とその他の小さな島々」に関する国境線の画定を提案。二つの案を組み合わせる方法にも言及するなど、島の引き渡しの範囲も含めた柔軟な解決策が検討されていたことが分かった。

議事録は、旧ソ連の最高意思決定機関だった共産党政治局の会議を記録したもの。ロシア国立現代史文書館に所蔵されていた議事録のコピーを入手した。A4判全14ページで、表紙には「極秘」と明記されている。旧ソ連崩壊後の92年に秘密指定が解除され、95年に米国のウィルソン研究所が抄訳を公表したが、全文が明らかになったのは初めて。

会議は、旧ソ連が東欧などに中距離核ミサイルを配備したのに対抗し、西側諸国が圧力をかけることで一致した米ウィリアムズバーグでの先進7カ国(G7)首脳会議直後に行われた。

議事録によるとアンドロポフ氏は「とりわけ中曽根(康弘)首相の振る舞いに不安を感じている」として、83年1月の訪米時に日本を「不沈空母」に見立てた発言をするなど、日米安保体制の強化に向かっていた中曽根政権への懸念を表明。日本への妥協策が必要だとして「戦略的意義を持たない小さな島々の共同開発が考えられる」と述べた。

これに対しグロムイコ氏は、歯舞、国後、その他の小さな島々は「小さな点」だと指摘。これらの島々を対象に「われわれから境界線を引き、国境画定を提案してはどうか」と主張し、「これは実に威厳のある提案になる」と訴えた。アンドロポフ氏が再び共同開発を主張すると、グロムイコ氏は「両者を結びあわすこともできよう」と柔軟な検討の必要性を強調した。

グロムイコ氏は、国境線をどこに引くかには言及していない。ただ、その後のやりとりでウスチノフ国防相は「国後のような大きな島」は検討から除外するよう求めており、56年の日ソ共同宣言で引き渡しが明記された歯舞、色丹の2島以外に、国後島も含む新たな譲歩案を視野に入れていた可能性がある。<どうしん電子版に全文掲載>

2014-10-09 (Thursday)

日露首脳会談 ASEMでの実施を検討

政府は、イタリア・ミラノで16、17両日に開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に合わせ、安倍晋三首相とプーチン・ロシア大統領の会談を行うことで調整に入った。菅義偉官房長官が9日の記者会見で明らかにした。

首相はASEM首脳会議に出席する予定で、プーチン大統領も出席の見通し。日本政府はウクライナ問題をめぐりロシアへの制裁を発動する一方、北方領土交渉の進展に向け対話継続を重視している。菅長官は会見で「両首脳が何らかの形で言葉を交わす可能性は考えている」と述べ、懇談や立ち話など簡易な形式になるとの見通しを示した。(2014/10/09-12:26)

2014-10-07 (Tuesday)

日露首脳 11月APECでの会談実施で合意

安倍晋三首相は7日夕、ロシアのプーチン大統領と電話で協議し、11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で首脳会談を行う方向で一致した。

外務省によると、電話協議は、この日誕生日を迎えたプーチン氏に安倍首相が呼びかけ、約10分間行われた。APECでの会談に向けて日程の調整をすることで合意したほか、停戦後も不安定な状況が続くウクライナ情勢について意見交換したという。

両首脳は安倍首相の誕生日だった先月21日にも電話協議し、首相がAPECでの首脳会談を呼びかけていた。両首脳が直接会うのは2月のソチ五輪の開会式以来となる。

2014-10-03 (Friday)

北方領土に温泉保養施設建設へ

北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のホロシャビン知事は3日、国後、択捉両島に湧き出る温泉を活用した保養施設の建設に取り組む意向を示した。択捉島では9月に新空港が開港し、空路による観光客の誘致など実効支配強化につながる動きを日本側は警戒している。タス通信が伝えた。

知事によると、択捉島で150人収容の温泉治療施設の設計が進んでいる。知事は、来年着工する見通しだと説明、建設にはロシアの民間企業に加えて外資も参画すると述べた。国後島などでも同様の計画の可能性を模索しているという。(共同)