Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2015-01-23 (Friday)

岸田外相 「冷静な議論期待」

岸田文雄外相は23日午前の閣議後の記者会見で、北方領土問題を「力による現状変更」とした自らの発言について、「歴史的事実に基づいて認識を申し上げたことだが、趣旨はロシアとの政治対話は重要だということだ」と説明した。その上で「引き続きこの問題について冷静に議論していきたい」と語った。 (2015/01/23-12:07)

2015-01-22 (Thursday)

ロシア外務省 岸田外相発言を批判 / 菅官房長官「批判当たらぬ」

【モスクワ時事】ロシア外務省は21日、声明を出し、岸田文雄外相が20日に訪問先のベルギー・ブリュッセルで北方領土問題について「力による現状変更」と発言したことを受けて「当惑している」と批判した。

岸田外相は、ロシアのウクライナ南部クリミア半島編入になぞらえ、北方領土問題も「力による現状変更」と述べた。これについてロシア外務省は「残念ながら日本は第2次大戦の教訓を学ぼうとしていないと言わざるを得ない」と非難した。

声明は「軍国主義の日本こそナチス・ドイツと共に、力によって大戦前の秩序を破壊し、多くの国々を占領した」と主張。岸田外相は第2次大戦の歴史への理解を修正しようとしていると決め付けた。ロシアは、北方領土支配は大戦の結果との立場。 (2015/01/22-01:32)

菅義偉官房長官は22日午後の記者会見で、岸田文雄外相が北方領土問題を「力による現状変更」と指摘したことをロシアが批判していることについて「岸田外相は歴史的事実を踏まえた認識を述べたもので、歴史の歪曲(わいきょく)との批判は全く当たらない。受け入れることはできない」と反論した。

菅長官は北方領土について「日本のポツダム宣言受諾表明後にソ連軍によって占領されたということは歴史上の事実だ」と語った。 (2015/01/22-17:20)

2015-01-20 (Tuesday)

岸田外相 「ウクライナも北方領土も力による現状変更」

■岸田文雄外相

日ロの間においては、戦後70年間北方領土の問題があり、隣の国でありながら平和条約が結べていない状況が続いています。ウクライナにおいて起こっていることも力による現状変更ですが、北方領土の問題も、力による現状変更です。(ロシアとの)政治的な対話の中でも、ウクライナ問題においても、ロシアに建設的な平和的な対応をしっかり促していくことが重要なのではないか(ブリュッセルで開かれたシンポジウムの基調講演で)

2015-01-17 (Saturday)

サハリン州 択捉島の空港の名称変更

北方領土の択捉島に去年開業した空港について、ロシア極東のサハリン州は、これまでの空港の名前は日本のイメージが強いとしてロシア語の新しい名前に変更し、北方領土を自国の領土として誇示するねらいがあるものとみられます。

この空港は、択捉島中心部の紗那近郊にロシア政府が建設した軍民共用の飛行場で、去年9月に開業しました。 空港の名前についてロシア政府は当初、択捉のロシア名「イトゥルップ」としましたが、日本のイメージが強いとして、ロシア色の濃いロシア語の新しい名前を付けるべきだという意見が出ました。

このため、サハリン州では地元の住民を対象に名前の公募を行ったところ、300件を超える応募の中で最も多かった、ロシア語で「明るい」を意味する「ヤースヌイ」を空港の新しい名前にすると16日、発表しました。 ロシアとしては、空港の名前をロシアのイメージが強い名称に変えることで北方領土を自国の領土として誇示するねらいがあるものとみられます。この空港では、サハリンとを結ぶ定期便が運航しており、開業以来の4か月間でおよそ5000人が利用したということで、サハリン州ではロシア極東のほかの都市とを結ぶ路線の開設も検討しています。

2015-01-16 (Friday)

東スポ 「鳩山元首相の「女装」が民主代表選に影響」

鳩山由紀夫元首相(67)の女装姿が各方面で話題だ。18日選出の民主党代表選にも影響を与えかねない。

鳩山氏は、六本木男声合唱団倶楽部によるミュージカル「ウェスト・サイズ・ストーリー」に出演。女性初の元米大統領という役どころで初の女装にチャレンジ。13日の公開リハーサルでは「思ったより妖艶な女になってしまった」と自分自身にうっとり。“略奪”してまで結婚した幸夫人にそっくりな姿で、キスシーンまで演じるという。

元首相としての威厳も何もない前代未聞の姿に永田町はあきれ返る。

「政界引退してからの鳩山氏はノーマークです。沖縄に影響力を持っているわけではないし…。女装したニュースも知らなかった。宇宙人なんだから、どこまでも好きなところへ行ったらいいんじゃないですか」と話す与党関係者の視界にその存在は入っていない。

だが、無視できないのが民主党だ。鳩山氏は民主党代表選について「私は関係ないです」と話しているが、そうはいかない。

「代表選に出馬している細野豪志氏が会合で『鳩山政権に戻ってはいけない』と話したことが問題になっているのです」と永田町関係者。国民の信頼を失ったのは鳩山氏の迷走にあると細野氏は考えているのだが、党内の特に長妻昭氏(54)を支持する人たちの中には違う考えも多い。

「野田政権こそ民主党をダメにしたという人たちもいます。確かに野田時代に消費税増税を決めて、大量の離党者を出した。むしろ鳩山時代は支持率が高かった。戻ってはいけないのは、野田政権じゃないのかという勢力です」(同関係者)

先の与党関係者は「鳩山氏の女装姿をみれば、細野氏の言うことが正しいと思えますね」と苦笑い。宇宙人元首相は、一体いつまで古巣に迷惑をかけるのか。

2015-01-14 (Wednesday)

鳩山由紀夫元首相(67)ら政財界の男性が出演する六本木男声合唱団倶楽部によるミュージカル「ウェスト・サイズ・ストーリー」(14、15日、東京・渋谷オーチャードホール)の公開リハーサルが13日、行われ、女性初の元米大統領役を演じる鳩山氏は、初の女装姿を公開。幸(みゆき)夫人似?との声もあった自身の姿に、「思ったより妖艶な女になってしまった」と照れ笑いを浮かべた。

劇中では、元カレ役を演じる日本赤十字社の近衞忠てる社長とのキスシーンもある。自身が創設した民主党は、代表選間近だが「私は関係ないです。劇で誇りの持てる国、友愛を表現したい」と我関せず、だった。