Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2015-08-31 (Monday)

拿捕漁船 明日帰還へ

【ウラジオストク共同】北海道広尾町のサケ・マス流し網漁船「第10邦晃丸」がロシア国境警備局に拿捕された問題で、日本外務省は31日午後、同船と乗組員計11人が解放され、停泊していた北方領土・国後島の古釜布(ロシア名ユジノクリーリスク)を出港したと発表した。

外務省によると、邦晃丸は日本時間の午後7時ごろに古釜布を出港、9月1日朝に北海道根室市の花咲港に到着する見通し。船員らは約1カ月半、船内に留め置かれていた。

国後島の地区裁判所は31日、共同通信の取材に対し、「乗組員と船はいつでも日本に戻ることができる状態にある」と述べた。

2015-08-25 (Tuesday)

菅官房長官 露ロゴジン副首相の「ハラキリ」発言を批判

菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で、ロシアのロゴジン副首相がメドベージェフ首相の北方領土訪問に抗議した日本を「切腹」に触れつつやゆしたことに対し、「びっくりした。非建設的な発言で、コメントする気にもならない」と述べ、強い不快感を示した。

その一方で、「国際会議などの機会を通じ、対話していくことは極めて大事だ」とも語り、ロシアと粘り強く領土交渉を続ける考えを強調した。 

岸田文雄外相も25日の会見で、「ロシア側には日ロ関係で建設的な行動を強く求めていきたい」と述べた。

ロゴジン氏は23日夜、自身のツイッターに「真の(日本の)男なら、ハラキリをして落ち着いたらいい」などと書き込んだ。(2015/08/25-10:57)

2015-08-24 (Monday)

露ロゴジン副首相 日本側の批判に「切腹して静かに」と揶揄

【モスクワ時事】ロシアのロゴジン副首相は、メドベージェフ首相による22日の北方領土・択捉島訪問を受けた日本政府の抗議に不快感を示し、「切腹」という言葉を用いて、日本人は静かにすべきだと主張した。23日夜、自身のツイッターに投稿した。

ロゴジン副首相は「真の(日本の)男なら、伝統に従ってハラキリをして落ち着いたらいい。今は騒いでばかりいる」とやゆした。

岸田文雄外相は22日、アファナシエフ駐日ロシア大使を外務省に呼んで「訪問は日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので、極めて遺憾だ」と抗議。ロシア外務省は「日本は第2次大戦の結果に反対し続けている」と反論した。

メドベージェフ首相の極東訪問に際し、ロゴジン副首相は21日のボストーチヌイ宇宙基地(アムール州)視察には同行したが、択捉島は訪れていない。 (2015/08/24-18:24)

2015-08-23 (Sunday)

露メドヴェージェフ首相択捉島訪問 続報

【モスクワ時事】北方領土の択捉島訪問を強行したロシアのメドベージェフ首相は22日、現地で開発計画の実施状況を視察するとともに、政府主催の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」に参加した。終了時に「クリール諸島(北方領土と千島列島)には現代的な軍部隊が必要だ」と記者団に述べ、軍備増強の考えを示した。

また、日ロ関係について「ロシア領であるクリール諸島と結び付けるべきではない。(政府要人は)今後も訪問する」と日本をけん制した。ロシア政府が発表した。

首相は日本側の再三の中止要請を無視。日本政府は外交ルートを通じてロシア側に抗議した。ウクライナ危機で冷え込む日ロ関係のさらなる悪化は不可避で、岸田文雄外相の訪ロや、安倍晋三首相が目指すプーチン大統領の年内訪日に影響しそうだ。

メドベージェフ首相はフォーラムで、愛国青年活動家ら参加者100人を前に「極東で一番重要なのは予算ではなく人材だ」と指摘し、若い世代に極東開発への参加を呼び掛けた。また、択捉島と国後島を政府の重視する「優先発展地域」に指定すると明言。「極東にバイオテクノロジーの拠点をつくる」というアイデアも披露した。 

首相はこれに先立ち、水産工場や港湾施設などを視察。「(港湾施設は)極めて現代的な水準。政府による(2007〜15年の)クリール諸島社会・経済発展計画の成果だ」と評価した。7月の次期計画(16〜25年)の閣議決定を踏まえ、外国からの投資に対しては「一番乗りが利益を得るのが原則だ。日本の隣人でも、中国や韓国の友人でも良い」と述べた。

メドベージェフ首相の北方領土訪問は、大統領時代の10年11月、首相転身後の12年7月に続いて3回目。過去2回は国後島を訪れており、択捉島は初めて。視察にはトルトネフ副首相、ガルシカ極東発展相らが同行した。(2015/08/23-00:50)

【モスクワ時事】ロシア外務省は22日、声明を出し、メドベージェフ首相の北方領土・択捉島訪問に対する日本の抗議について「国際社会に重要な(9月の日本の降伏文書調印による)第2次大戦終結70年を前に、日本は大戦の結果に反対し続けている」と非難した。

また、ロシア外務省筋はタス通信に対し、岸田文雄外相の訪ロが延期されるという見方が出ていることに「あり得ない」と懐疑的な認識を示した。

岸田外相は22日、アファナシエフ駐日ロシア大使を外務省に呼んで抗議した。この際のやりとりに関して、同筋は「(岸田外相の訪ロには)双方とも言及していない。合意していないことを延期することはあり得ない」と主張した。 (2015/08/23-01:25)

2015-08-22 (Saturday)

露メドヴェージェフ首相 択捉島を訪問

【モスクワ時事】タス通信によると、ロシアのメドベージェフ首相が22日、北方領土の択捉島を訪問した。ウクライナ危機で冷え込む日ロ関係のさらなる悪化は避けられず、岸田文雄外相の訪ロや、安倍晋三首相が目指すプーチン大統領の年内訪日実現に影響する可能性がある。

メドベージェフ首相の北方領土訪問は、自身の大統領時代の2010年11月、プーチン大統領復帰に伴う首相転身後の12年7月に続き3回目。過去2回はいずれも国後島を訪れており、択捉島は初めてとなる。

訪問の目的は、択捉島で開催中の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」への参加。昨年3月のウクライナ南部クリミア半島編入、旧ソ連の対ドイツ戦勝70年で高揚する国民の領土保全意識や愛国心を背景に、若い人材を北方領土を含む極東に向かわせ、四島支配を固定化する狙いがありそうだ。

メドベージェフ首相は、7月に閣議決定された「クリール諸島(北方領土と千島列島)社会・経済発展計画」の次期計画(16〜25年)を踏まえ、択捉島の水産工場や港湾施設を視察。ロシアは、北方領土を含む極東の土地について、希望する国民1人当たり1ヘクタールずつ無償分与する制度も年内に始める。

択捉島のフォーラムにはトルトネフ副首相も13、14の両日参加。日本政府は「日本国民の感情を傷つける」と抗議した。 

【モスクワ時事】北方領土の択捉島訪問を強行したロシアのメドベージェフ首相は22日、現地で開発計画の実施状況を視察するとともに、政府主催の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」に参加した。タス通信などが伝えた。

メドベージェフ首相は日本側の再三の中止要請を無視。日本政府は外交ルートを通じてロシア側に抗議した。ウクライナ危機で冷え込む日ロ関係のさらなる悪化は不可避で、岸田文雄外相の訪ロや、安倍晋三首相が目指すプーチン大統領の年内訪日に影響しそうだ。

メドベージェフ首相はフォーラムで、愛国青年活動家ら参加者100人を前に「極東で一番重要なのは予算ではなく人材だ」と指摘し、若い世代に極東開発への参加を呼び掛けた。また、択捉島と国後島を政府の重視する「優先発展地域」に指定すると明言。「極東にバイオテクノロジーの拠点をつくる」というアイデアも披露した。

首相はこれに先立ち、水産工場や港湾施設などを視察。「(港湾施設は)極めて現代的な水準。政府による(2007〜15年の)クリール諸島(北方領土と千島列島)社会・経済発展計画の成果だ」と評価した。7月の次期計画(16〜25年)の閣議決定を踏まえ、外国からの投資に対しては「一番乗りが利益を得るのが原則だ。日本の隣人でも、中国や韓国の友人でも良い」と述べ、日本をけん制した。 

メドベージェフ首相の北方領土訪問は、大統領時代の10年11月、首相転身後の12年7月に続いて3回目。過去2回は国後島を訪れており、択捉島は初めて。視察にはトルトネフ副首相、ガルシカ極東発展相らが同行した。(2015/08/22-19:25)

岸田文雄外相は22日、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土の択捉島を訪問したことを受け、アファナシエフ駐日ロシア大使を外務省に呼び、「択捉島は日本固有の領土であり、訪問は日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので、極めて遺憾だ」として抗議した。

外相はこの後、記者団に「ロシア側が北方四島をめぐり一方的な動きを繰り返している状況を懸念している。平和条約締結問題を含め今後の日ロ関係の前進のために建設的な対応を強く求める」と語った。

一方、「重要なことは北方四島の帰属を解決することだ。問題解決のため精力的に交渉を進めていくことが必要だ」と述べ、ロシア側との対話を継続する考えを強調した。 (2015/08/22-20:49)

2015-08-21 (Friday)

岸田外相 露首相の択捉島訪問中止を要請 / 露政府は要請を無視

岸田文雄外相は21日午前の閣議後の記者会見で、ロシアのメドベージェフ首相が近く北方領土の択捉島を訪問する意向を示していることについて、「ロシア要人による北方領土訪問は、静かな環境の中で政治対話を進めるという首脳間の一致に沿わないものだ。日ロ関係前進のために建設的な対応を求めていきたい」と述べ、訪問の中止を促した。

菅義偉官房長官も会見で「北方四島訪問は日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので、絶対に受け入れられない」と強調した。 (2015/08/21-11:56)

【モスクワ時事】ロシア主要メディアは21日、メドベージェフ首相が22日に北方領土の択捉島を訪問すると伝えた。首相は21日、極東連邦管区を訪れ、アムール州に建設中のボストーチヌイ宇宙基地を視察。同日夜にサハリン(樺太)入りした。日本政府は北方領土訪問中止を強く求めていたが、懸念を無視して現地入りを強行する公算が大きい。

択捉島訪問は、24日まで開催中の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」(ロシア政府主催)出席が目的。学生や愛国青年活動家ら参加者100人が滞在中だ。首相は水産加工工場などを視察する予定。22日に悪天候で上陸できなければ、サハリンでの別の会議に出席する。 

21日の宇宙基地の視察には、北方領土を所管するトルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表、ガルシカ極東発展相が同行。共に北方領土に向かうとみられる。

首相は7月23日の閣議で「クリール諸島(北方領土と千島列島)訪問を計画している。他の閣僚にも勧める」と表明。今月17日にウクライナ南部クリミア半島で開催中の同じフォーラムに出席した際には「できれば(択捉島にも)行く」と公言していた。

報道によると、首相は13日付で全閣僚に内部文書を出し、ロシアが編入したクリミア、極東などを「四半期ごと」に訪問するよう義務付けた。「極東」には北方領土も含まれるとみられている。(2015/08/21-22:49)

2015-08-20 (Thursday)

拿捕漁船に罰金刑 支払い後帰還へ

【ウラジオストク共同】北海道広尾町のサケ・マス流し網漁船「第10邦晃丸」がロシア国境警備局に拿捕された問題で、伊東正人船長(60)の初公判が20日、北方領土・国後島の古釜布(ロシア名ユジノクリーリスク)の地区裁判所で開かれ、ロシア側裁判官は違法操業として20万ルーブル(約37万円)の罰金刑を言い渡した。国後島の関係者が明らかにした。

判決は、罰金が支払われた段階で邦晃丸の返還を認め、他の漁船員に責任はないと指摘。拿捕後約1カ月にわたり古釜布沖にとどめ置かれていた漁船員の帰還が認められる可能性が高まった。

2015-08-17 (Monday)

露メドヴェージェフ首相 択捉島訪問の意向表明

【モスクワ時事】ロシアのメドベージェフ首相は17日、択捉島で24日までの日程で開催中の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」(ロシア政府主催)に合わせて北方領土を訪問する意向を公の場で明らかにした。タス通信が伝えた。

首相は7月23日の閣議で「クリール諸島(北方領土を含む千島列島)訪問を計画している。他の閣僚にも勧める」と表明していた。島名や時期を明示していなかったが、今回初めて具体的に言及した。日本政府が反発するのは必至だ。 

首相は17日、ロシアが一方的に編入したウクライナ南部クリミア半島を訪れ、やはり同地で開催中の全ロシア青年教育フォーラムに出席。その際、択捉島のフォーラムに言及した上で「できれば、そこにも行く可能性がある」と語った。

択捉島のフォーラムには、トルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表が既に13、14の両日参加した。日本政府が抗議したが、ロシア外務省はこれを拒絶した上で「日本は第2次大戦の結果を無視している」と非難した。(2015/08/17-23:32)

2015-08-15 (Saturday)

露外務省声明 日本の協議拒絶 / 国後島で臨検の宮城漁船 根室に

【モスクワ時事】ロシア外務省は14日、声明を出し、トルトネフ副首相による北方領土の択捉島訪問に対する日本政府の抗議を拒絶した上で、「日本は第2次大戦の結果を無視している」と非難した。

声明は、日本の抗議を「受け入れられない」と一蹴。「政府要人の(北方領土)訪問に際して日本の立場を考慮するつもりはなく、今後も続けられる」と強調した。

副首相は13日、ロシア政府主催の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」に合わせて択捉島を訪問した。日本側は「政府の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つける」とロシア側に抗議していた。 (2015/08/15-01:44)

宮城県漁協歌津支所(南三陸町)のサンマ棒受け網漁船「第7厚根丸」(19トン)がロシア国境警備局の臨時検査を受けた問題で、船は15日午後、北方領土・国後島沖での検査から解放され、北海道根室市の花咲港に到着した。高橋栄喜船長(66)は「(ロシアの調べは)厳しい。帰されてほっとしている」と話した。

1管などによると、漁船は13日午後、根室市の納沙布岬の北東沖約360キロで臨検を受けた。操業日誌には漁獲量約7トンと記載されていたが、ロシア側は漁獲量が約8・5トンと指摘。船は国後島沖に移動し、不実記載の疑いで検査を受けた。

2015-08-14 (Friday)

露トルトネフ副首相 北方領土への移住呼びかけ / 宮城のサンマ漁船 択捉島沖で臨検

【モスクワ時事】北方領土の択捉島を訪問したロシアのトルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表は13日夜、政府主催の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」の開幕式であいさつし、100人の参加者に北方領土を含む極東への移住を提案した。インタファクス通信が伝えた。

副首相は「プーチン大統領が言うように、極東発展は21世紀の国家的優先課題だ」と強調。政府だけでは実現不可能と指摘した上で、「われわれには同志が必要。フォーラムの参加者は未来に関心のある活発な人々であり、一緒に働けることを楽しみにしている」と呼び掛けた。

さらに、北方領土を含む極東への移住を希望する国民に土地を無償分与する新たな制度や、エネルギー、運輸、観光などを柱とした「クリール諸島社会・経済発展計画」の次期計画(2016〜25年)に言及。「この取り組みには数千人が参加しなければならない」と述べ、青年に行動を訴えた。 

副首相の訪問を受け、日本政府は外交ルートを通じて「政府の立場に相いれず、日本国民の感情を傷つける」とロシア側に抗議した。報道によると、メドベージェフ首相も「来週末」に択捉島を訪れる見通し。プーチン大統領の年内訪日を控え、日ロ関係のさらなる悪化が懸念されている。(2015/08/14-06:12)

第1管区海上保安本部(小樽)などに入った情報によると、宮城県のサンマ棒受け網漁船「第7厚根丸」(19トン)が13日午後、北方領土・択捉島沖でロシア国境警備局の臨時検査を受けた。14日現在、国後島沖で詳しい検査を受けているもようだ。

1管によると、漁船は13日午後、北海道根室市の納沙布岬の北東約360キロの海域で臨検を受けたが、波が荒いため、国後島・古釜布沖に移動した。水産庁などによると、乗組員は船長を含め6人で、健康状態はいずれも良好という。

2015-08-13 (Thursday)

露トルトネフ副首相 択捉島訪問 / 鳩山由紀夫 韓国で講演「相手がよいと言うまで謝罪を」

【モスクワ時事】ロシアのトルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表が13日、北方領土の択捉島を訪問した。日本の外務省が明らかにした。択捉島で開幕したロシア政府など主催の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」に参加するとみられる。

メドベージェフ首相も択捉島訪問を計画しており、現地メディアは「来週末」の可能性があると伝えた。12〜24日の日程のフォーラム後半に合わせ、首相自らが参加することになりそうだ。プーチン大統領の訪日を控える日ロ関係への悪影響は必至だ。

副首相の択捉島訪問を受け、日本の外務省は、在京ロシア大使館に「わが国の立場と相いれず遺憾だ」と電話で抗議。これに対し、ロシア側は「本国に伝える」と回答した。

択捉島には13日、フォーラム前半に参加する学生や愛国青年活動家ら100人が到着した。主催者によると、参加者は「ロシアの将来像や極東発展の可能性を知りたい」「素晴らしい目的があるので長旅も平気だ」と話した。 (2015/08/13-22:10)

【ソウル時事】訪韓中の鳩山由紀夫元首相は13日、ソウルで開かれたシンポジウムで講演し、安倍晋三首相が14日に公表する戦後70年談話で、「おわび」の表現を盛り込むべきだと述べた。鳩山氏は、村山富市首相談話で植民地支配に対する「反省とおわび」が明記されたことに触れ、「このような表現は、傷ついた国々の国民が『やめてもよい』と言う時期が来るまで、続けなければならない」と語った。 (2015/08/13-12:12)

2015-08-12 (Wednesday)

択捉島で愛国青年フォーラム開幕 首相も参加予定 / 鳩山由紀夫 韓国訪問

【モスクワ時事】北方領土の択捉島で「全ロシア青年教育フォーラム」(ロシア政府主催)が開幕する。学生や教育者、愛国青年活動家らの2グループの計200人が参加。ウクライナ危機や戦勝70年で愛国心が高まる中、若い世代を巻き込み、北方四島の「ロシア化」を図る狙いがある。プーチン大統領は12日、フォーラムは「ロシア極東の利益」につながると参加者に祝電を送った。

サハリン(樺太)からの往復を含めた日程は12〜24日で、第1陣は13日に択捉島に入る。報道によると、3度目の北方領土訪問の意向を表明したメドベージェフ首相がフォーラムに参加する予定。

首相の訪問計画に、日本政府は懸念を示し、事前に外交ルートを通じて中止するよう申し入れた。強行されれば、ウクライナ危機で停滞する日ロ関係に影を落とすのは必至。調整中の岸田文雄外相の訪ロや、プーチン大統領の年内訪日に影響する可能性もある。 

ロシア政府は7月に「クリール諸島社会・経済発展計画」の次期計画(2016〜25年)を閣議決定し、支配を強化する構え。北方領土を含む極東への移住を希望するロシア国民に、土地を1人当たり1ヘクタールずつ無償分与する制度も年内に始める。

フォーラム参加者の第1陣は13〜18日、第2陣は18〜23日に択捉島に滞在。それぞれ「国家の前哨」「発展の最前線」をテーマに掲げ、ロシアの「国境」に焦点を当てる。参加資格は21〜30歳で「領土保全」を担う次世代が対象。

同様のフォーラムは今年、ロシアが編入したウクライナ南部クリミア半島、バルト海に面した飛び地カリーニングラード州などを含めた各地で開催されたが、択捉島は今回が初めて。(2015/08/12-20:05)

【ソウル共同】鳩山由紀夫元首相は12日、朝鮮半島の植民地支配時代に独立運動家を収監したソウルの西大門刑務所跡地を訪問した。献花した場でひざまずいて手を合わせ、頭を下げた。

鳩山氏は内外の記者団に「(植民地統治をした日本が)拷問というひどい仕打ちを与えてしまい、命を奪うことまで平気でやったことに、心からのおわび、追慕の思いをささげたい」と述べた。

また安倍晋三首相が発表する戦後70年談話について「植民地統治や侵略、それらへの反省と謝罪が当然含まれなければならない」と述べた。

2015-08-07 (Friday)

音MADwiki

本日より配信開始のAndroid用アプリ。アプリトップの画像にスキマ産業作「Tears PV」のスクリーンショットが使われています。

f:id:underdefinition:20160731134940p:image

採用の理由については作者の方にTwitter上でご教示頂くことができました。

追記

2016年1月よりPCから閲覧できるようになりました。