Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2008-12-12 (Friday)

ユリイカ2008年12月臨時増刊号

東浩紀、伊藤剛、谷口文和、DJ TECHNORCH(テクノウチ)、濱野智史による座談会記事「初音ミクと未来の音 同人音楽・ニコ動・ボーカロイドの交点にあるもの」にて、同人音楽文化の歴史を語る文中でちょっとだけ登場。

濱野 : 先ほどLeafの話から始めましたけど、同人系の電子音楽の人たちの源流には、『ビートマニア』などの90年代後半に一世を風靡したいわゆる音ゲーがあったそうなんですね。

その後、テクノウチさんがおっしゃったフリーウェアの音ゲーが登場して、これのためにオリジナル曲をつくるようになった。すると、みんなゲームセンターのものより、もっともっと難しい曲を作ろうとするわけですね。とにかくすごい速い曲を、ということで、どんどん曲が速くなっていった(笑)。

そこでテクノウチさんもそうだとのことですが、「ガバ」というダンスミュージック界最速と言われていたジャンルに辿りついていく。

テクノウチ : ただ、音楽ゲーム自体は中高生が初めてテクノやクラブミュージックに触れるきっかけになったわけですけど、ネットではいまのニコ動のランキングのように作った曲がどれだけダウンロードされたかというランキングが出るページが始まったんです。そのランキングの曲を次々とISDN回線でダウンロードしていく過程でいろんな音楽のジャンルを知っていった。

もちろん、元はやはりオタクっぽい人が多かったので、アニソンとかが多くて、『北斗の拳』の「ほあたぁ」というのに合わせてキーを叩くと今のフラッシュみたいなアニメが映るというのが出てきたりした。その辺はいまのニコ動的な動画のはしり言えるかもしれません。

その人たちが当時流行っていたオウム真理教の音楽に合わせて「ポアポア」みたいなネタ物音楽へと行き、そこから大流行した「ムネオハウス」が出てくる。あれは音楽ゲームで知ったクラブミュージックと、それにフラッシュを乗せるというアイデアがプラスしたところから出てきたものですね。

濱野 : ちょっと補足すると、先日の文学フリマで頒布されたゼロアカ道場の同人誌『最終批評神話』でインタビューされていたアイドルマスター(アイマス)のMAD職人であるわかむらPさんも、元々ムネオハウスのMADを作られていた。

だから、いま出てきている人たちは初音ミクやアイマスやニコ動で突然出てきたというわけではなく、既にその時点からすごく近いところで活動してきたわけですね。少なくとも僕がニコニコ動画上の「N次創作」と呼んでいるような現象の源流は、90年代後半、美少女ゲームや『ビートマニア』といったところにあった。

で、その次は東方ブームということでいいんでしたっけ?

テクノウチ : いや、そこまではまだまだ長いです(笑)。

「初音ミクと未来の音 同人音楽・ニコ動・ボーカロイドの交点にあるもの」 『ユリイカ2008年12月臨時増刊号』 (青土社 2008) p.145

ムネオハウスをBM98辺りからの同人音楽の流れに全部のっけてしまうのはちょっと乱暴な話だと思いますが、特に座談会の本題とは関係ありませんし、こんなもんで良いのでしょうね。

補足

引用にあたり、発言者名の強調、改行の追加を行いました。

2008-11-09 (Sunday)

わかむらPインタビュー収録の最終批評神話 文学フリマにて頒布

先日Webで先行公開されたわかむらPインタビューが収録された評論同人誌「最終批評神話」が本日開催の第7回文学フリマにて頒布されました。

今回のニコマス特集とわかむらPインタビューの趣旨について、同誌冒頭の記述から引用。

本誌『最終批評神話』はおおまかに二部に分かれると言っていいだろう。一部は、現在ニコニコ動画上で、異常なほど発達したアイドルマスターのMAD、いわゆる「ニコマス」の特集である。

ニコマスは、ニコニコ動画上で誰もが予想を超えた広がりを見せ、今なおその勢いは衰えない。とはいえ、ニコマスというなにかとてつもないヤバい現象が起きているということは、何となく共有され、個別のレビューなどはあるものの、いささか内輪的になるか、全く外部からものめずらしさで見られるかの二通りでしかなかない。

そして、ニコマス現象が永遠でない以上、今のうちに、私たちはこのニコマスの「ヤバさ」を活字に刻み付けたいと考えた。もちろんこの「ヤバさ」とは、オタクがなんかすごいことをやっているという感想には留まらない普遍性へとつながっている。とはいえ、ニコマスはあまりにも膨大かつマニアックである。そこで私たちはニコマスをディープに語るのではなくもっとベタに、こういってよければジャーナリスティックに語ろうと試みた。

その一環としてニコマス界の代表的なMAD職人であるわかむらPにインタビューを敢行した。私たちはこの特集を、2008年時点の徹底的に動物化し、二次創作化した(非)物語的環境の一種のドキュメントとして読んでいただければ幸いである。

峰尾俊彦+村上裕一 「最終批評神話とは何か」 『最終批評神話』(2008) p.1

このほか、"わかむらPインタビュー補足コラム"として濱野智史氏による記事「MTVとMADについて−《神話》的映像作家たちに関するいくつかの注釈」(pp.36-37)が掲載されています。

補足

引用にあたり、改行を追加しました。

2005-09-27 (Tuesday)

週刊SPA! 10月4日号 「デジクラ」でちょっとだけ紹介される

週刊SPA!のデジタル情報紹介連載「デジクラ(SPA DIGITAL CLUB)」に掲載。「のまのまイェイ」の空耳Flashでマスメディア的にも注目されているFlashムービーの記事にちょっとだけ載ってしまいました。Flashの各ジャンルを紹介する「百花繚乱! FLASHムービーの世界」のコーナー中、「時事ネタ系」「音楽ネタ系」の解説でそれぞれ触れられています。なお、起稿は編集部となっているが、"(・∀・)イイ・アクセス"のUG-K氏が取材協力に加わっています。

それぞれの記述はこんな感じ。

時事ネタ

f:id:underdefinition:20101221231952j:image:w240:right

世間の情報に対する即時性がネットの特質とすれば、FLASHにおいて時事ネタが好まれるのは当然。かの有名な『ムネオハウス』(後述)を筆頭に、あ●る優の窃盗ネタを「DRAGON BALL」の主題歌に合わせた『DANBALL』(写真)、奈良の騒音おばさんこと河原美代子容疑者をネタにした『引越しおばさん』など、とにかく旬のネタへの食いつきが早い。27時間テレビで「御開チン」した鶴瓶のFLASHも話題になったが、現在は見当たらず・・・・・・。

「デジクラ 『ネット文化の華(?) FLASHムービー進化論』」 『週刊SPA!』 2005年10月4日号 (扶桑社 2005) p.103

SPA!的にも、2002年当時「今週の顔」のコーナーで取り上げた過去があるので、「かの有名な」という記述も無理はないかな、といったところ。

音楽ネタ

f:id:underdefinition:20101221231953j:image:w240:right

音楽に合わせたFLASH作品を「PV系」と呼ぶが、その流行は「時事ネタ」の項でも触れた『ムネオハウス』(写真)に端を発するようだ(当時、鈴木宗男議員が不正に入札介入した宿泊施設の俗称「ムネオハウス」を「ハウスミュージック」をひっかけ、鈴木氏の国会答弁をサンプリングした音楽に合わせたFLASHが大流行した)。最近では、代ゼミの数学講師の授業をサンプリングした爆笑FLASH『オギノラップ』などが話題に。

「デジクラ 『ネット文化の華(?) FLASHムービー進化論』」 『週刊SPA!』 2005年10月4日号 (扶桑社 2005) p.103

スクリーンショットはきれいな核兵器のまろやかさ氏作「Intro」フラッシュのもの。こちらの記述はほとんどムネオハウスについてのみ。

記事全体としては、「マイアヒ」空耳Flashのネット内外でのヒットと公式プロモーションへの採用によって、Flashシーンの未来は明るいぞといった論調になっています。

補足

2005年9月末の時点では、ネット上では既に「のまネコ"問題"」とこれに煽りを受けたMUZO/PzblockによるFlashシーン商業化への批判が渦巻いており、シーンは崩壊へと一直線に突き進んでいました。それを考えると、少々遅きに失した記事だったと言えます。

2005-08-11 (Thursday)

ユリイカ2005年8月増刊号 年表にだけ記載有り

本編では全く触れられていませんが、オクダケンゴ氏がWeb上で編纂していたサブカルチャー年表が寄稿された関係で"ムネオハウス"の単語が誌面に載っています。

2月 鈴木宗男の肉声をサンプリングしたテクノ・ミュージック"ムネオハウス"が誕生。

オクダケンゴ 「平成大赦(仮) 平成サブカルチャー年表」 『ユリイカ2005年8月増刊号 総特集=オタクvsサブカル! 1991→2005ポップカルチャー全史』 (青土社 2005) p.209

記述はWebのオリジナル版から変化無し。

しかし年表全体を眺めると、ここに"ムネオハウス"が載って良いのかと大変不安になります。

2004-10-20 (Wednesday)

2ちゃんねるぷらすVol.10 「FLASH作成講座」の記述

2ちゃんねるぷらす10 (コアムック)

2ちゃんねるぷらす10 (コアムック)

"2ちゃんねるぷらす"の連載企画「FLASH作成講座」の講師として登場したスキマ産業氏によるPV系Flashの成り立ちについての説明の記述で触れられています。

1. PV系の成り立ち

そもそのもPV系の始まりは、2002年春、本誌でも連載されているKIKI氏が、ムネオハウスのPV(Promotion-Video)として、「MURU-Core PV」を制作した事に端を発しています。それ以前にも、同じように音楽にのせて画像や文字を動かすFlashは確かにありましたが、デザインや動きのスタイリッシュさに置いてこの作品は群を抜いた出来となり、PV系Flashの原型となったのです。その後、2ちゃんねる全板トーナメントが開催され、Flash・動画板のFlash作者達が多くの他板の支援Flashを作成しました。その時、作品の多くに「MURU-Core PV」と同じ手法が用いられ、そこでPV系という名前が定着しました。

スキマ産業 「FLASH作成講座 LESSON6 PV系FLASHを作ろう!(基本編)」 『2ちゃんねるぷらす Vol.10』 (コアマガジン 2004) p.88

始祖とされたKIKI氏について「本誌でも連載されている」という下りがあるのは、同誌でY-MODE・山本氏とのコンビ"谷山本"名義での対談連載「ふらばん」を持っているため。こちらは誌面の半分がウンコとかチンコとか与太話ばかりなのが特徴です。

この他、サンプルソースとして、ムネオハウスイベントの画像が使われているスキマ産業氏の2002年紅白FLASH合戦参加作品「BEAT DRIVEN PLAYBACK」のflaファイルが雑誌付属DVDに収録されています。

2004-04-22 (Thursday)

2ちゃんねるぷらす Vol.7 2ちゃんねる5周年記念特集での記述

表題の「2ちゃんねる5周年記念」と銘打った特集が組まれたため、過去の出来事の一つとして2箇所程掲載がありました。

FLASHで振り返る2ちゃんねるの足あと

pp.22-23の過去のFlash紹介記事。p23に「i wanna be a muneo 2002」のスクリーンショットと1stアルバムEU版裏ジャケットが掲載。

スクリーンショットに付けられたキャプションはこんな感じ。

ムネオハウスはアシッドテクノとの融合による一大ムーブメントだった。

「FLASHで振り返る2ちゃんねるの足あと」 『2ちゃんねるぷらす Vol.7』 (コアマガジン 2004) p.23

また同ページ掲載の「2ちゃんねるを揺らしたFLASH」と題された年表ではこのような書かれ方。

2002年

ムネオハウス誕生。
曲と共に多数の関連FLASHが発表。
4月にはイベント開催。

「FLASHで振り返る2ちゃんねるの足あと」 『2ちゃんねるぷらす Vol.7』 (コアマガジン 2004) p.23

なお記事は「もちろん、収録作品はCD-ROMにて閲覧可能」と謳っていますが、ムネオハウス他権利的にアレゲなものはCD-ROM内のhtmlからリンクが貼ってあるだけ、もしくは掲載無しの扱いとなっています。

5年間の軌跡

pp.24-27掲載の過去5年間のトピックスを年表形式でまとめた記事「5年間の軌跡」では2002年の出来事として掲載されています。

各年冒頭に書かれている内、街頭する2002年のまとめの文章はこちら。

2002年は山本一郎氏との関係が終了し、2ちゃんねるが独自に生き残りの道を模索し始めた年でした。年が明けてまもなく「オイスター作戦」スタート。「●」と呼ばれる過去ログを読むためのツール販売による収益で、サーバの増強が始まります。同時に、2ちゃんねる関係の出版物にによる収益が上がり始めます。このころからサーバは劇的に安定。このサーバの安定と同時に、2ちゃんねる住民の間では次々と「新しい文化」「新しい活動」が誕生していきます。「ちんこ音頭」「ムネオハウス」をはじめ、「さいたま」が大ブームとなって、数多くの優秀な音楽やフラッシュが発表されました。同時に、Winny大流行による著作権問題が表面化したのもこの年です。

「5年間の軌跡」 『2ちゃんねるぷらす Vol.7』 (コアマガジン 2004) p.25

年表の中での記載はp.26に。

5月05日
ムネオハウス・ロフトプラスワン
ひろゆきも参加し大盛況。

「5年間の軌跡」 『2ちゃんねるぷらす Vol.7』 (コアマガジン 2004) p.26

4月のはずが5月になっていますが、他の2002年4月にあった出来事も全て5月になっているので、単なる誤植のようです。

2003-04-08 (Tuesday)

ネットランナー2003年5月号

ネットの流行ネタを集めた「LOW-REZ」のコーナーのNOVAうさぎRemixを紹介する記事中にて、「『ムネオハウス』以来のリミックスムーブメント」とムネオハウスが引き合いに出されています(p.161)。

話題のうさぎがノリノリな曲に

f:id:underdefinition:20090625171433j:image:w240:right昨年ネットを席巻した「ムネオハウス」以来のリミックスムーブメントが発生した。それが「NOVAうさぎリミックス」だ。

NOVAうさぎは英会話学校のCMでおなじみのキャラクターで、曲がCD化される人気ぶり。そのCMで流れる曲と声を素材にしたリミックスが、2ちゃんねるのDTM板を中心に次々と生み出されているのだ。

ほとんどが1、2分の作品だが、サンプリングのネタや曲の展開が凝っている。ムネオハウス同様、ジャケット画像やフラッシュも作成されているので、ぜひのぞいてみよう。

(文/mnkt)

「LOW-REZ」 『ネットランナー』 2003年5月号 (ソフトバンク パブリッシング 2003) p.161