Hatena::ブログ(Diary)

muneo house information

2017-08-21 (Monday)

「BUBBLE-B・m1dyのこれ、食えますか?」159回目

26分50秒頃からBUBBLE-Bさんのいつもの「批判のために政治家の失言をサンプリングして作られたものはナードコアじゃない」の話が繰り返されていました。

2017-06-23 (Friday)

豊田真由子議員の「暴言リミックスMAD」動画の投稿相次ぐ クラブミュージックやダブステップ調のものも

過去の同様の流れとしてムネオハウスと2014年の野々村竜太郎・元兵庫県議会議員の件が挙げられていまいた。

(前略)

以前にも、政治家の発言を素材にした動画が投稿されたことはあった。2002年に北方領土にある、いわゆる「ムネオハウス」に関する疑惑が取り沙汰されたときには、鈴木宗男氏の音声や辻本清美議員の国会答弁などをサンプリングした音MADが多数投稿された。2014年に当時兵庫県議員だった野々村竜太郎氏が号泣会見を行ったときも同様の現象が起こっていた。

議員のおかしな言動をMADにするのはもはやインターネット文化の一部となっている。ツイッターでも、「MADが作られそう」と期待する声が出ていた。

(後略)

豊田真由子議員の「暴言リミックスMAD」動画の投稿相次ぐ クラブミュージックやダブステップ調のものも | キャリコネニュース

2017-05-05 (Friday)

KAI-YOU連載「新世紀の音楽たちへ」第8回

安倉儀たたた氏の連載。ネットでの「協同作業を通じて作品を作りあげる」例としてYouTubeのムネオハウスPVと共に掲載されていました。

ネットからリアルへ ボイドラサークルの変化と即売会の役割

f:id:underdefinition:20170506162723j:image:right:w160 なぜボイスドラマサークルさんがネットからリアルに進出したのか、というと、それは制作に携わった方々との「オフ」会という側面があるように思います。ボイスドラマは制作が大変難しくしかも話数が多くてスケジュールが決まっているため、プロジェクトの管理能力が高くないと作品が完結しない、ということがしばしば起こるのだそうです。そこで、ある時期以降、正確に作品を完結させられる企画者の方々や的確に声を当ててデータを送ってくれる声優さんたちなどが固定化していき、ある種の「顔なじみ」がネット上に生まれてきます。

ネット上において、協同作業を通じて作品を作りあげるということ自体は珍しいことではありません、ちょっと昔なら「ムネオハウス」なんていうムーブメントがありましたし、ネット上でのラップバトルなんかもあります。ただ、これらが最終的に(そして定期的に)オフ会をするか、というと微妙なところかなあという気はします。

(動画省略)

ボイドラはネット上の協同であると同時に、作品制作への誠意を持った仲間たちとの信頼感を生み出すカルチャーでした。

同じ作品を作った「仲間」と出会える場所。そこがボイスドラマにとっての即売会(M3)だったのです。その仲間はいま新しいボイスドラマの聞き専たちを生み出しつつある、という状況になっていますが、その話はまた今度。

インターネットによって加速したボイスドラマの広がりは、即売会や同人のそれだけではありません。ある種のアプリゲーなどでは普通にボイスドラマをサービスコンテンツとして配信していますし、以前からあった版権もののドラマCDだけではなく、ドラマCDだけで展開するコンテンツもゼロ年代に入ってから増えています。音声劇の空間は動画時代になってなお、新しい広がりを見せているのです。

新世紀の音楽たちへ 第8回「ボイスドラマの変化と『即売会』の役割」 - KAI-YOU.net

2017-05-03 (Wednesday)

ITmediaねとらぼ「かーずSPのインターネット回顧録」

タイトルにも乗っているように、2001年〜2002年末頃のFlashの話題の中でピックアップされていました。

2002年2月25日「ムネオハウス」きれいな核兵器

f:id:underdefinition:20170503164625j:image:right:w240

(動画省略)

 デジタル音楽の1ジャンルである「ハウス(アシッドハウス)」と 「ムネオハウス」(鈴木宗男氏の証人喚問での答弁をサンプリングした楽曲)の名称を引っ掛けた、駄じゃれから生まれたパロディ。事件が起こると面白がってネタにするパターンの1つで、Yahoo!のカテゴリが作られるほどインターネットで定着しました。

- 「Hatten」「ゴノレゴ」「ムネオハウス」――“Flash黄金時代”が生み出したもの - ねとらぼ

スクリーンショットの通り、記事中に使われている動画は田代まさしファン倶楽部さん作のいわゆるムネオハウスのPVですが、きれいな核兵器のまろやかさ氏が2002年2月25日に公開したのはIntroのPVの方です。

追記

f:id:underdefinition:20170504223233j:image:right:w240 同記事がニコニコニュースで配信された際の見出しはムネオハウスだけになっていました。

2016-09-30 (Friday)

学習院大学法学会雑誌第52巻1号

いつもどおり、遠藤薫先生の話の枕に登場していました。

3. 「保育園落ちた日本死ね」運動の展開

■日本における情報環境変化

日本においては, 間メディア・ムーブメント敵な動きは必ずしも多く起こっているわけではない. それが日本の特殊な状況であるともいえるが, まったくなかったわけでもない.

たとえば, 白血病治療薬解析プロジェクト「UD」(2000〜2007年), 田中真紀子解任に対する抗議(2002年), ムネオハウスムーブメント(2002年), 折り鶴運動(2003年8月)などは, その萌芽的な動きとも言える. ただし, これらはほとんどネット内で閉じており, そのために社会全体を巻き込む運動とはならなかった.

(後略)

遠藤薫「間メディア・ムーブメントの拡大と収束 - 「保育園落ちた」運動を事例として」 『学習院大学法学会雑誌第52巻1号』(学習院大学法学会 2016) p.89

ここで言う「間メディア・ムーブメント」とは「間メディア社会(対面メディア、マスメディア、ソーシャルメディアが重層的複合的に併存し、それらが起こす複雑でダイナミックなメディア間相互作用が埋め込まれた社会)で起こる社会運動」とのことです。

備考

記事投稿日: 2018年4月14日

2016-07-31 (Sunday)

JASPMニュースレター108号

日本ポピュラー音楽学会が3月26日に関西大学千里山キャンパスで開催した2016年の第1回関西地区例会で行われた、岡田正樹氏の博士論文発表の様子が報告されていました。

2.「ウェブにおける音楽と賑わい——1990年代〜2000年代初頭の日本の事例を中心に」
岡田正樹(大阪市立大学大学院)

第二報告も、博士論文として審査を通過し、公表されたものをもとに行われた。

岡田氏は、「日本でのインターネット黎明期にあたる1990年代から2000年代前半の時期」に「不特定のユーザーが集う音楽実践の場」としてインターネットがいかに期待され使用されたか、また、「インターネット上にいかなる形で賑わい(傍線引用者)が生み出された(生み出されなかったか)を明らかにする」ことを研究の目的とする。

岡田氏はインターネット文化論が新しい事例に注目する傾向があるとし、その前の「近過去」、要するに「常時接続ネットワークの定着」以前の時期に焦点をあてる。

この時期を扱うときに岡田氏は「賑わいという点に着目」する。「人が集まって盛り上がること」はネットワーク文化のキーテーマであり、それは「“音楽を生み出す都市としてのバーチャル空間の台頭”という都市文化論」の検討につながる。しかしながら、「賑わいという概念自体の検討」は研究の目的ではない、とする

以上の研究のため、調査には「(当時の)ウェブ・サイトの再構成」や「ウェブ・アーカイブ」を利用している。なお、ウェブの可視化性の高さを重要視し、当事者への聞き取りは行っていない。

本論で、岡田氏は、「批判的サイバーシティ論」として、◇インターネットと都市をめぐる議論、◇ネットと「ウェブ」、◇インターネットのテレビ化、◇インターネットの可能性を残す、◇デジタルシティ、◇データ・シティ、◇データ・ダンディ、を挙げ、90年代後半にインターネットがどのようなメディアとして捉えられ、議論され、「どのような形で都市性が見いだされた(期待された)のか」を問いかける。この「都市性」は岡田氏が最初に提示した「賑わい」に深く関係するものと思われる。

以上の◇の項目を逐一説明するには紙幅が足りないので割愛するが、岡田氏は、当時のインターネットによるサイバーシティ論には、「楽観論」「悲観論」が存在するだけでなく、そういう善悪二元論を越え、インターネットになにができるかを「先回りして確保しておくという構想」もあり、「(インターネットの)多様な使い方を保持するための思想的・実践的な試みが、黎明期の時点で行われていた」としている。

具体的事例として、上記の「デジタル・シティ」や「データ・ダンディ」などの「資本や国家とは異なる主体」が「仮想の地勢、都市空間」を使用する試みを取り上げる。

別の事例として、岡田氏は「インターネット博覧会」をあげる。それは、「インターネット上に都市空間を構築」し、「賑わいと同様の状況を創出しようと試みた」政策であり、小渕内閣時代に堺屋太一経済企画庁長官(当時)の主導で企画された「博覧会」であり、「インパク」(IT時代の万博)とも呼ばれた。堺屋には1970年の大阪万博での成功体験があり、万博をサイバースペース上で再現しようとする意図があった。「インパク」には、◇オンライン博覧会という形式、◇テーマソング構想、◇展示、などに特色が見られたが、テーマソングは作られず、別の形で音楽が利用されたという。

ここにも、岡田氏の用いる「賑わい」をインターネット上で創りだそうとする意図が見えるが、「インパク」の思想と実際にインターネット上に展示されていたパビリオンの間にズレがあり、不評に終わる。しかし、「インパク」は「インターネットが特殊なメディア空間から、日常生活に結びついたメディアとして捉えられるようになっていく過程」ではあった。

ムネオハウス」は、2002年の鈴木宗男事件を端に発した「2ちゃんねる」での音楽実践を指す。不特定多数かつ匿名のユーザーによるインターネット上の「賑わい」は、近過去におけるサイバースペースの都市性の構築の一例となる。

「動画サイト」は、2005年以降のブロードバンドの普及に伴う動画系サービスを利用した「賑わい」を取り上げ、インターネット上に散らばる孤立した個々の情報ではなく、「動画共有サービスが生み出す文化や集り」に焦点をあてている。なお、以上のような「インターネット上での賑わい」は、現実の世界での「都市の賑わい」とは区別されるべきであると岡田氏は主張している。

最初にも触れたが、インターネット文化を「現在」または「現在進行形」として語るのではなく、その「過去の事象の内実、事象の成立の過程」を記述するのが岡田氏の研究の特徴である。

メディアとして、インターネットの歴史は長いとはいえないが、「常時接続ネットワーク以前、ソーシャルメディア台頭以前のインターネット上の音楽と賑わい」を再検討し、ネットワーク上に都市を再構築することの社会的歴史的な意味や意義について掘り下げることは、現在そして未来のネット空間のあり方について多くの示唆を与えてくれよう。

フロアからは、「賑わい」というキーワードに関する質問や、大手企業が始めた「SNSの「走り」」ともいえるNIFTY-Serveへの評価などの質問が出された。

NL108(改訂) (2016年7月)

備考

記事投稿日: 2018年4月22日

こちらの報告に「調査には「(当時の)ウェブ・サイトの再構成」や「ウェブ・アーカイブ」を利用している。なお、ウェブの可視化性の高さを重要視し、当事者への聞き取りは行っていない。」の一文があったおかげで、インタビュー依頼が棚上げになっていた件の理由が分かり、当事者的にはスッキリしました。

2016-04-01 (Friday)

共産テクノ ソ連編 (共産趣味インターナショナル)

先日の四方宏明氏のブログ記事の書籍版での記載。

(前略)

ソ連崩壊後のヴィシュニャとして特筆すべき作品は、「Виагра для Путина - проект Полит. Техно (プーチンのためのバイアグラ - プロジェクト政治テクノ)」(2003年)。プーチン、エリツィン、ゴルバチョフなどの歴代大統領、ソ連に亡命した元日本共産党員の袴田陸奥男を父に持つ有能女性政治家として知られるイリーナ・ハカマダ、ロシア自由民主党党首のウラジミール・ジリノフスキー、当時の米国大統領のジョージ・ブッシュ等の政治家の発言をサンプリングしたテクノ! まるで、日本で2002年に2chテクノ板のネタスレからブレイクした「ムネオハウス」(鈴木宗男の声をサンプリング)ではないか! ロシア通だった鈴木宗男に関わるムネオハウスが、知られていた可能性はある。今作品はヴィシュニャがムネオハウスに触発された結果なのか、その真相は解明できていない。

(後略)

四方 宏明 「アレクセイ・ヴィシュニャ Алексей Вишня 早すぎたトランスジェンダー? 早すぎたチルウェイヴ」 『共産テクノ ソ連編』(パブリブ 2016) pp.45-46

備考

記事投稿日: 2018年4月14日