Hatena::ブログ(Diary)

あなたを救う!マルチ情報発信基地

2017-05-06

病気について、ヒポクラテスの優れた見解   #格言 #名言

f:id:uneki2012:20170507012404j:image:w500

ヒポクラテスは、古代ギリシャの人物で、世界最古の医者です。
http://inedia.jp/hippocrates.html

「火食は過食に通ず」
「まず何よりも害をなすなかれ」
「歩く事は人間にとって最良の薬である」
「満腹が原因の病気は空腹によって治る」
「月に一度断食をすれば病気にならない」
「病気は神が治し、恩恵は人が受け取る」
「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」
「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」
「病気は食事療法と運動によって治療できる」
「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」
「人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている」
「賢者は健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ」
「私たちの内にある自然治癒力こそ真に病を治すものである」
「健全なる体を心掛ける者は完全なる排泄を心掛けねばならない」
「筋肉を充分に使っている人は病気に罹りにくく、いつまでも若々しい」
「心に起きる事はすべて体に影響し、体に起きる事もまた心に影響する」
「食べ物について知らない人が、どうして人の病気について理解できようか」
「人間がありのままの自然体で自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる」
「病人に食べさせると、病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ、病気は早く治る」
「病気は人間が自らの力をもって自然に治すものであり医者はこれを手助けするものである」

・極度にはげしい疾患には、極度にはげしい治療が最も有効である。
・すべての病気は腸から始まる

2017-04-24

2017-04-22

【体験談】僕の考える疲労の原因   #体がだるい #眠い #朝起きれない #病気 #回復 #慢性疲労

f:id:uneki2012:20170423034236j:image:w400

・胃疲れ
僕は胃腸が弱いのですが。
消化に悪い玄米などを食べると、直後に眠くなります。直後=胃の疲れ。
胃がもたれると、次の日、朝起きるのがしんどいです。
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20161219/1482117397

・腸疲れ
たまに便が出ると腸のあたりが疲れて眠くなります。
腸も疲れると、だるくなるということか。

・肝臓疲れ
難病患者を数多く治した甲田光雄博士曰く、肝臓が疲れると体がだるくなるそうです。

・腎臓疲れ
甲田光雄博士曰く、腎臓が弱ると疲れやすくなるとのこと。
http://yamada-kenko-center.com/info_detail-31.html
ネットで検索しても本当のようです。

・果糖のせい
果物(ふじりんご)をたくさん食べたら、異常にだるくなりました。
果糖が原因としか思えません。※最近の果物は昔と違って糖度が高い。
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20170416/1492306980

【おまけ】ネットで調べたら、低体温でも眠くなるらしい。

2016-11-02

うつ病が食事で治った!(たけしのみんなの家庭の医学 奇跡の回復法SP)

f:id:uneki2012:20161219142207j:image:w500

テレビにしては珍しくまともな情報を取り上げました。

動画Ver.はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=719kshdL4x4
※1:00:10からご覧ください。

文字Ver.はこちら。
http://www.gr8lodges.com/8665.html

2016-06-20

胃下垂が治った人の書き込み   #胃アトニー #治し方 #改善 #治療

f:id:uneki2012:20160620201653p:image:w500

591 :病弱名無しさん:2007/12/09(日) 22:45:09 ID:tqsS0gXX0
胃下垂治った。レントゲンで確認したから確実だよ。
かかりつけの医者も驚いていた。自力で胃下垂治すやつなんて
今まで見たことないとか言われたw

593 :591(極意):2007/12/11(火) 10:53:10 ID:n2xFuqVG0
>>592
逆立ち、腹式呼吸、腹筋、背筋、水泳、マッサージ、整体、胃下垂矯正器具などなど
数年色んな方法を試してきたけど、全然効果がなかった。
でも最近ネット上で見つけたお腹ペコポコ体操を試して一週間くらいしてから、
便通がよくなってきて、二週間目には胃炎が治り食欲増進、一ヶ月目には
寝起きの不快感やむくみ、脂っぽい肌、集中力減退などが治った。

治ってから自分の治療歴を振り返ってみて、何が胃下垂に一番効くかと考えると、
姿勢の矯正と腹筋の鍛錬、この二つだなと思う。
姿勢のほうは単純に胸をはるだけじゃなく、仙骨の傾き加減や、顎や首の位置など、
からだ全体のあり方を見直して矯正しないと駄目だから注意。
猫背スレや体の歪みスレなんかで知識を貯えるといい。
腹筋は、誰もが鍛えるときにシットアップやクランチをやると思うけど、
それらの鍛え方では内臓を下から上に押し上げる深層筋肉を鍛える事はできない。
長距離ランナーと短距離ランナーでは、同じ箇所(足)を鍛えているにも関わらず、
性能に差がでる。あれと同じように、シットアップやクランチでつく腹筋と、
内臓を下から上へ押し上げる腹筋は別物。だから別の鍛え方をする必要がある。
別の鍛え方こそがお腹ペコポコ体操。やり方は簡単でお腹を膨らませた後に、へこませる。

この動作を繰り返すだけでいい。内臓を押し上げる筋肉とは、お腹をへこませた状態のときに
使っている筋肉なので、鍛え続ければ確実に内臓が正常位置に戻る。
私の場合、お腹ペコポコ体操のへこませる部分だけをクローズアップして、日中ずっと
お腹をへこませ続けた。最初のうちは長く続かなかったけど、二日三日と日を重ねるうちに、
段々へこませ続けられる時間がのびていき、最終的には意識しなくても
常にお腹に一定の力が入っている状態、つまり常人の腹筋を手に入れた。
この頃になると、下がった内臓も押し上げられていて段々と体の調子もよくなっていた。
長々と書いたくせに、姿勢の矯正と腹筋を鍛えるという、誰もが一度は考えた治療法かよと
がっかりしたかもしれないけど、誰もがわかっていると思ってスルーしているものの中に、
少し工夫すれば真の治療法に化けるものが隠れていることがあるということを、
理解してもらえるとありがたい。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/body/1173694689/


■それ以外の方法

難病患者をたくさん治した甲田博士曰く「胃弱、胃下垂も塩不足から」とのこと。
塩は胃酸の材料だそうです。夏になって胃の弱い方が出てくるのは、汗をかいているのに塩をとらないからだそうです。
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/26530416.html
https://plaza.rakuten.co.jp/koudamituo/diary/201003010002/
※僕は、精製してない、ミネラルを含む「自然塩」を推奨します。

砂糖は筋肉を弛緩させる作用が強く、胃のぜん動力も弱くしてしまいます。
http://ameblo.jp/taishitsukaizenconsul/entry-11242136920.html
※カルシウムを奪うかららしい。

砂糖を摂取すると、一定時間、胃の動きが止まる「糖反射」という現象が起こります。
http://www.mizuno.tokyo/2015/06/blog-post_25.html

食べ過ぎこそ病気の最大原因
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20121202/1354475599

「ドローイングで治った」という書き込みもあり。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/body/1264171328/

2014-06-12

抗うつ薬の効果   #悪化 #抗うつ剤 #薬 #副作用 #SSRI #リタリン #バレニクリン #フルオキセチン #パロキセチン #精神科 #心療内科 #鬱


※勉強不足ですが、情報集めました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

>>うつ病患者が100万人を超え、この10年間で2・4倍に急増している。不況などの影響はもちろんだが、新規抗うつ薬の登場との関係を指摘する声も強い。

>>患者急増との関係が指摘されているのが、新規抗うつ薬「SSRI」だ。年間販売高が170億円台だった抗うつ薬市場は、1999年にSSRIが登場してから急伸。2007年には900億円を超えた。パナソニック健康保険組合予防医療部の冨高辰一郎部長(精神科医)によると、欧米でも、この薬が発売された80年代後半から90年代初めにかけ、患者の増加がみられた。

>>軽度から中程度のうつ病には、抗うつ薬治療はほとんど効果がなく、別の治療をした方が良いとの研究結果が、5日の米内科学会誌「米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)」に発表された。

続きはこちら
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201001/article_7.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――

14 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/20(火) 21:20:36.87 ID:zOYWVZFz0
退薬症状がすげーからな
覚悟しとけ
マジで抜け出せなくなる

34 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/20(火) 21:32:02.84 ID:IQ9A6gD30
断薬したらヤバいな
ババァが抗うつ剤やめたら吐きまくって苦しそうだった

35 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/20(火) 21:32:06.69 ID:XK9PPUj00
50年後には今の精神治療は黒歴史になってんだろうな
戦後のヒロポンみたいに

続きはこちら
http://newskenm.blog.fc2.com/blog-entry-1757.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――

>><リタリン>製造元、うつ病を適応症除外へ 乱用に歯止め 「依存性の高い向精神薬「リタリン」の乱用が広がっている問題で、製造・販売元の「ノバルティスファーマ」(東京都港区)が、適応症から難治性・遷延性うつ病を削除する方向で検討していることが分かった。リタリンは覚せい剤と似た効果があり乱用による依存者の急増が明らかになっている。<<

9月21日3時3分配信 毎日新聞


>>コカインやアンフェタミンなどの覚せい剤による興奮症状を抑えるのに抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)が使用されます。抗うつ薬SSRIが抗不安剤と一緒に投与されるのも同じ理由からなのです。SSRIなどの抗うつ薬は、覚醒剤と本質的には同じ医薬品なのです。<<
http://depression.uh-oh.jp/html/medicine5.html


>>リタリンは難治性うつ病などの治療薬として処方される。覚せい剤に似た高揚感が得られ、依存症に陥るケースもある。<<

毎日新聞 2007年8月2日 19時40分


――――――――――――――――――――――――――――――――――

娘の高校の同級生は鬱になり、通院して薬服用。家族が症状悪化に気づいてやめさせようとするのですが、薬飲むと一時的に楽になるようなんです。麻薬のようです。だから本人は飲みたがる。家族との仲も険悪に。今どうしてるかわかりません・・・・。
池田 邦子
3月15日 14:18


――――――――――――――――――――――――――――――――――

225:名無しさん@1周年:2016/07/04(月) 19:54:28.29 ID:ZvcIcz2b0.net
まじめな話、抗ウツ薬だけは呑まない方がいい。

知り合い全員それ飲んでおかしくなった。 知り合いっていっても5人ほどだが。
病院通う前まではそこまでおかしな奴じゃなかったのになぁ

http://jishin-yogen.com/blog-entry-8753.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――

"Top Ten Legal Drugs Linked to Violence"
『暴力を引き起こす処方薬 トップ10』 タイム ヘルスランド (January 7, 2011)
http://ameblo.jp/nicolas2012/entry-11487872045.html

『向精神薬副作用ランキング(添付文書より)』
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/647629775320779


――――――――――――――――――――――――――――――――――

 鬱病の患者さんは、当院に来る場合は薬物依存症状態が大半で、まったく薬を服用してない例は稀です。まったく薬を服用してない場合の鬱の治療は比較的簡単ですが、長期服用の薬物依存傾向が強い人の場合は長くかかります。鬱の治療というより:薬物依存症:の治療と云っても良いかも知れません。鬱症状は比較的簡単に改善出来るのですが、薬との縁を断ち切るのがなかなか大変です。鬱病は薬を服用している間は治りませんので、いかに薬を止めさせるかに時間がかかります。薬を服用している間は、鍼灸療法も効果が半減/減少しますので、薬物依存症状態の治療には時間がかかります。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/200904/article_22.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――

私が個人的に親交のある統合失調症歴30年の「プロの患者」の方は、「医者に行って病気が悪くなった」「薬が悪化させた」と断言されています。

richardkoshimizu
2008/09/11 10:28


類似記事
――――――――――――――――――――――――――――――――――

うつ病の本当の原因
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20121202/1354480489

2013-01-21

【まとめ】過敏性腸症候群(IBS)の本当の原因   #ガス型 #おなら #多い #病気 #止まらない #食事 #完治 #治る #治った #治療 #屁 #たくさん #よく出る #SIBO #悪玉菌 #腸内細菌

f:id:uneki2012:20170303101734j:image:w300

僕も過敏性腸症候群(ガス型)持ちなんですが、僕の経験と考えでは、以下の複合的な原因かと。

1.実はSIBO(小腸内細菌過剰繁殖)だった
――――――――――――――――――――――――――――――――――

f:id:uneki2012:20170303101940j:image:w400

SIBOとは小腸でバクテリアが異常繁殖する病気です。
通常、腸内細菌は大腸にいて、小腸の中にはほとんどいません。
小腸で異常繁殖したバクテリアが食べた物を分解・発酵させる時にガスを発生させます。
症状としてはガスの過剰発生・腹部膨満感・下痢・便秘・腹痛等があります。
食後にお腹が張ることがあります。

http://lasik-sss.seesaa.net/article/257449568.html
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20111214.html#5
http://www.geocities.jp/sibowebsite/#SIBOの診断方法


SIBOの原因(予想)
――――――――――――――――――――――――――――――――――

f:id:uneki2012:20170303101945j:image:w500

・グルテン不耐症、カゼイン不耐症、乳糖不耐症、炭水化物不耐症などの食物不耐症のせい(500種類以上あるらしい)
・胃酸の分泌が低下、もしくは胃酸がアルカリ性に傾いている
・小腸の蠕動運動機能が損なわれた
・小腸の「癒着、ねじれ腸、落下腸、憩室」

※グルテンとは、小麦などに多く含まれているタンパク質です。
※カゼインとは、牛乳などに多く含まれているタンパク質です。

グルテン不耐症とセリアック病の症状は多岐にわたります。腹部膨満感、下痢など。

グルテン不耐症=酵素不足・欠如などが原因らしいです。
これら食品の分解に必要な酵素がないと、その食べ物を摂取しても消化できないため、 疲労などの様々な症状が出てしまいます。
http://fatigue.hajime888.com/f005.html

小麦は品種改良によってたんぱく質が大きく変質している。人類が長年食べ続けた小麦とは全く違うものとなっており、その安全性には疑問がある。
http://amzn.to/25huBx8

グルテン不耐症(セリアック病)の患者が集まるスレ
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/body/1435985894/
「おならが止まらない」などの複数の書き込みあり。

グルテンを止めたらおならが止まったそうです。
http://chouzubachi.blogspot.jp/2015/04/gluten-intolerant.html

テニスのジョコビッチも、小麦(グルテン)を抜いたら世界一になれたらしい。
http://amzn.to/25Tx7GD

カゼインをうまく消化できない場合、腸では炎症が起こります。
そして小腸の絨毛が萎縮してしまい、バクテリアの過剰な発酵によるガスの発生が起こるわけです。
http://chirotic.exblog.jp/23770460/

過敏性腸症候群(IBS)の患者の73%は4つ以上の食物過敏(不耐性)を持っているそうです。(イギリス)
http://onararano.seesaa.net/article/305499286.html

自分の経験から、食べ過ぎてもおならが出るが、消化酵素が不足したからかも(軽度の食物不耐症と言えるか?)。

胃酸低下の兆候としては・・・
お腹が張る、ガスがたまる
http://chirotic.exblog.jp/14935588
胃酸の濃度が低下すると、十二指腸や小腸で細菌が増大するらしいです。


2.(生まれつき胃腸が弱いのに)負担をかけすぎ
――――――――――――――――――――――――――――――――――

f:id:uneki2012:20170303101939j:image:w500

現代人の大半が食べ過ぎです。西洋栄養学は間違っています。
この辺が参考になります。

・「一日に必要なカロリー」の根拠は信用できない(続きはこちら。)。
 http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20121029/1351466445

・胃腸の処理能力を超える負担をかけ続けた場合に、腸管内に排泄物が渋滞します。渋滞しても、腸内細菌が出す酵素によって何週間かで醗酵、分解されて消えてなくなります。ただ消えてしまうのならよいのですが、便が分解される過程で腐敗が起こり、その毒素が腸管から血液に吸収されてしまうのです。
※分解されるときに、ガスを発生させる。このガスのほとんどは腸管から吸収されるが、吸収しきれないものが肛門から排出される。

「下痢ぎみの人や毎日便通があるような人でも、滞留便がたまっているケースは実に多い」
胃腸の処理能力を超えて食べつづけていると、腸の粘膜に炎症やただれを引き起こします。
また、胃腸は伸びて垂れ下がり、横に広がったりします。そうすると、安定が悪いので、腸はあちこちへへばりつき、そこへ癒着が起こります。癒着したところは、変形して細くなったりねじれたりするので、食べたものの通りが悪くなります。そのため、食物残滓が引っかかり、便として停滞するのです。
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20121202/1354475599


【おまけ】僕はあっさり治りました
――――――――――――――――――――――――――――――――――

f:id:uneki2012:20170303101222j:image:w400

僕は甲田療法の食事メニュー(玄米・豆腐・青汁・自然塩)+魚のだし汁で、ほとんどおならが出なくなりました。 本当は少食にしないといけないのですが、この食事メニューなら普通に食べても大丈夫でした。

※青汁と果物は非加熱です!健康のためには酵素が重要!
※青汁は1日600ml飲んでいます。
※肉、パン、砂糖は禁止しています。
※ビタミンB12摂取目的で、魚のだし汁を飲んでいます。


3.ストレスで悪化
――――――――――――――――――――――――――――――――――

f:id:uneki2012:20170303101944j:image:w400

・甲田博士曰く、「過剰なストレスの直撃を受けると、腸の働きが低下し、」だそうです。


4.腸の癒着、ねじれ腸、落下腸、憩室
――――――――――――――――――――――――――――――――――

f:id:uneki2012:20170303101938j:image:w500

・大腸の形の異常による通過障害(ねじれ腸、落下腸)
http://megalodon.jp/2015-1009-2054-40/www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/164312

・憩室・・・腸のくぼみです。


牛乳の乳糖のせい(乳糖不耐症のせい)
――――――――――――――――――――――――――――――――――

以下転載です。

【胃腸の不快感の本当の原因】
一人息子が兵士として海外に派遣されたとき、エドワーズ夫人は40歳でした。夫は警官でしたが、強盗団との銃撃戦で亡くなっています。それだけに母親としては、19歳になる息子も現地での銃撃戦で命を落とすのではないかと心配でなりません。息子からの手紙があまり来なくなるにつれて、彼女はみぞおちのあたりに漠然とした再発性の痛みを感じるようになりました。その後、痛みで夜中に目が覚めることもあり、激痛をしずめるために手でみぞおちのあたりをさする毎日です。
ある日、とうとうたまりかねて、かかりつけ医に「胸焼け」を診てもらいに行きました。医師は問診のあとで潰瘍を疑い、胃腸のレントゲン写真を撮るために大病院に行くよう指示しました。検査の結果、実際に12指腸潰瘍であることが判明します。医者は薬を処方し、大量の牛乳を飲むように指導しました。朝食と昼食のあいだ、昼食事、午後3時ごろ、夕食時、寝る前と、彼女は1日に合計コップ5杯の牛乳を飲みました。
この指導を順守したところ、数週間以内に腹痛は治まったのですが、今度は別の不快感に悩まされるようになります。持続的な腹部膨満感(おなかの張り)、周期的な胃けいれん、水様性下痢。それと、大量のガスが直腸から出るようになって、いつも恥ずかしい思いをさせられるのです。
再び医者に相談に行き、胃腸のレントゲン検査を受けたところ、潰瘍はすでに治っていました。そこで医者はこんなふうに指導したのです。
「あなたの現在の体調不良は、息子さんの安否をいつも気づかっているために起こる大腸の不調が原因です。もしこの状態がつづくようでしたら、精神科を受診することをお勧めします。とりあえず、お薬はずっと飲んでください。また、潰瘍の再発を防ぐ食事療法もこのままつづけてください。」
たまたま彼女は、同じような胃けいれん、腹部膨満感、放屁症状に悩む女性と知り合い、話し合いました。その女性を診察した医者は、問題の原因は「乳糖不耐症」とよばれるもので、牛乳を飲むことによって起こる症状であると説明したというのです。それを聞いたエドワーズ夫人は、精神科医に相談するよりも牛乳を飲むのをやめたほうが得策だと考え、実際にそうすることにしました。すると、どうでしょう。それらの症状は一夜にして消えてなくなったのです。
このような事例はめずらしいことではありません。牛乳を飲む習慣は、現実に消化器症状を引き起こしやすいからです。じつは、世界中の4歳以上の人びとの大多数は乳糖不耐症なのです。


※医学博士フランク・オスキー「牛乳には危険がいっぱい?」
P18〜P20より転載しました。
http://amzn.to/Yn6FpG


こういうことらしいです。

何らかの理由で、牛乳の乳糖を分解するラクターゼ(酵素)が少ない=腸内細菌が分解する=ガスがでる。


栄養補助食品の「エビオス」のレビューに、「おならがたくさん出るようになった」との書き込み多数あり。この商品には添加物として乳糖が入っています。
http://amzn.to/115vItf
http://amzn.to/XOxCwo
http://amzn.to/TPSO9X
http://amzn.to/Ye29WO
http://amzn.to/XOxEEM
http://amzn.to/VkrR9C
http://amzn.to/WLoytg
http://amzn.to/Wum3xw


不溶性食物繊維のせい
――――――――――――――――――――――――――――――――――

僕の体験談ですが、バナナ、栗、さつまいもは、おならが増えました。
なぜおならが増えたのか?偶然気づいたのですが、バナナも栗もさつまいもも不溶性食物繊維が多いです。

・バナナ   水溶性:不溶性=1:10  1g/100g当り
・栗     水溶性:不溶性=1:7.5 7.5g/100g当り
・さつまいも 水溶性:不溶性=1.1:2.4 2.4g/100g当り

なので、不溶性食物繊維が原因だと思います。

【追記】おからでもおならが激増したので、不溶性食物繊維のせいで確定です。


なぜ食物不耐症に?
――――――――――――――――――――――――――――――――――

f:id:uneki2012:20170303101943j:image:w200

・膵臓の機能性疾患説


↓ブログランキングに参加中です。よかったら押してください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過敏性腸症候群へ
にほんブログ村


過敏性腸症候群 ブログランキングへ

2012-12-02

うつ病の本当の原因 (鬱病は治る!)   #完治 #治った #薬 #克服 #自力で治す #肝臓 #白砂糖 #治し方 #治したい

f:id:uneki2012:20121203053645j:image:w500

僕の経験と考えでは、以下の複合的な原因かと。

1.日光不足
2.過剰なストレス
3.栄養不足
4.腸内環境が乱れている
5.薬で悪化説
6.白砂糖の大量摂取
7.(生まれつき肝臓が弱いのに)負担をかけすぎ

1.日光不足
――――――――――――――――――――――――――――――――――

僕はニートなんですが、カーテンを開けていれば問題なかったのですが(レースのカーテンのみ)、完全に閉めたら2週間くらいで無気力になりました。
人間は、どうやら日光を浴びないと無気力になるみたいです(そういえば昼夜逆転してる間も、普段より気力が萎えてましたね。)。

グーグルでも「太陽 無気力」で検索すると、ヒットしました。
・「無気力」 セロトニン欠乏脳 「不安」 10リズム
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1352564944/

ある人が冬季うつになったそうですが、冬は日射量が減るからでは?


2.過剰なストレス
――――――――――――――――――――――――――――――――――

>>うつは精神の弱さではなく神経伝達物質(セロトニン・ドーパミン・ノルアドレナリン)不足で起こる脳の病気!
http://currentdiary.seesaa.net/article/409044567.html

>>三大神経伝達物質の分泌が不足する一番の原因
「強度のストレス」です。
http://www.ikibr.com/utsukaizen/stress-bunpitsubusoku/


3.栄養不足
――――――――――――――――――――――――――――――――――

Googleで調べたら、栄養不足からうつ病になることがあるそうです。
現代はカロリーだけあって、栄養の少ない食べ物が増えているので、当たってると思います。


※以下、他サイトから引用。

私の勤務しているクリニックにも、連日、うつ病の患者さんが
やってこられます。
 日本橋という場所柄、OLさんや、ビジネスマンの方が多いのですが、
その人たちに、ほぼ共通していることがあります。
 それは、ほとんどの方が、うつ病を発症する前に、
過労状態であった、かつ、食事がいいかげんになっていたということ。
(中略)
朝は、ほとんど食べず、昼と夕は、適当に、
ハンバーガーや、コンビニおにぎり、立ち食いソバ、サンドウィッチ、
ドーナッツ、菓子パン、マフィンなど、
手軽な炭水化物メインの軽食で
すませてしまう。
(中略)
私の勤める東京メディカルケアセンターでは、
30項目からなる血液データをとり、分子栄養学的正常値を基準に
血液データから、栄養不足状態を判定するのですが、
このような患者さんからは、ほぼ例外なく
タンパク質不足、各種ビタミン、ミネラル不足といった
解析データが出てきます。
http://okudahiromi.jugem.jp/?eid=201


白米も、うどんも、パンも、栄養が少ないです(精製することで、一番栄養のある部分を捨てている。)。


ビタミン類は壊れやすいのがその特徴で、食品の保存期間が長ければ長いほど栄養素は無くなってしまいます。
現代人は、取れたての食品を摂取することは難しい状況なので、常にビタミン不足の可能性にさらされています。
ビタミン不足にならないようにするためには、なるべく新鮮な食品を摂取することが大切です。

ビタミン不足で精神疾患になってしまう可能性が最も高いのは、スーパーで食材から買ってきて料理しない食事を取ってしまう生活をしている人です。インスタント食品、レトルト食品からビタミンを摂取することは不可能な状況です。外食産業では、ほとんどがコスト削減のために、水煮野菜を用いています。水煮野菜には、ビタミン、ミネラルがほとんどなくなっています。
見た目は同じ野菜でも、栄養素が全然違うということを認識しておいた方が良いです。
http://yuzuman.sakura.ne.jp/eiyounotaisetusa.html

特集ではミネラルが減る原因を実験付きで解説している。冷凍食品は解凍時にミネラル分を含む汁が失われ、野菜も中国などで水煮し、汁を捨てて輸入している。そうした食材を使って味付けし、弁当や惣菜にしているのだから当然といえる。
http://archive.is/WNlj8

なぜ栄養をとらないとうつ病になるのか?それは、前にも少しお話したと思うのですが、脳の神経伝達物質セロトニンが、うまく分泌されなくなるからです。
http://ameblo.jp/keiji5075/entry-11715306099.html


セロトニンはトリプトファンから体内で合成されますが、 この合成にはビタミンB1、B3、B6、B9などが必要になります。
http://fatigue.hajime888.com/f014.html
※玄米なら全部含まれているはずです。


玄米なら1日に必要な栄養素が多く含まれていて、極端な話、人間は玄米と自然塩と水だけで、生きられるそうです。


4.腸内環境が乱れている
――――――――――――――――――――――――――――――――――

精神を安定させる神経伝達物質、セロトニンの95%が腸で作られている
http://chirotic.exblog.jp/15240980/

「ヒトを対象にした調査研究では、うつ症状が大きい患者ほど腸内に慢性的な炎症が多く、酸化ストレスを抱えていることが何度も確認されている」

「リーキーガットが起きたり、小腸でバクテリアが繁殖すると、深刻な不安とうつ病の状態に落ちることがわかっている」

続きはこちら
http://yuchrszk.blogspot.jp/2015/03/blog-post_24.html

うつ病が食事で治った!(たけしのみんなの家庭の医学 奇跡の回復法SP)
http://www.gr8lodges.com/8665.html

「また、先生が世界に先駆けて発見したのは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の数が、うつ病の人は少ない。うつ病の人は腸内環境が乱れている人が多いということ。」
http://www.gr8lodges.com/8665.html

食べ過ぎこそ病気の最大原因
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20121202/1354475599


5.薬で悪化説
――――――――――――――――――――――――――――――――――

詳しくはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20140612/1402594379


6.白砂糖の大量摂取
――――――――――――――――――――――――――――――――――

白砂糖は精製によりビタミン・ミネラルがなくなっており、体内に入ると体内のビタミン・ミネラル特にカルシウム(Ca)を大量に奪う。
http://rakanka.mobi/white/

白砂糖は、精製されているがゆえに血中に取り込まれるのがとても速く、血糖値が急激に上昇します。
血糖値が急上昇すると、血糖値を下げる働きを持つインスリンが大量に分泌されます。大量のインスリンによって血糖値が下がると、今度は反対に低血糖の状態になってしまうことがあるようです。

低血糖症の症状はうつ病などの精神疾患と似ています。
※砂糖、パン、白米、うどんなどの、急激に血糖値を上げる食品(高GI食品)は、避けるようにしましょう。

糖類は、体内で分解される時にビタミンB1が必要となり、そのため、ビタミンB1の摂取量が少ないと欠乏症を起こし、鬱、疲労、眩暈...
http://rakanka.mobi/white/

白砂糖の主成分であるショ糖は悪玉菌の直接の餌
http://rakanka.mobi/white/


7.(生まれつき肝臓が弱いのに)負担をかけすぎ
――――――――――――――――――――――――――――――――――

甲田博士は、つぎのような見方を示しています。
「わたしの長年の臨床経験に基づくと、うつ病というのはまず、肝臓が弱っている人がなる傾向が顕著です。つまり、わたしが提唱している、鈍重肝臓です」
現代医学では、精神や心と肝臓機能との密接な関係をあまり重要視しませんが、東洋医学では両者は密接な関係にあるととらえます。
実際、肝臓がとことん弱ってくると、気力が萎えてくることは、一般の人でも体験的に知っている場合があります。C型肝炎でインターフェロンの治療を受けると、うつ傾向になって、なかには自殺をする人もいますが、これも肝臓と心が密接な関係にある証拠のひとつではないでしょうか。
「うつ病やうつ傾向の人は、心が落ち込むと、自分は生きるに値しないなどと否定的な感情にとらわれてしまいます。
じつは、生きるに値すると感じられるかどうかは肝臓にかかっているといっても過言ではありません。肝臓の働きが正常な人は、たとえどんなにつらい出来事に遭遇したり、どん底に落ちたりしても、はい上がってくる気力があるものです」
うつ病治療には抗うつ剤の服用が一般的ですが、甲田博士はつぎのように教え、注意を促しています。
「肝臓が悪いのに抗うつ剤を服用したら、余計に肝臓がやられるだけです。1日2食の少食療法にして滞留便をとるのを基本に、裸療法、温冷浴、背腹運動などを実行して肝臓を治すことが、うつ病改善の早道です」

※ 東 茂由著、甲田 光雄(監修)「長生きしたければ朝食は抜きなさい」P206〜P207より転載しました。
http://amzn.to/SQOkKF
全文転載したいくらい良い本でした。


9.その他
――――――――――――――――――――――――――――――――――

よく知らないのですが、他にもあるそうです。

・有害物質で悪化《食品添加物、トランス脂肪酸、歯の詰め物(アマルガム)》
・低体温、血液の汚れ、血行不良で悪化
・リーキーガット症候群?
・シックハウス症候群?
・骨盤のゆがみ?
・自然塩不足?

食べ過ぎこそ病気の最大原因   #ガン #癌 #糖尿病 #心筋梗塞 #脳卒中 #うつ病 #鬱病 #断食 #少食

f:id:uneki2012:20121203080826j:image:w300

※西式甲田療法の甲田先生の本から、要約して抜き出しました。

「居座り続ける腸内の便が血液を汚し、万病をつくる」
胃腸の処理能力を超える負担をかけ続けた場合に、腸管内に排泄物が渋滞します。渋滞しても、腸内細菌が出す酵素によって何週間かで醗酵、分解されて消えてなくなります。ただ消えてしまうのならよいのですが、便が分解される過程で腐敗が起こり、その毒素が腸管から血液に吸収されてしまうのです。

「下痢ぎみの人や毎日便通があるような人でも、滞留便がたまっているケースは実に多い」
胃腸の処理能力を超えて食べつづけていると、腸の粘膜に炎症やただれを引き起こします。
また、胃腸は伸びて垂れ下がり、横に広がったりします。そうすると、安定が悪いので、腸はあちこちへへばりつき、そこへ癒着が起こります。癒着したところは、変形して細くなったりねじれたりするので、食べたものの通りが悪くなります。そのため、食物残滓が引っかかり、便として停滞するのです。

食べ過ぎて胃腸に大きな負担がかかると、肝臓にも過剰な負担がかかり、肝機能が低下して、眠くなったり、だるくなったりするわけです。
そして食べ過ぎが日常化すると、胃腸はもちろんですが、日々肝臓に負担がかかり、ついには慢性的に肝機能が低下してしまうのです。「体がだるい、疲れやすい」「首や肩のこりがひどい」「イライラしたり、くよくよしたりするなど精神的に不安定」などの症状も、食べ過ぎによる肝機能の低下が影響している可能性が高いです。
私はそれを「鈍重肝臓」と名づけました。これまでたくさんの患者さんを診察してきた経験からいうと、日本人の成人の約5人に1人は鈍重肝臓の状態にあると考えています。


管理人コメント
――――――――――――――――――――――――――――――――――

食べ過ぎて病気になる人とならない人がいるのは、生まれつき内臓の強弱のせいだと思います。あと、ストレスの溜まりやすい性格・環境もあるでしょう。


類似記事
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「一日に必要なカロリー」の根拠は信用できない。
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20121029/1351466445

西式甲田療法のススメ : ありとあらゆる病気が治った!

f:id:uneki2012:20080926212049j:image:w300

皆さん、僕は西式甲田療法をオススメします。

甲田先生曰く、「私は医師として約半世紀、たくさんの難病の患者さんと接してきました。その経験からいいますと、食べ過ぎこそ病気の最大原因と確信しています。」だそうです(詳しくはこちら。)。
http://d.hatena.ne.jp/uneki2012/20121202/1354475599
※現代医学通りにやってたら食べすぎてしまう

西式甲田療法では、主に少食&断食&玄米生菜食&西式体操で病気を治します。
ありとあらゆる病気が治ったそうです。治った人の本も出ています。

現代医学では治せる治療法がないといわれている、難病「脊髄小脳変性症」が治った人の本
・「食べること、やめました」  森 美智代さん
http://amzn.to/YbYadw

難病「潰瘍性大腸炎」が治った人の本
・マンガでわかる「西式甲田療法」 赤池 キョウコさん
http://amzn.to/Tp2TYo

病気が治るだけではなく、頭は冴え、体力が増し、睡眠時間は減り、肌はキレイになり、ストレスに強く、ポジティブに(その他略)なるそうです。また、慣れてくると、食べない快感も出てくるそうです。

皆さんぜひ、甲田先生の本を読んでください。「面白い」ですよ。


■注意点(一部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――

・断食・少食は、好転反応(一時的に症状が悪化する)があります。
・生菜食はしばらく体が冷えるそうですが、その後逆に暖かくなるそうです(体質が変わる。)。
・断食・少食は段階をおって行います。始めは間食・夜食を無くすことから始めます。
・1日断食、毎日1日2食は比較的安全ですが、病人、老人などは専門の施設で行なうのが無難です。
・長期の断食はリスクがあります。基本的に専門の施設で行なってください。