食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2005-07-06

EurekAlertより

女性健康研究から、ビタミンEは女性を心臓発作・脳卒中・ガンから守らないことがわかった

Women's health study finds vitamin E does not protect women from heart attack, stroke, or cancer

5-Jul-2005

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2005-07/nhla-whs063005.php

ビタミンEとアスピリンの心血管系疾患及びガン予防効果に関する長期臨床試験の結果がJAMAの7月6日号に発表された。その結果、ビタミンEサプリメントは健康な女性の心血管系疾患やガンに効果がないことが明らかになった。

この研究は1992年から2004年年に行われ、45才以上の健康な女性39,876人が参加した。参加者は600IUのビタミンE又はプラセボと低用量アスピリン又はプラセボを交互に飲む群に無作為に割り付けられた。平均10.1年間フォローした。アスピリンの結果は3月に発表され、100mg毎日のアスピリンが最初の心臓発作や心血管系の死亡は抑制しないが65才以上の女性についてはリスク削減がみられることなどを報告している。

ビタミンEについては

非致死性の心臓発作:ビタミンE群で184、プラセボで181 有意差無し

非致死性の脳卒中:ビタミンE群で220、プラセボで222 有意差無し

総死亡数:ビタミンE群で636、プラセボで615 有意差無し

近年ビタミンEのような抗酸化ビタミンへの関心が高いが、著者らは心血管系疾患やガンを予防するためにビタミンEを摂ることは薦められないとしている。

1999-2000米国国民栄養調査では米国人女性の13.5%がビタミンEサプリメントを摂取している。


追記

この論文についての「内科開業医のお勉強日記」での言及

http://intmed.exblog.jp/2075496/

レキシントンのサービス業労働者のニコチンレベルが禁煙法後56%も低下した

Study shows nicotine levels in Lexington service workers drop 56% after Smoke-Free Law

5-Jul-2005

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2005-07/uok-ssn070505.php

昨年レキシントンで禁煙法が制定されて以来、レストランやバーで働く人たちの健康状態が劇的に改善したという研究結果が発表された。

レキシントンの50のバーやレストランで働くヒト106人の毛髪中ニコチンレベルを法律発効4ヶ月前と実施3ヶ月後に測定した。喫煙者でも法律施行後の毛髪中ニコチンレベルは低下していた。さらに風邪や鼻炎などの症状を報告する人の割合も法律前84%、施行後3ヶ月で49%、6ヶ月で50%と低下した。

報告書全文及びプレスリリースが以下のケンタッキー大学看護学部のサイトから入手できる。

http://www.mc.uky.edu/TobaccoPolicy/NewRelease.HTM



Natureニュース

自己催眠がアレルギーを抑える

Self-hypnosis squelches allergies

5 July 2005

http://www.nature.com/news/2005/050704/full/050704-5.html

スイスの研究者の報告によれば、アレルゲンのない環境を思うだけで花粉症の症状が1/3に減る。

Wolf Langewitzらは中程度から重症の花粉症患者79人に自己催眠技術を教えた。スキー場のようなアレルギーのおこらない環境を思い浮かべ、きらきら輝く雪の結晶や寒さなどいろいろな雪に関するたくさんの知覚チャンネルを刺激するよう患者を指導した。約40人の患者が2年間この方法に従い、それからアレルゲンに対する生物学的応答を検査した。花粉に暴露されたときの鼻腔の空気の流れを計測して鬱血の程度を測定した。その結果自己催眠の無い時に比べて訓練後では鬱血の程度と単純な質問による症状の評価で症状が1/3に減少していた。

著者らはこの結果は予備的なものであるが、副作用はないので試してみる価値はあるとしている。

アトランタアレルギー喘息病院のKathleen Sheerinは「この結果は興味深いものである。患者は自己催眠そのものよりもこの治療方法が効くという信頼により大きく影響されているかもしれない。」と述べている。

Effect of Self-Hypnosis on Hay Fever Symptoms - A Randomised Controlled Intervention Study, Wolf Langewitz et.al.

Psychotherapy and Psychosomatics 2005;74:165-172 (DOI: 10.1159/000084001)



NZFSA ニュージーランド

GRAS登録の変更提案

Proposed changes to GRAS registers

July 2005

http://www.nzfsa.govt.nz/acvm/publications/consultation/gras-register/index.htm

アセトアルデヒド・酢酸アミル・イソアミルイソ吉草酸・ソルビタンモノラウリン酸・メタロプロテイナーゼ/プロテアーゼ・ミネラルオイル/ホワイトオイル・ポリソルベート20・リン酸三ナトリウム・尿素を飼料添加物として一般的に安全と見なせる物質(GRAS)リストに追加する提案について、コメントを募集している。



BfR  ドイツ

プレスリリース

飛行機の毒を少なく

Less poison in planes

2005-07-05

http://www.bfr.bund.de/cms5w/sixcms/detail.php/6532

大陸間航路では乗組員がフライトの間に殺虫剤を散布しているところがある。このフライト中の殺虫剤散布は病原体を伝搬する昆虫が輸入されるのを防ぐためである。

BfRの長官Dr. Andreas Henselは「この方法は乗客や乗組員にリスクとなる。連邦環境庁などとの協力で航空機殺虫のための新しい有効な方法が開発された。」と語った。

この新しい方法は各種航空機で試験が済み、すぐに使用できる。

この方法は乗客や乗組員のいない空の客室や操縦室などに短期間有効な比較的高濃度の農薬を散布するものである。

報告書(ドイツ語)は以下

http://www.bfr.bund.de/cm/217/neues_verfahren_zur_flugzeugdesinsektion_schont_passagiere_und_besatzung.pdf


ワークショップの開催案内

In Vitro眼刺激性試験法実践トレーニング

Practical Training Workshop on In Vitro Eye Irritation Methods

2005年8月26日

http://www.bfr.bund.de/cd/6515

動物実験代替法関連情報有り


EFSA EU

プレスリリース

EFSAは天然及び養殖魚の安全性と栄養価について助言する

EFSA provides advice on the safety and nutritional contribution of wild and farmed fish

04 July 2005

http://www.efsa.eu.int/press_room/press_release/1017_en.html

EFSAは天然及び養殖魚を食べることによる健康リスクに関する意見を発表した。EFSAの意見は天然と養殖の魚には栄養価や安全性について確実な違いはないというものである。魚、特に長鎖n-3多価不飽和脂肪酸を多く含む魚を食べることは心血管系の健康や胎児の発達に利益がある。一般には週に1-2回油分の多い魚を食べることを薦めている。

問題となる汚染物質であるメチル水銀ダイオキシン様化合物への感受性は発生初期に高いため、専門家は胎児・妊娠中の女性・子どもを産むことのできる年齢の女性についてはリスクと利益を計算すべきと助言している。全体として魚の消費に関する栄養ガイドラインではダイオキシンダイオキシン様PCBを安全性に問題のある量だけ摂ることにはならない。例外はバルト海でとれる油分の多い魚(ニシンとサケ)で、これについてはより詳細な助言がスウェーデン及びフィンランド食品安全庁によりなされている。しかしながら魚の摂取に関する助言は他の食品からのこれら汚染物質についても考慮すべきである。メチル水銀に関しては週に2切れの魚を食べる女性は、ある種の捕食性の魚を避ければ耐容摂取量を超えることはない。消費者の食事に適した魚の種類や量についてのより詳細な助言は各国の食品安全機関から提供されている。

最後に、EFSAのフードチェーン中汚染物質に関する委員会は、食品摂取によるリスクと利益を定量的に評価する堅実で賛同できる方法論の開発を薦める。

その他に意見のフルテキスト、背景情報、連絡先などが記載されている。



フィンランド食品庁による魚摂取の助言は以下。

魚を食べることに関する助言

Dietary advice on fish consumption

http://www.elintarvikevirasto.fi/english/index.html?page=5923

魚には高い栄養価があるがバルト海で捕獲されたニシンとサケ、特にボスニア湾とフィンランド湾の魚は通常より高い濃度のダイオキシン及びPCBが含まれる。さらに内陸の捕食性魚、特にカワカマスには通常より高い濃度のメチル水銀が含まれる。魚が年齢を重ねるほど汚染物質が蓄積する。従って子どもや若い人や生殖年齢にあるヒトには以下の特別な助言を行う。

・大きなバルト海産ニシンと天然サケ

全長17cm以上の大きなニシンは月に一回か二回、又はバルト海産サケは月に一回か二回食べることができる

・内陸のカワカマス又は捕食性魚

海又は内陸の水系で捕まえたカワカマスは月に一回か二回食べることができる。

これに加えて

・内陸の水系の魚をほぼ毎日食べるヒトは水銀を蓄積する大きなスズキ・パイクパーチ・カワメンタイなどの捕食性魚を食べる量を減らす

・妊娠中の女性及び授乳中の女性はカワカマスを食べるべきではない。

EFSAは食品中セミカルバジドについてさらなる評価を発表

EFSA publishes further evaluation on semicarbazide in food

01 July 2005

http://www.efsa.eu.int/press_room/press_release/1006_en.html

7月1日のAFCパネルの意見発表に関するプレスリリース

食品中セミカルバジドのリスクはあったとしても非常に小さく、新しい情報は懸念を減らすものであったとして歓迎している。

(紹介済みの意見についていたプレスリリース)

天然及び養殖魚の安全性評価に関するCONTAMパネルの意見

Opinion of the CONTAM Panel related to the safety assessment of wild and farmed fish

05 July 2005

http://www.efsa.eu.int/science/contam/contam_opinions/1007_en.html

EFSAはヨーロッパ議会から天然及び養殖魚を食べることによる健康リスクについての科学的評価を求められた。EFSAの科学委員会横断ワーキンググループが作られ、評価を行った。評価は以下のEU市場にある程度出回っている魚について行った。サケ・ニシン・アンチョビ・マグロ・サバ・イワシ・ニジマス・コイ。バルト海のニシンについては特に焦点を絞った。

これらの魚のうち、サケ・ニジマス・コイは養殖が多い。他の種は天然が多い。EUで消費される魚の2/3が天然である。

魚の栄養価や汚染物質量には種・季節・餌・場所・ライフステージ・年齢が影響する。天然でも養殖でも汚染物質の量や栄養は同じ種でも大きく異なる。天然と養殖をきちんと比較する際にはサンプリング方法の標準化が必要である。現在入手できる限られたデータからは、天然と養殖魚の間には違いはなく、あったとしても小さい。しかしバルト海の例のように地域による違いはある。

魚中の汚染物質は主に餌由来で、生物濃縮性のある汚染物質は食物連鎖の上位にいる魚で高い。野生の魚の餌を制御するのは不可能であるが養殖魚の汚染物質や栄養価は餌である程度変化させることができる。養殖魚のダイオキシン様化合物汚染源として最も重要なのはフィッシュミールと魚油である。EUでは魚の餌中のPCDD/F規制を2002年から導入し、ダイオキシン様PCBについても規制に含めることを計画しており、これらの規制により養殖魚の汚染物質量は低下するであろう。

油分の多い魚は長鎖n-3多価不飽和脂肪酸(LC n-3 PUFA)の重要な摂取源である。他にLC n-3 PUFAを天然に含むものとして母乳や海洋性藻類がある。養殖魚は天然魚に比べて総脂質量は多いがLC n-3 PUFAの比率は低い。従って天然でも養殖でも魚一切れあたりのLC n-3 PUFA量は同様である。魚飼料中の油やタンパク質を植物性に変えたり汚染除去を行ったりすれば汚染物質レベルは下げられるかもしれない。しかしそうすることで養殖魚のLC n-3 PUFA量が下がるかもしれない。

魚、とりわけ油分の多い魚の摂取は心血管系に良い影響があり冠動脈系心疾患の予防につながる。また胎児の発育にも良い。しかし最適な摂取量はわかっていない。

魚はメチル水銀や残留性有機塩素化合物、臭素化難燃剤、有機スズ化合物などの汚染物質の摂取源である。これらのうち、最も重要なのはメチル水銀ダイオキシン様化合物で、ある種の魚をたくさん食べる人では他の食品からの摂取を考慮しなくても暫定的週間耐容摂取量PTWIを超える可能性がある。そのような過剰摂取は頻繁に繰り返されるとヒト健康にリスクとなる可能性があり望ましいことではない。しかし例えば魚の代わりに肉を食べたとしても必ずしもダイオキシン様化合物の摂取量が減るわけではない。他の魚中汚染物質の摂取は健康上問題とはならない。

重要な汚染物質であるメチル水銀ダイオキシン様化合物に最も感受性が高いのは発生初期である。発生初期の暴露は母親の体の中にあるものによる。メチル水銀については妊娠前と妊娠中の摂取量を減らすことで母親の体内量を減らすことができる。

PCDD/Fやダイオキシン様PCBについては体の中から減るのに数年かかるのでこの方法は不可能である。

EUで広く消費されている魚の中で最もメチル水銀量が高いのはマグロで、マグロはほとんどが天然である。PCDD/Fやダイオキシン様PCBが最も高いのはニシンでこれはほとんどが天然、そしてサケでこれは多くが養殖である。

バルト海のニシンとバルト海の天然サケを多く食べるヒトは、他の油分の多い魚を食べるヒトよりPCDD/Fやダイオキシン様PCBのPTWIを超える可能性が高い。

全体として、委員会は安全性については天然魚と養殖魚に違いはないと結論した。


PSD 英国

庭で農薬を使う−ホームページ

Using Pesticides in the Garden - Home Page

5 July 2005

http://www.pesticides.gov.uk/garden.asp?id=1609

庭や家庭菜園・室内の鉢植えなどに農薬を使う際の情報と助言を掲載したサイトを新たに作成した。

農薬の使用者は農薬を正確に有効に使う責任がある。家庭の庭が野生動物やペットや子どもたちに安全であるようにする責任がある。

このサイトでは以下の情報を提供している。

・ 農薬とは何か

・ 農薬の代わりになるもの

・ 庭で使うことのできる農薬はどれか

・ 家庭用農薬の使用禁止について

・ 農薬の散布方法は

・ 農薬の保存方法

・ 農薬の廃棄方法

・ その他の情報



FSA 英国

ヒースローにおける輸入食品管理の改善

Improving imported food controls at Heathrow

Tuesday, 05 July 2005

http://www.food.gov.uk/news/newsarchive/2005/jul/heathrownews

FSAはヒースロー空港経由で輸入される食品の管理を強化するための提案について、パブリックコメントを募集する。

独立したコンサルタントによる提案の主要な内容は、全ての管理に責任を持つ単一の地方局を作ることである。ヒースロー空港は現在4つの地方庁により分担管理されている。

他にハイリスク食品の輸入の際には事前通知を可能とするITシステムを作ることなどが提案されている。

コメントは9月30日まで受け付ける。



FSANZ オーストラリア・ニュージーランド

リコール

天然水

Date Notified To FSANZ 1 July 2005

Natural Spring Water

http://www.foodstandards.gov.au/recallssurveillance/foodrecalls/currentconsumerlevelrecalls/springwaterbiotoxina2944.cfm

藻類が混入しているため回収。種類は現在同定中であるが、ある種の天然藻類は健康に有害である。


お菓子

Date Notified To FSANZ 1 July 2005

Confectionery

http://www.foodstandards.gov.au/recallssurveillance/foodrecalls/currentconsumerlevelrecalls/confectionerycontami2946.cfm

Masterfoods Australia New Zealandはチョコレートバーに毒物を入れるという脅迫状が届いているため、予防的措置としてMars & Snickers Barsを回収する。警察が犯人を捜査中である。


醤油

Date Notified To FSANZ 30 June 2005

Soy Sauce

http://www.foodstandards.gov.au/recallssurveillance/foodrecalls/currentconsumerlevelrecalls/soysaucechemicalcont2942.cfm

許容量を超える化学物質が検出されたため回収。物質名の記載無し