食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2007-06-21

Natureニュース

死刑に直面した医療従事者への最高裁判所での審問が始まった

Supreme Court hearing starts for medics facing death penalty

20 June 2007

http://www.nature.com/news/2007/070618/full/070618-12.html

リビアにおける6人の外国人医療従事者の長い裁判が最後の局面にさしかかった。国際社会は6人の解放を求めてきた。彼らが意図的に子どもたちをHIVに感染させたのではなく、流行は医療用資材の汚染と衛生状態の悪さによるものであることが科学的に示されている。判決は7月11日を予定しているが、どういう判決が出ても、外交的手段により解放されると外交筋は楽観的である。

[][]USDAはタイから6種の果物の輸入を許可

USDA ALLOWS IMPORT OF SIX FRUITS FROM THAILAND

June 20, 2007

http://www.aphis.usda.gov/newsroom/content/2007/06/thaifrut.shtml

タイ産のライチ、竜眼、マンゴ、マンゴスチン、パイナップル、ランブータンを、登録農場で育てて指定の線量で照射して検疫することを条件に輸入許可する。

[]ACAF公開会合

ACAF Open Meeting 20 June

Wednesday 20 June 2007

http://www.food.gov.uk/news/newsarchive/2007/jun/acaf38meet

動物飼料に関する助言委員会(ACAF)が6月5日に第38回会合を開催した。バイオ燃料と水産業について議論した。

[][]欧州委員会からの要請による輸入蛋白質成分中のメラミンとシアヌル酸のような関連化合物に関するEFSAの暫定声明

EFSA´S PROVISIONAL STATEMENT ON A REQUEST FROM THE EUROPEAN COMMISSION RELATED TO MELAMINE AND STRUCTURALLY RELATED COMPOUNDS SUCH AS CYANURIC ACID IN PROTEIN-RICH INGREDIENTS USED FOR FEED AND FOOD

http://www.efsa.europa.eu/etc/medialib/efsa/science/contam/contam_statements/contam_statement_melamine.Par.0001.File.dat/contam_statement_melamine_en.pdf

米国におけるペットの病気や死亡事故報告を受けて、第三国、特に中国から輸入される蛋白質原料中のメラミンについて、緊急に声明を発表する。

SCFは食品と接触する物質由来のメラミンについてTDIを0.5 mg/kg体重/日に設定している。根拠の詳細は不明。米国は0.63 mg/kg体重/日と同程度に設定している。シアヌル酸ナトリウムについては2年間のラット試験で導かれたNOAEL 154 mg/kg体重/日から安全係数100を採用してTDIは1.5 mg/kg体重/日となる。

アンメリンとアンメリドについては毒性データはないがメラミンとの構造的類似性から同様の毒性があるとみなされている。

結論としてEFSAは総メラミン及び関連化合物のTDIとして0.5 mg/kg体重/日を暫定的に推奨する。家畜についてのデータはないため、ヒトの値を暫定的に適用することを薦める。

[]カナダで受容できる魚とシーフードの名前データベース

List of Canadian Acceptable Common Names for Fish and Seafood

Last Update: 2007/06/19

http://active.inspection.gc.ca/scripts/fispoi/fplist/fplist.asp?lang=e

更新

[]偽造と海賊行為の経済的影響

THE ECONOMIC IMPACT OF COUNTERFEITING AND PIRACY

http://www.oecd.org/dataoecd/13/12/38707619.pdf

[]その他論文いくつか

オーガニック食品は健康に良いのか?

Is organic food better for our health?

C. S. Williamson (2007)

Is organic food better for our health?

Nutrition Bulletin 32 (2), 104 108.

オーガニック食品が健康に良いという科学的根拠はほとんどない。しかし人々がオーガニック食品に求めているのは健康によいということではない。


食品パニックの歴史:コンビーフ、腸チフスそして「リスク社会」

Food panics in history: corned beef, typhoid and "risk society"

Journal of Epidemiology and Community Health

2007, 61: 566-570

David Smith

http://jech.bmj.com/cgi/content/abstract/61/7/566


Ramazzini財団によるアスパルテームの論文 第四弾

Lifespan Exposure to Low Doses of Aspartame Beginning During Prenatal Life Increases Cancer Effects in Rats

http://www.ehponline.org/members/2007/10271/10271.pdf

(相変わらず大量の動物を死ぬまで飼うという独自のやりかたで、先の論文の評価で感染のせいで増えただろうと言われたリンパ腫。今回は乳腺腫瘍もあるが。いくら「新しい論文」を出しても、先の論文でダメ出しされた部分を修正しない限りまともに相手にはされないだろう。

EHPはこういう論文が好きなので困る。)