食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2007-09-21

[][]声明:遺伝子組換え食品の安全性評価における動物での混餌投与試験の役割

Statement: Role of animal feeding studies in the safety assessment of genetically modified foods

21 September 2007

http://www.foodstandards.gov.au/foodmatters/gmfoods/roleofanimalfeedings3717.cfm

2007年6月に、FSANZは遺伝子組換え食品の安全性評価において、餌として与えた動物実験の果たす役割についてのガイダンスを作成するための専門家委員会を開催した。我々は現在実施中の安全性評価方法のレビューの一環としてワークショップを開催した。ワークショップの報告書は以下。

http://www.foodstandards.gov.au/_srcfiles/Workshop%20Report%20FINAL.pdf

専門家委員会は、GM食品については入手できる最良の科学に基づきケースバイケースの評価を続けるべきであるとした。委員会は動物の餌として与えた実験は、限られた状況で有用である可能性があるが、健康への有害影響の可能性は一般的にはGM食品と従来食品の比較評価により同定できるであろうとしている。データがある場合は動物での混餌投与試験の結果を評価すべきであるが、 その結果の解釈には限界があることを考慮すべきである。

FSANZの代理主任科学者Dr Paul Brentは「委員会の結論と助言は我々の現在の実施状況と概ね一致している。委員会のメンバーによる建設的議論に感謝する。これらの結果はFSANZのGM食品安全性評価に役立つであろう。」と述べた。

我々は食品製造業者にGM食品認可申請の一部として動物での混餌投与試験を一般的には求めない。もしそのような試験のデータがあれば、補助的情報としてそれを評価する。しかしながら将来のGM申請において動物での混餌投与試験が有用であるような場合もあるだろうし、そういうときにはそのような試験を要求するかもしれない。

我々は動物での混餌投与試験の役割を含むGM食品の安全性評価ガイドラインのレビューを完了し、専門家委員会の助言を取り入れた。

新しいガイドラインは以下である。

SAFETY ASSESSMENT OF GENETICALLY MODIFIED FOODS Guidance Document

Updated September 2007

http://www.foodstandards.gov.au/_srcfiles/GM%20FINAL%20Sept%2007L%20_2_.pdf



EurekAlert (http://www.eurekalert.org)より

アジア−太平洋諸国はバイオ燃料についてより注意深く研究する必要がある

Asia-Pacific nations urged to study biofuels more carefully

20-Sep-2007

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2007-09/irri-anu092007.php

アジア太平洋諸国での現在のバイオ燃料への急激な推進政策決定の前に、堅実な研究が必要である。

フィリピンで8月27-29日に開催されたアジア太平洋農業研究所(APAARI)によるバイオ燃料に関する専門家会議において発表された訴えによれば、バイオ燃料について、その利益と影響とリスクに関するバイアスのない堅実な研究が緊急に必要である。

バイオ燃料がアジア太平洋地域の農業に影響を与えることは疑いの余地がない。しかしこの地域の食糧安全保障や貧困撲滅のための努力に悪影響がないかどうかはわからない。アジア地域ではバイオ燃料への投資が始まっており、マレーシアやインドネシアではバイオ燃料用アブラヤシの大規模農場ができている。フィリピンはガソリンに5%のバイオ燃料を混入することを義務化した。しかし同時に中国などでは食糧として重要なトウモロコシをバイオ燃料として使用することを禁止している。

会合の詳細については以下のサイトから。

http://www.apaari.org/

[][]より賢く食べてよく学ぼう

20.09.2007

http://www.bmelv.de/cln_045/nn_1029776/DE/03-Ernaehrung/03-Qualitaet/QualitaetsstandardsSchulverpflegung.html__nnn=true

BMELVは学校で提供される食事の新しい品質基準を発表した。

子どもや青少年の健康的なライフスタイル促進のために、学校の食堂や売店で提供される食品はバランスの取れた美味しいものでることが望ましい。

新しい基準のパンフレット(ドイツ語)

http://www.bmelv.de/cln_045/nn_749122/SharedDocs/downloads/03-Ernaehrung/Ernaehrungsqualitaet/QualitaetsstandardsSchulverpflegung,templateId=raw,property=publicationFile.pdf/QualitaetsstandardsSchulverpflegung.pdf

[][]CONNERは遺伝子組換え作物の規制遵守改善計画を発表

CONNER ANNOUNCES PLAN TO IMPROVE QUALITY COMPLIANCE OF GENETICALLY ENGINEERED PRODUCTS

Sept. 20, 2007

http://www.usda.gov/wps/portal/!ut/p/_s.7_0_A/7_0_1OB/.cmd/ad/.ar/sa.retrievecontent/.c/6_2_1UH/.ce/7_2_5JM/.p/5_2_4TQ/.d/1/_th/J_2_9D/_s.7_0_A/7_0_1OB?PC_7_2_5JM_contentid=2007%2F09%2F0257.xml&PC_7_2_5JM_parentnav=LATEST_RELEASES&PC_7_2_5JM_navid=NEWS_RELEASE#7_2_5JM

農務省長官代理Chuck Connerは大学や企業が遺伝子組換え作物の野外試験や移動の際の規制遵守をより確実に管理できるようにする新しい計画を発表した。

新しいバイオテクノロジー品質管理システムBiotechnology Quality Management Systemは任意の法令遵守補助計画で、2008年春に最初に導入することを計画している。

バイオテクノロジーは農業経済発展の鍵となる技術で、USDAの計画は、問題を予防するための優良管理の導入でバイオテクノロジー部門を補助するであろう。

バイオテクノロジー品質管理システム(BQMS)のファクトシート

http://www.usda.gov/documents/fs_bqms9-2007.pdf

(Mike Johanns農務省長官が辞めたのでChuck Conner氏が代理として対応している)

[]FSAは産地表示ガイダンスを改定

Agency to update country of origin labelling guidance

Thursday 20 September 2007

http://www.food.gov.uk/news/newsarchive/2007/sep/originlabellingguidance

FSAは2002年に産地表示ガイダンスを発表しているが、さらに改良するため意見を募集する。

意見の宛先は以下から。募集は2007年12月13日まで。

http://www.food.gov.uk/consultations/ukwideconsults/2007/originlabelupdate0709

[][]運営委員会は添加物研究について議論する

Board discusses additives research

Thursday 20 September 2007

http://www.food.gov.uk/news/newsarchive/2007/sep/additivesboard

FSAの公開会合で、ある種の合成食用色素と保存料の子どもへの影響に関する研究について議論が行われた。

運営委員会はEFSAがこの問題を緊急事項として検討しており、来月には欧州委員会に最初の回答をすると認識している。FSAの長官Dame Deirdre Huttonは、消費者の関心が高いため迅速に対応するよう要請する手紙をKyprianouコミッショナーに書くつもりであると述べた。さらに食品企業の対応についても議論し、運営委員会は消費者の深刻な懸念があるのに企業が直ちに色素を排除しないのは驚きであるとしている。企業の一部は既に色素を排除し消費者への情報提供を行っているが、全ての企業が迅速に対応することを求める。

[]食品バイオテクノロジー:米国の消費者の態度傾向、2007報告書

IFIC 国際食品情報センター

Food Biotechnology: A Study of U.S. Consumer Attitudinal Trends, 2007 REPORT

September 2007

http://ific.org/research/biotechres.cfm

食品に対する不安がメディアで多く報道されているなか、植物バイオテクノロジーに関する関心や態度に変化は見られず、懸念は小さいままである。動物のバイオテクノロジーに関する関心も2007年には変化は見られなかったが、バイオテクノロジーによる製品の全体的印象、メリットへの反応、購入意志などが幾分増加している。米国で供給されている食品の安全性についての信頼は高いままであるが、「安全性への非常に高い信頼」群に減少が見られた。「持続可能な食糧生産」について尋ねると、ほとんどの人はそのことを聞いたことが無いが、その概念について説明するとそれは重要な問題であるとみなした。10年以上の傾向を追ったデータから、啓蒙と受容は相関していることが明らかである。従って、食品バイオテクノロジーに関する信頼できる、科学に基づいた情報を伝えることの重要性は依然として大きい。

調査結果の要約及び詳細データがこのサイトからダウンロードできる。

[]William Rea医師への懲戒請求

Quackwatchの裁判ウォッチから

Disciplinary Action against William Rea, M.D.

September 16, 2007更新

http://www.casewatch.org/board/med/rea/complaint.shtml

テキサス州ダラスで環境健康センターを運営しているWilliam J. Rea医師が、医師免許を取り消されるかもしれない懲戒処分請求に直面している。テキサス州医事当局が彼を以下の罪で懲戒請求した。(a)疑似科学的検査法を用いた。

(b)正確な診断を行わなかった。(c)「無意味な」治療を行った。(d)彼の治療法が根拠がないという情報を患者に提供しなかった。(e)彼が訓練を受けていない分野の治療を行った。(f)米国内科医認定機関が認めていないのに自分は認定された医師であると称していた。Reaは、科学界では認められていない他種類化学物質過敏症(MCS、化学物質過敏症)の宣伝者として有名である。

(電磁波過敏症も宣伝している)

以下訴状

テキサス州医事当局がReaの医師法違反の情報を受け取り、調査の結果違反が認められたので2007年8月24日、訴えた。

例えば臨床上の意義が認められていない単一ヌクレオチド多型(SNPs)を調べて「異常」としたり、シングルフォトン放射トモグラフィー(SPECT)により「神経認知疾患」と診断したり、存在しない「神経伝達物質アレルギー」や「淡水藻類アレルギー」を皮膚テストで診断したり、毛髪ミネラル検査など科学的根拠のない検査を行っていた。こうした非科学的検査の結果、患者は自分が罹患していない病気になっていると信じるようになった。そして医学的に効果が認められていないサプリメントやサウナやその他いろいろな「治療」を受けさせられていた。

5人の患者の具体的例がイニシャルで記載されている。かなりひどい。

正常の検査結果に対して「異常」と診断していろいろな治療をされていたり。

神経伝達物質アレルギー」という診断をしてアセチルコリン・ドパミン・ノルアドレナリンセロトニンヒスタミンなどを脱感作療法の「抗原」として注射していたり。

(法的手続き関係の専門用語はよくわからないので信用しないように。原文を確認して下さい。

ヒスタミンなんかで皮膚テストしたら腫れるに決まってる。それでヒスタミンに反応しました、ヒスタミンアレルギーです、って診断する?神経伝達物質のような人体に必須の物質に対してアレルギーがあるというならその人はもう生きていけないはず。

William Reaは日本でもこんなところ (ttp://news-sv.aij.or.jp/iapoc/01international.htm )で話している。主催は化学物質過敏症プロモーションのいつものメンバー。

「北里研究所病院臨床環境医学センターはダラスのReaの施設を参考にして作られています」だって。 ttp://www.tsuji-a.com/aehf/ind_aehf.html)

sekizukasekizuka 2007/09/22 20:08 >Reaは日本でもこんなところ
いやぁ〜、なんと言ってよいやら。。。トホホ

uneyamauneyama 2007/09/23 08:06 ただの詐欺師のようですが、「MCSの第一人者」らしいです。そういう「分野」がまともなものだとは思えないです。

bemsjbemsj 2008/04/16 03:07 この提訴があってから半年以上経過していますが、その後 どうなったのでしょうか?

nauronauro 2009/12/09 03:19 上記でおっしゃってるアレルギーはアナフィラキシーショックのようなIgEによる反応のことだと思いますが
神経伝達物質にたいする免疫反応という意味であれば自己免疫疾患があります。こちらはIgGによる反応ですので、これを知らない人に説明するのが非常に難しいのですが。