食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2009-02-02

EurekAlert(http://www.eurekalert.org/)より

[]ワクチンと自閉症:多くの仮説があるが何の相関もない

Vaccines and Autism: Many Hypotheses, But No Correlation

2009年1月30日

http://www.idsociety.org/Content.aspx?id=13336

Clinical Infectious Diseasesの2009年2月15日号に発表されたレビュー。

多くの研究がワクチンと自閉症の関連を否定している。

著者のフィラデルフィア子ども病院のPaul Offit医師は「ワクチンが自閉症を引き起こす原因についての一つの仮説が否定されると別の説が持ち上げられる。」と言う。ワクチンへの恐怖が予防接種の接種率を下げ、実際に公衆衛生に影響している。ワクチン拒否が最近のミネソタでの子ども一人の死亡を含むHaemophilus influenzaeの増加に寄与し、昨年のカリフォルニアでのはしかのアウトブレークの一つの要因である。

The Lancetに1998年に発表されたMMRと自閉症の関連を示唆する論文やエチル水銀含有保存料チメロサール説、そして複数のワクチンを同時に打つと免疫系が弱くなるという仮説まで、いずれも否定されている。

心配している保護者が予防接種を受けさせないことによるワクチンで予防できる病気のアウトブレーク増加傾向を受け、保護者は予防接種を受けさせないという選択がリスクがないわけではないことを認識すべきだ。予防接種拒否はさらに重大なリスクを負うという選択でしかない。

この論文はオープンアクセス

Jeffrey S. Gerber and Paul A. Offit

Vaccines and Autism: A Tale of Shifting Hypotheses

Clinical Infectious Diseases 2009;48:456 461

http://www.journals.uchicago.edu/doi/full/10.1086/596476


さらにGuardianでこんな報道があった

Charity chief quits over autism row

Sunday 25 January 2009

http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2009/jan/25/autism-mmr-vaccine#

世界最大の自閉症チャリティ団体(Autism Speaks)の取締役Alison Singerが自閉症の原因がワクチンかどうかを巡る見解の相違により辞任。

Alison Singerは2005年にAutism Speaksが設立された時の最初の最高責任者で、先週辞任するまでコミュニケーションと戦略担当の副責任者だった。彼女は先週米国政府の自閉症対策戦略を検討する機関間自閉症調整委員会Interagency Autism Coordinating Committee (IACC)において新たに自閉症とワクチンの関係を調査する研究にはもう出資しないという投票を行った。このことがAutism Speaksの立場と対立し辞任することになった。Alison Singerは言う「お金には限りがある。自閉症とワクチンの関連は何度も何度も否定されてきた。同じ結果を得るのにお金を使い続ける意味はない。事実はワクチンは自閉症の原因ではなく、ワクチンは命を救っているということだ。」さらに彼女は自分の息子がワクチンのせいで自閉症になってしかも治ったと主張する女優Jenny McCarthyを批判している。私たちは女優の言うことではなく専門家の話を聞くべきだ。

(Alison Singerも自閉症の娘をもつ)

(製薬会社でも最大の困難は開発中の新薬の開発中止の判断だという。政治でも始めてしまったことを撤回するのは始めるより困難。なんらかのアンチテーゼで始まった市民運動は当初の目的が達成されたり消失したりしたあとに撤退ができないまま疑似科学の塊となりやがて呪いへと変わっていくんだ・・・。)

[][]第三次学校栄養食事評価研究発表

Results of the third school nutrition dietary assessment study published

1-Feb-2009

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2009-02/ehs-rot012709.php

Journal of the American Dietetic Associationの2009年2月号別冊として第三次学校栄養食事評価研究(SNDA-III)の知見が発表された。この調査は子どもたちの学校や学校以外での食習慣と肥満や過体重について調査したもので、287の公立学校の2314人の1-12年生の2004-2005年の2学期半ばのデータを集めて解析した。多くの学校で朝食と昼食を提供していてその内容は良くなっているがまだまだ改善の余地がある。

オープンアクセス 

The School Food Environment, Children's Diets, and Obesity Findings from the Third School Nutrition Dietary Assessment Study

http://www.adajournal.org/content/2009suppl

[]気候変動に備える:Helmholtz Zentrum Munchenの研究者らが暑さと乾燥に強い穀物のゲノムを解析した

Preparing for climate change: Helmholtz Zentrum M nchen researchers analyze the genome of a heat and drought resistant cereal plant

2009-01-30

http://www.helmholtz-muenchen.de/en/press/press-releases/press-releases-2009/press-releases-2009-detail/article/11546/9/index.html

ソルガムの解析の話。

こっちも

Genome sequence shows sorghum's immense potential

Jan 29, 2009

http://www.uga.edu/news/artman/publish/090129_SorghumGenome.shtml

ゲノムの大きさがヒトの1/4と比較的小さい。乾燥に強いことから、この知見が他の植物の改良に役立つ可能性がある。

[][]血中鉛濃度の高い子どもは家の改築や修理やペンキ塗りと関連する ニューヨーク州、2006-2007

MMWR January 30, 2009 / 58(03);55-58

Children with Elevated Blood Lead Levels Related to Home Renovation, Repair, and Painting Activities --- New York State, 2006―2007

http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5803a3.htm?s_cid=mm5803a3_x

2006-2007年のニューヨーク州での環境調査の結果血中鉛濃度が20 microg/dL以上だった972人の子どもたちについてのデータを解析した。その結果家屋の改築や修理やペンキ塗りが重要な暴露源であった。特にハイリスクなのは1978年(住居用の鉛ベース塗料が禁止された年)以前に建てられて、改築や修理やペンキ塗りを行っている家に住んでいる子どもたちである。

[]CPSCはある種の製品に対する検査や証明要求を1年延長することを認める

CPSC Grants One Year Stay of Testing and Certification Requirements for Certain Products

January 30, 2009

http://www.cpsc.gov/cpscpub/prerel/prhtml09/09115.html

CPSCは12才以下の子ども用の製品を含むある種の製品について特定の検査や保証の要求を1年延長することを満場一致(2-0)で可決した。これらの要求は消費者製品安全性改良法(CPSIA)の一部で、この法はCPSCの管轄下にある全ての製品に検査と証明を要求するものである。

この投票の結果、2009年2月10日発効の検査と証明書要求の一部については緩和される。新しい総鉛含量規制(600 ppm)、一部の製品のフタル酸類(1000ppm)、おもちゃ基準などである。子ども製品の輸入業者は製造業者はこれらの新しい規制により要求される検査と証明書の添付は必要ないが、基準値に合致することは求められる。

この決定によりCPSCのスタッフに提案されているどの製品が検査除外なのかに関する規則の最終化やガイドライン発行のための時間が与えられる。

CPSIAについての詳細は以下から

http://www.cpsc.gov/ABOUT/Cpsia/cpsia.HTML

[]リベリアのアーミーワーム異常発生対策は時間との競争

Race against time in Liberian Armyworms plague

29 January 2009, Rome

http://www.fao.org/news/story/en/item/9919/icode/

FAOの率いる国際専門家チームは、リベリアで国の緊急事態を引き起こし西アフリカに拡散する可能性のあるどん欲なアーミーワーム芋虫の大量発生対策に時間に追われている。

  • リベリアで芋虫の大発生が大惨事に

Caterpillar plague wreaks havoc in Liberia

22 January 2009, Rome

http://www.fao.org/news/story/en/item/9832/icode/

  • Natureニュースから

アフリカンアーミーワームを食い止める

Halting the African armyworm

http://www.nature.com/news/2009/090130/full/news.2009.72.html

作物を食べる芋虫の大量発生がリベリアを襲い、第二波は数週間で西アフリカ一帯に広がるだろうとFAOが警告している。リベリア共和国の大統領Johnson-Sirleafは緊急事態宣言を発し国際的援助を要請している。

アフリカンアーミーワームは蛾アフリカシロナヨトウの幼虫で10-12月の雨期にケニアやタンザニアの草や作物に卵を産む。幼生は2-5センチで集団で進軍してあらゆる作物を食べる。蛾になると1000キロを飛行し10日の間に1000個の卵を産む。これまでアーミーワームの被害は過去55年間に48回報告されている。

この虫は見つけたらすぐ農薬を散布して駆除できる。タンザニアには蛾の発生をモニタリングするためのフェロモントラップのネットワークがある。また農薬の備蓄も行っている。

しかしリベリアではこの脅威に速やかに対抗できなかった。最初は農家がこの虫に使える農薬を入手できなかった。現在はガーナから輸入した農薬を政府のチームが散布している。残念ながら蛹は地下に潜ってしまっているため農薬は効かない。従ってリベリアは第二波に備える必要がある。

[]食品や飼料の安全性に関してBfRが2005-2008年に発表した技術的文書のリスト

31.01.2009

http://www.bfr.bund.de/cm/221/aufstellung_der_fachlichen_stellungnahmen_des_bfr_zur_lebens_und_futtermittelsicherheit.pdf

タイトルに英語併記

[][]PDP 進行状況報告書

Pesticide Data Program

Progress Report December 2008

December 2008

http://www.ams.usda.gov/AMSv1.0/getfile?dDocName=STELDEV3002094

2007年はPDPによる検査は12689検体で内訳は野菜や果物9734、アーモンド361、 ハチミツ186、ヘビークリーム(乳脂肪分の多いクリーム)742、トウモロコシ穀粒660、飲用地下水272、飲料水734である。トウモロコシ穀粒と水は全て米国産、その他は73.4%が米国産で24.2%が輸入品である。

水を除く作物については11,683検体中残留農薬が検出された総回数は1.9%であった。農薬が全く検出されなかった検体は23%、1種のみが30%、複数検出は47%であった。

耐用濃度を超えていたのは11,683検体中0.4%で、1物質の基準超過が45検体、2物質が3検体、4物質が1検体だった。耐用量が設定されていない農薬が検出されたのは3.3%で、ほとんどの場合濃度は極めて低くドリフトや作物のローテーションによると考えられる。

詳細データはPDPのサイトから

http://www.ams.usda.gov/AMSv1.0/ams.fetchTemplateData.do?template=TemplateG&topNav=&leftNav=ScienceandLaboratories&page=PDPDownloadData/Reports&description=Download+PDP+Data/Reports&acct=pestcddataprg

[]企業向けガイド 健康強調表示の科学的評価のための根拠に基づいたレビューシステム

Guidance for Industry

Evidence-Based Review System for the Scientific Evaluation of Health Claims

January 28, 2009

http://www.cfsan.fda.gov/~dms/hclmgui6.html

健康強調表示に科学的根拠があるかどうかを評価する際のFDAの考え方を示したもの。

[]企業向けガイド シーフードリスト 州間取引において販売されるシーフードの認められる販売名についてのFDAのガイド

Guidance for Industry

The Seafood List

FDA's Guide to Acceptable Market Names for Seafood Sold in Interstate Commerce

January 2009

http://www.cfsan.fda.gov/~comm/seaguid7.html

当初The Fish Listとして許容できる魚の市販名が記載されていたがThe Seafood Listに改名。

The Seafood List

http://www.accessdata.fda.gov/scripts/SEARCH_SEAFOOD/index.cfm?other=complete

[]COT:2009年2月10日の議題

COT agenda and papers: 10 February 2009

http://cot.food.gov.uk/cotmtgs/cotmeets/cot2009/cotmeet10feb2009/cotagendapapers10feb09

・TOX/2009/02

食品サーベイランス情報シート:食品中のポリ塩化ナフタレンと塩化パラフィン

Food Surveillance Information Sheet:Polychlorinated Naphthalenes and Chlorinated Paraffins in Food

http://cot.food.gov.uk/pdfs/tox200902pcnscp

これらについてダイオキシンダイオキシン様PCBのTEFアプローチを採用できるかどうか、MOEアプローチがよいか、さらなる研究が必要かなどが議題となっている

・ TOX/2009/03

発生神系毒性

DEVELOPMENTAL NEUROTOXICITY

http://cot.food.gov.uk/pdfs/TOX200903neurotox

発生神経毒性の評価方法について。特に動物を用いた発生神経毒性の実験デザインやヒトへの外挿の妥当性などについて。

[]NHMRCの2009年アルコールガイドライン案はまだ承認されていない

National Health and Medical Research Council( NHMRC)国立健康医学研究評議会

NHMRC 2009 Draft Alcohol Guidelines Still to be Approved

1 February 2009

http://www.nhmrc.gov.au/media/media/rel09/090201-alcohol-guidelines.htm

国立健康医学研究評議会は現在「飲酒によるリスクを削減するための2009年オーストラリアガイドライン」の最終化作業を行っている。2月初めにNHMRCの委員会がレビューして認められればその後数週間で発表される。

(メディアが先行して報道しているため。)

にゃんとにゃんと 2009/02/02 18:49 変わったところでは自閉症はカンガルーケアによるものだという説もあり。
http://www.s-kubota.net/kanri/index_12.htm
ワクチン説よりはもっともらしい…

yamaguchiyamaguchi 2009/02/02 23:44 31日に札幌で「遺伝子組換え作物に関するワークショップ」というのが行われました。コメンテーターの一人、GMO反対の人はパズタイやイリーナ・エルマコヴァを持ち出しGMOは危険と主張。即座に別のコメンテーターの日野明寛さんにより当日配った資料に書いてあると指摘されました。
私も「今さらこの二人の例を持ち出すとは何も勉強していないのか、わかった上でデマを流しているのか」と質問しました。すると私の質問には答えずこれを持ち出しGMOは危険と言い続ける始末でした。
http://www.yasudasetsuko.com/gmo/column/081214.htm
当然このblogは見ていないのでしょう。
この人の最後のコメント。(ちょっとうろ覚えだけど)「現代の科学知見で安全が証明されたとされる食べ物は食べたくない」。
う〜ん、会場のほとんどの人が理解できなかった。