食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2009-02-23

[][]説明資料(食品医薬品安全庁、タール色素危険性分かってからも放置関連)

(食品添加物課 2009.02.23)

http://kfda.go.kr/open_content/news/press_view.php?seq=1690&menucode=103003001

‘09.2.22(日)のKBS 9時のニュース 「食品医薬品安全庁、タール色素の危険性が分かっていながら放置」 報道に対して以下のように説明する

報道内容

青色1号と黄色4号は子どもたちが好きなお菓子やキャンディー、氷菓によく使われる。これらの色素についての研究業務を大学に委託して2007年に結果報告を受け取ったのに1年以上非公開にした。

同研究の結果では青色1号と黄色4号同時に投与すると神経毒性や細胞の形態異常や細胞数減少などの色素の毒性が観察されたが食薬庁はこれまでその結果を政策に反映していない。

内容説明

同研究は併用摂取に関する研究として、青色1号と黄色4号を実際には摂ることのない1000倍以上の量を同時に与えた研究である。研究結果は食薬庁のホームページの研究報告書のコーナーで公開している。同研究の結果は投与量が多すぎるため、1日摂取量の水準での継続研究を2008年から2009年にかけて続行中である。

[][]メラミン検査関連

2009.2.18 基準販売禁止解除食品現況です。

(食品管理課 2009.02.18)

http://kfda.go.kr/open_content/news/notice_view.php?seq=1253&av_pg=1&&textfield=&keyfield=

2009.2.18 基準流通販売禁止食品現況です。

(食品管理課 2009.02.18)

http://kfda.go.kr/open_content/news/notice_view.php?seq=1252&av_pg=1&&textfield=&keyfield=

2009.2.18 基準流通期間経過、使用消尽確認品目です。

(食品管理課 2009.02.18)

http://kfda.go.kr/open_content/news/notice_view.php?seq=1251&av_pg=1&&textfield=&keyfield=

[]食品医薬品安全庁ブログ記者団を募集します!!!

(2009.02.17)

http://kfda.go.kr/open_content/news/notice_view.php?seq=1249&av_pg=1&&textfield=&keyfield=

食品医薬品安全庁では一緒にブログを作っていくアイディアと情熱に溢れた記者団を募集します!!!

文章や写真や動画など自分で作った制作物で考えを表現して食品や医薬品や化粧品や医療機器についての正しい知識を国民に伝えようとする多くの方々の参加をお願いします。

募集人数は10人

・ 食品・医薬品・化粧品・医療機器に理解と関心の高い韓国人の皆様

・ スポーティーで積極的な人

・ 書くことが好きで上手な人

・ 週1回以上取材記事を作成できる人

・ デジタル機器(写真/動画撮影及び編集)に慣れている人

・ ブログ記事の作成が上手でフラッシュやWebToon製作できる人

活動期間は2009年3月から9月の6ヶ月。その他詳細は添付ファイル参照。

[]汎政府次元の食中毒予防管理活動強化

 (食中毒予防管理チーム 2009.02.23)

http://kfda.korea.kr/gonews/branch.do?act=detailView&dataId=155336235&sectionId=p_sec_1&type=news&flComment=1&flReply=0

食品医薬品安全庁は衛生脆弱施設に対する体系的な食中毒予防管理と事故発生時の迅速共助等効率的な対応のために来る 24日教育科学技術部、農水産食品部、保健福祉家族部、環境府、,疾病管理本部など関係省庁と 16ヶ市地方公共団体及び民間団体など 31機関からなる「汎政府食中毒総合対応協議体」会議を開催すると 23日発表した。

[]Marich社ミルクチョコレートピナッツ製品流通販売禁止

(食品管 理課 2009.02.20)

http://kfda.korea.kr/gonews/branch.do?act=detailView&dataId=155336193&sectionId=p_sec_1&type=news&flComment=1&flReply=0

米国のピーナッツのサルモネラ汚染の波及

Marich Confectionaryのピーナッツ入りチョコレート

[][]流通漢方薬重金属水銀(Hg) モニタリング結果

 (漢方薬評価チーム 2009.02.17)

http://kfda.korea.kr/gonews/branch.do?act=detailView&dataId=155335479&sectionId=p_sec_1&type=news&flComment=1&flReply=0

食品医薬品安全庁は 2008年研究事業により国内に流通する植物性漢方薬など5品目(品目当たり 12 試料以上)を対象に重金属水銀(Hg)の汚染量を調査した結果国産及び輸入漢方薬で 0.1mg/kg 以下で、現行基準値である水銀 0.2mg/kg以下であったと発表した。メチル水銀は検出されなかった。

以前は植物性漢方薬の基準値は全ての重金属について30ppm以下であったが現在は水銀(Hg) 0.2 mg/kg 以下、鉛(Pb) 5mg/kg 以下、ヒ素(As) 3mg/kg 以下、カドミウム(Cd) 0.3 mg/kg 以下と強化されている。

検査結果の表が掲載されている。

[][]「GMO 検出黄粉原料豆」輸入品だった

(バイオ食品チーム/農 産物品質管理員 2009.02.13)

http://kfda.korea.kr/gonews/branch.do?act=detailView&dataId=155335101&sectionId=p_sec_1&type=news&flComment=1&flReply=0

食品医薬品安全庁と国立農産物品質管理院はグリーンコンシューマー連合が国内流通製品を対象にGMO 成分を検査した結果、国産原料を使ったきな粉からGMO 成分が検出されたという報道に関してGMO 混入経緯を調査したと発表した。

調査の結果、原料供給業者が米国産輸入大豆を国産と偽って製造業者に供給したことがわかった。食薬庁は製造業者に対しては食品衛生法違反で行政処分、 原料供給業者に対しては農産物品質管理法違反で刑事立件後捜査送致する計画である。

[]「バレンタインデー」用チョコレート製造販売業者取り締まり結果

(食品管理課 2009.02.13)

http://kfda.korea.kr/gonews/branch.do?act=detailView&dataId=155335084&sectionId=p_sec_1&type=news&flComment=1&flReply=0

食品医薬品安全庁は去る9日から11日まで3日間バレンタインデーのプレゼント用チョコレートなどの製造や小分け販売業者総 67ヶ所を点検した結果、無届け製造など 19業者を摘発して告発措置等行政処分したと発表した。主な違反内容は無届け営業、認められていない色素(赤色2号)の使用、表示基準違反など。

製品の写真掲載

[]広州でクレンブテロール中毒70人

2009-02-23

ttp://www.cfs.gov.cn/cmsweb/webportal/W192/A64029733.html

新華社が2月21日付で伝えたところによると広州で19日から発生したクレンブテロール中毒患者は21日には新規発症はなく、合計70人となった。問題のブタの産地は同定された。死亡例はない。

[]HPAは固形放射性廃棄物の地上投棄について助言

HPA advice on land disposal of solid radioactive waste

18 February 2009

http://www.hpa.org.uk/webw/HPAweb&HPAwebStandard/HPAweb_C/1234859715346?p=1231252394302

最大年0.15 mSv以下

自然放射能からの平均年間被曝量は2.2 mSv。

報告書全文は以下からダウンロードできる

Radiological Protection Objectives for the Land-based Disposal of Solid Radioactive Wastes RCE 8

http://www.hpa.org.uk/webw/HPAweb&HPAwebStandard/HPAweb_C/1234946178394?p=1199451989432

[]堆肥を施した畑からのアンモニアの排出を測る

Measuring ammonia emissions from manured fields

2009-02-19

http://www.rivm.nl/bibliotheek/rapporten/680150003.html

RIVMとオランダエネルギー研究センター(ECN)が施肥した畑からのアンモニア排出を測定する2つの新しい道具を開発した。

本文は英語

[]米連邦控訴裁判所がニューヨーク市によるチェーンレストランへのメニューへのカロリー表示要求を支持

FEDERAL APPEALS COURT UPHOLDS NEW YORK CITY’S LANDMARK HEALTH CODE PROVISION REQUIRING CERTAIN CHAIN RESTAURANTS TO POST CALORIE INFORMATION ON MENUS AND MENU BOARDS

Feb. 17, 2009

http://www.nyc.gov/html/law/downloads/pdf/Calorie_Case%20_%20Appeals_Win.pdf

ニューヨーク市によるメニューへのカロリー表示要求について、ニューヨーク州レストラン協会が違法であると訴えていた件(カロリー裁判)でニューヨーク市が支持された。

裁判所の決定文書は以下

http://www.nyc.gov/html/doh/downloads/pdf/cdp/Calorie-Posting-final-ruling.pdf

[][]容器成分汚染のある食品の回収

18 Feb. 2009

http://www.afsca.be/communiquesdepresse/_documents/2009-02-18_marche_fr.pdf

2009年1月28日に通知義務制度によりベルギーの食品製造業者からボール紙の包装容器のインク成分であるメチルベンゾフェノンが食品に移行するという問題についてAFSCAが情報提供を受けた。この問題はドイツの顧客が発見した。この種の包装容器はオランダで製造されて広くEUに流通している。

食品に検出されている濃度は数mg/kgであるが、内部の包装の質や状態により大きく異なる可能性がある。AFSCAと相談してベルギーの製造業者は直ちに製品の流通を停止しこの種の包装容器の使用をやめた。ドイツ当局はRASFFで通知し、欧州委員会はEFSAに緊急の安全性評価を依頼した。意見は3月初めに発表されると予想される。一方AFSCAはオランダの同じ会社の製品を使用しているベルギーの7社に情報を伝えた。


メチルベンゾフェノン汚染に関する特集ページ

構造式など

http://www.afsca.be/denreesalimentaires/benzophenone/

(RASFFはhttp://d.hatena.ne.jp/uneyama/20090210#p9)

[][]フランクフルトソーセージのダイオキシン基準値超過による回収

February 19, 2009

http://www.afsca.be/retraitdeproduits/_documents/2009-02-19_Zwan_fr.pdf

[][]輸入ミネラルサプリメントのメラミン

Melamine in imported mineral supplement

updated 21 February 2009

http://www.nzfsa.govt.nz/consumers/chemicals-nutrients-additives-and-toxins/melamine/index.htm

  • 食品安全大臣Kate Wilkinsonの声明

ニュージーランドでメラミン汚染輸入成分がみつかった

Imported ingredient contaminated with melamine found in NZ

http://www.beehive.govt.nz/release/imported+ingredient+contaminated+melamine+found+nz

ニュージーランドに輸入された鉄強化用食品成分からメラミンが検出されたが、消費者へのリスクはない。

製品はピロリン酸第2鉄で、各種食品に鉄強化のために微量使われる。相当薄められるので、この成分を使用した製品による消費者へのリスクはない。

2009年2月11日にFonterraがドイツの企業から購入したミネラルサプリメントを汚染の疑いがあるため調査しているとNZFSAに通知した。NZFSAはFonterraに調査結果が出るまでその成分を含む問製品(粉乳約3万トン)の差し止め通知を発行した。検査の結果原料のピロリン酸第2鉄から許容値を超えるメラミンが2回検出された。Fonterraは最終粉ミルク製品を検査し、メラミンは検出限界(0.1 ppm)以下であった。

調査の結果、消費者に安全上の懸念はないことを確信している、とKate Wilkinsonは述べている。

木曜日の夜に担当ヨーロッパ当局には通知し、汚染源の同定が開始された。欧州委員会からの初期報告ではスペインの工場で事故による汚染があったらしい。欧州委員会は調査の最新情報をニュージーランド政府に伝えるだろう。

  • さらなる情報

輸入ミネラルサプリメントのメラミン

Melamine in imported mineral supplement

21 February 2009

http://www.nzfsa.govt.nz/consumers/chemicals-nutrients-additives-and-toxins/melamine/supplement-q-a-feb09.htm

どういう問題か?

食品への鉄強化に使用されるピロリン酸第2鉄からメラミン汚染が検出された。

健康リスクはあるか?

ない。現時点ではこの成分を使った最終製品に安全上のリスクがあるという根拠はない。

それはどのような食品に入っているか?

ピロリン酸第2鉄は粉ミルクやビスケット、ヨーグルトなどに微量使われる。希釈率が大きいため、これまで検査した製品からメラミンは検出されていない。

消費者はこの製品が入っている商品をどうやって知ることができるか

ピロリン酸第2鉄という成分表示がある。メラミンを含まないピロリン酸第2鉄が使われている製品もある。

ミネラルサプリメントに含まれていたメラミンはどのくらいか?

Fonterraの検査では43及び16 ppmだった。これはNZFSAのリスク管理戦略として食品成分中濃度5 ppmを超過する。

メラミンの検出限界はどのくらいか?

0.1 ppm

どうして汚染がおこったのか?

現時点ではヨーロッパの工場でのクロスコンタミらしい。

ニュージーランドの貿易に影響あるか?

ニュージーランドは厳格な食品安全基準と効果的なリスク管理プロセスを所有している。海外の貿易相手はニュージーランドの食品の安全性について信頼できる。

この事故は昨年の中国の事件と関係するか?

これは昨年の中国のメラミン事件とはスケールも範囲も完全に違う。我々の理解ではこれは意図的な異物混入ではない。最終製品からメラミンは検出されず、健康リスクがあるという根拠はない。

[]メラミンお玉に警告

Warning issued on melamine ladles

February 19, 2009

http://www.news.gov.hk/en/category/healthandcommunity/090220/txt/090220en05002.htm

過剰なホルムアルデヒドを含むメラミンお玉を押収した。中国の溶出限界30 mg/Lの4.3倍だった。

[]「ピーナッツアレルギーの治療法」

Behind the headlines

'Cure for peanut allergies'

Friday February 20 2009

http://www.nhs.uk/news/2009/02February/Pages/Peanutallergytreatment.aspx

「重症ピーナッツアレルギーの子どもたちが治った」とThe Daily Telegraphが報道した。いくつかの新聞が4人のアレルギーのある男の子でピーナッツへの感受性を下げるための治療法研究について報道した。科学者がこどもたちに毎日ごく微量のピーナッツ粉を与え、6ヶ月にわたり徐々に量を増やして、ピーナッツ5個相当量まで食べられるようになった。Daily expressで研究者の一人が「家庭で保護者は絶対この方法を試してはいけない。これは医師の監視下にのみできる。」と強調している。

この小規模研究はピーナッツアレルギーのある子どもたちのピーナッツ感受性を減らすことができることを示した。この子どもたちは「治った」のではなく耐性が増加したのだということに注意する必要がある。さらにこの改善を維持するには長期の維持治療が必要である。

このプロセスをさらに多くの子どもたちで再現する計画があり、成人で同様の効果があるかどうかについてはさらなる研究が必要である。

重大なアレルギー反応は死につながる可能性もあるため、自分や子どもの感受性削減のため自分でやってみようと思わないことが必須である。(強調)

[]油漬けガーリック

It's Your Health

Garlic-In-Oil

2009-02-18

http://www.hc-sc.gc.ca/hl-vs/iyh-vsv/food-aliment/garlic-ail-eng.php

油漬けガーリックは家庭で良く作られる食品であるが、適切に保存しないと重大な健康被害を誘発しうる。ここに食中毒予防のためのTIPSを記す。

以下ボツリヌス症予防のための注意点

[]ヘルスカナダは化学物質管理計画のバッチ5の物質についてのリスク評価案を発表

Government of Canada Releases Draft Risk Assessments for Substances Included in Batch 5 of the Chemical Management Plan

February 20, 2009

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/nr-cp/_2009/2009_20-eng.php

19物質についての案を発表。意見は2009年4月22日まで。

詳細は以下。

http://www.chemicalsubstanceschimiques.gc.ca/challenge-defi/batch-lot_5_e.html

[]FVO視察報告書

ガーナ 水産物

GH Ghana - Fishery Products

20-02-2009

http://ec.europa.eu/food/fvo/ir_search_en.cfm?stype=insp_nbr&showResults=Y&REP_INSPECTION_REF=7659/2008

[]「科学的に根拠のない」Alarパニックの20周年

20th Anniversary of the (Scientifically Baseless) Alar Scare.

February 20, 2009

http://www.acsh.org/news/newsID.1778/news_detail.asp

20年前の来週、環境保護主義者と公益法律家と評論家とメディアが、アメリカ人にインチキの健康上の恐怖を本物だと思わせた。それはAlarを散布されたリンゴで子どもたちががんになるというものだった。ACSHが発行した小冊子「The Great Apple Scare: Alar 20 Years Later偉大なるリンゴパニック:

Alar 20年後」はこの植物の生長を制御するための化合物がどのようにして悪魔の物質に仕立て上げられその後多くの根拠のないパニックが起こったかを説明している。

Wall Street Journalの先の編集委員であるWilliam P. KucewiczがAlarの使用や消費者の不安に関する簡潔な歴史を書いた。もちろん最も心配したのは小さな子どもをもつ保護者だった。

2年間の発がん性試験で安全性が確認された上でFDAは1968年にAlarのリンゴへの使用を認可した。認可後に別の試験が行われ、多くの試験で問題は見つからなかったが、一つの試験では問題があるとされた。数多くの専門家がこの試験には多くの科学的問題点があると指摘した。しかしCBSのニュースでは「Alarは アメリカの食品中の最も危険な物質の一つだ」と報道し女優のメリルストリープが毒性学者の意見を覆い隠してAlarへの批判を拡散させた。

不幸なことに環境活動家やその公報会社Fenton Communicationsにより火が付いた恐怖は科学によっては鎮火できず、1989年にAlarは市場から消えた。

The Great Apple Scare: Alar 20 Years Later

http://www.acsh.org/docLib/20090220_greatapplescare.pdf

(リンゴ農家も大きな損害となった)

「尿中有害金属」検査がどのように患者を騙すのに使われているか

Quackwatchから

How the "Urine Toxic Metals" Test Is Used to Defraud Patients

Stephen Barrett, M.D

revised on February 19, 2009

http://www.quackwatch.org/01QuackeryRelatedTopics/Tests/urine_toxic.html

多くの患者たちが、あなたの身体には鉛や水銀などの重金属が溜まっていて、それを「デトックス」しないといけないと虚偽の話を聞かされている。この記事は患者を騙すのに尿検査がどのように使われているかを説明する。

基準に満たないプラクティショナー向けの検査機関の「尿中有害金属」検査の図を示す。これを見せられた患者は、水銀と鉛の濃度が高いのでキレート療法が必要だと言われたそうだ。しかしこの検査結果は患者に「誘導剤」を与えて一時的に鉛や水銀の排出量を上げて測定して通常のレベルと比較したものである。この検査では患者に重金属の問題があるかどうかはわからないし、仮に問題があったとしてもキレート療法は最善の方法ではない。