食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2009-08-24

[][]FullContact Max Potency食品サプリメント回収

FullContact Max Potency Food Supplement to be withdrawn from the market

21.08.2009

http://www.evira.fi/portal/en/food/product_defects_and_recalls/?bid=1695

フィンランド税関検査室の検査によりシルデナフィル類似物質(チオシルデナフィル及びチオホモシルデナフィル)が検出されたため販売禁止とする。

製品の写真あり

[]良い考え−電球をグリーンに

A bright idea - lightbulbs go green

21 August 2009

http://www.defra.gov.uk/news/2009/090821a.htm

9月1日からEUは旧型の100W白熱球の段階的使用禁止を始める。エネルギー効率の悪い製品を排除して環境負荷を軽減するためである。2007年から任意で段階的廃止を薦めている。

10の電球に関する神話について説明する

そのうち二つが健康関連

・健康上の心配があるのでは?

蛍光灯がてんかんや頭痛を悪化させるという十分な根拠はない。

・水銀を含む

電球が壊れていなければ水銀が出ることはない。壊れても有害影響が出るほどの量が放出されることはない。

[]高校生の飲酒 2007年ジョージア

Alcohol Use Among High School Students --- Georgia, 2007

MMWR August 21, 2009 / 58(32);885-890

http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5832a1.htm

米国では毎年未成年者4700人が過剰飲酒により死亡していて(殺人、自動車事故、自殺など)、死亡1件あたり平均60年の損失余命があると推定されている。

全ての州で未成年者(21才未満)の飲酒は違法であるが12-20才の約20%が飲酒していると推定されている。

ジョージア公衆衛生局は2007年のジョージア若者リスク行動調査のデータを解析し、ジョージアの高校生の38%が現在飲酒者で、19%が過去30日以内に大量飲酒したことがあると結論した。飲酒者の中では44%が主にリキュールを飲み、58%が飲酒場所として他人の家、37%が酒を他の人からもらうと報告している。

[]FSAはZam Zam水について警告

Agency warning about drinking Zam Zam water

Friday 21 August 2009

http://www.food.gov.uk/news/newsarchive/2009/aug/zamzam09

イスラム教徒がラマダンの時期を迎えるにあたり、FSAは出所の不明なZam Zam 水には高濃度のヒ素が含まれる可能性があることため消費者に注意を呼びかける。

[]政府は賢い食生活を促進

Gov't promotes smart eating

August 22, 2009

http://www.news.gov.hk/en/category/healthandcommunity/090821/txt/090821en05005.htm

衛生署は健康増進のための健康的な食生活を送りやすくする環境を整える活動をする。

EatSmartレストラン料理競技会で、長官が「最近の医学研究によりバランスのとれた食生活ががんや慢性疾患のリスクを下げることがわかってきた。」と述べた。野菜や果物の多い、油脂や塩や砂糖の少ない料理を楽しむことを勧めた。

競技会の結果は以下から

http://www.eatsmart.gov.hk/

さすが中華料理、美味しそう。

http://eatsmart.weekendhk.com/index.php?controller=Indexfood&action=index#candidate

作り方も書いてある。中国語だけど

[]ポップコーンはあなたによいか?

Behind the headlines

Is popcorn good for you

Friday August 21 2009

http://www.nhs.uk/news/2009/08August/Pages/Ispopcorngoodforyou.aspx

「ポップコーンや朝食シリアルには驚くほどたくさんの健康によい抗酸化物質が入っているかもしれない」とThe Guardianが報道した。新聞によればこれらの食品の栄養価は食物繊維とされていたが研究の結果ポリフェノールが相当量あることを示唆している。

このニュースは米国での学会発表に基づくもので、研究者はポップコーンや全粒シリアルには野菜や果物と同程度の抗酸化物質が含まれると主張している。

しかしこれは論文にはなっていない予備的知見で、ポップコーンが健康によいとかがんを予防すると結論するのは早すぎる。ポリフェノールの理論的影響はさらなる研究で確認される必要がある。たくさん食べる前に、市販のポップコーンの塩分や糖分についても考慮すべきである。

[]カナダ政府は化学物質管理計画に含まれるさらに19物質の評価を完了

The Government of Canada Completes Assessments for an Additional 19 Substances Included in the Chemicals Management Plan

August 21, 2009

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/nr-cp/_2009/2009_138-eng.php

アクリルアミド(2-Propenamideで公表)が含まれる

対策が必要な物質と結論

詳細は以下で

2009年10月21日までパブリックコメント募集

Chemical Substances in Batch 5 of the Challenge

http://www.chemicalsubstanceschimiques.gc.ca/challenge-defi/batch-lot_5_e.html

[]EUのブランデーパツリン規制値は重要ではない

21.08.2009

http://www.news-service.admin.ch/NSBSubscriber/message/de/28536

パツリンはカビが作る毒素でWHOの規制値は約0.05 mg/kg食品である。EUはこの値をブランデーにも適用しようとしているがACWの研究によれば発酵と蒸留を経るとパツリンは最終製品には残存しない。

[]WHOはHIV、マラリア、結核、インフルエンザおよび乳児下痢症にホメオパシーを薦めない

Sense about science

WHO does not recommend the use of homeopathy for HIV, malaria, TB, influenza and infant diarrhoea

21st August 2009

http://www.senseaboutscience.org.uk/index.php/site/project/392/

WHOは公開文書に応えて、HIV、マラリア、結核、インフルエンザおよび乳児下痢症にホメオパシーを薦めないと述べた。WHOからの回答は立場を明確にしたものでVoice of Young Scienceネットワークは全ての国の保健担当大臣に対してこのWHOの見解を公にしてホメオパシーの宣伝活動に対抗するよう要請する文書を書いた。

WHOからのコメントは:

WHOの結核防止部門の長Dr Mario Raviglione:「我々の根拠に基づいた結核対策ガイドラインと国際結核ケア基準(ISTC)ではホメオパシーの使用は薦めていない」

WHOの結核戦略と保健システムのDr Mukund Uplekar:「WHOの根拠に基づいた結核治療ガイドラインにはホメオパシー医療の入る場所はない」

WHOのHIV/AIDS臨時長官Dr Teguest Guerma:「HIV感染者の治療やケアに根拠に基づいたアプローチを薦める努力をしているSense About Scienceに感謝する」

WHO世界マラリア計画のDr Sergio Spinaci:「この問題に警告してくれてありがとう。世界マラリア計画はマラリアはWHOの治療ガイドラインに従って治療されることを薦める」

WHOの子どもと青少年の健康と発育部門の長官Dr Elizabeth Mason代理Joe Martines:「ホメオパシーが子どもの下痢症に何らかのメリットがあるという根拠はない」

以下各種メディア報道へのリンク

例えばBBC

Homeopathy not a cure, says WHO

http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/8211925.stm

各国保健担当大臣への文書

http://www.senseaboutscience.org.uk/PDF/Letter%20Health%20Ministers.doc.pdf

WHOからの回答を引用して、国内での重大な病気へのホメオパシーのような効果のない治療法の宣伝広報活動に対抗する努力に参加して欲しいとよびかけている。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20090601#p12の件

その他ニュース

  • 常識外れな歯科医が怠慢で訴えられる

Casewatchから

Offbeat Dentists Sued for Negligence

Stephen Barrett, M.D

August 15, 2009

http://www.casewatch.org/mal/pana/complaint.shtml

新しい医学センター(Center for New Medicine)の歯科医や医師及びテキサス大学が治療を求めて来院した女性に不適切な治療を施したことで訴えられている。

2007年に女性がよく眠れないことやストレス解消のために「生物学的同等ホルモンバランス」治療の相談に訪れた。彼女はそこでPanahpour歯科医師に紹介され、アマルガムの詰め物による水銀中毒と診断された。彼女は知らなかったがカリフォルニアの歯科委員会はPanahpour歯科医師に対して歯科医としての能力に問題があるとして謹慎処分中であった。彼女はPanahpour医師のもとで抜歯とアマルガムの詰め物16個の除去とあごの骨の除去などの手術を受け、各種ビタミンやミネラルの静脈注射などの処置を受けた。その結果彼女はさらなる手術が必要な感染症を発症し口や歯の痛みとPanahpour医師による不適切な歯の治療により噛むことが困難になった。


  • 合同裁判は自閉症とワクチンの関連を否定

Autism Watchから

Omnibus Court Rules against Autism-Vaccine Link

Stephen Barrett, M.D

August 19, 2009

http://www.autism-watch.org/omnibus/overview.shtml

合衆国連邦請求裁判所は自閉症とワクチンの関連を否定した。

関連情報各種更新。

(ワクチンや歯の詰め物由来の水銀なんて魚由来よりはるかに少ないのに)

  • GM

やすだせつこ

アメリカ環境医学会が遺伝子組み換え食品の出荷停止を求める

http://www.yasudasetsuko.com/gmo/column/090816.htm

について説明が欲しいとの要望があったので。

アメリカ環境医学会というのは開業医を会長とする代替医療推進団体で、極めてマイナーな団体。

http://www.aaemonline.org/AboutUS.html

イーストシンドロームとか化学物質過敏症とかの「新しい」病気を次々と「発見」して「治療」している。

この団体が関連団体として紹介している

http://www.aaemonline.org/Corporate.html

Doctor's Data社は、インチキの検査でキレート療法をすすめている病院の子会社で詐欺で告訴されている

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20090721#p20

さらにEnvironmental Health Center-Dallasは化学物質過敏症(MCS)で悪名高いWilliam Rea医師の診療所。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20070921#p8

(テキサス州医事当局のホームページから免許番号D2294で検索

http://reg.tmb.state.tx.us/OnLineVerif/Phys_SearchVerif.asp

http://reg.tmb.state.tx.us/OnLineVerif/Phys_ReportVerif.asp?ID_NUM=43862&Type=LP

特に新しい情報はない)

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20090624#p1

そういう団体が反GM宣言をしてもメディアが取り上げない、政府がまともに相手をしないのは当然かと。

やすだせつこさんは現に健康も財産も損なってしまった詐欺の被害者に対しては何も感じないんでしょうか。

宗谷宗谷 2009/08/25 14:24 畝山さん、いつも情報提供ありがとうございます。
アメリカ環境医学会(AAME)についての補足で、ちょっとお邪魔します。
ロシアのIrina Ermakova博士が、かのRat Studyを米国において発表したのが2005年10月27日、アリゾナ州ツーソンで開催されたAAMEの大会でした。

http://www.physorg.com/news7740.html

uneyamauneyama 2009/08/25 19:02 ありがとうございます。そこまでは気が付きませんでした。
この手の人たちはまともなところからは否定されたデータを内輪で使いまわしているだけなんですよね・・・。

宗谷宗谷 2009/08/26 07:57 ご指摘の通りなのですが、GMOの場合、畑における正統がスーパーの棚や食卓であっけなく異端に変容してしまいます。
これに絡めて(科学における)異端と正統及びメディアのサイエンス・リテラシーということを最近よく考えます。
この変容に当たっては、Jeffrey M. Smith氏に代表されるような錬金術師が介在するのが常です。

http://www.huffingtonpost.com/jeffrey-smith/lymeautism-group-blasts-g_b_268580.html

錬金術の背後に隠された意図を正確に見抜く努力や眼力を、メディアに求めて久しいんですが・・・

uneyamauneyama 2009/08/26 18:52 紹介いただいた記事はひどいですね。自閉症などの困難な状況にある人たちをくいものにする悪質な行為は許容できないです。やすださんもそうですが、人の弱みに付け込むビジネスを後押ししていてよくも善人面ができるものです。メディアの無知は罪でしょう。

やまぐちやまぐち 2009/08/26 22:43 uneyamaさんが安田節子に牙を剥いてくれいたことは心強いです。変な嫌がらせ等があったら我らが冨田ファミリーというか宮井ファミリーというか北海道ファミリーにご一報をw
ところで宗谷さんは本名ですか地域名から取ったHNですか?だとしたら私は上川です。
全然違ったら気にしないで下さい。