食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2011-08-27

本の紹介

無添加はかえって危ない

無添加はかえって危ない

この本の後書きを書いている編集の中野さんはFoodScinceのwebmasterでした。その時にも何度か、消費者を騙すことで儲けようという「無添加商法」に対して、なんとかしたいという想いを書いてました。この本はタイトルは「無添加はかえって危ない」ですが、読んでみた感想は「無添加は損する」です。経済的損失はつきつめれば人命の損失につながりますので、「危ない」でもいいのかもしれませんが、「食品添加物は危ない」系の本で書かれるような「危ない話」を期待して読むと期待はずれかもしれません。とても平易に書いてあるので、そういう「危ない」系の話が好きな人に読んで欲しくてわざとこういうタイトルにしたのかな、とは思います。

経済的側面から添加物、主に保存料について考えるというのがこの本のオリジナルな所でしょうか。以前地方の特産物の開発に携わっている方から、首都圏向けに製品を開発するのに地元の生産者の添加物は使いたくないという主張がネックになって製品が作れないという話を聞いたことがあります。首都圏で食品を販売するなら輸送にかかる日数などを考えても1週間程度は日持ちする製品を作りたいのですが、「無添加」と書きたいとなると、方法としては例えばフルオートメーションの最新工場で高度な衛生状態を保って作るとか生産から消費までコールドチェーンをつなげるとかになるわけですが、そんなお金はかけられない、とのこと。地方の特産品を作っているのはせいぜい数人の町工場ですから。結局「保存料は悪いものなのだから使えない」という間違った思い込みにより商機を逸しているし、首都圏の消費者にとっても地方の特産品を手軽に食べられるという選択肢が無いという「損をしている」わけです。

この本のなかに無添加で儲けている人の例として「講演料20万円」の阿部某さん(名指しされてはいませんがすぐわかります)が取り上げられていますが、例えば食品安全委員会では基本的に講師は謝金無しで派遣してくれます。http://www.fsc.go.jp/sonota/koushihaken.html

私や同僚が講師をする場合でも相手が地方公共団体なら通常無料です。もしどこかの市町村などがこの人を呼ぶとしたら、うその話に大金を払うということになりますから住民にとっては「損」ですね。

この本の最後の方に、わかりやすい正確な情報源としてこのブログを紹介して頂いているのですが、「わかりやすい」の方は申し訳ありませんが一般の人にとってはあまり当てはまらないかもしれません。もしこの本を読んで、ここのサイトに来た人がいたとしたらその点についてはごめんなさいと言っておきます。

著者の有路さんが「イクメン」をやって、自分の子どものことになるとこうも感情的になるものなのかと気がついたと書かれています。そこはとても大切なことで、多くの場合お母さんたちの不安や感情はお父さんたちがそれを共有してくれない、話を聞いてくれない、ことからこじれてしまったりするのです。お母さんだけに育児の全責任を押しつけるのは(意図的に引き受けているという側面もあるけれど)、不安商法に付け入るすきを与えてしまうことにもなります。そのへんも伝わってくれたらいいなと思います。

tahatatahata 2011/08/28 18:02 > 阿部某さん
「安部某さん」でしょうか。

uneyamauneyama 2011/08/29 07:53 ありがとうございます、そうでした。

RuRu 2011/08/29 20:35 以前住んでいた隣の小さな街で、某さんを講師に招いて住民から批判が出ていました。危険を煽る情報ってわかりやすいんですよね。

luckdragon2009luckdragon2009 2011/08/30 07:42 わかりやすい、ってのはまあ、難しい概念だけど、外国語の翻訳文とか、正確な情報、重宝しております。これからも、よろしくです。<(_ _)>

...そうそう、中央公論、読みました。

Y.HIRAIY.HIRAI 2011/08/30 08:03 いつも拝見させていただいています。この週末に一気に私も読みました。良書のご紹介ありがとうございました。