食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2011-10-18

[]カナダ人に対し家庭での缶詰や瓶詰め作りの安全上の懸念について再確認

Reminding Canadians of Potential Safety Concerns in Home Canning and Bottling

October 17, 2011

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_2011/2011_136-eng.php

ヘルスカナダは家庭での缶詰作成の安全な手順の重要性について再度注意喚起する。

季節のものを地元で食べたい、健康的な食事を家庭で作りたいという願望が大きくなってきたため、自家製缶詰(瓶詰め)が注目されている。しかし適切な取り扱いをしないとボツリヌス症のような重大な疾患の原因となる。

消毒や専用器具の使用、瓶詰め作成用レシピは絶対自己流に改変しない、など。手作り製品をもらったら安全確保はきちんとやったかどうか聞くこと。できないなら捨てる。

[]外来製品警告

2011-10-17

  • 4つの痩身用製品

4 weight loss products

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_fpa-ape_2011/2011-141-eng.php

FDAが警告しているもの。写真あり。

1. Slim Forte Slimming Capsules

2. Slim Forte Double Power Slimming Capsules

3. Slim Forte Slimming Coffee

4. Meizitang Botanical Slimming Soft Gel

  • SXL Sexcellence sachets

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_fpa-ape_2011/2011-140-eng.php

TGAが警告しているもの。写真あり。

  • OxyELITE Pro capsules (often promoted as Oxy Elite Pro capsules) et Pure Fat Three Days Reduce Weight capsules

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_fpa-ape_2011/2011-139-eng.php

TGAが警告しているもの。写真あり。

  • Huo Li Bao and Ren Sem Tu Chon Chin Kuo Pill

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_fpa-ape_2011/2011-138-eng.php

HSAが警告しているもの。写真あり。

  • [W.S] Gan Mao Ling and Chaisentomg Baby's Kam Chik San Powder

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_fpa-ape_2011/2011-137-eng.php

香港衛生署が警告しているもの。写真あり。

[]アフリカの増加するがん負荷:環境と職業の寄与

Africa's growing cancer burden: Environmental and occupational contributions

Cancer Epidemiology

http://www.cancerepidemiology.net/article/PIIS1877782111001469/abstract

アフリカのがん対策には一次予防が必要。がんの原因となる感染症とライフスタイル関連発がん物質のコントロールが重要であるが、職業や環境への対策も必要。具体的には室内空気の汚染、鉱業や農業による暴露、都市部の大気汚染や有害廃棄物の不適切な管理など。

[]世界食糧デーを祝う

Rome-based food agencies celebrate World Food Day

17 October 2011, Rome

http://www.fao.org/news/story/en/item/92899/icode/

さらにFAOは60周年

http://www.worldfoodday-japan.net/

[]EFSAのGMOパネルによるトウモロコシMON 89034 x 1507 x MON 88017 x 59122についての科学的意見を、起源にかかわらず全ての組み合わせをカバーするように補完する声明

Statement complementing the EFSA GMO Panel scientific opinion on maize MON 89034 x 1507 x MON 88017 x 59122 (application EFSA-GMO-CZ-2008-62), to cover all sub-combinations independently of their origin

EFSA Journal 2011;9(10):2399 [8 pp.].

14 October 2011

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2399.htm

MON 89034 x 1507 x MON 88017 x 59122トウモロコシと単一トウモロコシイベントに関する情報から、EFSAは別の組み合わせで目的とする使用方法でヒトや動物や環境に有害影響を与えることはありそうにないと考える。

[]子どもを中毒から守る

Protecting Children from Poisoning

35/2011, 14.10.2011

http://www.bfr.bund.de/en/press_information/2011/35/protecting_children_from_poisoning-127497.html

BfRの子どもの中毒リスクに関する小冊子がトルコ語で発行された

子どもが間違って液体洗剤やクリーナーを飲んでしまったらどうする?このようなことがおこらないようにするにはどうする?「ミルクを飲む」や「吐かせる」のような助言は状況によってはかえって事態を悪化させる。中毒事故は、飲んだ量により、専門家による評価と個別の治療が必要である。BfRは昨年約3才のトルコ人の女の子がトルコから輸入された硝酸入り洗剤を飲んで極めて重症の化学火傷をおこしたという事故報告を受け取った。BfRはこの事件をきっかけに、環境局(UBA)や関連閣僚と協力してEU全域の消費者製品への硝酸の使用を禁止した。さらに「子どもの中毒事故リスク」パンフレットをトルコ語に翻訳し、これはウェブで公開した。

[]FSANZはGM大豆申請について意見募集

FSANZ calls for submissions on GM soybean application

18 October 2011

http://www.foodstandards.gov.au/scienceandeducation/mediacentre/mediareleases/mediareleases2011/18october2011fsanzca5316.cfm

除草剤耐性大豆MON87708由来食品の申請について、2011年11月29日までパブリックコメント募集。

  • 食品基準通知

Food Standards Notification Circular

18 October 2011

http://www.foodstandards.gov.au/foodstandards/changingthecode/notificationcirculars/current/notificationcircular5312.cfm

意見募集:除草剤耐性大豆MON87708由来食品について

改訂:ワインの最低アルコール含量、除草剤耐性トウモロコシ系統DAS-40278-9

[]科学に見落としの余地はない

No room for a slip up in science

Terrence Collis

Monday, 17 October 2011

http://blogs.food.gov.uk/science/entry/go_bananas

放射線の測定単位にバナナを使うというアイディアは月曜日の午後に少し私の頭に浮かんだが、このBBCの記事は面白い読み物だ。

バナナ8万本(注:元のBBCの記事では8000万本)は致死量の放射線量だと知っていましたか?バナナ400本は胸部エックス線一回分と同じことは?これを読んで疑問がたくさん浮かんだ−私はバナナを食べないといけないのだろうか?それともバナナのそばに座っているだけでいいのか?もし食べるならどれだけ早く食べればいいのか?私はバナナは好きではないので考えただけで胸焼けがする。木曜日に発表される食品や環境中の放射能に関する報告書をバナナ単位に書き直さないといけないのだろうか?

しかしそんな驚くべき数字とは別に、この話は2つの価値あることを再確認させる。最初に、我々は放射線を怖いものだと考えているとしても、それは環境中に普通にあり、従って「危険かどうかは量による」ということを示す。たいていのものは十分な量があって初めて危険になる。

自分で記事を読むことをお勧めする、そして今週後半にはAndrewがいくつかの科学的説明をするだろう。

  • 数字で考えよう:バナナが放射線について話すこと

BBC

Go Figure: What bananas tell us about radiation

13 October 2011

By Michael Blastland

http://www.bbc.co.uk/news/magazine-15288975

3月の日本の福島原子力発電所の事故と東京でのホットスポット検出で放射線に関する懸念が生じている。 Michael Blastlandが連載しているコラムで、普通のことばで放射線を考えるとどうなるかを尋ねる。

.バナナ等価線量(Banana Equivalent Dose ; BED)へようこそ。

放射線の生物学的影響は通常シーベルトで表現される。1シーベルトはあまりにも大きい数字だが、0.1 マイクロシーベルトは概ねバナナ1本を食べることによる被ばく量と同等である。そこで基本的単位としてバナナを使う。

以下表

誰かと一緒に寝ると0.5バナナ、歯のエックス線で50バナナ、福島タウンホールに事故後2週間いた場合の総被ばく量1000バナナ、マンモグラフィー4000バナナ、といった数字。

バナナ等価線量が気に入らないヒトもいるだろう。けれどこれが有用な理由は、ひとつは放射線はありふれたものであるということを再確認することである。次に我々はバナナを一本食べても死なないことを知っている。有害か安全かを決めるのは量であることを確認する。三つめは、致死量の放射線被曝である2千万本のバナナを食べることを考えると、放射線以外の理由で死んでしまうだろうということである。

バナナに例えることで放射線の健康リスクを些細なことにしてしまうつもりはない。厳密に言えばイオン化放射線はヒトの細胞を傷つけ、些細なことではない。米国NCIは米国で使われているCTスキャンだけが原因で29000人ががんになると推定している。しかしものごとを計る方法は我々の考え方を変えることがある。胸部CTスキャン一回は広島の原子力爆弾の爆心地から1マイルちょっとのところにいるのと同じで7万本のバナナを食べることと同じである。どれが悪そうだろう?リスクへの態度は感情や文化などが深く絡む複雑なものである。たとえば恐怖は簡単には定量化できない。

(いろいろ略してあるので本文参照)

[]インチキの政府の助成金宣伝者がFTCとの和解で永久に宣伝しないことに合意

Bogus Government Grant Promoters Agree to Permanent Ban to Resolve FTC Charges

10/17/2011

http://www.ftc.gov/opa/2011/10/grantconnect.shtm

使えないクレジットカードやニセの内職、価値のないダイエタリーサプリメントなどの虚偽製品を宣伝していた。

“Grant Connect”というプログラムを宣伝していたJuliette Kimoto、Johnnie Smithらは、オバマ大統領やバイデン副大統領の写真やアメリカ国旗を使い、彼らのインチキ政府助成サービスが政府の支援を受けているかのように宣伝していた。彼らのサプリメントをOprah Winfreyが支持し科学的根拠があるという虚偽の宣伝をし、彼らのやっていることは単なる高価なショッピングクラブであることを開示していなかった。

(一度クレジットカードで買い物をするとその後本人の承諾なしに、注文もしていない不必要な商品の購入代金として継続的にお金が引き落とされるシステムらしい。サプリメントなどについてはネガティブオプション(消費者から拒否の意思表示がない場合購入意思があるとみなされる)を使っていた。政府の助成というのは購入金額に応じて政府から税金の支払い免除などの助成が受けられるというような嘘の宣伝。Juliette Kimotoはもとミセスネバダらしい)

[]RASFF week 40-2011

警報通知

イタリア産チルドイガイの下痢性貝毒、スペイン産チルドキハダマグロ切り身のヒスタミン(3100; 1900 mg/kg)など

注意喚起情報

ブルガリア産キュウリのオキサミル(0.202 mg/kg)、オランダ産ナシのクロルメコート(1.5 mg/kg)、米国産ほ乳瓶からのビスフェノールAの溶出(0.12 mg/kg)、香港産パプリカ色素(飼料)のダイオキシンダイオキシン様PCB(上限、合計: 6 pg WHO TEQ/g)、中国産ハチミツのリンコマイシン(2.1 microg/kg)など

フォローアップ用情報

エジプト産ザクロのフェンプロパトリン(0.053 mg/kg)、ドイツ産缶詰キノコのスズ(254 mg/kg)、インドネシアとマレーシア産パーム核圧搾物(飼料)のヒ素(41.8 mg/kg)、ドイツ産マカ含有性欲増強錠剤の未承認販売、オランダ産マカとハマビシ含有性欲増強錠剤の未承認販売、オランダ産マカとハマビシ含有性欲増強錠剤の未承認販売と未承認新規食品成分イカリソウなど

通関拒否通知

トルコ産生鮮ペッパーのジメトエート(0.054 mg/kg)、香港産フライパンからの多すぎる総溶出量(123 mg/kg)、バングラデシュ産冷凍ブラックタイガーエビのニトロフラン代謝物フラゾリドン(濃度記載なし)、日本産チルドブリの一酸化炭素処理(0.8 mg/kg;2200 microg/kg)、中国産冷凍イカの未承認照射、香港産ニンニク潰し器からの一級芳香族アミンの溶出(62 microg/kg)、モロッコ産陶器ボウルからの鉛の溶出(1.8 mg/dm2)、ウクライナ産菜種のダニ多数(1kgあたり数十から200未満)など

その他アフラトキシン等多数

[]ナトリウム削減

Sodium Reduction

Page Last Updated: 10/17/2011

http://www.fda.gov/Food/FoodIngredientsPackaging/ucm253316.htm

2011年9月13日にHHSはいくつかの重要なパートナーと共同で、今後5年間に100万件の心臓発作と脳梗塞を予防するための戦略、ミリオンハートを発足させた。この戦略の一環として、FDAとFSISは食品中のナトリウム削減努力を開始した。ナトリウムの過剰は高血圧に寄与し、高血圧は心疾患と脳梗塞の主要リスク要因である。

Million Hearts

http://millionhearts.hhs.gov/

FDAとFSISはナトリウム削減について意見を募集している

FDAとFSISは現在のナトリウム摂取に関連するデータ、根拠、削減促進方法などについての意見を募集中である。また2011年11月10日に公開会合を開催する。

消費者向けの情報やその他リンク有り

消費者向け情報

塩とナトリウム−削減のための10のtips

http://www.choosemyplate.gov/foodgroups/downloads/TenTips/DGTipsheet14SaltAndSodium.pdf

(加工食品より)新鮮なものを食べよう

自宅での料理を楽しもう

野菜や果物をたくさん食べよう

ナトリウムの少ない乳製品やタンパク源を摂ろう(加工肉より生肉)

薄味に慣れよう

塩をかけるのはやめよう

表示を見よう

外食の際は塩の少ないものを頼もう

ケチャップや醤油などの調味料に注意する

カリウム摂取量を増やそう

(目標は成人2300mg以下、ハイリスク成人は1500 mg以下)

[]科学委員会の結果を人々のより身近に トリクロサンと抗生物質耐性についての科学的意見の要約

EU科学委員会

Bringing the results of the Scientific Committees closer to the public - Summary of the scientific opinion on triclosan and antibiotics resistance

http://ec.europa.eu/health/opinions/triclosan/en/index.htm

トリクロサンは化粧品や石けんなどの多くの消費者製品に抗菌剤として添加されている。広範囲に使用されているために抗生物質と抗菌剤の両方に耐性をもった有害細菌ができてしまうのではないかという懸念がある。SCCSの結論としては

・低濃度のトリクロサンに暴露された細菌は耐性遺伝子を活性化する可能性がありその遺伝子は他の細菌に伝達される可能性がある。

・トリクロサンは他のバイオサイドと同様、競合者の排除により耐性の高い細菌を選択することに寄与する可能性がある。

・トリクロサン耐性は他のバイオサイドや抗生物質耐性につながる可能性がある。

トリクロサンは抗菌剤耐性について、特にその細菌への作用機序や耐性メカニズムについて最もよく調べられているバイオサイドである。しかしながら実験室での条件は実際の生存環境とは異なり、環境中に存在する細菌に与えるトリクロサンの影響や量はについての情報はまだ不十分である。

SCCSは、現時点ではトリクロサンの使用が抗生物質耐性を増加させるという根拠はないと結論している。しかしながらトリクロサンの暴露が決して微生物に耐性をもたらさないとは言えない。感染症制御や衛生のためのトリクロサンの役割を保持するために、SCCSは、例えば健康上のメリットが明確である場合にのみ使うなどのように、賢く使うことを薦めることしかできない。

(例えば日常生活で手を洗うなら洗浄成分だけで十分で抗菌剤を加えても効果は変わらない、そういうものには使わないのが賢明。)

その他ニュース

  • 微生物がジャイアントパンダが肉食の伝統に打ち勝つのに役立った

Natureニュース

Microbes help giant pandas overcome meat-eating heritage

Published online 17 October 2011

http://www.nature.com/news/2011/111017/full/news.2011.596.html

ジャイアントパンダは自分では竹を消化しないが、腸内微生物が肉食のほうが適しているこの動物の消化管で植物を食べるのに役立っている可能性がある。PNASに発表された。

パンダは動物界でも最も偏食で、毎日12kg以上の竹を食べる。1982年のスミソニアン動物園の2頭のパンダの研究ではパンダが食べた竹のセルロースの92%とへミセルロースの73%が消化管を通過して糞になった。ほとんどの草食動物はセルロースを糖に変えるための方法を発達させている。例えばウシなどの反芻動物は複雑な消化システムをもち、栄養分を抽出している。しかしパンダは熊の仲間で、彼らは通常肉食であるためセルロースを消化する酵素をもたず反芻動物のような微生物叢もない。腸内細菌の調査からはパンダの微生物はツキノワグマやホッキョクグマやその他の肉食の熊と似ていた。

Fuwen Weiはジャイアントパンダの糞のDNAを調べ、これまで知られていなかったClostridiumの作る遺伝子を発見した。これはセルロースを単糖に変える酵素の遺伝子に似ていた。

Evidence of cellulose metabolism by the giant panda gut microbiome

http://www.pnas.org/content/early/2011/10/11/1017956108


  • 死の手触りをもつ海藻

ScienceNOW

Seaweed With a Deadly Touch

17 October 2011

http://news.sciencemag.org/sciencenow/2011/10/seaweed-with-a-deadly-touch.html?ref=hp

「キラー海藻の攻撃」は安っぽいホラー映画のように聞こえるかもしれないが、多くの珊瑚礁に棲む種にとって残忍な多細胞藻類は現実の悪役になりつつある。南太平洋地域の珊瑚礁での新しい研究によれば、一部の藻類は接触することでサンゴ毒になる。この化学兵器は世界で苦戦している珊瑚礁に圧力を高めつつある。PNASに発表された論文

緑の災厄(Green plague)

Macroalgal terpenes function as allelopathic agents against reef corals

Douglas B. Rasher et al.,

PNAS October 17, 2011

http://www.pnas.org/content/early/2011/10/11/1108628108

海藻の作るテルペン類がサンゴにとって有毒という話

  • 「ニュースの見出しの中の健康:科学を理解する?」英国図書館で

Sense about science

`Health in the Headlines: Making Sense of the Science?' at the British Library

17 October 2011

http://www.senseaboutscience.org/news.php/205/health-in-the-headlines-making-sense-of-the-science-at-the-british-library

10月18日英国図書館で行われる患者参加プロジェクトの知見発表ディベートでTracey Brownが座長をする

毎日のように健康関連研究の大発見が報道されるが、この情報を理解するのは困難な場合がある。Patients Participate!プロジェクトは患者や一般人、医学研究者などに健康研究の情報へのアクセスと理解の間にあるギャップを埋めるにはどうすればいいのかを検討する。Sense about scienceのTracey Brownは科学について話すイベントで座長を務める。彼女は科学や医学的主張に対してどうすれば我々全てが根拠を尋ねることができるようになるのか、人々に報道の見出しにある根拠やあるいは根拠がないことを確実に知らせるのは誰の責任かについて検討する。

Traceyは言う「我々は何年か、地球の年齢やがんの原因、WiFi放射線やマラリア治療用のホメオパシーなどの間違った情報に挑戦してきた。時に成果をあげたが、すぐに関心は薄れ、間違った宣伝は再び現れる。永続的に効果をあげるためには、一般の人々がエビデンスハンターになる必要がある。」

(エビデンスハンターっていいかも。それは違う、って指摘するより簡単だし。かわいい系のひとは三才児を見習ってなぜ?どうして?攻撃を)

  • ハーバードのがん専門家:Steve Jobsは十中八九代替医療で自分を破滅に追い込んだ

Harvard Cancer Expert: Steve Jobs Probably Doomed Himself With Alternative Medicine

http://gawker.com/5849543/harvard-cancer-expert-steve-jobs-probably-doomed-himself-with-alternative-medicine

Steve Jobsは通常致死的ではない種類のがんになったが、代替医療を好み通常医療を受けることを遅らせることで死への扉を開いたように見える、とハーバード大学医学部の研究者は言う。

Ramzi Amriがシリコンバレーの幹部には有名なオンラインQ & AフォーラムであるQuoraに恐ろしく詳細な記事を書いている「Jobs氏は通常の医療をうける前に全ての種類の代替医療を行うことを選んだと伝えられる。その状況からは、Jobs氏の代替医療選択が最終的に早期死亡につながったと推定するのは堅実であろう」Amriは続ける「通常医療を受けることにしてからですら、Jobs氏は最も実用的な治療法を避けたようだ。

我々はAmri氏のこの記事について確認するためハーバードの電子メールアドレスに確認した。彼はハーバード大学医学部の外科の研究者でかつマサチューセッツ総合病院のリサーチフェローであるが、この記事は「個人的意見」だと強調した。Jobs氏の治療に関わったことはないし個人レベルでJobs氏の病状を知っているわけではない。がんの統計や知識から想定されることである。Jobs氏の罹ったタイプのがんについては1.5年の研究歴があって強い意見を持っている。

2008年のFortuneの記事によればJobs氏は手術を避けるために特別な食事からなる代替法を9ヶ月行った。2003年10月に診断されて2004年7月末にスタンフォード大学で手術を受けるまで、仏教の菜食主義食を行った。それまでの期間にがんは拡大しJobs氏は膵臓と十二指腸を失い肝臓に拡がった。Jobs氏の肝臓移植は肝臓の相当部分にがんが拡がったためだろう。それには相当時間がかかる、とAmri氏。膵臓がんの95%は腺がんであるが、Jobs氏の罹ったのは神経内分泌腫瘍で、Amri氏によると生存率は10年で100%近い。

Quoraの記事

Why did Steve Jobs choose not to effectively treat his cancer?

http://www.quora.com/Steve-Jobs/Why-did-Steve-Jobs-choose-not-to-effectively-treat-his-cancer

(コメント欄に代替医療にすがってひどい目にあった経験談が寄せられている。英語版Wikipediaにもずっと前からJobs氏の代替医療と奇妙な手術についての記述はある。いずれにせよ確実なことはわからない。)

somebodyssinsomebodyssin 2011/10/19 01:19 パンダの話面白いです。だいぶ前の田口先生の研究からの流れでしょうか(http://eco.goo.ne.jp/business/csr/ecologue/wave28.html)。肉食系矯正剤になるかもですね。

You-meYou-me 2011/10/19 13:10 BBCのバナナのお話ですが、http://blogs.food.gov.uk/science/entry/go_bananasでは"80,000 bananas is equivalent to a fatal dose of radiation"となってますが、http://www.bbc.co.uk/news/magazine-15288975では"80 million Fatal dose even with treatment"となってました。コラム書いた人が桁間違ったようなので何か注があるといいと思います。

uneyamauneyama 2011/10/19 13:44 >You-meさん
ありがとうございます。注をいれました。