食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2012-01-12

[]FDAは輸入オレンジジュースのカルベンダジムを検査すると企業に通知

FDA Testing Orange Juice Imports for Carbendazim, Notifies Industry

01/09/2012

http://www.fda.gov/Food/FoodSafety/Product-SpecificInformation/FruitsVegetablesJuices/ucm286302.htm

最近オレンジジュースからカルベンダジムが検出されたという報告を受けてこの文書を発行する。カルベンダジムは世界各国で柑橘類を含む各種作物に使用が認められているが米国ではEPAがオレンジの防かび剤としては認可しておらずオレンジジュースにカルベンダジムのトレランスも設定していない。そのため米国内ではオレンジジュースにカルベンダジムが存在することは違法残留になる。

2011年12月28日にFDAはあるジュース会社から現在販売されている最終製品に数ppbのごく微量のカルベンダジムを検出したという情報を得た。2011年産のブラジル製品が原因で、ブラジルではオレンジの木に生えるカビの一種の対策として使用が認められている。

EPAは予備的リスク評価を行い、報告されている量のカルベンダジムを含むオレンジジュースを飲むことによる安全上の懸念はないと結論している。FDAは報告されている微量のカルベンダジムを含む市販の製品を市場から排除する対応をするつもりはない。ただし、独自の検査を行う。もし公衆衛生上のリスクとなる量のカルベンダジムを含むオレンジジュースが検出されれば警告し、市場から排除する様な対策をするだろう。

輸入品に着いても検査し、検出されれば輸入を拒否するだろう。

FDAは企業にこの件について通知する。企業からFDAにブラジル産オレンジジュースの違反を繰り返さないための対策を通知するよう求める。

[]FDAは幹細胞の宣伝について警告

FDA Warns About Stem Cell Claims

Jan. 6, 2012

http://www.fda.gov/ForConsumers/ConsumerUpdates/ucm286155.htm

幹細胞を使った治療法は現在治療法がない病気の治療法になる可能性がある。しかしFDAは患者の治療への希望により違法で有害な可能性のある悪徳業者による幹細胞治療に騙されやすくなっていることを心配している。現時点でFDAが認可している幹細胞治療は存在せず、臨床試験計画も提出されていない。FDAが認可している幹細胞製品はニューヨーク血液センターによる造血系疾患患者用の臍帯血由来製品Hemacordのみである。

事例紹介

2011年12月に米国で3人の男性がFDAの承認なしに幹細胞を製造、販売、使用したなどの15の罪で逮捕、告発された。刑事告発の内容によると、一人はテキサスでマタニティケアクリニックを運営している助産師で、子どもを産んだ母親から「研究目的」と称して臍帯血を採っていた。実際には助産師は臍帯血をアリゾナにある研究室に販売していてその研究室のオーナーは2011年8月に違法な幹細胞取引で有罪判決を受けている。コンサルタントの助教は大学の施設を使って幹細胞製品を作り研究室に送っていた。研究室では自称医師の男性が、メキシコに行ってがんや多発性硬化症やその他の自己免疫疾患患者に苦しむ人々に認められていない幹細胞治療を行っていた。この3人は病気に苦しむ患者から150万ドル以上を受け取っていた。

関連情報等有り

[]プレスリリース

11-01-2012

http://www.fssai.gov.in/Portals/0/Pdf/milk_press(11-01-2012).pdf

FSSAIは全国で販売されているミルク(パック入りまたはルースな形態で、組織的あるいはそうでない形態で)のサーベイランス調査の結果を発表した。

1. 全国レベルでは検体の68.4%が食品安全規制に従っていなかった。「基準に合致しない」と「安全でない食品」は違うことに注意が必要である。基準では水牛ミルクや牛乳、ウシやヤギの乳、標準化されたミルク、調整乳、スキムミルク、全乳など10種類のミルクについて基準が定められている。

2. 調査の結果多くのサンプルがSNF(無脂乳固形分)や脂肪の基準を満たさず、従って質が悪いが、それは必ずしも安全でないという意味ではない。またミルク(生鮮乳と考えられる)とされるものがスキムミルク粉末を加えられたものだった例もあった。健康上のハザードとなる可能性があるものは異物混入や汚染のあるものである。

3. 「異物混入」や「品質の劣る」「安全でない」などの定義はFSS法に記載されている。

4. 詳細はウェブに掲載した報告書にあるが、検体の14%から微量の界面活性剤が検出されたために基準を満たさないとされたことに注意しておく。これはBihar, Jharkhand, Orissaおよび West Bengalに限られる。この調査ではミルクに水を添加する行為が広く行われていて、それを誤魔化すためにスキムミルクパウダーやグルコースや脂肪が加えられていることを示している。

報告書

要約

http://www.fssai.gov.in/Portals/0/Pdf/sample_analysed(02-01-2012).pdf

基準を満たしていたもの565(31.5%)、基準を満たさないもの1226(68.4%)。

都市部では381件の違反のうち64がパック製品、317がルース製品。

地方では845の違反のうち282がパック製品、563がルース製品。

違反の理由は脂肪とSNFの率が46.8%と最も多く、理由は多分水で希釈しているため。

次にスキムミルク粉末が548検体から検出され、そのうち477にはグルコースも入っていた。界面活性剤が検出されたのは103検体(8.4%)。

基準を満たさない製品の率はBiharなど7地方で100%、最も低いのはGoa and Puducherryの0%。

検体数

http://www.fssai.gov.in/Portals/0/Pdf/Flow_Chart(02-01-2012).pdf

http://www.fssai.gov.in/Portals/0/Pdf/State_milk_survey(02-01-2012).pdf

[]説明資料(『'界面活性剤'に致命的毒性 … 研究結果波及』報道関連)

代弁人室 2012.01.05

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=57&pageNo=1&seq=16786&cmd=v

連合ニュースが1月5日に報道した「界面活性剤に致命的毒性」という記事内容について次のように説明する。

食品医薬品安全庁は現在市販・流通中の洗浄剤やシャンプーなどの界面活性剤成分で低血圧・意識消失・呼吸不全などの致命的な毒性は現われないと言う。

天安病院の教授チームが除草剤などの農薬の界面活性剤を研究していて発表した界面活性剤の致命的毒性とは飲んだ場合のことで、洗剤やシャンプーの使用特性上界面活性剤成分は水で低下するので人体へ危害を与える可能性は非常に低い。食器洗剤などの場合は、皮膚刺激などを考慮して使用濃度でのpH(6.0〜10.5)に管理しているし、使用後には洗剤成分が残らないように飲用に適した水で濯ぐように規定している。

教授チームが調査した界面活性剤6種のうち2種が現在「衛生用品の規格及び基準」により洗浄剤成分として許容されている。SLES (Sodium lauryl ether sulfate)とLE-2 (polyoxyethylene lauryl ether)である。

一般的に一部界面活性剤成分は皮膚刺激性などがあるがハンドソープやシャンプーは直ちに水で洗うという使用方法を考慮すると特に安全性に懸念はない。

参照のため、農薬のほか洗剤、せっけんなど生活用品に広く使われている界面活性剤成分は水によくとける溶解度が大きい化学物質であるため人体蓄積性はない。またアメリカ NTP 研究報告書によると広く使われる界面活性剤成分の一つである Sodium Lauryl Sulfateは遺伝毒性はないことが確認されている。

[]説明資料(『中国 今回は‘発癌食用油' 波紋』報道内容関連)

輸入食品課 2011.12.30

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=57&pageNo=1&seq=16747&cmd=v

連合ニュース('11.12.30) 「中国 今度は「発癌食用油」の波紋」という報道内容について次のように説明する。

食品医薬品安全庁は中国広東省素材食用油業社3ヶ所のピーナッツ油からかび毒が検出されたことと関連して、最近中国産ピーナッツ油(落花生油)の輸入実績はないと発表した。

現在中国広東省食品安全政府は食用油業社 3ヶ所のピーナッツ油から基準値(20ug/kg)を越えるかび毒アフラトキシンが検出されて製品回収命令を出し、該当の業社の営業を停止させたとされている。.

食品医薬品安全庁は諸外国の食品情報を速かに収集して輸入段階で検査を強化し、アフラトキシン汚染可能性がある食品に対しては持続的に検査を実施する計画である。アフラトキシンの一般情報: アフラトキシンは Aspergillus flavus, A. parasiticus, A. nomiusによって生産されるかび毒の一種で、気温と湿度が高い地域で多く発生する。汚染度の高い食品はピーナッツ、アーモンド、ピスタチオなどの堅果類である。

[]加湿器殺菌剤、食品医薬品安全庁許可受けて販売可能!

化粧品政策課/化粧品審査課 2012.01.09

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=1&seq=16800&cmd=v

食品医薬品安全庁は加湿器殺菌剤については2011.12.30日から医薬部外品に指定され、加湿器殺菌剤の製造または輸入については食品医薬品安全庁で許可を受けた製品だけが認められる。

※ 加湿器殺菌剤 : 微生物繁殖予防目的に加湿器内の水に添加して使う薬物

去る 11月11日原因不明の肺傷害についての保健福祉部の疫学調査の結果加湿器殺菌剤が原因と確認されたため、 一般生活用品である加湿器殺菌剤の安全管理を強化するために医薬部外品に指定した。

今後の加湿器殺菌剤製造及び輸入のためには、製造者は施設基準及び具備要件を取り揃えて管轄地方食品医薬品安全庁に製造業申告をしなければならない。特に加湿器殺菌剤以外他の工業製品を生産している場合には交差汚染がないように製造所を分離するなどの施設基準を満たす必要がある。また薬剤師資格を持った製造管理者を置いて品質及び製造管理を徹底的にしなければならない。

輸入者場合特別の輸入業許可は必要ないが販売しようとする製品は食品医薬品安全庁の許可を受けて輸入時ごとに韓国医薬品輸出協会に標準通関予定報告をしなければならない。また、施設基準を取り揃えた後、輸入及び品質管理のための薬剤師資格を持った輸入管理者を地方食品医薬品安全庁に届けなければならない。

製造者または輸入者は安全性と有効性を立証する資料と品質検証のための資料を食品医薬品安全庁に提出して品目許可を受けなければならない。特に安全性立証のために吸入毒性及び細胞毒性試験を必ず実施しなければならない。

食品医薬品安全庁は来る 13日加湿器殺菌剤輸入及び製造業社を対象に医薬部外品指定及び管理手続きに対する政策説明会を開催する計画で、これにより安全性と効果が確保された加湿器殺菌剤の迅速な市場進入と請願満足度向上に役立つことを期待する。

(加湿器殺菌剤なんて韓国以外で使われているのだろうか?)

[]ノロウイルス食中毒、 気を付けてください!

食中毒予防管理課/微生物課 2012.01.05

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=1&seq=16778&cmd=v

2011年ノロウイルス実態調査結果発表

食品医薬品安全庁は地下水使用集団給食所 2,289ヶ所に対する 2011ノロウイルス汚染実態調査の結果 27ヶ所(1.2%)からノロウイルスが検出されたと発表した。

ノロウイルス検出集団給食所 : 学校 7ヶ所、修練院 1ヶ所、社会福祉施設 3ヶ所、 幼稚園 3ヶ所、委託給食業店 12ヶ所、軍部隊 1ヶ所(水槽掃除•消毒、上水道転換など改善措置)

この実態調査はノロウイルス食中毒を事前予防するために地下水を使う全国学校・修練院・社会福祉施設・企業などの集団給食所を対象に実施した。

[]2012年食品安全政策このように変わります。

食品安全政策課/栄養政策課/食品基準課 2012.01.04

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=1&seq=16771&cmd=v

3月からはスマートホンで消費者が購入した食品に問題があるのかどうかを直接確認きるようになる。また学校などで集団食中毒が発生した場合には移動式食中毒菌検査車を派遣して食中毒誘発細菌の遺伝子を判別するようになる。

食品医薬品安全庁は国民が安心できる食品安全管理のためにこのような内容を中心にした '12年食品安全管理強化政策を推進すると発表した。

主要内容は以下のようなものである。

・不正不良食品消費者識別体系導入

消費者がスマートホンを利用して政府の収去検査結果を直接確認して購入したり、問題がある場合にはスマートホンから申告できるようになる

・子供給食安全•栄養管理サポート拡大

栄養士がない子供の家や幼稚園など小規模保育施設に対して食事メニュー指導及び栄養管理サポート拡大のために子供給食管理サポートセンター運営が全国22ヶ所に拡大

・学校などで食中毒事故が発生したら移動式食中毒菌検査車(3台)が現場に出動して 3~4時間内に食中毒誘発細菌の遺伝子を選別して原因食品判別に活用される

・定期的な有害物質曝露安全評価定例化

毎年重金属など食品中有害物質の曝露量をモニタリングして定期的に評価を改善する有

・優秀衛生管理基準と検査命令など新しい制度導入

[]豚肉、おいしく元気に食べましょう。 

危害予防政策課/栄養政策課/汚染物質課 2012.01.03

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=2&seq=16769&cmd=v

食品医薬品安全庁は豚肉の栄養及び安全情報を提供する

豚肉は昔から保存性と風味を高めるためにハム、ソーセージ、ベーコンなど多くの形態に加工して食べて来た高タンパク高脂肪食品で料理方法や一緒に食べる物によって栄養学的価値が変わる

豚肉の代表的栄養素

ビタミン B1(Vitamin B1, チアミン)が豊富(0.4~0.9mg/100g)で、牛肉(0.07mg/100g)の約 10倍 。

豚肉は脂肪含量が多いが、牛肉に比べて飽和脂肪であるステアリン酸(stearic acid)は少なくてオレイン酸(oleic acid)、リノレン酸(linolenic acid) など不飽和脂肪酸含量が相対的に多い。脂肪含量は部位により異なる。

最近脂肪の過剰摂取による肥満、循環器障害などの疾病発生が社会的問題になっているが, 脂肪は必要な栄養素の一つなので適量を取るのが望ましい。

豚肉を料理する時の注意事項は

・豚肉は高温で揚げたりバーベキューをするとヘテロサイクリックアミン(Heterocyclic amine, HCAs)がたくさん生成されるので, なるべく煮たり蒸したりするのが望ましい。

※ ヘテロサイクリックアミン : 肉類や魚を高温で料理する時、アミノ酸とクレアチンが反応して生成する有害物質で 100℃以下ではほとんど生成されないが, 200℃から 250℃になるとたくさん生成する。

・豚肉には有鉤条虫という寄生虫が存在するが有鉤条虫は 77℃ 以上の温度で死滅するので豚肉は完全に加熱して食べる。

[]アスピリンをパックで使えば皮膚美容に効果がありますか?

新薬研究チーム/循環系薬品課/医薬品安全政策課 2011.12.30

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=2&seq=16744&cmd=v

アスピリンの正しい使い方パンフレット発刊・配布

食品医薬品安全庁は最近インターネットなどでアスピリンを塗ったマスクパックを使えば肌美容に良いという誤った情報が無分別に流布しているため、アスピリンの正しい使用のために「アスピリン, 正しく使うこと」を発刊・配布すると発表した。

アスピリンは非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)として解熱剤に使われている医薬品の成分であり、血栓防止目的で心筋梗塞脳卒中予防のために使われることもある。

アスピリン含有医薬品使用時注意事項

腹痛、嘔吐のような胃腸障害を起こすことがあるので十分な量の水とともに服用した方が良い。食べ物や牛乳と一緒に服用することもできる。

・飲酒は微少血管出血及び眠気などアスピリン成分使用時によく現われる副作用発生を増加させるので医薬品服用中は禁酒。

アスピリンを含む複合製品はカフェインを含む可能性があるのでカフェイン過剰摂取に注意。

アスピリンマスクパックのような普通でない用法•用量で肌に塗布した場合、じんま疹, 発疹など予想出来ない深刻な副作用を誘発する可能性があるので止めること。

アスピリンの正しい使用には医師や薬剤師と相談すろこと。

アスピリンパックって日本語でも結構ヒットする。)

[]医薬品のように広告販売した炭パッチ業者摘発

釜山地方食品医薬品安全庁危害師範調査チーム 2011.12.28

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=2&seq=16723&cmd=v

老廃物除去、血液循環増進、各種がん痛症緩和など虚偽広告して販売

食品医薬品安全庁釜山地方庁は炭パッチ製品を医学的効能・効果がある医薬品のように広告して販売した男など 3人を薬事法違反疑いで釜山地方検察庁に非拘束送致した

チラシや自社インターネットホームページなどで「チャコールパッチ」を天然人体解毒剤、風邪や各種がん痛症まで、などの虚偽・誇大広告して販売していた。

(似たようなものが日本でもいろいろ売られていたり)

[]「ナトリウム減らす運動本部」 発起人集会開催 

栄養政策課 2011.12.26

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=2&seq=16701&cmd=v

食品医薬品安全庁は「ナトリウム減らす運動本部」出帆準備のための発起人集会をロッテホテルで 12月 27日に開催する。

この集会では消費者団体、学界、 医療関係者、食品・栄養関連協会など民間専門家 18人が発起人として参加して運動本部委員長を選出して段階的にナトリウム摂取量を減らすための方法などを決める。

韓国民の平均ナトリウム摂取量は WHO 最大摂取勧告量(2,000mg)の 2.4倍に逹する深刻な水準であり、ナトリウム過剰摂取により高血圧など慢性疾患が増加して社会的費用が急増している。しかし塩辛いものが好きな我が国民の食習慣を短期間に変えるのは難しい状況である。

食品医薬品安全庁は今回の発起人集会が民間主導の自主的国民運動として推進力になって消費者要求に供給者が応じるよい循環構造になって低ナトリウム食生活環境が造成されることを期待する。

[]KFDA分野別情報 食品

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=69&pageNo=1

ここに韓国の製品が海外で違反となった事例を紹介して注意を喚起している。数字は記事番号。

1455 (中国) 飲み物輸出時気を付けてください 海外実体調査課  2012.01.04

1454 (オーストラリア) 焼きイカ輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1453 (オーストラリア) 即席食品(タン、汁等) 輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1452 (オーストラリア) 塩輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1451 (オーストラリア) お菓子(スナック) 輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1450 (中国) 焼き(調味)海苔輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1449 (中国) かまぼこ輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1448 (中国) 乳` 幼児調剤食輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1447 (中国) 生食製品輸出時気を付けてください 海外実体調査課  2012.01.04

1446 (中国) インスタント料理食品輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1445 (オーストラリア) 豆乳輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1444 (中国) ラーメン輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.04

1443 (中国) 焼き(調味)イカ輸出時気を付けてください 海外実体調査課  2012.01.04

1442 (中国) チョコレート輸出時気を付けてください 海外実体調査課  2012.01.04

1441 (中国) 紅参含有食品輸出時気を付けてください 海外実体調査課  2012.01.04

1439 (中国) お菓子輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.03

1438 (ドイツ) 糖麺輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.03

1437 (カナダ) 醤油、豆乳等輸出時アレルギー表示に気を付けてください 海外実体調査課 2012.01.03

1436 (日本) 塩辛輸出時気を付けてください 海外実体調査課  2012.01.03 

1434 OEM 衛生点検案内資料(Q&A) 海外実体調査課  2011.12.30

1433 (台湾) キムチ輸出時気を付けてください 海外実体調査課 2011.12.29

[]食品基準改定

Amendment No. 128 (FSC 70)

http://www.foodstandards.gov.au/foodstandards/changingthecode/gazettenotices/amendment12812januar5406.cfm

加工助剤としてのエンドプロテアーゼとスプラウトの生産加工基準

[]プレスリリース:英国の規制機関は極めて強力な閉経期レメディを発見して登録されているハーブ医薬品を使うことの重要性を警告

Press release: UK regulator warns of the importance of using registered herbal medicines after discovering super-strength menopause remedy

9 December 2011

http://www.mhra.gov.uk/NewsCentre/Pressreleases/CON137768

MHRAはFSC Black Cohosh 1000mgの件を受けて消費者に対してナチュラルは必ずしも安全を意味しないことを警告する。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20111213#p1

[]保健省は一食あたりのサイズを増やすことの破壊的帰結を強調した新しい広告キャンペーンを開始

Health Department Launches New Ad Campaign Spotlighting Increasing Portion Sizes and Their Devastating Consequences

Monday, January 9, 2012

http://www.nyc.gov/html/doh/html/pr2012/pr001-12.shtml

健康障害リスクを下げるためにサイズを小さくすることを薦める

MやLサイズの内容がどんどん大きくなっている。過去50年の間に砂糖入り飲料のサイズは4倍、フライドポテトのサイズは3倍になった。

[]塩酸トリメチルアミンの農薬リスク評価ピアレビューについての結論

Conclusion on the peer review of the pesticide risk assessment of the active substance trimethylamine hydrochloride

EFSA Journal 2012;10(1):2503 [37 pp.].

11 January 2012

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2503.htm

いくつかデータ不足を指摘

[]ジベレリン酸の農薬リスク評価ピアレビューについての結論

Conclusion on the peer review of the pesticide risk assessment of the active substance gibberellic acid (GA3)

EFSA Journal 2012;10(1):2507 [45 pp.].

11 January 2012

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2507.htm

いくつかデータ不足を指摘

[]エチレンの農薬リスク評価ピアレビューについての結論

Conclusion on the peer review of the pesticide risk assessment of the active substance ethylene

EFSA Journal 2012;10(1):2508 [43 pp.].

11 January 2012

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2508.htm

いくつかデータ不足を指摘

[]酢酸アンモニウムの農薬リスク評価ピアレビューについての結論

Conclusion on the peer review of the pesticide risk assessment of the active substance ammonium acetate

EFSA Journal 2012;10(1):2505 [39 pp.].

11 January 2012

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2505.htm

いくつかデータ不足を指摘

[]母乳を与えられている赤ちゃんはミルクを与えられている赤ちゃんよりよく泣く

Behind the Headlines

Breastfed babies cry more than formula-fed babies

Wednesday January 11 2012

http://www.nhs.uk/news/2012/01January/Pages/breastfed-babies-cry-more.aspx

Daily Mailが「母乳は本当にいいのか?」と疑問を呈している。ある研究でミルクで育てられている赤ちゃんの方が泣くことが少なく寝付きがよいことがわかった、と報道している。しかしながらこの研究は母乳により赤ちゃんが不幸になることやミルクの方がよいことを証明したものではない。Mailの報道は3ヶ月齢の赤ちゃんの母親に何で育てているか、赤ちゃんのご機嫌はどうかを尋ねたもので、3ヶ月時点では母乳及び混合の場合の方がミルクのみの赤ちゃんの母親に比べると子どものご機嫌取りが難しいと評価した。母乳で育てている赤ちゃんのほうが笑いが少なくよく泣き寝付かせるのが難しいと報告された。

この小規模試験の知見は新米ママにとって赤ちゃんをミルクで育てる方が良いように見える。しかし赤ちゃんに何を与えているかが直接行動の原因であることを証明することはできないし、母親の労働状態や他の子どもがいるかどうか、育て方の選択に影響する要因、母親の教育レベルや子どもの機嫌の認識などの幅広い問題について考慮されていない。また機嫌指数の差は極めて小さく、それが日常にとって意味のある差なのかどうかはわからない。評価は母親の主観による。

研究者らが指摘しているように、泣いたりむずかったりするのは赤ちゃんにとってお腹が空いたことを表明する普通の方法である。また母乳で育てている新米ママはしばしば足りているのかどうか心配になるので、母乳を与えた場合の赤ちゃんの行動について情報を与えられることは役に立つかもしれない。

保健省は生後6ヶ月までは母乳のみを与えるように薦めており、この研究により助言が変更されることはない。

[]発がん物質報告書(RoC)の作成プロセス

Process for Preparation of the Report on Carcinogens

January 11, 2012

http://ntp.niehs.nih.gov/?objectid=3756DE0C-FA7A-404B-3F72194C30ABD961

官報告知した。

基本的プロセスは

候補物質の選定

候補物質の科学的評価(モノグラフ案を作成)

モノグラフ案の公開とピアレビュー

HHSによる承認とRoCの発表

[]EurekAlert(http://www.eurekalert.org)より

  • 前立腺がん集団スクリーニングは死亡を減らさない

Mass prostate cancer screening doesn't reduce deaths

6-Jan-2012

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2012-01/wuso-mpc010512.php

76000人の長期フォローアップで米国での6年間の積極的スクリーニングの結果、がんの診断は増えたががんによる死亡を減らすことはなかったという論文がJournal of the National Cancer Instituteに1月6日オンライン発表された。

2009年のNEJMに発表された論文を更新するもので、PSAスクリーニングは必要ない

Andriole GL, et al.

Prostate cancer screening in the randomized prostate, lung, colorectal and ovarian cancer screening trial: mortality results after 13 years of follow-up.

Journal of the National Cancer Institute, published online Jan. 6, 2012

  • 砂糖入り飲料に1オンスあたり1ペニーの課税で病気を予防し節約できる

A penny-per-ounce tax on sugar-sweetened beverages keeps the doctor away and saves money

9-Jan-2012

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2012-01/cums-apt010912.php

Health Affairsの1月号にオンライン発表された研究。

1オンスあたり1ペニーの課税で砂糖入り飲料の摂取量が15%減って2010-2020年の間に糖尿病を2.6%、冠動脈心疾患イベントを95000、脳卒中を8000、早期死亡を26000減らすと予想。

(数値で予想されると結果も検証しやすい)

  • ボストン医大の研究者らが塩と高血圧の関係を明確にする

Boston University School of Medicine researchers clarify link between salt and hypertension

11-Jan-2012

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2012-01/bumc-bus011112.php

Journal of Hypertensionに発表されたレビューで、塩の摂りすぎが血液の量を増やして血圧を上げるという広く信じられている神話を暴いている。塩の摂りすぎは交感神経を刺激してアドレナリンを作らせ、血管を収縮させることで高血圧を招く。

  • 米国がん協会の更新された栄養ガイドラインは支援環境の必要性を強調する

Updated American Cancer Society nutrition guidelines stress need for supportive environment

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2012-01/acs-uac011112.php

健康的な行動を支援するためにコミュニティ全体での対応を提案

このガイドラインは4つの大項目(生涯にわたって健康体重を維持する、活動的ライフスタイル、植物食品の多い健康的な食生活、酒はできるだけ飲まない)からなる。

煙草対策の経験から、国や州や地域などのレベルでの個人の行動変化を促進するための環境作りが必須である。

  • 科学者が、グリーンピースによる遺伝子組換えトウモロコシが新しい害虫の原因という主張に反論する

Scientists refute Greenpeace claim that genetically modified corn caused new insect pest

6-Jan-2012

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2012-01/esoa-srg010612.php

Journal of Integrated Pest Managementに発表される論文

オープンアクセス

Genetically Engineered Bt Corn and Range Expansion of the Western Bean Cutworm (Lepidoptera: Noctuidae) in the United States: A Response to Greenpeace Germany

William D. Hutchison,et al.

http://www.entsoc.org/PDF/2012/JIPM-Greenpeace.pdf

  • 1日にリンゴ1個では十分ではない

An apple a day isn't enough

10-Jan-2012

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2012-01/cu-aaa011012.php

カナダ人は野菜や果物を十分摂っていない

Nutrition Journalに発表されたConcordia大学の研究によれば30-60才の成人の、特に社会経済的地位が低い人達は推奨量の野菜や果物を摂っていない。しかしケベックの人達は他のカナダ人よりは多く摂っている。

Canadian Community Health Survey から18-69才の94000人のデータを解析した。その結果教育レベルの低い収入の低い人々の野菜や果物摂取量は1日約4.5回で、教育レベルが高く収入が多い場合は5回以上だった。また男性、独身、喫煙者、40代、子どものいない家庭、で摂取量が少ない。友人との社会的つながりが弱い人も摂取量が少ない。

その他ニュース

  • 本末転倒のProposition

Preposterous Propositions

By Josh Bloom

January 5, 2012

http://www.medicalprogresstoday.com/2012/01/california-coocoo-for-cocoa-puffs.php

先月クリスマスギフトを開けたところ困惑するものが入っていた。「警告:この製品にはカリフォルニア州にとって発がん性と先天異常やその他の生殖への有害影響の原因となることが知られている化学物質が含まれる」というラベルのある板紙の箱である。

母が私に核弾頭を贈ったのかと思った。私はよい息子で思い当たることがない。箱はとても軽く、何が入っているのかわからなかった。なんだと思う?

穴がふたつある透明なプラスチックの鳥の餌箱である。

どうやったら鳥の餌箱が私を傷つけることができるのだろう?飲み込むには大きすぎるし自分が入るには小さすぎる。でもこれはカリフォルニアからやってきた。1986年に飲料水を有害物質から守るために作られたProposition 65と関係するだろう。

鳥の餌箱とProposition 65の関係はただちに明白ではない。Proposition 65の指定する化合物は約500あるが、鳥の餌箱は入っていない。ただこのリストを見ているとあらゆるものが発がん性でこわくなるだろう。消費者にとっては滑稽ですむかもしれないが、事業者にとっては面白いことではないだろう。この種の心理的影響は経済に実質的影響を与える。

  • 研究倫理:ゼロトレランス

Natureニュース

Research ethics: Zero tolerance

11 January 2012

http://www.nature.com/news/research-ethics-zero-tolerance-1.9756

中国の論文データねつ造問題。

2008年の未発表データでは10大学1641人の学生のうち期待した値と違うデータを変えたことを認めたのは20%以上。PhDの学生の60%程度は不祥事をしばしば目撃しているが報告するのはたった5%で、学生の教育過程への在籍年数が長いほど不正を許容するようになる。中国の数字は西洋で通常報告されている値より高い。(つまり不正が多い)


  • 研究者が鯨に値段をつけることを提案

ScienceInsider

Researchers Propose Putting a Price on Whales

11 January 2012

http://news.sciencemag.org/scienceinsider/2012/01/researchers-propose-putting-a.html?ref=hp

鯨ほど情熱をかき立てる野生動物はいない。環境団体は毎年鯨キャンペーンに数百万(ドル)を使い、一部の人は日本の捕鯨船を追い払うためにゴムボートに乗り込むことすらする。この問題解決のために3人の研究者がNatureのコメントで「キャップ・アンド・トレード(捕鯨権取引)」システムの採用を提案したがこの考え方自体が矛盾をはらむものである。

研究者の推定では捕鯨により得られる利益は年に約3100万ドルで、一方環境団体が反捕鯨に使っている費用は年に2500万ドルである。グリーンピースはこの案は歓迎していない。環境団体は完全な捕鯨禁止を望んでいる。

  • ランゲルハンス細胞が上皮のDNA傷害と扁平上皮がんを促進する

Langerhans Cells Facilitate Epithelial DNA Damage and Squamous Cell Carcinoma

Badri G. Modi et al.,

Science 6 January 2012: Vol. 335 no. 6064 pp. 104-108

ランゲルハンス細胞のないマウスはDMBAによるがんにならない。

(免疫細胞ががんを促進しているという、免疫系の強化でがん抑制、とか言ってる人に都合の悪い話。)

  • 科学の不正:最近のMMR「論争」はわら人形

Scientific misconduct: Latest MMR 'dispute' is a straw man

Nature Volume: 481, Page:145 Date published:(12 January 2012)

Brian Deer

Andrew Wakefieldの件で訴えられてもいるBrian Deerからのお便り

ジャーナリスト達は何年にも渡ってMMRワクチンについて根拠のない「論争」を作り上げてきた。NatureのEugenie Samuel Reichの記事「Fresh dispute about MMR 'fraud'」などが典型的。根拠のないWakefieldの主張を恥知らずにも無批判に取り上げてとっくに解決されている問題を未だに問題だと言ってわら人形に息を吹き込んでいる。

  • 2012年:この世の終わりを祝って?

SMC

2012: Happy New Apocalypse?

January 12th, 2012.

http://www.sciencemediacentre.co.nz/2012/01/12/2012-happy-new-apocalypse/

Joseph Gelferが2012年終末論について説明する

終末が天文学的理由で突然やってくるとは思えないが、気分や意識による政治や社会への影響はあるかもというような話

  • 「根拠を尋ねよう」葉書

Sense about science

Ask for Evidence postcard

11 January 2012

http://www.senseaboutscience.org/pages/a4e_postcard.html

簡単に「それの根拠は?」と尋ねるための葉書を作った。業者に送っても良いし、友達に「そのデトックスの根拠はあるかどうかこれを送ってみて」と渡しても良い。