食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2012-07-09

[]小さな汁椀選択でナトリウム摂取量を減らす!

栄養政策課 2012.07.06

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=1&seq=18185&cmd=v

食品医薬品安全庁は汁物によるナトリウム摂取を減らすための方法として一定のスープカップを使用する「スープカップ選択制」試験事業を 7月 6日から実施する。

※ 所用量汁椀 : 内容量150ml(体積 200ml)で一般的汁椀内容量210ml(体積 300ml)より小さい

韓国民の食習慣特性上お吸物、チゲ、麺類などスープが多い食品からのナトリウム摂取量が多く、小さな容器を利用することだけでもナトリウム摂取量を約 30%ほど減らせる。

・一般的なスープ一杯のナトリウム平均含量は約 735mgで, 所用量汁椀(ナトリウム含量525mg) 選択により 210mgのナトリウム摂取を減らす効果がある.

※ スープ一杯ナトリウム含量 : 多様な汁物の平均塩度である 0.9% 基準で換算

※ 食事からのナトリウム摂取寄与度 : 汁物•チゲ•麺類(31.5%) > キムチ類(22.5%) > ご飯類•一品料理類(6.9%)('10,国民健康栄養調査)

□ この汁椀選択制試験事業は6給食業社が参加し合計10給食業店で約 4,500 人余りの会社員及び大学生などの給食利用者を対象に実施される.

○ 参加給食所では既存の汁椀内容量210ml(体積 300ml)と同時に所用量汁椀内容量150ml(体積 200ml)を提供し、給食利用者たちに所用量汁椀選択を勧めてナトリウム摂取量を減らすよう誘導するという計画である。

食品医薬品安全庁はこの試験事業により給食利用者のナトリウム摂取量低減化に役立つと同時に給食店舗では残飯の量を減らす効果も期待できると強調した.

[]一口の幸福、サンチュ健康に食べる方法!

危害予防政策課/食品基準課 2012.07.05

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=1&seq=18170&cmd=v

食品医薬品安全庁はサンチュの消費が増加する休暇シーズンを迎えサンチュの正しい購入, 保管, 洗浄方法についての情報を提供する

サンチュは加熱しないで食べるので栄養成分がそのまま摂取できる長所がある一方食中毒予防のためには保管及び洗浄に注意が必要である。

特に肉や魚と一緒に購入したり食べることが多いので交叉汚染に注意。

[]ステロイド剤を湯薬などに密かに入れて販売した健康院代表2人拘束 

危害師範中央調査団/先端分析チーム2012.07.03

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=1&seq=18148&cmd=v

食品医薬品安全庁はステロイドであるデキサメサゾンを食品に添加した金某さん(62歳)と共犯李某さん(70歳)を 「食品衛生法」 及び 「薬事法」 違反疑いで拘束した。

調査の結果彼らは 2010年 1月から 2012年 3月まで自分が運営する健康院でデキサメサゾン入り健康食品製品など現価 1億ウォン相当を製造・販売していた。これら製品は神経痛, 関節痛, 手足のしびれに効くと宣伝されて販売されていた。

[]基準・規格不適合“かつおぶし”製品などの流通販売禁止及び回収措置 

食品管理課/危害師範中央調査団 2012.06.29

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=1&seq=18131&cmd=v

食品医薬品安全庁は (株)大王が製造したかつおぶしや燻製さばからベンゾピレンが基準値(0.010mg/?) を超えて検出されたため該当の製品を販売禁止し回収措置する。

これら製品でベンゾピレン基準を超過した原因はかつおの生臭みをとり除いて保存性を高めるために実施する燻煙過程で適正温度より高い・時間が長いなどの理由と判断される.

[]FTA時代、輸入食品安全管理対策準備 

輸入食品課/海外実写課 2012.06.28

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=2&seq=18112&cmd=v

食品医薬品安全庁は本格的な FTA 時代を迎えて輸入食品増加が持続することが予想されるため輸入食品検査」パラダイムを画期的に改善した「FTA 時代輸入食品体系管理方案」が 6月 28日 '12年度第2次食品安全ポリシーボード会議で議決されたと発表した。

'11年国内輸入食品は '00年対比件数は 134%, 物量は 30% 増加している。対米及び対•EU FTA 発効で関税撤廃食品輸入が本格的に増加することが予想される。.

この方案は輸入業社の製品の安全性確保責任意識を強化して, 問題輸入業社及び製品は自然に市場から退出させられる環境を造成する方向で改編された.

[]健康機能食品消費者情報が一目で〜 

健康機能食品基準課/栄養政策課 2012.06.28

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=2&seq=18107&cmd=v

□ 食品医薬品安全庁は消費者に健康機能食品に対する情報を分かりやすく効果的に提供するために健康機能食品ホームページを消費者中心に全面拡大改編したと発表した.

詳しい情報はホームページ> 主要情報ショートカット> 健康機能食品または http://www.foodnara.go.kr/hfoodiで確認することができる

[]無許可農薬“サクス”製造•販売業者摘発 

釜山地方庁危害師範調査チーム 2012.06.26

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=2&seq=18082&cmd=v

食品医薬品安全庁釜山地方庁は農薬成分を入れて作った殺虫剤(サクス)を違法製造・販売した男, 63歳を薬事法違反疑いで釜山地方検察庁に非拘束送致した。

調査の結果2009年 3月から 2012年 5月まで住宅倉庫を改造した不法製造施設で農薬成分であるクロチアニジンを使って無許可殺虫剤である「サクス」製品を総 8,860本(1本当たり 700ml) 現価 8,860万ウォン相当を製造・販売していた。

[]ナトリウム含有量減らした食品簡単に捜せます〜 

栄養政策課 2012.06.25

http://www.kfda.go.kr/index.kfda?mid=56&pageNo=2&seq=18066&cmd=v

食品医薬品安全庁は国民がナトリウム含量を減らした加工食品を食品売場で簡単に探せるようにするためにデパートや大型マートなど流通業社が自主参加する「低ナトリウム食品コーナー」を段階的に拡大運営して行くと発表した。

「低ナトリウム食品コーナー」は今年の 6月初現代デパートを始めに拡大していく。.

食品医薬品安全庁は加工食品のナトリウム含量を持続的に調査して業社が自主的にナトリウム低減化に参加するように勧め、「低ナトリウム食品コーナー」陳列対象品目をハム, チーズ, かまぼこ, 塩辛, のりまで拡大して行く計画である。.

一方, 消費者には製品購入時に陳列台及び製品に表示されたナトリウム含量を確認して少しでもナトリウムが少ない製品を購入し、料理の時には注意してナトリウム過剰攝取を予防する要に勧める。

[]RASFF Week 26-2012

警報通知

ベトナム産冷凍エビのクロラムフェニコール(1.51 microg/kg)、米国産食品サプリメントの1,3-ジメチルアミルアミン(DMAA)など

注意喚起情報

チュニジア産冷凍エビの表示されていない亜硫酸(59; 104 mg/kg)、スペイン産サヤエンドウのメチオカルブ(0.48 mg/kg)、スリランカ産チルドマグロのヒスタミン(27.4-253.2 mg/kg)、シンガポール産冷凍アオザメ切り身の水銀(5.47 mg/kg)、タイ産未承認遺伝子組換えパパイヤ、中国産台所用品セットからのクロムとニッケルとマンガンの溶出と多すぎる総溶出量など

フォローアップ用情報

(特になし)

通関拒否通知

ブラジル産冷凍塩味鶏胸肉のクロピドール(27.1 microg/kg)、エジプト産チルドオレンジのエチオン(0.032 mg/kg)、中国産乾燥海藻のアルミニウム(207 mg/kg)、中国産食器からのホルムアルデヒドの溶出(31.3; 36.4; 44.6 mg/kg)、タイ産冷凍イカのカドミウム(1.7 mg/kg)、中国産米粉の未承認遺伝子組換え、エジプト産精製ひまわり油からの芳香族炭化水素(2.7 microg/)、中国産台所用品セットからの一級芳香族アミンの溶出(15.678; 13.198; 13.329 mg/kg)、中国産ナイフからの多すぎる総溶出量(15 mg/dm2)など

[]コーデックス委員会:EUによるラクトパミンについての声明

06/07/2012 - Codex alimentarius : statement by the EU on ractopamine

http://ec.europa.eu/food/international/organisations/codex_en.htm

コーデックス委員会での昨日(7月5日)の投票後、EUはラクトパミンの国際基準は正当化できないという立場を再確認する。EUは成長促進剤ラクトパミンのブタや牛へのMRL採択を、未解決の安全上の問題があるため、強く反対し続けている。EUのリスク評価機関EFSAがラクトパミンのMRL設定にはデータが十分でなくヒト健康影響が除外できないため結論できないと結論している。安全上の懸念が解決できないためEUの規制は存続し続ける。EUは他のヨーロッパの国々や中国、ロシア、インド、トルコ、イラン、エジプト、ケニア、ジンバブエなど45か国近くに支持されている。これらの国もラクトパミンの成長促進剤としての使用を認めない立場を継続するだろう。EUは今回の意思決定プロセスを残念だと思う。この決定はたった一票差だった。世界の基準を調和させるためのコーデックスのような機関は合意に基づいた意思決定を目指すべきである。世界に当てはめられる基準については世界的に許容されるべきである。

(ラクトパミンはベータアゴニスト

EFSAの評価は

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/1041.htm

[]今後の会合

Upcoming Meetings

http://monographs.iarc.fr/ENG/Meetings/index.php

・Volume 106: トリクロロエチレンと一部の塩素化合物

2-9 October 2012

・Volume 107: ポリ塩化ビフェニルとポリ臭化ビフェニル

12-19 February 2013

・Volume 100 ワークショップ:腫瘍の一致と発がんメカニズム

16-18 April 2012 and 28-30 November 2012

[]"Lightning Rod":新しい危険な可能性のあるIT Erotics社の製品を販売停止

"Lightning Rod": A New Potentially Dangerous IT Erotics' Product Removed from Sale

July 6, 2012

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_2012/2012_108-eng.php

表示されていないヒドロキシチオホモシルデナフィルを含む。

製品の写真有り

[]クロルピリホスのヒト毒性学的参照値(ARfD, ADI)の再検討

Reconsideration of the human toxicological reference values (ARfD, ADI) for chlorpyrifos

06.07.2012

http://www.bfr.bund.de/cm/349/reconsideration-of-the-human-toxicological-reference-values-arfd-adi-for-chlorpyrifos.pdf

EUのクロルピリホス評価は2005年に終了したが、その後新しい研究が発表された。EPAがこれらの研究を評価して新たな参照値を導き出した。BfRはEUも再評価すべきだと結論した。

2005年のEU評価ではラットの急性及び遅延性神経毒性のNOAEL 10 mg/kg bwに安全係数100を用いて ARfD 0.1 mg/kg bwとしていた。

2011年にEPAが受け取ったデータではより小さい数値で影響を示している。

EPAは acute population adjusted dose (aPAD) (ARfDに相当)を0.0036 mg/kg bwとしている。

[]反芻動物に獣脂を与えることについての再評価

Reassessment of feeding animal tallow to ruminants

BfR Opinion 023/2012, 20 June 2012

06.07.2012

http://www.bfr.bund.de/cm/349/reassessment-of-feeding-animal-tallow-to-ruminants.pdf

EUではBSE対策としてほ乳類のタンパク質を反芻動物に与えることは2001年から禁止されているが、ドイツではさらに獣脂も禁止している。今やBSEは減少し獣脂が動物の神経組織を含む可能性はほとんどなくなった。BfRは消費者保護の観点から、反芻動物に獣脂を与えることによるリスクの増加はないと結論した。

ドイツ語フルバージョンは以下から

http://www.bfr.bund.de/cm/343/neubewertung-der-verfuetterung-von-tierischem-fett-an-wiederkaeuer.pdf

ニュースレター

ニュージーランド一次産業省

July Food Connect

06 Jul 2012

http://www.foodsafety.govt.nz/elibrary/industry/2012-July-Food-Connect.pdf

[]コーデックス委員会による動物用医薬品ラクトパミンの基準採択についてのVilsack農務長官の声明

Statement from Agriculture Secretary Vilsack on the Codex Alimentarius Commission's Adoption of Standards for the Veterinary Drug Ractopamine

July 6, 2012

http://www.usda.gov/wps/portal/usda/usdahome?contentid=2012/07/0222.xml&contentidonly=true

7月5日にコーデックス委員会がラクトパミンの基準を採択したことについてTom Vilsack長官は以下のように発表した。

USDAやその他連邦機関による5年に渡るコーデックスでの厳しい作業を経て、米国はコーデックス委員会でのラクトパミンの基準採択を歓迎する。これはコーデックスが食品の安全性のための国際基準を設定するには科学を重視することを確認するものである。

現在アメリカの生産者は、FDAが認可し米国やその他25か国で12年間安全に使用されてきたラクトパミンの使用の正当化できない禁止により貿易制限に直面している。これらの基準は脂身の少ない肉を作るラクトパミンの安全な使用について各国に明確なガイダンスとなるものである。

コーデックスはFAOとWHOの作った政府間機関で、WTOにより認められた国際食品安全基準を設定している。ラクトパミンのような動物用医薬品の国際基準設定は、多くの国にとって輸入食品が安全であるという科学的根拠に基づいた基準としているため重要である。各国が国際基準を採択すると、米国の輸出業者と消費者にメリットがある。消費者は食品の安全性を信頼でき、輸出業者は国際市場で従うべき基準がより明確になる。

[]USDAはバイオテクノロジー規制に関する申請やその他の対応について発表

USDA ANNOUNCES AVAILABILITY OF BIOTECHNOLOGY REGULATORY PETITIONS AND OTHER ACTIONS

July 6, 2012

http://www.aphis.usda.gov/newsroom/2012/07/biotech_petitions.shtml

改善されたレビュープロセスにより遺伝子組換え作物の規制解除申請について追加の、早期意見募集(60日間)を行う。

新しい方法の対象となるのは以下。

Glyphosate Tolerant Canola (Pioneer)

Low-Browning Apple (Okanagan Specialty Fruits)

Imidazolinone Tolerant Soybean (BASF)

Glyphosate Tolerant Canola (Monsanto)

High-Yield Soybean (Monsanto)

Hybridization System Corn (Monsanto)

2,4-D, Glyphosate, and Glufosinate Tolerant Soybean (Dow)

Glyphosate Tolerant Corn (Genective)

Dicamba Tolerant Soybean (Monsanto)

改良プロセスへの移行としてこれまでの手順で最終段階になったものは以下。APHISのリスク評価ではこれらによる農作物やその他植物へのリスクはありそうにない。これらについては60日間のパブリックコメントを募集する。

2,4-D and Glufosinate Tolerant Soybean (Dow)

Glyphosate and Glufosinate Tolerant Soybean (Bayer)

Rootworm-Resistant Corn (Syngenta)

以下についてはレビューを完了し規制解除を決定した。

Modified Oil Soybean (Monsanto)

Glufosinate Tolerant, Bollworm Resistant Cotton (Bayer)

[]肉、家禽、卵製品についての米国残留物質計画の新しい分析法とサンプリング方法

New Analytic Methods and Sampling Procedures for the United States National Residue Program for Meat, Poultry, and Egg Products

[Federal Register Volume 77, Number 130 (Friday, July 6, 2012)]

http://www.fsis.usda.gov/Frame/FrameRedirect.asp?main=http://www.fsis.usda.gov/OPPDE/rdad/FRPubs/2012-0012.htm

官報告知後30日で発効。

論文等

  • キハダマグロを食べたことによるセネガルのDakarにおける軍隊での大規模集団サバ中毒

A large outbreak of scombroid fish poisoning associated with eating yellowfin tuna (Thunnus albacares) at a military mass catering in Dakar, Senegal.

Demoncheaux JP et al

Epidemiol Infect. 2012 Jun;140(6):1008-12.

2010年11月26日にセネガルのフランス軍でヒスタミン中毒がおこった。マグロのヒスタミン量は4900 mg/kg、患者71人の症例対照研究を行った。

  • 下剤として利用されているハーブ製品の有害事象疑い事例のサーベイランス

Surveillance of suspected adverse reactions to herbal products used as laxatives.

Vitalone A et al

Eur J Clin Pharmacol. 2012 Mar;68(3):231-8

2002年4月から2011年1月の間にイタリア医薬品局と国立健康研究所が受け取った疑い事例は26例。80%が女性、50%が重症で1例は命に関わるものだった。ハーブレメディとしてはリコリス、タンポポ、アントラキノン含有植物である。

  • ベルギー成人のフランリスク評価

Risk assessment of Belgian adults for furan contamination through the food chain

Scholl G et al

Food Addit Contam Part A Chem Anal Control Expo Risk Assess. 2012;29(3):345-53.

決定論的アプローチによる推定一日摂取量は380 ng*(kg(bw)*day)⁻¹で55%がコーヒーから。確率論的アプローチでは平均は494 ng*(kg(bw)*day)⁻¹ 。暴露マージンは1万より大きくリスクは小さい。

Rice-induced anaphylaxis: IgE-mediated allergy against a 56-kDa glycoprotein.

Trcka J et al

Int Arch Allergy Immunol. 2012;158(1):9-17

  • ポリカーボネート代用品として使用されているほ乳瓶から溶出する化学物質の同定と定量

Identification and quantification of the migration of chemicals from plastic baby bottles used as substitutes for polycarbonate.

Simoneau C et al

Food Addit Contam Part A Chem Anal Control Expo Risk Assess. 2012;29(3):469-80

BPAフリー表示のある製品からBPAが検出されたりPPやシリコーン性のものからは総溶出量が多いことなどが報告されている

  • ガーリックサプリメントと植物化学物質の医薬品のADMETへの影響

The effect of garlic supplements and phytochemicals on the ADMET properties of drugs.

Berginc K, Kristl A.

Expert Opin Drug Metab Toxicol. 2012 Mar;8(3):295-310. Epub 2012 Feb 8.

レビュー。ファーマコキネティクスへの影響は薬物特異的でサプリメントの種類や質による

  • リコリス誘発性の高血圧と低カリウム血症

[Liquorice-induced hypertension and hypokalaemia].

Nielsen ML, et al

Ugeskr Laeger. 2012 Apr 9;174(15):1024-5.

リコリスを慢性的に食べ過ぎた50才女性の症例。デンマーク

  • Omalizumabの投与により合併するモモアレルギーの改善を認めた成人喘息の1例

鈴木 慎太郎

アレルギー, 61 (2): 215-223, 2012

http://jja.jsaweb.jp/2012/061020215j.html

  • オリンピックにおける不正薬物使用:誰が、何を、どうして?

Drug cheating at the Olympics: who, what, and why?

Chris Cooper

The Lancet Volume 380, Issue 9836, 7–13 July 2012, Pages 21–22

2012年ロンドンオリンピックには14000人以上のアスリートが参加する。そのうちどのくらいが薬物の不正使用をするだろうか?Striegelらによれば若いエリートアスリートの約7%がどこかの時点でのドーピングを認めている。それをあてはめると今回のオリンピックでのドーピングは約1000人となる。ほとんどは検査対象の6000に入るのを恐れてゲーム前は試用を止めるだろう。

アスリート達は主に三つの領域、爆発的力、有酸素持続、疲労のために禁止されている方法を試みる。しかし薬物の影響はそれほど簡単ではない。ベン・ジョンソンが金メダルを剥奪されて3年後、科学者達はこの薬物が効果があったのかどうかの根拠を見つけられなかった。タンパク同化ステロイドの理論的逸話的効果はあるものの実験的根拠はそれほど明確ではない。

この分野の状況概説

その他

  • 小麦恐怖症:小麦を避けることが本当にあなたの健康を改善するか?

Wellness Letter

Wheatophobia: Will Avoiding Wheat Really Improve Your Health?

Issue: August 2012

http://www.wellnessletter.com/ucberkeley/feature/wheatophobia-will-avoiding-wheat-really-improve-your-health/

小麦は低炭水化物ダイエットやアレルギーがあると信じているたくさんの人々に長い間のけ者にされてきた。今や心臓専門医Dr. William Davis のベストセラーWheat Bellyを読んでさらにたくさんのヒトが小麦を食べたくなくなったことだろう。この本では「小麦は我々を太らせるだけではなく心疾患や糖尿病や関節炎、骨粗鬆症、認知機能、白内障などあらゆる病気の原因である」という。もしたった1つの悪者が健康問題の原因なら、小麦を食べなければ全部良くなる?それはどうだろう。

Davis博士の主張と我々の指摘の一部を示そう。

主張:ほとんどの穀物は悪いものだが、現在の小麦は最悪である。なぜならそれは何年にも渡って交配されてきて「怪物穀物(フランケングレイン)」になってしまっている。アミロペクチンAを含み、血糖値をあげ食欲を刺激するので卓上砂糖より悪い。さらに古い時代の小麦よりグルテンの反応性が高くなっている。

事実:長い間に渡って質の良い収量の多い小麦を交配により作り出してきた。ほとんどの作物がそうである。古い品種と新しい品種に健康上の差があるという臨床的根拠はない。全てDavis博士の想像であり近代農業への恐怖を広めるものである。

主張:小麦が肥満の原因である。

事実:小麦は世界の多くの国で主食で、地域の摂取量と肥満率にはほとんどあるいは全く関連はない。

主張:小麦のせいで糖尿病や心疾患やその他慢性疾患が増えた

事実:特に小麦が批判されなければならない根拠はない。

主張:全粒紛のほうが精白小麦より良いことはないので避けるべき

事実:全粒紛を食べるほうがリスクが低いという研究はたくさんある

結論として

セリアック病やグルテン不耐でなければ、小麦を避ける理由はない。多くのアメリカ人が食べすぎであることには疑いはないが、重要なのは適度に食べること。

セリアック病やグルテン不耐を疑うなら検査すべき。