食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2012-08-06

[]RASFF Week 30-2012

警報通知

カナダ産馬肉のクレンブテロール(0.0023 mg/kg)とフェニルブタゾン(0.0013; 0.0015; 0.0010 mg/kg)、米国産食品サプリメントのジメチルアミルアミンなど

注意喚起情報

米国産原料ブルガリア産食品サプリメントの塩化ベンゼトニウム(10900; 8800 mg/kg)、イスラエル産インスタントスープの未承認照射、中国産装飾グラスの縁からのカドミウム(0.26 ; 0.50-0.62mg/kg)と鉛(3.1; 8.02-9.79 mg/kg)の溶出、イラン産冷凍エビの亜硫酸(274.09 mg/kg)、米国産食品サプリメントのヒ素(13.4 mg/kg)と鉛(14.4 mg/kg)、スペイン産チルドキハダマグロのヒスタミン(879.4 mg/kg)、モロッコ産サーディンのヒスタミン(541; 313; 772 mg/kg)、スペイン産チルドマグロ切り身のヒスタミン(430; 472; 428; 754; 793; 789 mg/kg)、香港産プラスチックスプーンの総溶出量(0.9; 1.4; 1.1 mg/kg)、米国産食品サプリメントのジメチルアミルアミンなど

フォローアップ用情報

ベルギー産産卵鶏用飼料の銅含量(75 mg/kg)、チェコ産調理用スプーンからのホルムアルデヒドの溶出(66.5; 62 mg/kg)、オランダ産冷凍ロブスターの亜硫酸(220.5 mg/kg)、ポーランド産家畜ミネラル飼料のヒ素(5.9 mg/kg)と鉛(15 mg/kg)、ポーランド産カリフラワーのクロルピリホスなど

通関拒否通知

米国産ソフトドリンクの安息香酸(205; 502 mg/L)、タイ産乾燥トウガラシのトリアゾホス(0.93 mg/kg)、マレーシア産人参コーヒードリンクのアナトー、マリ産パーム油のSudan 4(40 mg/kg)、インド産カレーの葉のプロフェノホス(23 mg/kg)・トリアゾホス(1.4 mg/kg)・ビフェントリン(5.2 mg/kg)・プロパルギット(0.094 mg/kg)、エクアドル産冷凍エビの非表示クエン酸(476 mg/kg)など

その他アフラトキシン等多数

[]FVO視察報告書

アイルランド 生きた動物と動物製品の残留物質と汚染物質のモニタリングの評価

IE Ireland - evaluate the monitoring of residues and contaminants in live animals and animal products

http://ec.europa.eu/food/fvo/rep_details_en.cfm?rep_inspection_ref=2012-6529

定期視察。概ね規制に従っているが一部弱点を指摘している。

[]更新アレルゲン表示規則発効−家族に食べている食品についてより正確な情報を提供する

Updated Allergen Labelling Rules Now in Effect - Providing Families More Accurate Information About the Food They Eat

August 3, 2012

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/nr-cp/_2012/2012-130-eng.php

カナダで販売されているほとんどの食品に対する新しいアレルゲン表示規制が8月3日に発効する。

ファクトシート

食品表示で見るべきもの−アレルギー啓発

What to Look For on Food Labels - Allergy Awareness

http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/nr-cp/_2012/2012-130fs-eng.php

新しい表示規制は「優先順位の高いアレルゲン」リストに適用される。

いくつかの変更点は

1.「隠された」優先順位の高いアレルゲンの表示

これまでスパイスや調味料に含まれるアレルゲンの表示は義務ではなかったが、これらについても表示される。

2. 成分のわかりやすい名前

「小麦」や「ミルク」などのような単語が使われる

3. 新しい優先順位の高いアレルゲン−マスタード

新たにマスタードが加わった。現在の優先順位の高いアレルゲンリストは

・ピーナッツ

・木の実

・ミルク

・卵

・シーフード

・大豆

・ごま

・マスタード

・亜硫酸

4. グルテンフリー表示

グルテンフリーの表示について明確にした。

[]漢方薬について警告

Chinese medicine warning issued

August 03, 2012

http://www.news.gov.hk/en/categories/health/html/2012/08/20120803_152119.shtml

未登録漢方薬Ginseng Plus – Capsules for Waist & Muscle Pain「复方特级人参风湿丸」に表示されていない西洋薬成分シプロヘプタジンとデキサメタゾンが含まれる。79才の女性がこの製品を使用して腎機能不全で入院した。

[] 論文等

  • 植物の毒素を排除する新しい技術

New technology eliminates plant toxins

5-Aug-2012

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2012-08/uoc-nte080312.php

植物は外敵から身を守るため毒素を作り出す。菜種はグルコシノレートを作る。これが含まれるため、ブタや鶏の飼料用に菜種を使える量が限られる。コペンハーゲン大学の研究者らはこの望ましくない毒素が植物の可食部に入ることを妨げる方法を開発しNatureに発表した。著者らは「トランスポートエンジニアリング」と呼ぶ。この技術は油を絞った残りを飼料に使えることを意味する。

(グルコシノレートの輸送に関わるタンパク質を持たない品種を作った)

  • 母乳中発がん性溶媒測定

C & ENニュース

Carcinogenic Solvent Measured In Breast Milk

Web Date: August 3, 2012

http://cen.acs.org/articles/90/web/2012/08/Carcinogenic-Solvent-Measured-Breast-Milk.html

工業用溶媒トリクロロエチレンの母乳中濃度が報告された。この溶媒は米国では地下水に最も良く検出されている汚染物質である。検出された濃度はただちに懸念となるものではないが、さらなる研究が必要である。

地下水のTCE汚染のあるアリゾナ州ノガレスの20人の母親の母乳中7人から1.5-6 ng/mLのTCEを検出した。

Concentration of Trichloroethylene in Breast Milk and Household Water from Nogales, Arizona

Environ. Sci. Technol., Just Accepted Manuscript DOI: 10.1021/es301380d

http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/es301380d

  • 健康食品のノコギリヤシ(Saw Palmetto)が原因と考えられた横紋筋融解症の1例

A case of rhabdomyolysis caused by saw palmetto of healthy foods

花 香 未奈子,他

J UOEH. 2012 Jun 1;34(2):193-9.

産業医科大学雑誌

ノコギリヤシを含む5種類の健康食品を使っていて横紋筋融解症になった82才の男性の症例

(ノコギリヤシがどうこうというより健康食品を何種類も摂ることのリスクに全く気がついていなさそうなことが問題。騙されてる。)

  • 新しいタイプの過敏性肺炎:サラミブラシ職人病

A new type of Hypersensitivity Pneumonitis: salami brusher's disease.

Marvisi M et al.,

Monaldi Arch Chest Dis. 2012 Mar;77(1):35-7.

サラミ工場で、サラミの表面に生える白いカビをワイヤブラシできれいにする仕事をしていた5人がカビによる過敏性肺炎になったという報告

  • バックグラウンドの慢性腎疾患リスクとの関連でのカドミウムリスク評価

Cadmium risk assessment in relation to background risk of chronic kidney disease.

Ginsberg GL.

J Toxicol Environ Health A. 2012;75(7):374-90.

慢性腎疾患(CKD)のバックグラウンド罹患率に対してCdの1 microg/kg/dの摂取量が集団のCDKリスクをどれだけ増やすかという推定。

  • 食品やタバコからの長期カドミウム暴露、肝への影響と肝細胞がん

Long-term exposure to cadmium in food and cigarette smoke, liver effects and hepatocellular carcinoma.

Satarug S.

Curr Drug Metab. 2012 Mar;13(3):257-71.

レビュー。

  • 原爆を超えて:低線量医療被曝のがんリスク

Beyond the bombs: cancer risks of low-dose medical radiation

Andrew J Einstein

Lancet Vol.380 Number 9840 Aug 04, 2012

10年以上前、Brennerらが小児科のCTスキャンによる放射線量で有意な数のがんによる過剰死亡がおこっていることを示唆した画期的な報告をした。この研究で行われたリスクの推定や、その後の他の医療暴露による推定は、日本の原子力爆弾生存者研究に基づくリスク予測モデルによる。CTスキャンと原爆からの暴露には多くの違いがあり、例えばCTスキャンは通常人体の一部にのみ集中するが原爆は全身に影響する。これらの違いはCTスキャンリスクを推定する際に研究者により可能な限り考慮されているが、それでも予測は正確だろうか?CTスキャンにより本当に小さいけれど現実的がんリスクがあるのだろうか?

多くの医師はCTスキャンによるがんリスクは仮想のものだと考えている。米国医療物理学会の方針説明書では「1回につき実効線量50 mSv以下のあるいは短期間に複数回で100mSv以下の医療用画像解析によるリスクは、検出するには小さすぎるかあるいは存在しないだろう」と述べている。実際子どもや成人の医療用画像解析による放射線暴露によるがんのリスク増加を説得力を持って示した疫学研究は存在しない。リスク推定は当時としては最良の科学に基づくものだと主張する人達もいる。今、Mark PearceらのLancetに発表された研究が乱闘に参加した。著者らはイングランド、スコットランド、ウェールズで1985年から2002年にいろいろな病院でCTを行ったがんではない178604人の子どもたちのコホートを調査した。彼らは個別の臓器の被ばく線量推定のために最先端の線量測定法を用い、その後のがんについてはNHS中央登録との関連で同定した。がん診断のためのCTによる交絡を避けるため、放射線に関連する発がんはみられないと考えられているスキャンの2年以内に発症した白血病と5年以内の脳腫瘍については除外した。

このコホートの最初の解析は、典型的には10年の、最大23年のフォローアップ期間中の白血病と脳腫瘍に限られている。このフォローアップ期間に、CTによる骨髄の累積線量が最小30 mGy(ここでは1 mGy = I mSv)から子どもの白血病頻度が増え、最小50 mSvから子どもの脳腫瘍頻度が有意に増えたことをPearceらは記している。2001年以降に通常用いられている線量を用いて推定すると、15才未満の子どもに頭部CTを2-3回すると脳腫瘍の、5-10回で白血病のリスクが3倍になることを示唆している。彼らの知見は、原子爆弾生存者のデータと比べて白血病リスクはほぼ同じで脳腫瘍のリスクは増加しているが統計学的には両立しうることを示唆する。

少なくとも12の他のグループが子どもたちの国民コホート研究を計画または実施している。オーストラリアとカナダの大規模コホート研究の知見は1-2年のうちに出るだろう。一方英国コホートの拡大バージョンを含むヨーロッパ9コホートのプール解析をEPI-CTが2016年に報告する予定である。英国の子どもたちの他の固形がんやより長期のフォローアップについてもさらに解析されるだろう。これらの研究はよりしっかりした根拠を提供し、我々の低線量放射線によるがんの理解を深めるだろう。

この研究の臨床や政策に与える影響は?CTによるリスクがリアルかどうかについての議論を減らすだろうが専門家は既に過去10年で変わってきた。新しいCTスキャナーは線量を減らすようにしているしCTによる被ばくを正当化・再適化する必要性を理解している医師は増えた。それはPearceらの研究によって強化されるだろう。

CTの正当化は重要である、なぜならスキャンの20-50%は他の方法で代替可能か全く必要ないことが示されているからである。

(CT暴露とがんについての疫学研究の表に、世界で突出して多い医療被曝をしている日本がないことが残念)

Radiation exposure from CT scans in childhood and subsequent risk of leukaemia and brain tumours: a retrospective cohort study

Mark S Pearce et al.,

Volume 380, Issue 9840, 4–10 August 2012, Pages 499–505

その他ニュース

  • 両親の1/3は完璧な親だと思われたくて子どもの睡眠習慣について嘘をつく

Daily Mail

Third of mums and dads lie about their children's sleeping habits because they want to seen as perfect parents

6 August 2012

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2184220/Third-mums-dads-lie-childrens-sleeping-habits-want-seen-perfect-parents.html?ITO=1490

子育てウェブサイトNetmumが11000人の親に尋ねたところ、完璧な親でなくてはならないというプレッシャーが大きくて約1/3が嘘をついていることを認めた。

夜の間ずっと寝ている子どもは半分以下で11.1%は夜に3回以上起きる。

(英国では赤ちゃんが夜ぐっすり寝てくれないのって親が悪いことになってるわけ?大変だねと同情するのではなく責めるの?)