食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2013-12-30

マラチオンについて

(年内に更新する予定はなかったのですが・・)

マルハニチロホールディングスの発表によると検出されたマラチオンは2200 ppmとあります。

http://www.aqli.co.jp/wp-content/uploads/2013/12/news_20131229_2.pdf

これまで残留農薬の基準値超過事例などで報告されている濃度は、農作物で1ppm以下がほとんどです。

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/archive?word=%A5%DE%A5%E9%A5%C1%A5%AA%A5%F3

ですので、農作物に残留していてそれが加工食品にこれだけの濃度で残るというのは考えにくいと思います。

EFSAの2009年の評価ではマラチオンのADIとAEOLは0.03 mg/kg bw/day、ARfDは2種類 一つは動物実験データに安全係数100を用いた0.3 mg/kgbw/day、もう一つはヒトデータに安全係数10を用いた1.5 mg/kg bwとなっています。有害影響としてはコリンエステラーゼ阻害ですが、ヒトで15 mg/kgを経口投与して影響が見られなかったという実験があるので、仮に体重50kgなら750mgになります(ヒトに投与したデータがあるのは珍しいのですが)。2200 ppmなら340gくらいでしょうか。代謝が早いので一回だけ食べたところで後に影響が残ることは考えにくいです。

Conclusion on pesticide peer review regarding the risk assessment of the active substance malathion

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/doc/333r.pdf

ほかにエチルベンゼンとキシレンが検出されているようですが、こちらは容器由来かもしれません。参考までに。

食品中揮発性有機化合物について

http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/chemical/kanshi/index-kanshi.html

12月31日追記

濃度はコロッケの最高15000ppmになっているようです

http://file.tdx.co.jp/la_cantine/20131231_aqli_gunma_nouyaku-kensyutu_dai2.pdf

これだと結構厳しくて、体重20kgにすると約20gで15 mg/kgになってしまいます。

問題の商品は8個入り176gとのことなので、1つ食べるとそのくらいですね

http://www.aqli.co.jp/product/corn_cream

報道によると

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312300355.html

体重20キロの子どもが最高濃度(1万5千ppm)のコーンクリームコロッケを食べた場合、約8分の1個で吐き気や腹痛などの症状を起こす可能性があると発表した。

 同社はこれまで、体重20キロの子どもが一度に60個を食べないと健康に影響がないと説明していた。30日に厚生労働省の指摘を受け、計算の誤りに気づいたという。久代(くしろ)敏男社長は会見の冒頭、「計算上、大きな誤解を与える指標を提示した。大変な失策で、深くおわびいたします」と謝罪した。

 同社の佐藤信行品質保証部長によると、「食べても健康に大きな影響を及ぼさない限度量(ARfD)」を算出するべきところを、「動物に投与した場合に半数が死ぬ量」を計算していた。「食品の安全に関わる部署で検討したが、ARfDに関する知識がなかった。保健所に相談するのも忘れていた」という

この計算はARfD 2mg/kgをもとにしたものでもとの人体実験に安全係数や丸めた数字を使っているので「これを超えたとしても必ずしも健康に影響が生じるわけではありません」と表現されているのですが。

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11135000-Shokuhinanzenbu-Kanshianzenka/0000033992.pdf

それよりも「食品の安全に関わる部署で知識が無かった」というのは本当にそうなのですか?この手の意図的混入(?)事件は知識があっても完全に防ぐのは難しいものですが、食品の安全に関する部署でその認識というのはそれよりもっと重大な問題なのですが・・・。ちょっと信じられないので記録に残しておきます。

葦里セイリュウ葦里セイリュウ 2013/12/30 20:00 今年も色々と情報をありがとうございました。
幅広く安全性について学ばせていただき感謝します。
幾らかでも若い人に食とリスクについて伝えて行ければと願っています。
また、来年もよろしくお願いします。

Qing LiQing Li 2013/12/31 21:10 マラチオン15,000ppmだと、事件あるいは事故的な混入でしょうね。
以前の、中国産の冷凍餃子でのメタミドホス濃度と同じレベルですから・・
マラチオンは、メタミドホスほど毒性は強くないですね。