食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2014-05-01

[]最新オーストラリアトータルダイエットスタディ発表

Latest Australian Total Diet Study released

1/05/2014

http://www.foodstandards.gov.au/media/Pages/Latest-Australian-Total-Diet-Study-released.aspx

FSANZは、オーストラリアの消費者のアクリルアミドとアルミニウムの食事暴露を調べた、第24回オーストラリアトータルダイエットスタディ(ATDS)の最初の結果を発表した。

FSANZのSteve McCutcheon長官は、オーストラリアの食品や飲料中のアクリルアミド濃度は一般的に国際的に観察されているものと同等かそれ以下である、と述べた。しかしながら食事からの推定暴露量は国際専門家委員会がヒト健康上の懸念となると考える範囲に留まっている。FSANZは企業と協力して、アクリルアミドの生成をへらす酵素を使うなどの食品中のアクリルアミド含量を減らす方法を探している。

アルミニウムは添加物由来と天然由来で多くの食品に存在する。ほとんどの食品にいくらかは存在し最も高濃度なのはケーキやホットケーキ、パンケーキである。これらの知見は国際的に報告されているものと一致し、ほとんどのオーストラリア人の暴露量は国際的に安全であると認識されているレベルである。しかし2-5才の高摂取群では僅かに超過する。この僅かな超過が公衆衛生や安全上の問題となることはないが、FSANZは現在のアルミニウム含有食品添加物の認可状況が適切かどうかを検討している。

報告は以下から

24th Australian Total Diet Study

http://www.foodstandards.gov.au/publications/Pages/24th-Australian-Total-Diet-Study.aspx

これまでの方法と違う点は調理によってアクリルアミドが生じることを考慮したこと。スライス肉は全てグリル、挽肉は全てフライパンで焼くと仮定。蒸す、煮る、茹でるではアクリルアミドはあまりできず、焼く、揚げるではアクリルアミドができると仮定。

推定暴露量は低い方で 10 〜50 µg/day、高い方で30 〜110 µg/day( 1–2 µg/kg bw/day

および2–4 µg/kg bw/day)。MOEは20-480で健康上の懸念となる

アルミは2-5才でPTWIを少し超える集団がありその主要寄与因子はケーキやビスケット。

(これは日本と同じ

食品中のアルミニウムに関する情報

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuten/aluminium/

[]食品基準改定

Amendment No. 147 - 1 May 2014

http://www.foodstandards.gov.au/code/changes/gazette/Pages/Amendment1471may2014.aspx

遺伝子組換えリグニンの少ないルーサン系統KK179由来食品

[]科学戦略履行計画2014-15

Science Strategy Implementation Plan 2014-15

April 2014

http://www.foodstandards.gov.au/science/strategy/Pages/Science-Strategy-Implementation-Plan-2014-15.aspx

現在実施中なのは健康強調表示の科学的根拠の立証に関するスタッフの能力強化、規制影響評価のための経済費用モデル開発、レギュラトリーサイエンスのスキル強化、専門的科学能力の強化等

(しかし日本にはこの分野の専門家を育てるところがないのだけれど)

タマゴテングタケ

ACT(オーストラリア首都特別地域)保健省

Death Cap Mushrooms

http://www.health.act.gov.au/publications/fact-sheets/death-cap-mushrooms

キノコ中毒による死亡の90%がタマゴテングタケによる

キャンベラでは普通秋に生える

いろいろ注意

ニュースはいくつか

Death Cap mushrooms not from Woolworths

Released 27/04/2014

http://www.cmd.act.gov.au/open_government/inform/act_government_media_releases/hd/2014/death-cap-mushrooms-not-from-woolworths

[]2食品が安全性チェックに失格

2 foods fail safety checks

April 30, 2014

http://www.news.gov.hk/en/categories/health/html/2014/04/20140430_145241.shtml

3月の食品安全センターの9800検体の検査のうち、失格だったのはミルクの細菌数と生鮮豚肉の二酸化硫黄の2検体だった。

[]心臓発作経験者には「食物繊維の多い食品がメリットがある」

Behind the headlines

Heart attack survivors 'gain from high-fibre diet'

Wednesday April 30 2014

http://www.nhs.uk/news/2014/04April/Pages/Heart-attack-survivors-benefit-from-high-fibre-diet.aspx

BBCニュースが「もし心臓発作経験者なら、繊維をたくさん食べるとよい」とウェブサイトで助言している。米国の研究で食物繊維を多く食べた心臓発作経験者はあまり食べない人より死ぬリスクが小さかった。これは心臓発作を経験した医療従事者のデータを用いた大規模長期研究である。食物繊維を最も多く食べる1/5は少なく食べる1/5より25%死亡リスクが低かった。この研究は食物繊維が死亡リスクを下げることを証明することはできない。普通の人に一般化できるかどうかは不明である。全体としてはこの研究は健康的なライフスタイルの一環としての食物繊維のメリットについての根拠に加わるものである。

[]ある炭水化物がカロリーの高いものへの欲望を抑えることができるか?

Could a carbohydrate curb calorific cravings?

Wednesday April 30 2014

http://www.nhs.uk/news/2014/04April/Pages/Could-a-carbohydrate-curb-calorific-cravings.aspx

Daily Telegraphが「「食欲を抑える」分子が発見されたので空腹をなくす錠剤ができるかも」と報道した。このニュースは発酵性炭水化物(消化が困難だが腸内細菌は使えるもの)についての研究に基づく。マウスにイヌリンまたはセルロースを加えた高脂肪食を与えたところ、イヌリン群の食べる量と体重が少なかった。マウスの脳の研究でイヌリンを細菌が分解して作る酢酸が脳の食欲抑制に関与する部位に影響することを見いだした。ヒトでの効果を確認するにはさらなる研究が必要である。

[]ビタミンD標準化計画

VITAMIN D STANDARDIZATION PROGRAM (VDSP)

http://ods.od.nih.gov/Research/vdsp.aspx

2010年11月に設立した、実験室でのビタミンDの測定を正確で比較できるものにするためのビタミンD標準化計画について、更新

[]WHOの最初の世界抗生物質耐性報告書は、公衆衛生への深刻な、世界的脅威を明らかにする

WHO’s first global report on antibiotic resistance reveals serious, worldwide threat to public health

30 APRIL 2014

http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2014/amr-report/en/

耐性と戦う方法

一般の人

・抗生物質は医師の処方でのみ使う

・処方は最後まで使う、調子が良くなってもやめない

・抗生物質を他人に譲ったり、使い残しを使ったりしない

医療関係者

・感染予防強化

・本当に必要な場合のみ処方する

・適切な抗生物質を処方する

政策決定者

・耐性対策と検査室の能力を強化

・医薬品の適切使用を規制・促進

政策決定者と企業

・革新と新しいツールの研究開発

・情報共有

インフォグラフィックには

過去30年間新しい抗生物質は開発されていない、とか

  • WHO世界抗生物質耐性報告書−専門家の反応

SMC

WHO Global antibiotic resistance report – experts respond

May 1st, 2014.

http://www.sciencemediacentre.co.nz/2014/05/01/who-global-antibiotic-resistance-report-experts-respond/

WHOが抗生物質耐性についての最初の世界報告書を発表した

HIVやマラリア、結核、インフルエンザ治療薬への耐性についても含む。抗生物質耐性は将来の問題ではなく今世界中で起こっている問題だということを明らかにしている。緊急に協力した対応をしなければ、ポスト抗生物質時代、−かつては治療ができた病気で再びヒトが死ぬ時代−がやってくる

以下たくさんの専門家のコメント

医療現場ではもちろん、家畜への使用、トリクロサンのような「抗菌」家庭用品へ警告もある

  • 最初の世界薬物耐性報告はぞっとする予想をする

ScienceInsider

First Global Drug Resistance Overview Paints Grim Picture

30 April 2014

http://news.sciencemag.org/health/2014/04/first-global-drug-resistance-overview-paints-grim-picture

WHOが最初の地球規模での薬物耐性拡散の評価を発表した。そしてその結果は厳しいものであった。

  • WHOは「抗生物質後」時代に警告

Natureニュース

WHO warns against 'post-antibiotic' era

30 April 2014

http://www.nature.com/news/who-warns-against-post-antibiotic-era-1.15135

WHOは抗生物質耐性微生物の拡大を監視する世界システムを薦める

WHOが発表した報告書によると抗生物質やその他の抗菌剤が効かなくなっていることは世界的な問題で、サーベイランスシステムの構築が必要。

農業部門と病院での過剰使用により薬剤耐性菌が急速に増殖しヒトの移動や不衛生な行動で拡散される

[]我々の社会の環境健康リスクの同定と削減−ワークショップの要約

Identifying and Reducing Environmental Health Risks of Chemicals in Our Society - Workshop Summary

April 29, 2014

http://iom.edu/Reports/2014/Identifying-and-Reducing-Environmental-Health-Risks-of-Chemicals-in-Our-Society.aspx

2013年11月7-8日に開催されたワークショップの要約

  • シンポジウムのお知らせ:抗生物質耐性:国境のない問題

antimicrobial Resistance: A Problem Without Borders

http://iom.edu/Activities/Quality/RosenthalLect/2014-MAY-06.aspx

2014年5月6日

[]EPA は2,4-D とグリホサートを含むEnlist Duo除草剤の登録決定案に意見募集

EPA Seeks Comment on Proposed Decision to Register Enlist Duo Herbicide Containing 2,4-D and Glyphosate

Last updated on 2014/4/30

http://www.epa.gov/pesticides/factsheets/2-4-d-glyphosate.html

2,4-D耐性遺伝子組換えトウモロコシと大豆の雑草コントロールのためにグリホサートと2,4-Dのコリン塩を含むEnlist Duoを登録する決定案について30日間パブリックコメントを募集する。雑草がグリホサートベースの除草剤への耐性を獲得してきていて農家にとって問題となっている。この提案が最終化されればグリホサート耐性雑草の拡大を減らすための道具が増える。Enlist Duoによる雑草管理が成功するために、この提案では製造業者にしっかりしたモニタリングとEPAへの報告、生産者への教育、レメディエーションを含む要求事項を課し、もし耐性が生じたら使用を制限するためにEPAが速やかに対応できるようにしている

Q & A

2,4-Dは枯れ葉剤ではないといういつもの項目を含む

[]警告文書

Warning Letters

  • Charlemagnes Tree Farm Ltd dba Hudson Valley Homestead 4/22/14

http://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/2014/ucm394487.htm

ソースの成分表示やアレルゲン表示が不適切

  • River Hills Harvest dba Elderberrylife 4/22/14

http://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/2014/ucm394486.htm

エルダーベリージュースのパンフレットでの抗ウイルスや抗炎症作用などの主張が未承認新規医薬品に該当

  • Iowa Select Herbs 4/18/14

http://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/2014/ucm394259.htm

亜麻仁やホーリーバジルやイチョウ抽出物等が病気予防になる等というウェブサイトでの宣伝が未承認新規医薬品に該当、さらにダイエタリーサプリメントCGMP違反

  • Pereira's Dairy Farm 4/9/14

http://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/2014/ucm394685.htm

食用として販売された子牛の残留動物用医薬品スルファメタジン

[]塩化ジデシルジメチルアンモニウム(DDAC)及び塩化ベンザルコニウム(BAC)の提案された暫定最大残留基準値(MRLs)の食事リスク評価に関する理由付き意見

Reasoned opinion on the dietary risk assessment for proposed temporary maximum residue levels (MRLs) of didecyldimethylammonium chloride (DDAC) and benzalkonium chloride (BAC)

EFSA Journal 2014;12(4):3675 [23 pp.]. 28 April 2014

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/3675.htm

EFSAは欧州委員会から、暫定MRLとして提案されている、全ての食品についてそれぞれ0.1 mg/kgについて評価することを求められた。

提案されたMRLsは十分保護的であるが、データが限られているため不確実性が高い。

EFSAの評価はBfRが導出した両化合物についてのADI 0.1 mg/kg bw per day、 ARfD 0.1 mg/kg bwを使用した。完全な毒性学的試験が行われていないためにこの数値は目安である。

その他

  • 単純によく食べよう−2億5000万ポンドのジムサプリメント業界は働いていない

The Conversation

Just eat well – the £250m gym supplements industry isn’t working out

23 April 2014, Stuart Gray

http://theconversation.com/just-eat-well-the-250m-gym-supplements-industry-isnt-working-out-24748

私はジムやスポーツセンターで販売されているいろいろなスポーツ栄養製品にいつも驚かされる。いつ何時でも、ジムでトレーニングしている人たちが栄養ドリンクを飲んでいる。英国ではここ数年でスポーツ栄養市場が急拡大し、2012年には2億6000万ポンドになった。全ての製品に回復が早くなる、筋量が増える、脂肪を燃やす、健康を増進するといったような健康宣伝がされている。あまりにも多くのメッセージがあって人々は見分けがつかない。スポーツサイエンティストとして私はしばしばどれがいいのかと聞かれる。私の意見は一般的にサプリメントは必要なく、必要な栄養は適切な食事から摂るべきだというものである。

しかしこの答えは決して満足してもらえないので、以下にいくつかのよくあるサプリメントのデータについて示そう。プロのボディビルダー向けではなく、週に何回かトレーニングをするような人向けである。

プロテイン

プロテインを摂る最大の理由は筋量を増やすことである。しかし問題はどのくらいの量を、どの種類を、どのタイミングで摂るかである。最も良さそうなのは乳清タンパク質でカゼイン大豆プロテインサプリメントより70%以上早く吸収される。タイミングについては運動直後数分という主張がなされることがあるが大げさで、運動後24-48時間のようだ。量については最近の研究では80-85kgの若い男性は20gの乳清タンパク質で最適の結果になるようだ。それ以上は必要ない。

クレアチン

クレアチンは天然に赤身肉や卵や魚に含まれ、筋量増加や回復に役立つという科学的根拠はたくさんある。しかしクレアチンが運動パフォーマンスに効果があるという根拠はそれほどしっかりしたものではない。クレアチンは人体の水の貯蔵を増やし、体重を増やす。体重が重要なスポーツの場合筋肉へのメリットと相反し、全体としてはメリットはなさそうである。

ビタミン類

ビタミンは健康によいとみなされている。それは事実だが摂りすぎは健康にも運動にも逆効果になる。特に抗酸化物質として作用するビタミンCとEは運動への人体の適応を阻害することが示されている。最近の2つの研究で大量のビタミンC (1000mg/day)とE (267mg/day)を摂った人ではエアロビックフィットネスや運動機能が向上しなかった。この量は推奨摂取量の250倍と80倍であるが市販のサプリメントはこのくらいのものがある。大量のビタミンは運動によるメリットを減らしてしまう。

カフェイン

カフェインは普通トレーニング効果を出すためではなく運動時の成績を上げるために使われる。カフェインサプリメントは運動時の耐久性を高めるかもしれないがコーヒーでも同じ。

エネルギードリンク

炭水化物を含む飲料はエネルギーや水の摂取源として長く使われてきた。しかし近年短期の運動パフォーマンスを改善するかどうかには疑問が提示されている。2時間以上の強い運動時に使うのは役にたつだろうが短時間ではそれほどメリットはないだろう。さらに小さい子どもがほんの少し運動しただけでエネルギードリンクを飲むことに懸念がある。カフェインは小さい子どもには勧められない

その他サプリメント

現在の根拠からはメリットはない

サプリメントの汚染物質

最近の研究ではしらべたサプリメントの10%に禁止薬物が入っている。競技会なら薬物検査で失格になる懸念はもちろん、あなたの町のスーパーマーケットで販売されているサプリメントにも入っている可能性がある。

このことが我々を出発点に引き戻させる。栄養製品にはトレーニングに役にたつものもあるかもしれないがあまりにも多くの間違った情報があり、お金の無駄や運動への悪影響にすらなる。

もし質問が「トレーニングのためにどのサプリメントを摂るべき?」なら答えは簡単で「何も摂らない。運動と、バランスのとれた食事を楽しもう」。

  • UVネイルランプの使用に関連する皮膚がんリスクのさらなる調査

Further Investigation Into the Risk of Skin Cancer Associated With the Use of UV Nail Lamps

Lyndsay R. Shipp et al.,

JAMA Dermatol. Published online April 30, 2014. doi:10.1001/jamadermatol.2013.8740

http://archderm.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1862050

マニキュアの乾燥やキュアリングに使うUVランプの皮膚がんリスクについて

  • Natureのエディトリアルが日本の科学における不正行為について

Agency for change

30 April 2014

http://www.nature.com/news/agency-for-change-1.15120

考古学のゴッドハンド問題、東京大学Serkan Anilir教授問題、過去最高の論文取り下げ数を記録した麻酔科医、そしてSTAP細胞

(並べられると確かにひどい)