食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2014-07-11

[]CCEXEC69の音声記録

CCEXEC69 Audio recordings

10/07/2014

http://www.codexalimentarius.org/roster/detail/en//c/238672/

6カ国語でmp3ファイル提供

[]FTCはAmazonが子どもの未承認アプリ内課金で違法に保護者に数百万ドルを請求したと主張

FTC Alleges Amazon Unlawfully Billed Parents for Millions of Dollars in Children’s Unauthorized In-App Charges

July 10, 2014

http://www.ftc.gov/news-events/press-releases/2014/07/ftc-alleges-amazon-unlawfully-billed-parents-millions-dollars

Amazon はKindle Fireなどの子ども用アプリを提供しているが、そのアプリ内で保護者やアカウント所有者の許可無くアイテムが購入できるようになっていた。

[]参考資料(日本産輸入食品の放射能検査の結果)

検査実査課/輸入食品政策課 

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=676&seq=24446

日本産輸入食品放射能検査結果 (2014.6.27.〜2014.7.3.)

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=676&seq=24380

日本産輸入食品放射能検査結果(2014.6.20.∼2014.6.26.)

[]レトルト包装、これが気になります!

添加物基準課 2014-06-25

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=676&seq=24344

食品医薬品安全処はそのままあるいは簡便に暖めて食べられるレトルト(retort) 食品に使われる包装材について消費者に正しい情報を提供しようと ‘レトルト包装材について調べましょう!’を製作してホームページに載せると発表した.

主要内容は ▲レトルト包装材の特徴 ▲レトルト包装材の安全性 ▲レトルト食品の正しい摂取方法などである

<レトルト包装材の特徴>

レトルト包装材は破損や変形せず内容物であるレトルト食品の変質を阻むために耐熱性が良い合成樹脂材からなる多層包装材が主に使われる.

代表的なものに合成樹脂中間にアルミホイルを挟んで作った不透明なパウチ(袋)形態があり, 即席カレー, チャジャンなどの製品に広く使われている.

レトルト包装材は缶や瓶より軽く空間占有が少なく, 封切りしやすく柔軟でけがをする懸念は少ないが, 尖ったり鋭い物体で包装が破損されることあるので注意が必要

<レトルト包装材の安全性>

レトルト包装材を構成する材質の中で食品と直接接触する材質は耐熱温度が 115℃ 以上のポリエチレンやポリプロピレンが主に使われていて, 該当物質から食品に有害物質や不純物が移行しないように基準規格を決めて管理している.

※ 鉛: 1ppm 以下, 過マンガン酸カリウム消費量: 10ppm 以下, 蒸発残留物: 30ppm 以下, 1-ヘキセン(ポリエチレンに限り) : 3ppm 以下, 1-オクテン(ポリエチレンに限り): 15ppm 以下

ポリエチレンやポリプロピレンには内分泌撹乱物質として知られるフタル酸やビスフェノール Aは使われていない

<レトルト食品の正しい摂取方法>

レトルト食品を暖める方法は熱湯や電子レンジを使う方法がある.

熱湯の場合はお湯にレトルト食品を容器のまま入れて暖める。野外でも簡便に使うことができ、パウチ(袋) 形態の製品でよく使われる.

電子レンジの場合はレトルト食品を容器ごとあるいは電子レンジ用容器に移して料理する方法で, 熱湯より早く暖めることができる.

レトルト食品を暖める時には包装に表示された方法や時間などをよく読んで従わなければならない.

電子レンジで直接暖める時には表示された方法に従ってふたを少し開けたり包装材上部一部をきらなければならない.

表示事項に 「袋ごと電子レンジにいれないでください」 などの注意事項がある場合は直接暖めずに電子レンジ用容器に移して暖めなければならない.

レトルト食品はパウチ(袋) または容器に食品を密封した後加熱殺菌したもので, 封切りしない状態で暖めた場合にはまた冷却して保管が可能である.

レトルト食品は種類によって常温保管または冷蔵保管ができるが、常温保管でも温度が高い所に長期間放置時には品質が落ちるので, 高温や直射日光を避けて保管しなければならない.

詳しい内容はホームページ[www.mfds.go.kr → 分野別情報 → 食品安全 → 関連サイト → 器具及び容器•包装情報部屋]で確認可能

[]性機能の改善など、広告商品の購入に注意!!

食品管理総括課 2014-07-02 

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=675&pageNo=1&seq=24418&cmd=v

(タイトルにびっくりマークが二つもついてる)

食品医薬品安全処は最近日刊紙などで性機能改善など疾病の予防または治療に効能•効果があると広告する ‘パワーエム’, ‘ホアホア’, ‘ジョイントケア’ 3製品を摘発して調査中なので購入しないようお願いする

主要製品別広告内容は以下

‘パワーエム’:“たった1回摂取で 1日後やる気のない男性をぱっと変えます. 精力がない 4~60代男性が 20代男性に生まれかわる. たった 1回摂取で驚くべきな男性力回復” などの内容

‘好よ好よ(ホアホア)’:“中年の悩み解決! 国内最初! 男性と女性のための性機能お助け製品,男性には強いパワーを..! 女性には不感症改善を..!” などの内容

‘ジョイントケア’:“関節炎, 通風, 五十肩,リュウマチなどすべての苦痛を漢方で終りに!!” などの表現

[]2014年下半期食•医薬品安全政策はこのように変わります。

食品政策調整課/医薬品政策課/医療機器政策課 2014-06-30 

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=675&pageNo=2&seq=24383&cmd=v

食品医薬品安全処は国民の健康と直結する安全は強化し手続き的規制は改善する方向の今年下半期から変わる食・医薬品主要政策を紹介する

食品分野主要政策は ▲食品安全管理認証基準(HACCP) 義務適用拡大 ▲食品履歴追跡制段階的導入 ▲限定版ハンバーガー, ピザなど栄養表示義務化 ▲家畜の屠畜検査官強化などである.

子供嗜好食品, 餅類など 8品目と年間売上高 100億ウォン以上の食品業社が製造•加工する食品に対して来る 12月から段階的に HACCP 適用が義務化される。 ‘危害要素重点管理基準’という用語は消費者が理解しやすいように ‘食品安全管理認証基準’に変更される

※ 義務適用対象品目(8品目) : お菓子・キャンデー類, パン類もち類, チョコレート類, 魚肉ソーセージ, 飲料, インスタント食品, 麺類, 特殊用途食品

牛乳, 調整粉ミルク, アイスクリームなどを生産する執行猶予業及び油工業に対しては 7月から HACCPを義務適用して管理する.

※ 執行猶予業 : 原乳を収集•濾過•冷却または保存する営業

乳幼児食品及び健康機能食品については消費者が生産から加工流通消費に至るまで食品情報を一目で見られるように ‘食品履歴追跡制’ 適用が来る 12月から義務化される.

特売日や企画マーケティング製品で年間 90日未満販売されるハンバーガー, ピザなど限定版製品も来る 12月から熱量など栄養表示が義務化される.

屠畜検査の信頼性•公正性を確保して国民により安全な畜産物を供給するためにニワトリ•鴨などすべての家畜の屠畜検査は 7月から公務員である検査官が直接遂行する.

医薬品分野主要政策は 略

[]ニューヨーク市は重度肥満の子どもが減ったことを報告

New York City Reports a Decrease in Severely Obese Children

Thursday, July 10, 2014

http://www.nyc.gov/html/doh/html/pr2014/pr019-14.shtml

ニューヨーク市の公立学校のK–8年生の重度肥満が、2006-07年度から2010-11年度の間に9.5%減った

(米国では肥満の増加に頭打ちの傾向が報告されている)

[]外来製品警告

  • Foreign Product Alerts: Weekend Warrior and Lian Zhan Qi Tian capsules

July 10, 2014

http://healthycanadians.gc.ca/recall-alert-rappel-avis/hc-sc/2014/40165a-eng.php

FDAやTGAが警告しているもの、シルデナフィルとその類似体

  • Foreign Product Alerts: Vitaccino Coffee, Collagen Slim, and Sulami

http://healthycanadians.gc.ca/recall-alert-rappel-avis/hc-sc/2014/40163a-eng.php

FDAやTGA、香港が警告しているもの。シブトラミン

  • Foreign Product Alerts: Fruta Bio, Jianfeijindan Activity Girl, and LTD Japanese Chinese Formula pill for weight reduction

http://healthycanadians.gc.ca/recall-alert-rappel-avis/hc-sc/2014/40161a-eng.php

FDAが警告しているもの。シブトラミンフェノールフタレイン

[]WHOは各国が非伝染性疾患対策を強化する必要性を強調

WHO highlights need for countries to scale up action on noncommunicable diseases

10 July 2014

http://www.who.int/mediacentre/news/notes/2014/action-on-ncds/en/

"Noncommunicable diseases country profiles 2014"報告書を発表

各国毎のプロファイル

http://www.who.int/nmh/countries/

年齢調整すると確実に年々改善していることはわかる。

指標として使っているのが「30から70才の間にNCDで死亡する可能性」

(昔は良かったのに悪くなった、という類の主張が嘘であることは明らかなのに人気はある。日本女性はとても優秀。男性がまだまだ。韓国も同様で男女差大きい。文化なのか人種なのか)

[]論文

  • 新しい研究は飲酒が心臓の健康にメリットがないことを示す

New study shows drinking alcohol provides no heart health benefit

10-Jul-2014

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2014-07/uops-nss071014.php

この結果はこれまでの1日1杯は心血管系の健康に良いかもしれないという研究に疑問を提示する

BMJに発表された論文

エディトリアル

アルコールと心血管系疾患

Alcohol and cardiovascular disease

MJ 2014;349:g4334

http://www.bmj.com/content/349/bmj.g4334

新しい研究ツールがこの不可解な関連を解き明かすのに役にたつだろう

多くの観察研究で小量飲酒する人の方が全く飲まない人より心血管系疾患のリスクが小さいことが報告されているが、それらは最も重要な疑問に答えることはできない:少量飲酒で心血管系疾患のリスクが下がるのか?この観察試験の結果(相関関係)と、健康を増進するために必要な答え(因果関係)の差は根本的なものである。相関関係と因果関係の取り違えは、たとえば肺がん予防のためにマッチを取り上げるようなことにつながる。

近年、観察研究から因果関係を評価するための方法に進歩が見られた。その科学的価値にもかかわらず、議論は多い。Holmesらの論文はこの理由を完全に描写している。Holmesらはメンデル無作為群間比較デザインを用いて少量飲酒が心血管系疾患予防に役立つのかどうかを評価しようとした。この論文は効果の方向のみ、飲酒が心血管系リスクを増やすのか減らすか−を探った。

メンデル無作為群間比較では遺伝的バックグラウンドを「疑似実験」として扱う−ADH1B座位のA-対立遺伝子の遺伝は無作為により少ない飲酒に割り付けられるとみなす。HolmesらはA-対立遺伝子は飲酒量が少なく心血管系疾患は低いことを見いだした。彼らは飲酒は心血管系疾患リスクを増やすと結論しこれまでの観察研究の結果は見直すべきだとした。

Holmesらの推論は、個人を少量飲酒に割り付ける無作為対照化試験と同様の二つの仮定に基づく。ここではADH1B対立遺伝子が治療に相当する。最初に、試験は無作為化される−つまりA-対立遺伝子と対照群は同じ心血管系リスクをもつと仮定する。次にこの割付は飲酒量以外には心血管系疾患に影響しないと仮定する。この仮定は実際の無作為割付試験と同様であるが、メンデル無作為群間比較のほうが尤もらしさが少ないためさらに精査が必要であろう。

通常の観察試験の仮定と比べてこれらの仮定はどうだろうか?結局のところ、少し尤もらしさの少ない新しい方法の方が、さらに尤もらしさの欠ける仮定に基づくこれまでの方法よりいいかもしれない。明示的に言及されることは滅多にないものの、これまでの観察研究では飲酒量が効果的に無作為に割りつけられているという仮定のもとでのみ成立する。つまり私たちが飲酒と心血管系疾患に影響する全ての要因(交絡因子)を考慮しているということであるが、これはほぼ不可能である。

これまでのアプローチもメンデル無作為群間比較アプローチも、証明されていない仮定に基づくため、矛盾が生じることは驚きではない。両方で答えが一致した場合に結果は信頼できるだろう。Holmesらの知見はそうではないので、我々はどちらがありそうなことか選ばなければならない。

全ての観察研究の解釈には仮定を疑うことが重要であり、仮定を調整するのは報告の重要な一部である。(略)

Holmesらの結論の最も驚くべきことのひとつは、少量(light)から中程度(moderate)の飲酒者であっても、飲酒量を減らすことにはメリットがあるだろうということである。この論文ではこれを証明できないが他の解析で可能かもしれない。

彼らの解析は挑発的で革新的である。多くの限界はあるが。これまでの研究にも限界はある。確実な結論は難しいが次の段階はある。飲酒の大規模無作為割付試験は不可能でないとしてもできそうにはないので、観察試験のデータを使ってより多くの情報をうみださなければならない。

アルコールと心血管系疾患の関連:参加者個人データに基づくメンデル無作為化解析

Association between alcohol and cardiovascular disease: Mendelian randomisation analysis based on individual participant data

Michael V Holmes et al.,

BMJ 2014;349:g4164

http://www.bmj.com/content/349/bmj.g4164

56の疫学研究のンデル無作為化メタ解析

欧州人261991人が含まれ、冠動脈疾患症例は20259人、脳卒中は10164人。ADH1B rs1229984変異、アルコール表現型、心血管系バイオマーカーについてのデータがある。

アルコールデヒドロゲナーゼ1B遺伝子はアルコールの代謝に関わる遺伝子で、その単一ヌクレオチド多形rs1229984は飲酒で顔が赤くなる、日常的に飲酒量が少ない、などと関連することが知られている。この変異を用いてアルコールと心血管系疾患の関連を調べる国際共同研究の結果。The InterAct Consortium

  • NOAAとその協力者がこの夏エリー湖西部で有害藻類の大発生を予想

NOAA, partners predict significant harmful algal bloom in western Lake Erie this summer

10-Jul-2014

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2014-07/nh-npp070914.php

  • ネオニコチノイド系農薬の使用が鳥類やミツバチの減少に関係していると懸念されている

Natureエディトリアル

Be concerned

A possible link between neonicotinoid pesticide use and a decline in bird numbers is worrying.

http://www.nature.com/news/be-concerned-1.15516

ミツバチや昆虫を食べる鳥への影響について。オランダの一部の鳥の集団の減少とネオニコチノイドの使用に関連があるという研究が発表された。

相関があるという研究は因果関係があることを意味しないが懸念の声は高まっている

  • チンパンジーのIQは遺伝子にはじまる

Natureニュース

Chimpanzee IQ starts in the genes

Sara Reardon 10 July 2014

http://www.nature.com/news/chimpanzee-iq-starts-in-the-genes-1.15533

研究は動物の知能の約半分が遺伝であることを示す

賢いチンパンジーはしばしば子どもも賢い。Current Biologyに、チンパンジーの知能への遺伝の寄与についての最初の解析が発表された。Yerkes 国立霊長類研究センターの9-54才の99頭のチンパンジーの知能を調べた。ヒトでは子どもは約30%成人では70%が遺伝で説明できるとされていてこれと同程度。

  • 妊娠マウスの飢餓は子どものDNAに印をつける

Starvation in pregnant mice marks offspring DNA

Ewen Callaway 10 July 2014

http://www.nature.com/news/starvation-in-pregnant-mice-marks-offspring-dna-1.15534

飢餓の影響はエピジェネティック変化に3世代影響

妊娠後期に50%カロリー削減で小さい子どもを産んだマウスを観察。子どもはのちに糖尿病の兆候を示すが、この世代の雄の子どももまた普通に食べても糖尿病になる。このモデルは第二次世界大戦末期の1944-45年の冬にオランダ人が経験したものと同程度。Ferguson-Smithらは飢餓母親から生まれた雄の精子のDNAメチル化を調べ、メチル化の程度と遺伝子発現に差があることを示した。しかしコロンビア大学のエピジェネティクス学者Tim Bestorらはこの実験で使ったマウスが近交系ではないことを指摘して、エピジェネティクスではなく選択の可能性があるという。母親が飢餓状態で生き残った子どもは栄養が少なくても生きられるが代謝疾患リスクが高い可能性がある。研究者はなんでも遺伝子のせいにするが、遺伝子が原因である可能性はとても低い。

(戦時中の飢餓なら日本だって負けてないよねぇ・・オランダ人のほうが太ってるけど)

その他

SMC

Neonicotinoids linked to decline in population of some birds – experts respond

July 10th, 2014.

http://www.sciencemediacentre.co.nz/2014/07/10/neonicotinoids-linked-to-decline-in-population-of-some-birds-experts-respond/

Natureに発表されたオランダの研究で農地に住む鳥の集団が、ネオニコチノイド汚染が最も高いところで最も激しく減少していることを見いだした。英国SMCが以下のコメントを集めた。

CABI上級科学者Dave Moore博士

この論文は効果的な代用品の必要性を再び示した。生物農薬の開発費用を増やすのがよい

Bayer CropScienceの上級環境毒性学者Raimund Grau博士

著者らの仮説や結論は基本的に2013年にvan Dijkらが発表したものと同じである。引用されているイミダクロプリドの地表水中濃度についてのデータは既に最近のVijverと van der Brinkの論文で反論されている。さらにイミダクロプリドの測定やマクロ無脊椎動物のモニタリングは同じ場所でも時期でもない。先の報告はオランダの認可機関Ctgbでも評価され因果関係を示すのには使えないと結論されている。水の濃度が高いことが食糧不足につながるという主張には根拠がない。リストに掲載されている鳥のほとんどが水棲昆虫を主要食糧とはしていない。たとえばヒバリは主に地上に住む甲虫や蜘蛛等を食べ、ツグミはミミズやカタツムリを食べる。

他の要因の検討もなされていない。著者のうち2人は2010年に「気候変動のせいで食糧が減ったことが渡り鳥の減少の主要因かもしれない」と結論している。論文に強いバイアスがあるのは明白だ。ただしイミダクロプリドに影響がある可能性はある。

Oxford大学Charles Godfray FRS教授

この研究は重要な疑問を提示した。しかし著者らも言っているように関連を見たもので方法論等については議論があるだろう。よりしっかりしたデータが必要である。

  • 動物実験に関する内務省の年次統計についての専門家の反応

SMC UK

expert reaction to annual Home Office statistics on animal research

July 10, 2014

http://www.sciencemediacentre.org/expert-reaction-to-annual-home-office-statistics-on-animal-research/

内務省が2013年の動物実験統計を発表した。

医学研究評議会副会長Jim Smith教授

医療の進歩には動物実験に依存する部分がある。我々はさらに動物の使用について最適化を進めていく

バイオ工業協会長Steve Bates

医薬品の開発には動物実験が義務になっている。新しいデータによると全体の使用数はあまり変わっていない。英国は動物の福祉については世界でも最も高い水準にあるが代替法ができるまで適切な環境維持に努める

王立獣医大学動物科学部長トランスレーショナル医学Dominic Wells教授

2013統計では普通の動物の使用数が減りその分遺伝子組換え動物、特にマウスの使用が増えた。いまや遺伝子組換えマウスはヒトの病気の研究に必須となっている。

Wellcome Trust Sanger Institute所長Mike Stratton教授

動物での実験はヒトの病気の原因を理解するのに必須の項目であり続ける。代替法の開発にもたくさん投資している。

英国医薬品工業会長Stephen Whitehead

医学研究に動物実験は重要な役割を果たす。我々は3Rを履行している。

Understanding Animal ResearchのWendy Jarrett

2013年は2012年より15000匹少ない動物が使われたことを歓迎する

Wellcome Trust会長のJeremy Farrar博士

新しい技術で使う動物の数は減らしていけるだろう

NC3Rs会長Vicky Robinson博士

発表された数字では削減対策のおかげでどれだけ減らせたかについての情報はない。我々は代替法開発のために働いている

(無意味な実験はするな、というのが肝腎なのだけれど無意味な実験を喜ぶ人たちがいたりするのでね・・・セラリーニ関連とか)

  • 緩い査読がSAGEジャーナルの60の取り下げを招いた

ScienceInsider

Lax reviewing practice prompts 60 retractions at SAGE journal

By John Bohannon 10 July 2014

http://news.sciencemag.org/people-events/2014/07/lax-reviewing-practice-prompts-60-retractions-sage-journal

学術出版業界は近年スキャンダルまみれである。ほとんどがアウトサイダーによる指摘であるが最新のものは内部調査でわかった。SAGEによる14ヶ月の調査で、ニセのピアレビューが明るみに出た。その結果過去4年にJournal of Vibration and Control (JVC)に発表された60の論文が取り下げられた。SAGEはこの詐欺を指導したのは多分たった1人の物理学者、台湾国立Pingtung 教育大学のPeter Chenであると結論している。しかしこのような詐欺が可能になった背景にあるのは雑誌の編集ポリシーのいい加減さであるとScienceInsiderは学んだ。

最初のきっかけは昨年5月、あう著者が疑わしい電子メールを受け取ったことである。送信者は大学の研究者を名乗っていたがGメールのアカウントを使っており大学の公式アカウントを使って直接連絡してみたところ少なくとも1人は詐称であることがわかった−その研究者はGメールのアカウントをもっていなかった。その後SAGEが水面下で調査を続けた。SAGEのオンライン投稿システムScholarOneに疑わしいメールのアカウントが何度も使われていること、JVCの論文が少数の著者らの相互レビューで成り立っていることなどをみつけた。そして60の論文に関連するPeter Chen の共著者の130のメールアドレスにSAGEが存在確認のメールを送ったところ全く返事がなかった。Chenは2月に大学を辞め、ScienceInsiderからのメールにはChenも大学も返事がない。