食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2014-10-28

[]ASA裁定

  • ASA Adjudication on GlaxoSmithKline UK Ltd

22 October 2014

http://www.asa.org.uk/Rulings/Adjudications/2014/10/GlaxoSmithKline-UK-Ltd/SHP_ADJ_262008.aspx#.VE8o5aTlpaQ

MaxiNutritionプロテインのテレビ宣伝。「MaxiNutritionは筋肉が回復するのに必要なタンパク質を供給することに役立ち、あなたをより強く、より良いパフォーマンスにするのに役立つ」「MaxiNutritionタンパク質は筋肉の回復に役立つ」はEUで登録が必要な強調表示であるという苦情が申し立てられた。GlaxoSmithKlineはどちらもEFSAが評価してEUが認可した健康強調表示だと主張した。EUの認可した強調表示は「タンパク質は筋量の成長に寄与する」「タンパク質は筋量の維持に寄与する」である。ASAはMaxiNutrition製品の中にはタンパク質が強調表示の基準に満たない含量のものがあるのに宣伝ではどれについての主張かがわからないこと、EU強調表示認可リストには「あなたをより強く、より良いパフォーマンスにする」「タンパク質が筋肉の回復に役立つ」というものはない、等の理由で違反と認定。EU規制では言葉にある程度の柔軟性は認めているが消費者にとって同じ意味でなければならない。画像を合わせた宣伝の全体的印象はメリットの誇大広告である。

  • ASA Adjudication on Original Quinton UK Ltd

22 October 2014

http://www.asa.org.uk/Rulings/Adjudications/2014/10/Original-Quinton-UK-Ltd/SHP_ADJ_276220.aspx#.VE8r2KTlpaQ

各種海水溶液のいろいろな病気に有効という疾患治療・予防などの宣伝が違法

会社は世界最大規模の臨床実験や専門家のお墨付きの根拠があると主張したが何も提供されなかった。

(これ

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20140804/p1)

[]CPSCは消費者が安全性に問題のある製品のリコールを追跡するのに役立つ新しいアプリの初めてのコンテストの受賞者を発表

CPSC Announces Winners of First-Ever Apps Challenge New Apps Help Consumers Track Recalls Product Safety Incidents

October 27, 2014

http://www.cpsc.gov/en/Newsroom/News-Releases/2015/CPSC-Announces-Winners-of-First-Ever-Apps-Challenge-New-Apps-Help-Consumers-Track-Recalls-Product-Safety-Incidents/

4人(グループ)が受賞

それぞれ無料でダウンロードできる。賞金は1000ドル。

[]カップ一杯のココアが記憶の治療ではない

Behind the headlines

A mug of cocoa is not a cure for memory problems

Monday October 27 2014

http://www.nhs.uk/news/2014/10October/Pages/A-mug-of-cocoa-is-not-a-cure-for-memory-problems.aspx

「カップ1杯のココアが高齢者の記憶を30-40代にする」とIndependentが報道した。ココアパウダーを買いにスーパーマーケットに走る前に立ち止まってこの見出しより相当弱い事実を検討したほうがいい。このニュースは特別製のココアベースのフラボノール含量の多い飲料を飲んだ人々の記憶テストが、正確にはならないが少しだけ早くなったという小規模研究に基づく。わずか3ヶ月のこの研究では被験者の脳スキャンも行っている。認知や記憶に関与すると考えられている歯状回の活動が高まった。この検査でみられた弱い改善がヒトの日常生活に意味のある影響があるのかどうかを推定するのは難しい。食事を少し変えるだけで加齢による認知機能の低下や認知症を回復できるという考えはとても魅力的だ。しかしこの小規模研究ではそれを証明していない。

[]RASFF Week43-2014

警報通知(Alert Notifications)

スペイン産冷凍メカジキの水銀(1.1 mg/kg;2.06 mg/kg)、イタリア産オリーブオイル入りアンチョビのヒスタミン(393; 415 mg/kg)、カンボジア産オオバコエンドロのクロルピリホス(8,6 mg/kg)及び未承認物質ヘキサコナゾール(0,60 mg/kg)、産地不明茶色豆の化学汚染物質(リン化アルミニウム)リスク、フランス経由トルコ産乾燥イチジクのアフラトキシン(B1 = 7.5 µg/kg)、ドイツ産キジと鹿肉のパテの鉛(0.18 mg/kg)、

注意喚起情報(information for attention)

インドネシア産冷凍メカジキの水銀(1.338 mg/kg)、タイ産白菜のアミトラズ(0.43 mg/kg)、ベルギー産雛鳥用調整粉の銅高含有(3960 mg/kg)、オランダ産チルドカニのダイオキシン及びダイオキシン様PCB (合計= 11.175 pg WHO TEQ/g)、中国産カラーナイフからの高濃度の総溶出(19.2 mg/dm²)、

フォローアップ用情報(information for follow-up)

ハンガリー産飼料用ヒマワリ脂肪酸の非ダイオキシン用PCB (120; 51 µg/kg)、

通関拒否通知(Border Rejections)

中国産瓶の栓セットからの高濃度の総溶出(228 mg/kg)、エジプト産乾燥白豆のクロルピリホス(0.05 mg/kg)、ベトナム産冷凍カイヤンの禁止物質ニトロフラン(代謝物質)ニトロフラゾン(SEM) (> 10 µg/kg)、オーストラリア産アーモンドのアフラトキシン(B1 = 17 µg/kg)、インド産冷凍ベビーオクラのモノクロトホス(0.08 mg/kg)及びアセフェート(0.04 mg/kg)、トルコ産ブドウの葉の銅(241 mg/kg;69,2 mg/kg)、ベトナム産ドラゴンフルーツのイプロジオン(0,073 mg/kg)・アゾキシストロビン(0,13 mg/kg)・フィプロニル(0,018 mg/kg及び未承認物質ヘキサコナゾール(0,022 mg/kg)、米国包装インドネシア産ナツメグ穀粒のアフラトキシン(B1 = 38.7; Tot. = 49.5 µg/kg)、トルコ産乾燥アプリコットの亜硫酸塩高含有(2277 mg/kg)、南アフリカ産オレンジのプロフェノホス(0.04 mg/kg)、トルコ産煎った塩味ピスタチオのアフラトキシン(B1 = 55 / B1 = 25 µg/kg)、ドミニカ共和国産ササゲのジメトエート(0.12 mg/kg )、ケニア産生鮮スナップエンドウのトリフロキシストロビン(0.050 mg/kg)、中国産プラスチックボウルからのホルムアルデヒドの溶出(129 mg/kg)、中国産冷凍生の殻むきエビの禁止物質クロラムフェニコール(1.4 µg/kg)、中国産メラミン皿からのメラミンの溶出(11.46; 8.87; 10.20; 7.92 mg/kg)、トルコ産生鮮ペッパーのチオファネート‐メチル(0.392 mg/kg)、トルコ発送イラン産ピスタチオのアフラトキシン(合計= 295.8 µg/kg)、

[]オンライン対話フォーラム:アルミニウムについて消費者はBfRに尋ねる

Online dialogue forum: consumers ask the BfR about aluminium

16.10.2014

http://www.bfr.bund.de/en/press_information/2014/27/online_dialogue_forum__consumers_ask_the_bfr_about_aluminium-191858.html

「日常生活のアルミニウム:健康リスクは?」と題されたドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)の第5回オンライン対話フォーラムが開始された。2014年10月27日まで、消費者は、BfRのホームページ上でこの話題に関する質問ができる。BfRは最も人気の高い3つの質問にビデオメッセージの形で答えることにしている。「多くの人が食品と製品中のアルミニウムが健康問題をもたらすかどうか、私達に尋ねている。このため、誰もが同じように我々の回答から利益を受けることができるように、私たちはオンライン対話フォーラムでこの問題を扱う。」と長官であるAndreas Hensel博士は述べている。対話フォーラムは2011年からBfRのホームページに不可欠なものとなっている。

[]職業上の農薬暴露:調査、評価、予防の課題

Occupational exposure to pesticides: Challenges for research, evaluation and prevention

21 October 2014

http://www.efsa.europa.eu/en/press/news/141021.htm?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_content=feature&utm_campaign=20141022

フランス食品安全庁(ANSES)及び欧州食品安全機構は農薬への職業上の暴露に関する最新知見の概要を示すために10月28〜29日に共同会議を計画している。その会議では、科学コミュニティの最良の方法と知識の共有を促進するとともに農薬暴露評価分野での進展状況を話し合うために、フランス及び各国の研究者と科学者たちが集まる予定である。

農薬への繰り返し暴露とある種の慢性疾患との関連については、様々な信頼性で、農業分野で暴露した人口集団でのいろいろな疫学研究が行われた。だが、多数の物質への農場労働者の暴露歴のデータ不足により、影響とその暴露についての因果関係を確立することは難しい。

リスク管理者とリスク評価者は、かつては研究計画の財政的支援で、その後現在のリスク評価手順の改善と新手順を開発することにより、この問題に取り組んでいる。

農薬暴露問題に関する科学的技術的発展の概要を示し、将来の評価・予防・保護のための見通しと課題について話しあうために、ANSES と EFSAは、フランスや欧州の垣根を越えて科学者たちが集う10月28〜29日の会議を共同で計画している。

二日間の会議中の議論は次の話題に焦点を当てる予定である:

・農薬の健康影響の理解への疫学の寄与

・農薬暴露と評価方法の知識の向上

・農薬暴露濃度に関する技術的及び人的要因の重要性

[]農薬暴露:統一ガイダンスが管理者・作業者・居住者・近傍者の保護を高める

Pesticide Exposure: harmonised guidance increases protection for operators, workers, residents and bystanders

23 October 2014

http://www.efsa.europa.eu/en/press/news/141023.htm

EFSAの新ガイダンスが主な4集団グループ‐管理者・作業者・居住者・近傍者の農薬暴露を算出する統一方法論に初めて着手する。

  • 農薬リスク評価における作業者・労働者・居住者・近傍にいる人の暴露評価に関するガイダンス

Guidance on the assessment of exposure of operators, workers, residents and bystanders in risk assessment for plant protection products

EFSA Journal 2014;12(10):3874 [55 pp.]. 23 October 2014

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/3874.htm

ガイダンス文書を準備するに当たって特別作業部グループが設立された。ガイダンス内容を反映した暴露計算用スプレッドシートを添付している。

  • FAQ

FAQ on Guidance on the assessment of pesticide exposure for operators, workers, residents and bystanders

Last updated: 23 October 2014

http://www.efsa.europa.eu/en/faqs/faqpesticideexposure.htm

[]香料グループ評価 87 改訂 2 (FGE.87 Rev2) EFSA が FGE.47 Rev1 (2008)で評価した二環式二級アルコール、ケトン及び関連エステルと構造的に関連する、JECFA(63 回会合)で評価 された二環式二級アルコール、ケトン及び関連エステル

Scientific Opinion on Flavouring Group Evaluation 87, Revision 2 (FGE.87Rev2): Consideration of bicyclic secondary alcohols, ketones and related esters evaluated by JECFA (63rd meeting) structurally related to bicyclic secondary alcohols, ketones and related esters evaluated by EFSA in FGE.47Rev1 (2008)

EFSA Journal 2014;12(10):3864 [41 pp.]. 20 October 2014

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/3864.htm

2つの追加物質が含まれたことによる改訂。18物質については「香料物質として摂取する推定量では安全上の懸念はない。」とするJECFAの結論に同意した。1物質[FL-no: 07.136]については欧州用の生産量が用意できず、最終評価はできなかった。安全性評価のほかに全19物質の商業用の材料としての仕様も考慮され、情報は十分である。

[]食品と接触する物質として使用される物質、2,4,8,10-テトラオキサスピロ[5.5]ウンデカン-3,9-ジエタノール,β3,β3,β9,β9-テトラメチル-(CAS No 1455-42-1)の安全性評価に関する科学的意見

Scientific Opinion on the safety assessment of the substance, 2,4,8,10-tetraoxaspiro[5.5]undecane-3,9-diethanol, β3,β3,β9,β9-tetramethyl-, CAS No 1455-42-1, for use in food contact materials

EFSA Journal 2014;12(10):3863 [8 pp.]. 20 October 2014

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/3863.htm

ポリエステル製造でモノマーとして使用するとき、その物質自体の溶出が食品あたり5 mg/kgを越えず、オリゴマーの溶出が1000 Daより少なく食品あたり50 µg/kgを越えなければ、消費者への安全上の懸念は生じない。

[]食品と接触する物質として使用される物質、フラン-2,5-ジカルボン酸(CAS No 3238-40-2)の安全性評価に関する科学的意見

Scientific Opinion on the safety assessment of the substance, furan-2,5-dicarboxylic acid, CAS No 3238-40-2, for use in food contact materials

EFSA Journal 2014;12(10):3866 [8 pp.]. 20 October 2014

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/3866.htm

ポリエチレンフラン酸ポリマー(PEF)の製造でモノマーとして使用するとき、その物質自体の溶出が食品あたり5 mg/kgを越えず、オリゴマーの溶出が1000 Daよりも少なく、食品あたり50 µg/kgを越えなければ、消費者の安全上の懸念は生じない。

[]APVMAナノテクノロジー規制シンポジウム2014

APVMA Nanotechnology Regulation Symposium 2014

28 October 2014.

http://apvma.gov.au/node/11191

イベントの告知

[]消費者向け情報 医薬品とダイエタリーサプリメントを混ぜることはあなたの健康を危険にさらす可能性がある

Mixing Medications and Dietary Supplements Can Endanger Your Health

October 27, 2014

http://www.fda.gov/ForConsumers/ConsumerUpdates/ucm420349.htm

処方薬やOTC薬を使用している時に、ビタミンやミネラルまたはその他のダイエタリーサプリメントも摂っていませんか?医薬品とダイエタリーサプリメントを混ぜることに危険はないかと考えたことはありますか?

FDAの医務官Robert Mozerskyは、危険な可能性がある、という。ダイエタリーサプリメントの中には医薬品の効果を増強するものもあるし逆に減らすものもある。ある種のダイエタリーサプリメントは医薬品の吸収・代謝・排泄を変えて効力に影響する。そのため医薬品が摂りすぎあるいは少なすぎになることがある。従って医薬品とダイエタリーサプリメントの組み合わせが危険な、命に関わる影響をもたらすことがある。例えばHIV/AIDS、心疾患、鬱、臓器移植、避妊ピルなどの薬はハーブサプリメントであるセントジョーンズワートを使用すると効果が減る。医薬品によっては重大な影響が出る。さらにワルファリン、イチョウ葉、アスピリン、ビタミンEは全て血液凝固を抑制し、これらを同時に摂ると内出血や脳卒中になる可能性が増える。

ダイエタリーサプリメントは広く使用されていて2005-2008 NHANESでは34%の人が処方薬と一緒に何らかのダイエタリーサプリメントを使用していた。多くの人が必須栄養素を確実に摂るためにサプリメントを使用しているが、ダイエタリーサプリメントは健康的な食生活を構成する多様な食品を食べることの代わりに使うべきではない。

一部の消費者はいわゆる「ナチュラル」製品には害はないと信じているがMozerskyは合意できない。ナチュラルは必ずしも安全を意味しない。多くの減量用サプリメントは「オールナチュラル」や「ハーブ」と宣伝しているがその成分は医薬品と相互作用したり危険だったりする。特に子どもは併用で危害を受ける可能性がある。また手術の前にはダイエタリーサプリメントが手術の前後に必要な薬と有害な相互作用する可能性に注意すべきである。妊娠中や授乳中はどんなダイエタリーサプリメントについても医療従事者に相談した方が良い。

FDAの役割

FDAはダイエタリーサプリメント企業を監視してはいるが販売前の安全確認は事業者の責任である。FDAはダイエタリーサプリメントの有効性をレビューしていない。新しい成分を含むダイエタリーサプリメントについては事業者はFDAにその成分の安全性のデータを提出しなければならないが、有効性についてではない。FDAは安全でないことや異物混入がわかったり疾患の診断・緩和・治療・予防宣伝をしている製品については対応する

注意すること

基本は、どのようなダイエタリーサプリメントであっても、使用前に医師に相談すること。

[]説明資料(「基準値89倍 `農薬バナナ′大型マートで販売」記事に関連)

輸入食品政策課/農水産物安全課 2014-10-24 

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=676&seq=25440

2014年 10月 24日イーデイリー, 京郷新聞などが報道した 『基準値 89倍 ‘農薬バナナ’ 大型マートで販売』記事に対して次のように説明する

食品医薬品安全処は輸入食品が現地調査・通関・流通消費など 3段階にわたって徹底的に調べられていることを知らせる。

現地調査では輸出国現地を訪問して衛生管理水準が我が国の水準に相応しいかどうかを確認し、通関段階では食品別基準規格以外に追加で有害物質中心の精密検査、無作為標本検査及び官能検査、書類検事を実施する

*(精密検査) 初めて輸入される食品, 輸入•流通段階不適履歴がある食品, 国内外で有害物質が検出されたという危害情報がある食品、官能検査で懸念がある食品を対象に実験室で行う検査

* (無作為標本検査) 不適履歴がある生産国, 品目, 危害性可否などを反映して輸入食品ごとに別の率を適用して無作為に抽出して実験室で行う検査

* (官能検査) 製品の性質•状態•味•におい•色•表示包装状態など検査

*(書類審査) 申告書類などを検討して適合可否を判断する

特に通関段階精密検査の割合は 26%で、アメリカ(2%), 日本(11%) など他の先進国よりはるかに高い

流通•消費段階では輸入食品の安全性を再確認するために収去検査を実施して不適製品が確認された場合迅速に回収措置などをしている

食薬処は今回残留農薬が検出されて回収されたバナナについては最初精密検査を実施した履歴を考慮して官能検査を実施し、流通•消費段階で収去•検査した結果不適が確認されて回収措置となった

また関連回収内容は10月 22日食薬処ホームページに掲載した.

同時に通関段階でフィリピンを含むすべての輸入バナナに対して残留農薬精密検査強化措置をし, 該当の輸入業社に対しても受入ごとに精密検査強化した.

食薬処は輸入食品の事前安全性確保のために輸出国現地から安全管理を強化する「輸入食品安全管理特別法」制定を推進している。

この法は我が国に食品を輸出するすべての海外製造業社や輸出業者に対して登録を義務化して品質管理水準が低い業社に対しては現地実態調査を強化するなどの内容となっている

(報道内容は

新世界フードが輸入しEマートで販売したフィリピン産バナナを検査した結果、農薬のイプロジオン(殺菌剤)が許容基準(0.02ppm)の89.5倍を超える1.79ppm検出された」と発表。食薬処は従来、バナナについて、イプロジオンの許容基準をキウイフルーツと同じ5ppmとしていたが、先月からは欧州連合(EU)と同じ0.02ppmにしていた。

日本はバナナのイプロジオンのMRLは10ppmらしい。もったいない・・)

[]説明資料(SBS「子供の歯磨き粉の発がん疑い物質」報道関連)

医薬部外品政策課 2014-10-23

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=676&seq=25418

2014年 10月 22日 SBS 8時のニュースで報道された 『子供歯磨きに発がん疑い物質』に対して次のように説明する

食品医薬品安全処は子供向け歯磨きに使われた赤色2号色素は医薬部外品, 化粧品で粘膜を含んだ外用に使用が可能な色素として EU, 日本などでも我が国のように使われていることを知らせる

赤色2号色素は発がん物質については世界で一番権威ある国際機関であるIARCでも発がん物質とは規定していない

現在 EU, 日本などでは医薬品, 医薬部外品, 化粧品だけでなく食品にも使っている

食薬処は赤色2号色素が国内では ’08年から子供嗜好食品に使用を禁止している点等を考慮して子供製品に対する安全強化のために専門家などの意見を取り集めて歯磨きなどに使用制限するかどうかを検討する予定。

(普通に虚偽報道なのに。「疑い」でいいなら何でも言える)

[]日本産輸入食品の放射能検査の結果

検査実査課/輸入食品政策課 

  • 2014-10-24 

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=676&seq=25437

2014.10.17.∼2014.10.23.

  • 2014-10-17

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=676&seq=25380

2014.10.10.∼2014.10.16.

  • 2014-10-10

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=676&seq=25302

2014.10.2.∼2014.10.8.

[]第10回大韓民国青少年博覧会、食•医薬安全政策の広報 

栄養安全政策課 2014-10-23

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=675&pageNo=1&seq=25420&cmd=v

食品医薬品安全処は青少年の正しい食習慣実践を助けるために 10月 23日から 10月 25日まで京畿道で開かれる第10回大韓民国青少年博覧会に ‘食品安全•栄養政策広報館’を出展すると発表した.

この政策広報館は青少年が自然に元気な食生活と麻薬濫用予防の大切さを知りこれを日常生活で実践するように多様な体験プログラムなどで構成して運営する

主要内容は ▲甘口•塩味味覚テスト, 高熱量・低栄養食品判別デモンストレーション、 クイズなど参加プログラム運営 ▲栄養表示・食中毒予防 3大要領など広報パネル展示 ▲減塩、 子供食生活安全管理, 麻薬予防など動画上映 ▲マリファナなど麻薬類模型展示など

[]勃起不全治療剤類の似物質が検出された食品の回収措置 

危害師範中央調査団/高度分析チーム 2014-10-22 

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=675&pageNo=1&seq=25415&cmd=v

食品医薬品安全処は江原道所在企業が製造したと表示された食品 ‘男のために’(食品類型:その他加工品)からホモタダラフィルとデメチルタダラフィルが一錠当たり(1g) それぞれ 3.8mg, 0.382mg検出されたため販売中断及び回収措置すると発表した

[]チョンスン食品医薬品安全庁長、キッズカフェの現場訪問 

食品管理総括課 2014-10-17 

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=675&pageNo=1&seq=25377&cmd=v

食品衛生及び酒類販売の問題点など把握

食品医薬品安全処は10月 17日(金) 子供室内遊び場(キッズカフェ)を現場訪問して運営実態を点検すると発表した.

この現場訪問は最近キッズカフェ(親子カフェ)について食品の衛生管理強化と酒類を提供する場合には子供の教育上問題があるという指摘があり実態を把握するために行う

今年 6月までキッズカフェが 「食品衛生法」を違反して摘発された事例は 6ヶ所(‘12年), 39ヶ所(’13年), 11ヶ所(‘14年 6月)だった.

キッズカフェは通常子供たちのための遊び施設と親たちに食べ物を提供する場所(一般飲食店または休憩飲食店)で成り立っているが一部では遊び施設だけの場合もある.

キッズカフェのうち食べ物や酒類を提供する一般飲食店(または休憩飲食店)を運営する所は全国で 434ヶ所(‘14年 6月基準)である

食薬処はこの現場訪問で “免疫力の弱い子供たちが利用する所であるだけに食品衛生管理をもっと強化し、酒類を販売することによる問題点を把握して必要な場合改善案を用意する”と発表した

[]食品の放射能安全管理「民間の専門家委員会」開催の結果 

検査実査課 2014-10-14

http://www.mfds.go.kr/index.do?mid=675&pageNo=2&seq=25342&cmd=v

政府は日本産水産物輸入禁止など 「臨時特別措置」関連で日本側が提供した回答資料を検討するための「日本産食品放射能安全管理専門家委員会」を 2回開催したと発表した。

1回目の会議(9月26日)では ‘日本産食品放射能安全管理専門家委員会’ (委員長漢陽大李ジェギ教授, 民間専門家 10人) 構成と運営のための会議をした.

2回目の会議(10月 8日)では民間専門委員 8人と関係省庁課長など 12人が参加して委員会運営方針, 懸案検討優先順位, 利害当事者意見収集方案及び会議結果公開などについて論議した.

民間専門家委員会は検討優先順位を 2013年 9月施行した ‘臨時特別措置’の主要項目の維持合理性判断とし、食品放射能に対する包括的検討は後日推進する事にした。委員会委員構成に対して国会などで追加で専門家を薦められた場合専門性及び信頼性などを考慮して適正範囲内で増員する計画である

その他委員会活動に関する提案は提案者、連絡先, 内容からなる意見書を食品医薬品安全処長に提出すれば委員会が検討する

その他

  • 10代を標的にした「筋肉増強」エネルギーサプリメントに注意

コンシューマー•レポート

Beware of 'muscle-building' energy supplements targeting teens

October 08, 2014

http://www.consumerreports.org/cro/news/2014/10/beware-of-muscle-building-energy-supplements-targeting-teens/index.htm

Drug Testing and Analysisに発表された研究で、市販のサプリメント少なくとも1ダースに、これまで検出されていない、ヒトでの影響が不明なDMBA (1,3-ジメチルブチルアミン)が含まれることが報告された。DMBAは最近FDAが禁止したDMAAに類似する化合物である。FDAの禁止措置はサプリメントメーカーにDMBAを入れることは禁止できなかった。製品はRedline White Heat, MD2 Meltdown,、AMPileanなどでGNC店舗やアマゾンなどのオンラインショップで販売されている

A synthetic stimulant never tested in humans, 1,3-dimethylbutylamine (DMBA), is identified in multiple dietary supplements

Pieter A. Cohen et al.,

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/dta.1735/abstract

(この記事をMFDSが外国危害食品情報として掲載していた

米国(コンシューマー•レポート)、ハーバード大学医学部の研究者は、栄養補助食品製品のDMBA含有結果をジャーナルに発表 危害情報課 2014-10-10)

  • 高齢者のための3Dプリント食品が2016年に販売されるかも

3D printed food for the elderly may hit shelves in 2016

By Anna Bonar 21-Oct-2014

http://www.foodnavigator.com/Science-Nutrition/3D-printed-food-for-the-elderly-may-hit-shelves-in-2016

ドイツの研究者が噛むことや飲み込むことに困難のある高齢者のための、見た目や味が本物そっくりの、3Dプリント食品を開発している。

ドイツの企業Biozoonでは2010年に高齢者向けの「スムースフード」という概念が導入された。CEOによるとBiozoonはテクスチャライジング食品の専門企業で、生鮮食品のテクスチャーを変える。スムースフードは元の食品そっくりだが噛まずに飲み込める。

(民間の記事だがFSANZの公式アカウントがRTしていた)

  • 2014年John Maddox賞受賞者発表

Senseaboutscience

Winners of the 2014 John Maddox Prize for standing up for science announced

27 October 2014

http://www.senseaboutscience.org/news.php/419/winners-of-the-2014-john-maddox-prize-for-standing-up-for-science-announced

学校での銃の乱射から自宅出産まで、一般向けの記事に根拠についての議論をもちこんできたフリージャーナリストEmily Willingham博士と、原子力や気候変動など議論の多い公共の関心のある問題に勇敢に、困難であっても科学と根拠を使うことを薦めてきた駆け出し科学者David Robert Grimes博士に。

2014 John Maddox Prize

http://www.senseaboutscience.org/pages/maddox-prize-2014.html

  • エボラについての10の神話、割り引いて

10 Ebola Myths, Discounted

http://www.berkeleywellness.com/healthy-community/contagious-disease/lists/10-ebola-myths-discounted/slideid_1821

1.飛行機で簡単に伝染する

2.米国の病院は準備できていない

3.蚊に刺されることで伝染する

4.水を飲むことでうつる

5.誰かに触っただけでうつる

6.ヒトヒト感染しかしない

7.罹ったら死の宣告

8.米国はエボラ流行ハイリスク

9.インターネットで治療薬が買える

10.米国はアフリカのエボラ危機に関わるべきではない

(他の病気とごっちゃになってるパターンはありそう)

  • エミューオイルは魔法の皮膚治療薬か?

Is Emu Oil a Miracle Skin Treatment?

by Berkeley Wellness | October 27, 2014

http://www.berkeleywellness.com/self-care/over-counter-products/article/emu-oil-miracle-skin-treatment

Q:業者が宣伝しているように、エミューオイルは湿疹や乾癬やその他の皮膚の問題の治療に役立つか?

A:油には保湿作用があるのでなんらかのメリットはあるだろう。エミューオイルは肉や皮や卵用の家畜として飼育されている大型の飛べない鳥の脂肪に由来する。アボリジニーの人々が長く使ってきた。実験動物での研究はあるがヒトでの研究はほとんどないが2013年のイランの研究では標準的医薬品ほど良くはなかった。

やるべきこと:もし皮膚の症状があるならまず皮膚科医に相談。医薬品としてのエミューオイルの効果効能宣伝については忘れること。

  • ホットヨガ:恐ろしいものか良いものか?

Hot Yoga: Scary or Good for You?

by Berkeley Wellness | October 24, 2014

http://www.berkeleywellness.com/fitness/injury-prevention/exercise/article/hot-yoga-scary-or-good-you

ヨガの中でもホットヨガと呼ばれるものが流行している。これは華氏90-105度、湿度40-60%で行われるもので通常90分続く。プラクティショナーは各種健康メリットを宣伝するが本当にそのようなメリットがあるのか?研究結果は一貫していない。寒いところで動くより身体を伸ばしやすいだろうがこれは同時に延ばしすぎて怪我をしやすいということでもある。汗をかくと毒素が出るという主張には科学的根拠はない。暑さと運動は心血管系へのストレスになるため持病のあるある人や高齢者にはホットヨガは不適切である。

Chirobase

Old chiropractic business manual uncovered

ソフトウエアエンジニアのDan Kegelが1950年代に出回っていたChiropractic Business Instituteのマニュアルを発見した。

http://www.chirobase.org/20PB/chiro-business-manual.pdf

ビジネスにとって重要なのはテクニックに加えてマスターセールスマンであり抜け目のない心理学者であり賢い個人主義者であり有能なビジネスマンであること。医師は病気の診断には慣れているがもう一つ重要なことがある。ビジネスの視点からその患者が診るに値するかどうかを「診断」することである。

方法論として提示されているのは、症状がなくなってもできるだけ長期間通い続けるように説得すること、(まともな)医師への信頼を無くさせること、カイロプラクティックは病気の予防であると宣伝すること。これらは現在でもこの業界の常識である。

(詐欺師だからね、カモを見抜き、どれだけお金を取れるかを計算できるヒトが「有能」なわけ)

  • 研究者が匿名のPubPeerコメントを訴える

Science

Researcher files lawsuit over anonymous PubPeer comments

By Kelly Servick 26 October 2014

http://news.sciencemag.org/scientific-community/2014/10/researcher-files-lawsuit-over-anonymous-pubpeer-comments

出版後の論文のピアレビューサイトであるPubPeerに投稿されたコメントのせいで職の提供を失ったと主張する科学者がこの匿名の投稿者を訴え、ウェブ管理者に投稿者情報の開示を求めた。

  • 大きな米国の研究大学で創造論の会議が行われることが不安をさそう

Creationism conference at large U.S. research university stirs unease

By Viviane Callier 27 October 2014

http://news.sciencemag.org/education/2014/10/creationism-conference-large-u-s-research-university-stirs-unease

高名な進化生物学者がいるミシガン州立大学で11月1日に進化論を否定するキリスト教団体が主催する「創造論サミット」が開催される。内容には進化論は如何にヒトラーの世界観に影響されているか、ビッグバンは嘘、自然選択は進化ではない、など。このニュースが大学の科学コミュニティに驚きをもたらした。このことで大学の名誉が傷つくと考える科学者もいるが大学事務局は自由な発言が学問の自由の根本であるとしている。

  • 脳の活動を遅くする藻類のウイルスがヒトで見つかった

Algal virus found in humans, slows brain activity

By Elizabeth Pennisi 27 October 2014

http://news.sciencemag.org/biology/2014/10/algal-virus-found-humans-slows-brain-activity

サルからエボラウイルスが、ブタからインフルエンザがヒトにうつったりするのはそれほど遠いことではない、結局はほ乳類同士だから。しかし研究者らは藻類のウイルスがヒトに感染することを発見した。この侵入者はヒトやマウスを病気にはしないが特定の脳の活動を遅くするようだ。このATCV-1と呼ばれるウイルスは数年前にヒトの脳組織から発見されたが、その時はそれが死後に入ったのか死ぬ前からあったのかはっきりわからなかった。その後精神疾患のヒトの喉で見つかった。データベース検索の結果、ATCV-1は通常湖や川の緑藻に感染するウイルスと同じであった。研究者らは92人の健康なヒトでこのウイルスを調べ、43%が保有していることを見いだした。さらに感染のあるヒトでは感染のないヒトより視覚プロセシングの必要な認知機能試験の成績が10%悪かった。PNASに発表。

  • Deepwater Horizonの汚れは広く遠く降下

Natureニュース

Deepwater Horizon gunk settled far and wide

Survey of deep-sea sediment helps to explain ‘missing oil’ from 2010 spill.

Mark Schrope

http://www.nature.com/news/deepwater-horizon-gunk-settled-far-and-wide-1.16225

深海堆積物の調査が2010年の流出事故の「失われた油」を説明するのに役立つだろう

2010年のメキシコ湾重油流出事故で流出した油の1/3以上が海面に上がってこなかった。科学者はそれ以来行方不明の200万バーレルを探している。一部は微生物が消費し一部は海底に落ちている。10月27日にPNASに発表された論文で、流出したうちの相当量が最低でも3200平方キロにわたって沈着していることを報告した。これまでの推定の20-100倍の広範囲である。

  • TedXは新たに科学に焦点をあてる

The press

TedX takes on new science focus

25/10/2014

http://www.stuff.co.nz/the-press/christchurch-life/10661770/TedX-takes-on-new-science-focus

来週クライストチャーチで開催されるTEDx会議ではスピーカーの約1/3が本格的科学者である。WILL HARVIEがこの科学コミュニケーションと呼ばれる新しい努力を探る

ピンクの髪のニュージーランドの科学コミュニケーション分野の人気上昇中のスター、オークランド大学のSiouxsie Wiles博士は彼女の専門分野(暗闇で光る微生物)やもう少し広い分野(微生物学)そしてさらに広く科学一般についてメッセージを送り続けている。このほとんど無償の活動に対して2013年に総理大臣のサイエンスメディアコミュニケーション賞が贈られた。賞金10万ドルで研究用と個人用に半々。今度の土曜日にTEDxで話す。

この幸運な科学者にとって、科学コミュニケーションと呼ばれるものは何だろう?「それは科学者と研究の資金提供者と一般の人々の間にある障害を壊すこと」とWilesはいう。

Mark Quigley博士が地震と液状化について話すこと、Doug Sellman教授がアルコールや違法薬物に反対するキャンペーンをすること、海外では1980年代のCarl Saganのドキュメンタリーシリーズコスモス、Robert, Lord Winston医師によるBBCのテレビ番組、そして論客Richard Dawkinsの仕事などが科学コミュニケーションと呼ばれる。

BlogやTwitterやFacebook、テレビ、ラジオ、新聞、ニュースウェブサイト、学校、ステージなどが舞台となって科学とその方法、限界などについて説明される。

科学コミュニケーションは民主主義社会において人々が重要な意思決定をするための基礎である。同時に子どもたちを喜ばせて科学分野のキャリアについて考えさせることでもある。ニュージーランドでは比較的新しく、英国や米国は10年以上進んでいる。科学者の仕事は論文を発表して終わりではなくなった。TEDxで話すことでさらに理解が深まるだろう。

これは一部の科学者、特に若い人はテレビに出るのではなく実験室にいるべきだと考える高齢の人たちにとってはあまり馴染みがないだろう。一般メディアで宣伝することは科学のキャリアに悪影響があると考えられる。しかし時代は変わってきた。

もちろん科学コミュニケーションにも良いものと悪いものがある。

いろいろ略。ちなみにTEDxChristchurchのチケットは売り切れ

  • オーストラリア人は健康的でバランスの取れた食事を選ぶのに混乱し準備ができていない

Australians confused and ill-equipped to choose a healthy balanced diet

October 2014 (Sydney, Australia) -

http://prwire.com.au/pr/47662/australians-confused-and-ill-equipped-to-choose-a-healthy-balanced-diet-3

新しい研究(Healthy Diet Study - Galaxy Research 2014)によるとオーストラリア人は毎日の健康的な食事を選ぶのに自信や知識が足りない

18-64才の約1000人の調査で、87%が健康的食生活について混乱していて主に健康的食品についての矛盾したメッセージが原因(59%)。53%が食べている食品に懸念があり、信頼できる、一貫した情報が欲しいと思っている。

最も多い食事助言者は友人や家族で多くは一度も医師(57%)や栄養士(74%)に相談したことはない。

流行のダイエット法の洪水と簡単な解決法を求めて、炭水化物を減らしている。Grains & Legumes Nutrition Council(GLNC)によると3年前よりパンを食べなくなった。2011年は毎日パンを食べるヒトが72%だったが2014年は65%。

関連

食品についての混乱は大問題になっている

Confusion about food becoming a big problem

Sherele Moody | 27th Oct 2014

http://www.gladstoneobserver.com.au/news/were-confused-about-our-food/2432114/

GLNCのヘルシーダイエット調査発表を受けて、Gladstoneの栄養専門家は我々は何が健康的な食事でなにがそうでないのかわかっていない、という。臨床栄養士Meagan Leaneはいう。ソーシャルメディアや友人やセレブが混乱に拍車をかけている。なにがヘルシーかについてみんなが先入観をもっている。それがメディアやソーシャルメディアに氾濫し、友達が何で痩せたとか近所の人がなにを褒め称えたかなどで溢れる。セレブシェフも問題で今の時代は誰も資格を確認しない。古くからある常識は変わらない。「何でもいろいろなものを少し食べる。極端なことはしない。」

CQ大学の栄養士Susan Williams博士は食事に関する混乱は大きな問題で、教育が重要という。我々は新聞、雑誌、インターネット、テレビ、ラジオなどあらゆるメディアからごちゃ混ぜの矛盾したメッセージを受け取っている。さらに簡単な解決法を探して極端なことをする。

  • EWGの食品スコアはあなたの食品に本当は何が入っているのか見つけるのに役立つ

EWG

EWG’s Food Scores Helps People Find Out What’s Really In Their Food

October 27, 2014

http://www.ewg.org/release/ewg-s-food-scores-helps-people-find-out-what-s-really-their-food

EWG は8万以上の食品をランキングした使いやすい食品データベースFood Scores: Rate Your Plateを発表した。栄養だけでなく食品添加物や汚染節何時、加工度合いをスコアリングした。

10までのランキングで数字が小さいほど上、らしい。

関連

GMA(アメリカ保存食品製造業者協会)

EWGの食品ランキングは欠陥が多く不正確で誤解を招く情報を提供している

EWG Food Ratings Severely Flawed, Provide Inaccurate and Misleading Information

10/27/2014

http://www.gmaonline.org/news-events/newsroom/grocery-manufacturers-association-statement-on-environmental-working-group/

ランキング方法に科学的客観性がない

例えば慣行栽培はそれだけでダメ、砂糖が加えられていたらダメ、食品添加物は成分表に掲載してあるだけでアウト判定で量については全く考慮していない、野菜や果物については測定しないで残留農薬があると判定している、など(慣行栽培だからといって常に残留農薬が検出されるわけではない)

  • 前立腺がんについての多くのインターネット情報源は専門家委員会の助言に同意しない

Most Internet sources on prostate cancer disagree with expert panel's recommendation

October 28, 2014

http://www.sciencecodex.com/most_internet_sources_on_prostate_cancer_disagree_with_expert_panels_recommendation-144354

米国外科学会臨床学会で発表された研究によると、トップランクの消費者健康ウェブサイトのわずか17%しか2年以上前に発表されたUSPSTFの助言に合意していない。「前立腺がんスクリーニング」で検索した結果。USPSTFは2012年に全ての年齢の男性にPSA検査を受けないことを推奨した。利益がリスクを上回らないからである。しかし多くの医学団体がこれに合意せず、50あるいは55才以上の男性にスクリーニングをするかどうか医師に相談するよう述べている。