食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2015-06-23

[]Medsafeは医薬品をインターネットで購入することの危険性を強調

Medsafe Highlights the Dangers of Purchasing Medicines over the Internet

19 June 2015

http://www.medsafe.govt.nz/publications/media/2015/DangersofpurchasingmedicinesovertheinternethighlightedOperationPANGEAVIII.asp

Medsafeは、海外からインターネットで医薬品を購入するニュージーランド人に対して、質の悪い、違法な、あるいはニセの医薬品のリスクがあり続けると言う。

一週間に渡るPANGEA VIII作戦で、国際郵便の包み181をさらなる調査のために押収した。主な由来はインド、米国、中国で、最も多く調査対象になるのは勃起不全治療薬である。

[]病院での女性の死亡が捜査の口火を切る

Woman's death in clinic sparks probe

June 22, 2015

http://www.news.gov.hk/en/categories/health/html/2015/06/20150622_223000.shtml

Ko Wing-man食物健康長官は伝統的中国医療クリニックで女性が死亡したことを懸念している。犠牲者は腰痛で電気療法を受けていた。保健省は医療機器のさらなる規制について調査を準備している。

[]FAOの飢餓報告書はヨーロッパと中央アジアでの食糧不足の様相が変わりつつあることを示す

FAO hunger report shows changing face of food insecurity in Europe, Central Asia

18 June, Budapest, Hungary

http://www.fao.org/europe/news/detail-news/en/c/294330/

ヨーロッパと中央アジアにおける食糧不足と栄養不良に関する初めての報告書が発表された。ユーラシアは飢餓が5%以下とミレニアム開発目標を達成し世界の5地域の中では最も低い。しかし栄養不足under-nutritionについての良いニュースの一方で、過体重や微量栄養素不足などの不適切栄養malnutritionは多い。

カロリー不足から不適切栄養へと変わる食糧不足問題に対応して、より多様な対策が必要である

[]除草剤耐性遺伝子組換え大豆MON 87708 × MON 89788の食品と飼料としての使用、輸入、加工のための市販申請についての科学的意見

Scientific Opinion on application (EFSA-GMO-NL-2012-108) for the placing on the market of the herbicide-tolerant genetically modified soybean MON 87708 × MON 89788 for food and feed uses, import and processing under Regulation (EC) No 1829/2003 from Monsanto

EFSA Journal 2015;13(6):4136[26 pp.]. 18 June 2015

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4136.htm

参照品種と同様にヒトや動物及び環境にとって安全である

[]トマトのフルアジナムの新しいMRL設定についての理由付き意見

Reasoned opinion on the setting of a new MRL for fluazinam in tomatoes

EFSA Journal 2015;13(6):4154 [23 pp.]. 18 June 2015

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4154.htm

0.3 mg/kgで消費者の健康上のリスクとはならない

[]IARC

http://www.iarc.fr/

22/06/2015

IARCが調整した国際研究が長期低線量イオン化放射線被曝が白血病を誘発することを示した。白血病による死亡率は線量とともに直線的に増加する

  • 放射線をモニターされている労働者における、イオン化放射線と白血病やリンパ腫での死亡リスク:国際コホート研究

Ionising radiation and risk of death from leukaemia and lymphoma in radiation-monitored workers (INWORKS): an international cohort study

Dr Klervi Leuraud et al.,

The Lancet Haematology Published Online: 21 June 2015

http://www.thelancet.com/journals/lanhae/article/PIIS2352-3026(15)00094-0/abstract

オープンアクセス

最低1年以上英国米国フランスなどの原子力施設で働いていた放射線モニター対象労働者308 297人を合計822万人年フォローし、白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫による死亡を確認した。線量は平均1.1mGy/年、SD2.6と低い。白血病による死亡率の過剰相対リスクは2·96 / Gy (90% CI 1·17–5·21; lagged 2 years)で、特に慢性骨髄性白血病との関連が目立つ(Gyあたりの過剰相対リスク10·45, 90% CI 4·48–19·65)。

[]アルコール中毒 インド

Alcohol poisoning - India

2015-06-21

http://www.promedmail.org/direct.php?id=3454789

Date: 20 Jun 2015 Source: NY Times [edited]

ムンバイ地域のスラムで少なくとも84人が、有毒リキュールを飲んで死亡した、と2015年6月20日に警察が言った。被害者は増加し続けていてここ10年でこの種の事例としては最悪になっている。少なくとも36人が入院中で死者は増えるだろう。病院に来る人たちはほぼ末期である。

死亡に関連して5人が逮捕されたが、6月17日の夜にMalvaniのスラムで摂取されたものを誰が作ったのかはわからない。6月19日の金曜日に死亡に関連して交番の警官を含む警官8人が職務怠慢で停職になった。彼らはリキュールの販売を黙認あるいは共犯の疑いで捜査されている。

インドでは違法リキュールによる死亡は珍しくない。貧しい人々は許可されたアルコールの安い代用品を求める。

(記事には何が原因かは書いてない。しばしばメタノールだが)

[]殺鼠剤、食中毒、中国: (SA)

Rodenticide, food poisoning - China: (SA)

2015-06-20

http://www.promedmail.org/direct.php?id=3452028

Date: Fri 19 Jun 2015 From: Xinhua French [in French, trans. Corr.SB, edited]

陝西省で2015年6月15日、殺鼠剤のテトラミン中毒で39人が入院した。こども11人を含む39人はレストランで冷たい麺を食べて中毒症状を示した。地方政府によると検査の結果テトラミン中毒と確認された。意図的かどうかは不明。警察が捜査中である。

[]化学兵器−シリア:塩素ガス使用疑惑

Chemical weapons - Syria: chlorine gas, alleged use

2015-06-20

http://www.promedmail.org/direct.php?id=3449320

Date: 17 Jun 2015 Source: Global Security.org [edited]

シリアの医師が新しい塩素ガス攻撃の根拠を米国議会に提示

2015年6月17日、米国議会の委員会に、シリアの医師と人権活動家らが「シリアのBashar al-Assad大統領が再び反対派の支配する地域の市民を殺し分散させるため系統的に化学兵器を使った」と語った。Assad大統領は化学兵器の使用を否定しているがMohamed Tennari医師は死亡したり傷ついたりした子ども達やその他の人々の動画を示し呼吸困難や目や喉のやけどなどの症状を報告した。

SMC UK

  • Lancet気候健康委員会の新しい報告書

new report from the Lancet Climate Health Commission

June 23, 2015

http://www.sciencemediacentre.org/new-report-from-the-lancet-climate-health-commission/

Lancet気候健康委員会の新しい報告書は気候変動を「医学的緊急事態」と宣言した。著者は気候変動によるヒト健康への脅威は大きく、ここ50年の世界的健康や開発の成果を損なう可能性があるという。さらに大気汚染を減らし食生活を改善するという緩和/適応対策の健康上のメリットを示唆する新しい根拠を提示し、今世紀の世界の健康を改善する最大の機会の一つとなる。著者らがSMCに来て知見を発表する。

  • マウスとヒトでの絶食ダイエットの影響についての専門家の反応

expert reaction to effects of fasting diet in mice and humans

June 18, 2015

http://www.sciencemediacentre.org/expert-reaction-to-effects-of-fasting-diet-in-mice-and-humans/

Cell Metabolismに発表された研究が、毎月数日マウスにカロリー制限食を与えることの影響を調べ幹細胞の増加と組織再生を報告した。次に同様のカロリー制限食の予備的試験を少数のヒトで行い、加齢や糖尿病、心疾患のリスク要因の減少を報告した。

オックスフォード大学生化学准教授Lynne Cox教授

この新しい研究は絶食の影響を真似た特別な食事法が健康に過ごせる時間を長くするかどうかを報告した。何年もの間カロリー制限(毎日30-40%減らす)が加齢時の健康改善によいとされてきたが、この新しい食事法はカロリー制限よりやりやすそうだ。ヒトでは月に5日、三ヶ月間、通常の1/3から半分のカロリーを供給する低タンパク質植物ベースの食事代用品を摂る。

この研究の注目点は酵母細胞からマウス、及び小人数のヒトまでいろいろなモデルで実験していることである。全ての結果が一つの方向を示していて、定期的に絶食の真似をすることで(つまり微量栄養素は維持しながらカロリー摂取量を減らす)疾患のリスク要因が減ることである。最も注目すべきはマウスで45%がんの発症率が減ったことである。我々はマウスではなくマウスのがんの発症率がヒトより遥かに大きいが、食事が自己消化の促進と炎症削減による可能性があるという知見は重要であるかもしれない。

著者はこの食事法は医師の指導のもとでのみ、病気のある人は除いて、行うべきであることを強調している。実際この食事法はマウスが高齢になると突然の食事の変化による追加のリスクがありそうで期間を短くし、ヒトの飢餓食は総カロリーに対する脂肪の割合が驚くほど多い。試験の各群の男女比が違い平均年齢も違うことが比較を複雑にしている。著者の二人は既にダイエット食を販売する商売に乗り出している。ただいこれは必ずしもバイアスを意味せず単に彼らが自分たちの知見をいかに重大だと信じているかを示すだけかもしれない。

健康によいと主張する食事法はたくさんあるがこれについてはたくさんのデータがある。もちろんもっと調べる必要があり、マウスに関する限りこの食事法は若いマウスの死亡を減らすが高齢になって死亡率は加速する。ヒト試験は数が少なく短期間である。

[]コーデックスで働く

Working in Codex

19/06/2015

http://www.codexalimentarius.org/roster/detail/en//c/294646/

食品基準事務官は世界中からリクルートされ多様な専門的背景をもつ。今月は最近仲間になったZhang Lingpingを紹介する。中国の人。

FSSAI

  • Jagdale Industriesへの「Mulmin Pro」についての文書

Withdrawal of NOC / Recall of "Mulmin Pro" products. (Uploaded on: 22.06.2015).

http://www.fssai.gov.in/Portals/0/Pdf/Recall_Mulmin_Pro.pdf

「ミルクカルシウムプロテインサプリメント」という用語が極めて非科学的、さらに宣伝が根拠が無く科学的に正当ではないので却下、直ちに製造/販売/輸入等を中止し市中の製品を回収するよう指示。

  • Jagdale Industriesへの「Mulmin Drops」についての文書

Withdrawal of NOC / Recall of "Mulmin Drops" products. (Uploaded on: 22.06.2015

http://www.fssai.gov.in/Portals/0/Pdf/Recall_Mulmin_Drops.pdf

ある種の栄養素を減らしたため1才の子どもにとって安全上の懸念となる。

  • Jagdale Industriesへの「Mulmin シロップ」についての文書

Withdrawal of NOC / Recall of "Mulmin Drops" products. (Uploaded on: 22.06.2015

http://www.fssai.gov.in/Portals/0/Pdf/Recall_Mulmin_Syrup.pdf

食品表示規制に従っていない

  • Jagdale Industriesへの「Mulmin Plus Capsules」についての文書

Withdrawal of NOC / Recall of "Mulmin Plus Capsules" products. (Uploaded on: 22.06.2015).

http://www.fssai.gov.in/Portals/0/Pdf/Recall_Mulmin_Plus_Capsules.pdf

成分としてCentella asiatica(ツボクサ)の葉を入れているが理由が明確でも科学的でもないので却下

[]論文等

  • 米国の過体重と肥満の頻度

Prevalence of overweight, obesity in the United States

22-Jun-2015

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2015-06/tjnj-poo061815.php

JAMA Internal Medicineにオンライン発表された論文によるとアメリカ人の2/3以上が肥満または過体重

  • ビールをたくさん飲むことはマイコトキシン暴露を増やす

Drinking a lot of beer increases exposure to mycotoxins

22-Jun-2015

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2015-06/f-sf-dal062215.php

スペインのバレンシア大学の研究者らはビールや乾燥フルーツのカビ毒を分析し食品規制に従っていることを確認した。1日1L以上のビールを飲む人だけが無視できない摂取量になる。'Food Chemistry'に発表。

ビルについてはデオキシニバレノールは60%から検出、HT-2毒素は9%であるが高濃度ではない。ビールのこれら毒素の平均濃度は30 µg/Lで、穀物ベースの食品に設定されているEU基準200 µg DON/kgに比べると低いとみなせる。

乾燥果物は228検体中デーツの83%、レーズンの80%、イチジクの64%、アプリコットの59%、プラムの26%に汚染がある。最も多いカビ毒はエニアチン、次いでアフラトキシンとオクラトキシン。

その他ニュース

  • ハゲワシがアフリカ全体で減少

Scienceニュース

Vulture populations plummet across Africa

By Erik Stokstad 19 June 2015

http://news.sciencemag.org/plants-animals/2015/06/vulture-populations-plummet-across-africa

アフリカで、主に毒により、天然の掃除屋が重大な危機に瀕している。アフリカの7種類のハゲワシが三世代で80%減った。最大の脅威は毒で、農家がハイエナやライオンを殺すために農薬やその他の毒入りの動物の死体をおくことや、密猟者が殺した象やサイの上空をハゲワシが飛ぶことでパークレンジャーに見つかるのを恐れて直接殺している。2011年以降、1ダースほどの事例で2000羽以上が南アフリカで殺された。また伝統薬の原料としても使われる。ハゲワシのいろいろな部分がお守りや魔除けと考えられていて目や脳は千里眼として珍重されている。一部では食用にされ燻製肉は国際流通している。さらに電線にとまって感電している。

  • 日本はまだ殺す調査捕鯨を検討している

ScienceInsider

Japan still mulling lethal research whaling

By Dennis Normile 22 June 2015

http://news.sciencemag.org/asiapacific/2015/06/japan-still-mulling-lethal-research-whaling

IWCで日本代表のJoji Morishitaは南氷洋の調査捕鯨再開についてはまだ決めていないがその権利はあると信じていると述べた。IWCの科学委員会が研究のために鯨をとるのが正当化されるかどうかについて意見が分かれているという報告書を発表して3日後の記者会見。

  • 科学者は日本の捕鯨計画に反対を新たにする

Scientists renew objections to Japan’s whaling program

By Dennis Normile 19 June 2015

http://news.sciencemag.org/plants-animals/2015/06/scientists-renew-objections-japan-s-whaling-program

ここ15ヶ月で3回目になるが、専門家は日本が研究のために鯨を殺す正当な理由はないと結論した。IWCの科学委員会の報告書では33ヶ国中18ヶ国の44人の科学者が日本の調査捕鯨で殺す必要性が証明されていないとしている。日本は科学委員会には日本の調査捕鯨を止めさせる法的権限はないと主張。

  • エクスタシーはそれほど安全ではない

SMC NZ

Ecstasy not so safe – Leo Schep

June 23rd, 2015.

http://www.sciencemediacentre.co.nz/2015/06/23/ecstasy-not-so-safe-leo-schep/

オタゴ大学国立中毒センターの毒性学者Leo Schep博士が、MDMAは比較的安全でニュージーランドでは規制対象薬物として使用できるという主張に対して反論する

一部抜粋

2010年5月、カリフォルニアDaly CityのCow Palace と呼ばれる通りでのパーティーに参加した12人が命に関わる合併症をおこし2人が死亡し4人が脳や筋肉、腎臓に障害が残った。血液と押収された錠剤からエクスタシーのみが検出されている。

エクスタシーは確かに他のレクリエーションドラッグと比べればリスクが低いがそれでもリスクはある。エクスタシーについての知識からは、この物質は禁止され続けるべきである。

NYT

Alzheimer’s Supplements Targeted by U.S. Senator

By Anahad O'Connor June 19, 2015

http://well.blogs.nytimes.com/2015/06/19/alzheimers-supplements-targeted-by-u-s-senator/?hp&action=click&pgtype=Homepage&module=second-column-region&region=top-news&WT.nav=top-news&_r=0NY

今週米国上院議員が認知症やアルツハイマー病予防になると宣伝しているダイエタリーサプリメントに懸念を表明し15の主要企業や小売業者になぜ彼らが疑わしいサプリメントを販売しているのか説明を求めた。

ミズーリ州の上院議員Claire McCaskillが今週Amazon、Walmart、GNCその他多数の大手小売業社や企業に、詐欺的で危険な可能性のあるサプリメントの販売を予防するためにどういう対策をしているのかを尋ねる手紙を送った。例えばAmazonへの手紙では、Amazonのサイトで販売されているBrain Armorというハーブサプリメントに言及している。この製品はアルツハイマー病や認知症、脳卒中、記憶消失、認知機能低下予防を宣伝している。このような法外な宣伝文句はアメリカの最も弱い人たちを食い物にしている。

アルツハイマーや認知症の治療法をオンラインで探している人たちは絶望的な状態で、そしてこのような製品はその絶望を餌としていることは明白である」と上院加齢に関する特別委員会の民主党有力議員McCaskillはいう。「まさに、このような製品の製造や販売は野蛮である。私は何故このようなことが行われ、アメリカの高齢者を守るために何ができるかを明らかにしたい」

連邦法により企業はサプリメントの健康に関する一般的宣伝をすることが許されているが特定の病気を治療したりするとは言えない。FDAは規制違反の個別企業に対応してきたがFDAはこの広範な問題に対応し切れていない。ダイエタリーサプリメント部門の長を含むFDAの幹部の一部は、もとダイエタリーサプリメント業界の従業員で、FDAは利益相反で業務が全うできていないと消費者団体が懸念を表明している。

ダイエタリーサプリメントを規制する法であるDSHEAは1994年にサプリメント企業の本拠地の多いユタ州の上院議員Orrin G. Hatchらの支援で成立した。Hatchはサプリメント企業と強い経済的つながりがあり何度も繰り返し新しい規制を阻止してきた。

しかしここ数年立法者や法の執行担当者がサプリメントの販売業者に圧力を高めてきている。

2月にはニューヨーク州のEric T. Schneiderman司法長官がWalmart, GNC, Targetおよび Walgreensを、誤解を招く異物混入したハーブ製品を販売したことで非難した。この調査は14州の司法長官グループによるハーブサプリメント業界の調査を促した。

4月にはニューヨークのChuck SchumerとイリノイのRichard J. Durbinを含む3人の民主党上院議員がFDAに合成アンフェタミン覚醒剤BMPEAを含むサプリメントを販売しているVitamin Shoppeやその他小売り業者を取り締まるよう要求した。FDAは8社に警告文書を発行した。

McCaskill議員はサプリメント業界の問題に熱心で、昨年は減量サプリメントについての公聴会を開きDr. Mehmet Ozを叱った。そして水曜日に彼女の関心は高齢者を標的にしたサプリメントに向かった。彼女は同時にFDAにも文書を送って過去5年間のサプリメントの違法宣伝取り締まりの努力についての根拠を要求した。「FDAが現在ダイエタリーサプリメントについて定期的にレビューして目標を絞った調査をしていることは理解している。しかし現在FDAは異物混入された、誤解を招く、詐欺的製品が販売されることを予防するための系統的アプローチを欠いているのではないかという懸念がある」

Qing LiQing Li 2015/06/23 21:59 トマトのフルアジナムの新しいMRL設定に搗いての理由付き意見➡
トマトのフルアジナムの新しいMRL設定についての理由付き意見

uneyamauneyama 2015/06/24 12:04 ありがとうございます