食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2016-06-06

[]スパイスとハーブ:健康リスクを起こす恐れのある成分

Spices and herbs: Ingredients which may pose a health risk

31.05.2016

http://www.bfr.bund.de/en/press_information/2016/19/spices_and_herbs__ingredients_which_may_pose_a_health_risk-197614.html

スパイスとハーブは天然にあるいは偶然に病原体や異物で汚染される恐れがある。ある種の未承認着色料などは、意図的に添加されることもある。EU SPICED計画は欧州のサプライチェーンの安全性をさらに高めるために2013年に開始された。この計画に終わりに、国際的なシンポジウム「スパイスとハーブ−リスクのない味覚経験?」が2016年6月1日と2日にドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)で開催されている。この研究計画の結果はそこで発表され、学会、政治、貿易、企業からの参加者と議論が行われる。BfRは第7次EU研究枠組み計画の資金で推進されているこの研究計画をまとめている。「SPICED計画では、私たちは欧州7か国のパートナーとよく協力した」とBfR長官Dr. Andreas Hensel氏は述べた。「BfRで私たちが重点的に取り組んだのは、ハーブとスパイスの汚染物質の検出のための新しい分析方法の開発と、既存のものの改善である。そうすることにより、私たちは消費者の健康リスクの可能性を減らすための重要な基盤を構築した。」

シンポジウムのプログラム添付

[]パーフルオロオクタン酸はヒトの肝臓を傷つける?

Does perfluorooctanoic acid damage the human liver?

26.05.2016

http://www.bfr.bund.de/en/press_information/2016/17/does_perfluorooctanoic_acid_damage_the_human_liver_-197605.html

パーフルオロオクタン酸(PFOA)はフッ素ポリマーの製造に使用される重要な工業化学物質である。EFSAはこの物質には生殖毒性と肝毒性があると評価している。またPFOAはホルモン様の特性を持つことが疑われているが、これらの影響がヒトでも生じうるかどうかさらに確認しなくてはならない。ドイツ研究振興協会(DFG)が資金提供する「パーフルオロオクタン酸(PFOA)毒性の分子機構」という研究計画では、ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)の科学者は動物実験による結果がどれだけヒトに適用できるかを検討している。「この基本的な疑問は食品中の汚染物質としてのPFOAの健康リスク評価にとって重要な意味がある」とBfR長官Dr. Andreas Hensel氏は述べた、「この方法でのみ、この物質の信頼できる健康上のガイダンス値を導出することができるからである。」食品汚染物質の毒性分野の研究ギャップを縮めることはBfRの主な研究課題の一つである。DFG による研究計画支援は、BfRのテーマに特化した研究の質の高さを裏付ける。

[]ASA裁定

ASA Ruling on Nomad Foods Europe Ltd

1 June 2016

https://www.asa.org.uk/Rulings/Adjudications/2016/6/Nomad-Foods-Europe-Ltd/SHP_ADJ_330221.aspx#.V1ULFNNJlaQ

Birds EyeブランドのStir Your Senses出来合食品のテレビ広告。ストーブで製品のパスタ一袋を温めている、最後のほうでカップルで食べている。苦情内容は製品の大きさが誇大広告だというもの。

ASAは実際に製品を買って指示通りに作って広告と同じになるかどうかを実験した。その結果広告は実際の一食分より量が多いことが確認できたので誇大広告。

(そこまでやるんだ)

[]有毒藻類−英国:(アイルランド)犬

Toxic algae - UK: (Ireland) canine

2016-06-03

http://www.promedmail.org/post/4262566

Date: Wed 1 Jun 2016 Source: The Connaught Telegraph [edited]

アイルランドのCastle動物病院がペットのオーナーに対して湖の近くを犬と散歩する飼い主に対して警告を発した。Facebookに「過去24時間以内に湖の藍藻に暴露したと疑われる犬2匹が死亡した」と投稿した。

(以下藍藻毒素の解説)

[]水銀中毒−ペルー(第2報):(マドレ・デ・ジオス)

Mercury poisoning - Peru (02): (MD)

2016-06-05

http://www.promedmail.org/post/4265912

Date: 3 Jun 2016 From: Leslie Jabine <ljabine@uic.edu> [edited](注:個人から)

ペルーのメチル水銀中毒に関しては、我々古い人間は先天性水俣病を思い出す。ペルーの現在の状況は現在暴露されている母親の子ども達の神経学的惨劇を予兆させる。

(以下水俣病の説明)

水俣病メチル水銀汚染だったわけで金の採鉱は無機水銀だと思う。魚の水銀がどっちなのかわからないけれど−両方あると思うが。)

  • 水銀中毒−ペルー:(マドレ・デ・ジオス)

Mercury poisoning - Peru: (MD)

2016-06-03

http://www.promedmail.org/post/20160603.4264224

Date: Wed 1 Jun 2016 Source: Nature [edited]

Natureの記事

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20160602#p11

[]健康警告−Whangaparaoa湾からToroa Point−貝類のマリンバイオトキシン

Health Warning – Whangaparaoa Bay to Toroa Point – Marine Biotoxin in Shellfish

03 Jun 2016

http://www.mpi.govt.nz/news-and-resources/media-releases/health-warning-whangaparaoa-bay-to-toroa-point-marine-biotoxin-in-shellfish/

定期検査でこの地域の貝類検体から麻痺性貝毒が安全基準の0.8 mg/kgを上回る1.0 mg/kg検出されたため、貝類の採集と食べることをしないよう警告

[]ファクトシート

ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)と子宮頸がん

Human papillomavirus (HPV) and cervical cancer

Updated June 2016

http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs380/en/

予防接種推奨。

(この時期更新、というのは日本への牽制だろうか。日本では科学はしばしば政治に負けるのですよ)

NSW食品局

ミルクの高圧加工(HPP)認可

Approval of High Pressure Processing (HPP) of milk

03 June 2016

http://www.foodauthority.nsw.gov.au/news/newsandmedia/departmental/2016-06-03-HPP-milk

食品基準ではミルクは殺菌しなければならない−熱または他の方法で。熱を使わずに高圧でミルクを加工することで消費者に販売できる。

未殺菌ミルクは安全ではなく販売は認められていない

[]アレルゲンから人獣共通感染症まで:多言語科学用語集

From allergen to zoonotic: a multilingual glossary of scientific terms

1 June 2016

https://www.efsa.europa.eu/en/press/news/160601

英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語のアルファベット順の用語集

Glossary

https://www.efsa.europa.eu/en/glossary-taxonomy-terms

[]ワークショップ:食品安全リスク分析を理解する

Workshop: understanding food safety risk assessment

30 May 2016

http://www.efsa.europa.eu/en/events/event/160530

モンテネグロのポドゴリツァで開催されたワークショップ。アルバニア、ボスニアヘルツェゴビナ、マケドニア、コソボ、モンテネグロ、セルビア、トルコから約30人の技官、リスク評価者、リスク管理者、コミュニケーション専門家が参加した。欧州委員会の出資

[]2,4-DBの農薬リスク評価ピアレビュー

Peer review of the pesticide risk assessment of the active substance 2,4-DB

EFSA Journal 2016;14(5):4500 [25 pp.]. 31 May 2016

http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4500

情報不足と懸念が確認された。

[]加盟国向けクイックレファレンスガイド:緊急認可とPPPAMS

Quick Reference Guide for Member States: emergency authorisations and PPPAMS

http://ec.europa.eu/food/plant/docs/pesticides_auth-ppp_pppams_acc-tra_quick-ref_en.pdf

農薬の緊急使用申請についてのガイド

  • 緊急認可の工程表

Process Table for emergency authorisations

http://ec.europa.eu/food/plant/docs/pesticides_auth-ppp_app-proc_table-em-auth_en.pdf

[]REFIT –栄養と健康強調表示の規制評価

REFIT - Evaluation of the Regulation on nutrition and health claims

http://ec.europa.eu/food/safety/labelling_nutrition/claims/refit/index_en.htm

植物製品についての健康強調表示の規制ロードマップへのコメント掲載

(現在法の抜け穴になっている植物サプリメントのようなものについての規制)

[]FDAの新しい食品動物用医薬品副長官とのインタビュー

An Interview with FDA’s New Deputy Commissioner for Foods and Veterinary Medicine

June 2, 2016

http://www.fda.gov/Food/NewsEvents/ConstituentUpdates/ucm504422.htm

新しい食品動物用医薬品(FVM)副長官Stephen Ostroff医師とのインタビュー

Questions and Answers with Dr. Stephen Ostroff

http://www.fda.gov/AboutFDA/CentersOffices/OfficeofFoods/CFSAN/ucm503640.htm

Q:FVM計画の目標は?

A:アメリカ人に可能な限りで最も安全で最も健康的な食品供給へのアクセスを確保すること。このために食品安全近代化法の完全履行を促進しなければならない。目標達成のためには最良の科学を利用しなければならない

Q:どうやって最良の科学を得る?

A:広範囲に網を張る必要がある。時にはFDAが行うが多くは外部の研究に頼る。多くの分野で良い、価値のある仕事がなされていて、我々は全ての利用可能なデータを見て解析する能力を持たなければならない

Q:人々の参加はどのくらい重要?

A:透明性、コミュニケーション、オープンな対話が非常に大切である

中略

Q:どの栄養問題があなたにとって優先課題であるか?

A:減塩。

中略

Q:最後に、あなたは何故食品にそんなに興味がある?

A:みんなが「あなたはあなたの食べるものでできている」という引用句を知っている。我々は全員が我々の食べたものである。FDAで、我々は毎日食べる食品を通して全てのアメリカ人と接触している。だから私は全てのアメリカ人がそれは何か食品供給を守るために我々が何故何をしているのかを理解して欲しい。

[]FDAは一部の小麦粉と小麦粉製品に見つかった少量のピーナッツについて調査している

FDA Investigates Low Levels of Peanut Residue Found in Limited Flour and Flour Products

06/04/2016

http://www.fda.gov/Food/RecallsOutbreaksEmergencies/SafetyAlertsAdvisories/ucm504002.htm

キーポイント

・FDAは重症ピーナッツアレルギーのあり消費者は以下のGrain Craft社産のある種の小麦粉を使ったリコール対象製品を避けるよう助言する

・Grain Craft社は問題の小麦粉をリコールしている。FDAは問題の小麦粉を入荷した他社と協力してさらなるリコールが必要かどうか検討している。

・2016年6月3日にHostess社がGrain Craft社の小麦粉を使った製品をリコールした。

何が問題で何が行われているのか?

4月26日にGrain Craft社からFDAに、顧客の検査によりクッキーからピーナツが検出されさらなる検査でそのピーナッツが小麦粉であることがわかったという通知があった。その後Grain Craft社は小麦粉を調べ、さらにピーナッツが見つかった。FDAもサンプルを集め一部の軟質赤色冬小麦粉にピーナッツタンパク質が含まれることを確認した。Grain Craft社は4月30日に軟質赤色冬小麦粉の製造販売を中止した。その後Grain Craft社は顧客企業にリコールを行った。

2016年6月3日にHostess社がGrain Craft社の小麦粉を使った製品をリコールした。Hostess社はピーナッツアレルギーのある子どもがHostess社のドーナッツを食べて急性アレルギー症状を発症したという有害事象報告を2件受け取っている。Hostess社が軟質赤色冬小麦粉を調べたところピーナッツが検出されたとFDAに通知があった。それ以降Hostess社が小麦粉と製品を調べ、他の製品や小麦粉にもピーナッツが検出される事例があることを発見した。

Grain Craft社は小売りはしておらず企業にしか製品を販売していない。一般的にFDAは法によりサプライチェーンのある種の情報を公開することを禁じられている。一方消費者やレポーターが直接Grain Craft社に質問しなければならない。リコール対象製品リストはFDAのウェブサイトで公開され更新する。

[]NTPニュースレター

NTP Update June 2016

http://ntp.niehs.nih.gov/update/index.html

・携帯電話の高周波による健康ハザードについての新しい知見について5月27日に電話記者会見を行った。150人ほどの記者が参加した。そのオーディオファイルがアップされている。

この件については一般の関心が高く、1000以上の記事が書かれた。現在マウスの試験について評価中であるにも関わらずラットの知見を発表したのは、それが重要だと思ったからである。規制機関との情報を共有しベルギーの国際学会でも発表する。2017年末までにラットとマウスの全ての結果をピアレビューと意見募集のために公表する。

・植物製品のハザードを研究することの課題についてのワークショップ

緑茶抽出物やブラックコホシュといった植物成分を含むダイエタリーサプリメントの安全性についての懸念にどう対応するのかを議論。毒性学や分子生物学のツールを植物製品に適応できるのかどうかを探る。ダイエタリーサプリメントは医薬品ではないため市販前の安全性評価は行われていない。植物に含まれる成分はあまりにも複雑で多様で同じ植物でも市販の商品の中身は多様である。NTPの事例研究ではイチョウとブラックコホシュとエキナセア抽出物を調べ、いかに大きく異なるかを示している。また複合影響も不明なことが多い。

(製品によって違うのはもちろん、ロットによっても違う。こんなものを、文献があるということを「根拠」にして何かを言っていいわけがない)

[]

  • ハイリスク急性リンパ芽球性白血病の子どもにおけるビフィズス菌敗血症

Bifidobacterium breve Sepsis in Child with High-Risk Acute Lymphoblastic Leukemia.

Avcin SL, Pokorn M, Kitanovski L, Premru MM, Jazbec J.

Emerg Infect Dis. 2015 Sep;21(9):1674-5.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4550169/

がん患者は、治療には薦められていないにも関わらず、しばしばプロバイオティクスを食事に含める。近年のレビューでがん患者のプロバイオティクス関連菌血症5例について報告されているが、今回我々はフィラデルフィア染色体陽性急性B細胞リンパ芽球性白血病の子どものビフィズス菌敗血症について報告する。

2才の男の子、白血病の化学療法2週目にお腹の調子が悪くなった。

(免疫機能の低下している状態の人にはプロバイオティクス(ヨーグルトとか)は与えないこと)

  • ダイエタリーサプリメント使用後の劇症肝不全と移植

Fulminant liver failure and transplantation after use of dietary supplements.

Smith RJ et al.,

Med J Aust. 2016 Jan 18;204(1):30-2

https://www.mja.com.au/journal/2016/204/1/fulminant-liver-failure-and-transplantation-after-use-dietary-supplements

オーストラリアからの報告。26才の先住民男性。6週間続く疲労と黄疸で来院。既往症無し、定期使用している医薬品無し、喫煙や違法薬物の使用無し、過剰飲酒も無し。しかし肝機能障害で、何度も質問したところ最初は言っていなかった2種類のダイエタリーサプリメントを1週間使用したことを認めた。それは乳清タンパク質パウダーと減量用70%ガルシニアサプリメントだった。

TGAに通知しサプリメントの重金属や医薬品成分を検査したがそれらは検出されなかった。

  • ハーブサプリメント:広く使われているがあまりわかっていない

Herbal supplements: Widely used, poorly understood.

Pereira K.

Nursing. 2016 Feb;46(2):54-9.

その他

  • 何故韓国は世界最大の研究投資をするのか

Natureニュース特集

Why South Korea is the world’s biggest investor in research

Mark Zastrow

01 June 2016 Corrected: 03 June 2016

http://www.nature.com/news/why-south-korea-is-the-world-s-biggest-investor-in-research-1.19997

ノーベル賞をとるために巨額の資金を投資しているが、目標達成のためにはお金以上のものが必要だろう

巨額のアクシオン検出プロジェクトを紹介。しかし誰もアクシオンが実在するのかどうか知らない。このハイリスクハイリターンプロジェクトが韓国の野望を象徴する。

(日本よりお金も特許も研究者の割合も多い。論文数も日本が低下なのに対して増加し続けている。日本への対抗心からニュートリノの次はアクシオン、らしいけど、そのノーベル賞へのこだわりがWoo Suk Hwangを生んだのに。優秀な人がアメリカに行って帰ってこないことや女性差別も指摘されている。)

  • ホメオパシー治療が獣医から批判される

Homeopathic treatments under attack from vet

Friday 3 June 2016 11:33

http://www.fwi.co.uk/news/homeopathic-treatments-under-attack-from-vet.htm

ウマの獣医Danny Chambersがchange.orgウェブサイトで王立獣医外科医師会Royal College of Veterinary Surgeons (RCVS)に獣医師がホメオパシーを動物に提供することを禁止する請願を始めた。しかしこのことがホメオパシー獣医から猛烈な攻撃を受けた

DEFRAによると英国には約500のホメオパシー農家と38のホメオパシー獣医がいる。一方ニュージーランドではフォンテラの酪農場の3000がホメオパシーを使っていると報告されている。英国獣医学会British Veterinary Associationはホメオパシーレメディの使用を認めることはできない。有効であることが証明されていない製品に治療効果を謳うことはできない。

  • ビタミンD:あなたはどのくらい知っている?

Vitamin D: How Much Do You Know?

June 04, 2016

http://www.berkeleywellness.com/supplements/vitamins/lists/vitamin-d-how-much-do-you-know/slideid_3052

クイズ形式

最後は有料のパンフレットの紹介

 

  • 発芽穀物はより健康的?

専門家に聞こう

Are Sprouted Grains Healthier?

by Berkeley Wellness | June 03, 2016

http://www.berkeleywellness.com/healthy-eating/nutrition/article/are-sprouted-grains-healthier

Q:芽が出た穀物のほうが普通の全粒穀物より健康的なのか?

A:健康についての過剰宣伝はあるが、全くとは言わないがそれほど違いはない。小麦や大麦、オート麦、コメ、トウモロコシの発芽したものから作ったパンやシリアル、パスタ、チップス、ピザは急速に拡大しているビジネスである。

芽が出るのは種子の生長の最初の段階で、抗酸化物質の活性が高くなり貯蔵されていた栄養素が分解され生長に必要な化合物が合成される。種子にとって必要な量が少ないので、これらの変化は植物にとっては必須だがそれを食べるヒトにとっては意味のある栄養上のメリットにはならない。発芽にはデンプンの分解がおこるため、全粒穀物より甘い風味が加わることがある。

発芽穀物製品には二種類ある:発芽穀物を粉にしたものを一部または全部使ったものと、普通の全粒粉にすりつぶしたスプラウトをいろいろな量加えたもの。発芽粉も売っている。

発芽穀物に標準定義がなく発芽のプロセスも様々なため一般化して語るのは難しい。

発芽穀物のほうが優れているという宣伝の一部は精製穀物と比較したものである。発芽穀物と全粒穀物の健康影響を比較したヒト試験はほとんど無い。逸話はあっても臨床試験の根拠はない。

基本

発芽穀物でできたパン屋その他の食品は普通に健康的で栄養があるがしばしば高く、もっと安い全粒穀物製品より必ずしもあなたにとって良いわけではない。栄養成分表示を見ればほとんど差がないことがわかるだろう。

  • ホメオパシーから反ワクチンまで:何故人々は「インチキ科学」を信じるのか

From homeopathy to anti-vaccination: why people believe ‘quack science’

Trevor Treharne - Yahoo7 News on June 2, 2016,

https://au.news.yahoo.com/a/31745590/from-homeopathy-to-anti-vaccination-why-people-believe-quack-science/#page1

英国の医師で学者のBen Goldacre博士が9月に一連の講演をするためオーストラリアとニュージーランドに来る。Yahoo7がインタビューした。

何故人々がインチキレメディを信じるのかという質問は実際興味深いもので、理由は科学ではなく文化や政治や実用性だろう。ホメオパシーを使用する人はほとんど場合詐欺や嘘の犠牲者である。彼らがそうなるまでに長い道のりがある−その道は社会が作ったものである。

単純に普通の医薬品ではなく「オルタナティブ(別のもの)」を選ぶことに魅力がある。しばしば医学は権威であり、政府であり、親であり、それに反逆することが魅力である。

また主流の医学でほんとうに恐ろしい経験をしたことがあるのが理由の場合もある。

反ワクチンについてはもう2世紀も歴史がある。

  • 処方薬メトトレキセートの事故による過剰使用が懸念される増加

Worrying rise in accidental overdose of prescription drug methotrexate

June 6, 2016  Kate Aubusson

http://www.smh.com.au/national/health/worrying-rise-in-accidental-overdose-of-prescription-drug-methotrexate-20160606-gpcaz3.html

関節リューマチや乾癬、炎症性腸疾患などの治療に使用されるメトトレキセートに関連する避けられるはずだった死亡が増加している、と研究者が警告する。NSW中毒情報センターによる全国データの研究から、2000年以降のメトトレキセートに関連する22の死亡のうち8人は週に一回の薬を毎日飲んで死亡した。メトトレキセートはしばしば1年分の50錠入りで処方され、毎日の薬と間違われやすい。特にメトトレキセートと同時に処方されることがある葉酸やプレドニゾンと間違われる。

(1年分を裸でボトル入りでっていくらなんでもそれは手抜き過ぎでは)

Prince died of accidental overdose of opioid fentanyl, medical examiner says

By Ralph Ellis and Sara Sidner, CNN

Updated 0541 GMT (1341 HKT) June 3, 2016

http://edition.cnn.com/2016/06/02/health/prince-death-opioid-overdose/

フェンタニルは医師ががん治療のために処方することがあるが、違法な製品が出回っていて近年の米国での薬物過剰使用による死亡の急増の原因とされている物質である。

プリンスは4月21日に57才で死亡した。検視官の事務所から発表された報告書には(画像リンク有り)詳細は記されていない。自分で投与したと記述され「事故」のボックスにチェックが入っている。

  • 疑わしい監督者と疑わしい調査

Suspicious supervisors and suspect surveys

by Michael Spagat | Jun 1, 2016

http://www.stats.org/suspicious-supervisors-suspect-surveys/

豊かな国では世論調査が溢れている、特に選挙の時期には。そのような調査は少数のサンプルから立候補者の一般的支持率を推定する。理想的調査ではサンプリングは無作為であるべきで、これらの無作為に選ばれた少人数のサンプルは一般人と同じような特徴をもつ。実際には選ばれたサンプルは理想的な無作為からは相当かけはなれている。良い研究者はいろいろな問題を調整する。

もう一つの課題は、あまり公に議論されないが、調査を委託された人がデータを偽造することである。

以下統計学的手法により調査データの改ざんを発見した事例の紹介

  • 失われたエビデンス

Sense about science

Missing Evidence

2 June 2016

http://www.senseaboutscience.org/news.php/478/missing-evidence

政府の委託した研究の発表が遅れていることについての調査

昨年Sense about scienceが政府の行った研究のうちどのくらいが発表されていないのかについての調査をもと控訴院判事のStephen Sedley卿に依頼した。その報告「失われたエビデンスMissing Evidence」が本日発表されダウンロードできる。

Stephen卿の主な知見は、

・英国政府は年に約25億ポンドを政策のための研究に使っているが、そのうちどれがどのくらい発表されているのかを知らない。

・24の政府機関のうち委託した研究のデータベースをもっているのはたった4つ

・政府の公務員は自分の省の研究を追跡するのにGoogleを使わざるを得ない