食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2016-09-09

[]肺、胸膜、胸腺、心臓腫瘍のWHO分類

WHO Classification of Tumours of the Lung, Pleura, Thymus and Heart

http://publications.iarc.fr/Book-And-Report-Series/Who-Iarc-Classification-Of-Tumours/Who-Classification-Of-Tumours-Of-The-Lung-Pleura-Thymus-And-Heart-2015

腫瘍分類4th Edition, Volume 7

[]FDAは乳児用ミルクのラベルや表示の構造/機能強調表示のもととなる科学的根拠の種類と質に関するガイダンス案を発表

FDA Issues Draft Guidance Concerning the Type and Quality of Scientific Evidence Underlying Structure/Function Claims Made in Infant Formula Labels and Labeling

September 8, 2016

http://www.fda.gov/Food/NewsEvents/ConstituentUpdates/ucm514389.htm

FDAは乳児用ミルクの全ての表示が真実で誤解を招くものではないという要求を満たしながら構造/機能強調表示をするために、製造業者向けのガイダンス案を発表した。

「構造/機能」強調表示は製品あるいはその成分の、人体の正常な構造や機能への影響についての表示である。例えばミルクが「消化をサポートする」などのようなものである。

ガイダンス案では乳児用ミルクの構造/機能強調表示を立証するのに適切な科学的根拠の種類と質についての助言を説明している。ガイダンスでは先天的代謝異常や低出生体重のような通常と異なる医学的栄養的問題のある乳児に向けて販売されているミルクも含む全ての乳児用ミルクについての助言を提供している。

FDAは食品の表示については乳児用ミルクも含めて構造/機能強調表示を事前認可していない。このガイダンスは多くの乳児が成長や発育にとって重要な時期に唯一の、あるいは主な栄養源とする乳児用ミルクに特に焦点を絞ったものである。このような脆弱な集団は保護者に完全に依存し、保護者は表示されている情報が真実で科学的根拠のあるものであることを信頼できなければならない。

ガイダンス案には2016年9月9日から意見募集を開始する。

Substantiation for Structure/Function Claims Made in Infant Formula Labels and Labeling:Guidance for Industry Draft Guidance

http://www.fda.gov/downloads/Food/GuidanceRegulation/GuidanceDocumentsRegulatoryInformation/UCM514642.pdf

(普通のことが書いてある。乳児だから当然乳児の研究でなければあてはまらないだろうし、小さいときにちょっと差があってもそれが大人になったらどうなるかは長期フォローアップ試験がなければ言ってはならないことを考えると妙な宣伝はしない方がいいと思う)

3/4の人が肥満とがんの関連を知らない

Three-quarters of people don't know about the link between obesity and cancer

By Sam Dean 9 September 2016

http://www.telegraph.co.uk/news/2016/09/09/three-quarters-of-people-dont-know-about-the-link-between-obesit/

Cancer Research UKが発表

  • 人々は肥満ががんの原因だと知らない、そのことがほんとうに心配

The public don’t know obesity causes cancer, and that’s really worrying

9 September 2016

http://scienceblog.cancerresearchuk.org/2016/09/09/the-public-dont-know-obesity-causes-cancer-and-thats-really-worrying/

社会的地位の低い集団のほうが知らないなど各種インフォグラフィクスあり

Three in four don’t know obesity causes cancer

9 September 2016

http://www.cancerresearchuk.org/about-us/cancer-news/press-release/2016-09-09-three-in-four-dont-know-obesity-causes-cancer

その他

  • ホワイトハウスはKratomの禁止を正当化しなければならないだろう

White House Will Have To Justify Kratom Ban

09/08/2016

http://dailycaller.com/2016/09/08/white-house-will-have-to-justify-kratom-ban/#ixzz4JjrlGmlJ

KratomをSchedule I薬物に分類しないよう要請する申請に10万以上の署名が集まり、オバマ政権に対応が迫られる。

麻薬取締局が8月30日にKratomをSchedule I麻薬に分類する暫定的決定に対してホワイトハウス請願サイトに「KratomをSchedule I薬物にしないで」という名前の請願ができた。ホワイトハウスの請願対応方針では30日以内に10万以上の署名があると60日以内に対応することになっている。

  • フロリダの84人の妊娠女性がジカウイルス感染

84 Pregnant Women in Florida Infected With Zika Virus

http://www.thedailybeast.com/cheats/2016/09/09/84-pregnant-women-in-florida-infected-with-zika-virus.html?via=desktop&source=copyurl

フロリダ保健当局が木曜日に確認した。マイアミ大学で行われたウイルスについての会議で、医師らは感染した女性達に人々にこの問題に注意喚起するため公の場で話して欲しいと薦めてきたがこれまで同意したのはたった一人だった。このフォーラムはJackson記念病院で、感染した女性の赤ちゃんが小頭症であることを確認された次の日に行われた。

これまで州での56症例が地元感染、604症例が旅行者である。

  • ACCCは害がないと宣伝している電子タバコ販売者に対する訴訟を開始

ACCC starts court action against e-cigarette seller over non-toxic claim

September 9 2016

http://www.smh.com.au/business/consumer-affairs/accc-starts-court-action-against-ecigarette-seller-over-nontoxic-claim-20160909-grcn2x.html

ACCCは有害物質フリーと宣伝しているJoystick社の電子タバコからホルムアルデヒドアセトアルデヒド、アクロレインなどを検出している。

  • スタチンの害は誇大に宣伝され、利益は過小に評価されている、Lancetのレビューが示す

Statins harms exaggerated, benefits underestimated, major Lancet Journal review shows

September 9 2016

http://www.smh.com.au/national/health/statins-harms-exaggerated-benefits-underestimated-major-lancet-journal-review-shows-20160909-grchv2.html

2013年に副作用について強調した論文がBMJに発表され、メディアに大きく取り上げられ後にBMJがそれは欠陥のあるデータに基づいた間違ったものだったと否定したものの患者の信頼を下げた。オーストラリアではさらに放送基準違反のテレビ番組シリーズが心疾患の原因がトランス脂肪やコレステロールではなくスタチンだと放送し多くの人がスタチンを止めた。(番組はテレビ局のウェブサイトから削られている)

LancetのRichard Hortonはスタチンに関する間違った情報をMMRワクチンと自閉症を関連させた悪名高い、今は取り下げられた研究と比較している。全ての雑誌や科学者が学ぶべき教訓がある。

Interpretation of the evidence for the efficacy and safety of statin therapy

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(16)31357-5/abstract

  • アルバータの医師規制機関は処方オピオイドの流行に医師の役割を認識

Alberta doctor regulator acknowledges physician role in prescribed opioid epidemic

Sep 09 2016

http://www.metronews.ca/news/calgary/2016/09/08/alberta-regulator-acknowledges-prescribed-opioid-epidemic.html

College of Physicians and Surgeons of Alberta (CPSA)が安全な処方基準案を作る議論をするための木曜日の会合で、一部の医師が鎮痛薬を過剰に処方してきたことを認識。

  • H. G. Wells からStar Trekまで SFの歴史的真実

Natureエディトリアル

The historic truth about science fiction from H. G. Wells to Star Trek

07 September 2016

http://www.nature.com/news/the-historic-truth-about-science-fiction-from-h-g-wells-to-star-trek-1.20540

SFは未来と同じくらい過去と戦っている

NatureがH. G. Wellsの生誕150年とスタートレック50年を記念してSF特集

Science. Fiction.

http://www.nature.com/news/scifi-special-1.20529

1966年9月にスタートレック第一話が米国のNBCテレビで放送された

  • フランスがワクチンの安全性について最も懐疑的

Scienceニュース

France most skeptical country about vaccine safety

By Jon CohenSep. 8, 2016 ,

http://www.sciencemag.org/news/2016/09/france-most-skeptical-country-about-vaccine-safety

EBioMedicine に報告されたLondon School of Hygiene & Tropical Medicineの人類学者Heidi Larsonらによる研究。67ヶ国65000人以上の人にインタビューして「ワクチンは安全」に合意しない人がフランスは41%。他国の平均は12%。バングラデシュは0.2%。(日本は調査対象になっていないようだ)

フランスは最近B型肝炎ワクチンと多発性硬化症の証明されていない関連、HPVワクチンと少女の疲労の副作用についての「不安」を経験している。また2009年のH1N1のパンデミック対策としてのインフルエンザワクチンにも強い抵抗を示した。

この調査は2015年9-12月に行われたもので、同時に予防接種は有効か、子どもにとって重要か、信仰などについても聞いている。子どもにとっての重要性に最も懐疑的なのはロシアで17.1%、有効性に疑いがあるのはボスニアヘルツェゴビナで27.3%。

信仰は複雑で、モンゴルでは半分が仏教徒であるが50.5%が予防接種は信仰に適合しないと言っている。しかし詳しくみると特定の信仰より住んでいる地域のほうがワクチンへの態度に影響が大きい

European region most skeptical in the world on vaccine safety

8-Sep-2016

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-09/lsoh-erm090716.php

  • 子どもに食品を宣伝する規則を厳しくするよう要請−ニュースから

SMC NZ

Call for tighter rules on advertising food to kids – In the News

September 9th, 2016.

http://www.sciencemediacentre.co.nz/2016/09/09/call-for-tighter-rules-on-advertising-food-to-kids-in-the-news/

オークランド大学の研究者らが、ニュージーランドは不健康な食品を子どもに宣伝するのを止めさせるよう厳しい基準を採択すべき、という。

研究者らは本日発表されたNew Zealand Medical Journalに書いている。

いくつかのメディアがそれを報道している。

報道へのリンク