食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2017-03-17

[]食品添加物としてのグリセロール(E 422)の再評価

Re-evaluation of glycerol (E 422) as a food additive

EFSA Journal 2017;15(3):4720 [64 pp.]. 15 March 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4720

ANSパネルは食品添加物としてのグリセロール(E422)の安全性を再評価する科学的意見を提供した。1981年に食品科学委員会は、1976年に国連食糧農業機関/世界保健機関合同食品添加物専門家委員会(JECFA)が「男性への許容一日摂取量(ADI)は特定しない」とした結論を支持した。グリセロールは急性毒性が低く、いくつかの強制経口投与試験で報告された胃腸でのグリセロールの局所刺激影響はグリセロールの吸湿性と浸透性の影響による可能性が高い。遺伝毒性と発がん性の懸念はない。生殖毒性試験は限られるが、投与に関係する有害影響は報告されていない。入手可能な動物実験からグリセロールの有害影響は確認されなかった。治療効果に求められるグリセロールの最小経口量は控えめに125 mg/kg bw/時と概算され、乳幼児は風味付き飲料1缶(330 mL)未満の飲料量で暴露される可能性がある。ADIを数値化する必要はなく、報告された用途の詳細暴露評価では食品添加物としてのグリセロール(E422)の使用に安全上の懸念はない。グリセロールの製造工程は、暴露マージン10,000以下となる量の遺伝毒性発がん性の残留物を含む食品添加物の生産を許すべきではない。パネルはE422のEU仕様書の改訂を勧めた。パネルはまた、追加の使用情報、使用量、分析データを提出するよう求めた。

[]食品添加物としての大豆ヘミセルロース(E 426)の再評価

Re-evaluation of soybean hemicellulose (E 426) as a food additive

EFSA Journal 2017;15(3):4721 [27 pp.]. 14 March 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4721

大豆ヘミセルロースはそのままでは吸収されず、動物とヒトの腸内細菌叢で発酵される。ラットの90日間餌投与毒性試験で、雄には2,430 mg/kg 体重(bw)/日、雌には2,910 mg/kg bw/日の最高用量で有害影響は報告されなかった。遺伝毒性はない。最大許容量に基づいて計算された最大暴露推定は子供で191 mg/kg bw/日(95パーセンタイル)だった。用途が限られていることを考慮すると、大豆ヘミセルロース(E 426)の実際の食事暴露はおそらく無視できるほどだと思われる。食品添加物としての大豆ヘミセルロース(E 426)の現在の使用からは安全上の懸念がある可能性は極めて低く、許容一日摂取量(ADI)は必要ない。E 426に残留するタンパク質量をできる限り減らし、この食品添加物にアレルギーを起こすタンパク質が存在する可能性があるという情報を消費者に知らせる必要がある。

[]パーキンソン病と小児白血病に関連する可能性がある農薬の、実験毒性学的性質の調査

Investigation into experimental toxicological properties of plant protection products having a potential link to Parkinson’s disease and childhood leukaemia

EFSA Journal 2017;15(3):4691 [325 pp.]. 16 March 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4691

2013年にEFSAは農薬暴露とヒトの健康アウトカムに関連する疫学研究の文献レビューを発表した。フォローアップとして、EFSAの農薬とその残留物に関するパネル(PPR パネル)は、パーキンソン病(PD)と小児白血病(CHL)のリスク要因としての農薬暴露の関与の可能性を調査するよう求められた。PD と CHLと農薬の作用機序についての系統的文献レビューを2016年にEFSAが発表し、背景文書として使用された。パネルは有害転帰経路Adverse Outcome Pathway (AOP)の概念の枠組みを用いて、疫学研究に関する生物学的妥当性を定義し、病気の特定の症状をAOと同定した。AOPは多数の情報を組みあわせ、生物学的経路の知識を提供し、種の違いと類似性を強調し、研究の必要性を明らかにし、規制の判断を支える。この文脈でAOPアプローチは、分子レベルの初期イベント(MIE)と有害アウトカムの、一連の生物学的に可能性のある必須の重要イベント(KEs)を介する関連を記述することで、入手可能な実験的知見を生物学的にありそうかどうかを評価するために組織化するのに役立つ。AOPは化学物質についての情報は与えないので、カギとなるイベントと関係する(KERs)反応と暫定的に一致することが経験的に支持されるツール化合物が選ばれた。パネルは得られた結果から、3つの定性的、1つの推定上のAOPを開発した。パネルはAOP枠組みの使用を支持する

(これは具体例を紹介した方がわかりやすいだろう。)

  • パーキンソン病と小児白血病に関連する可能性がある農薬の、実験毒性学的性質の調査」PPRパネルの科学的意見案についてのパブリックコメント募集

Public consultation on the draft Scientific Opinion of the PPR Panel "Investigation into experimental toxicological properties of plant protection products having a potential link to Parkinson’s disease and childhood leukaemia"

EFSA-Q-2014-00482

16 March 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/1190e

パブリックコメントは2016年8月1日〜9月21日まで募集され、100コメント(企業から94、BfRから6)を受け取った。PPRパネルは科学的意見の改訂を承認し、第84回総会議での議論後に採択された。

[]意見等

  • オキサスルフロンの農薬リスク評価ピアレビュー

Peer review of the pesticide risk assessment of the active substance oxasulfuron

EFSA Journal 2017;15(3):4722 [25 pp.]. 13 March 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4722

情報不足と懸念が確認された。

  • 「複数の化学物質への複合暴露のヒト健康と生態学的リスク評価方法論の統一」に関するガイダンス文書の開発権限についてのパブリックコメント募集結果

Outcome of the public consultation on the terms of reference for the development of a guidance document on “Harmonisation of risk assessment methodologies for human health and ecological risk assessment of combined exposure to multiple chemicals”

EFSA-Q-2016-00456

16 March 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/1189e

EFSAは参加12団体から回答を得た。この報告書は受け取ったコメントと、科学委員会の作業グループの対処方法を提示している。この報告書は2017年2月13-14日の第82回科学委員会総会で承認される。

  • Dow AgroSciences LLCからの遺伝子組換え除草剤耐性ダイズDAS-68416-4の食品及び飼料としての使用、輸入、加工のための販売申請(EFSA-GMO-NL-2011-91)についての科学的意見

Scientific Opinion on an application by Dow AgroSciences LLC (EFSA-GMO-NL-2011-91) for the placing on the market of genetically modified herbicide-tolerant soybean DAS-68416-4 for food and feed uses, import and processing under Regulation (EC) No 1829/2003

EFSA Journal 2017;15(3):4719 [31 pp.]. 16 March 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4719

この申請の範囲内でヒトと動物の健康と環境への影響の可能性に関して、ダイズDAS-68416-4は従来対応物や検査された非GM参照種と同じように安全である。

  • 香料グループ評価57改訂1(FGE.57Rev1)についての科学的意見:JECFA(第55回会合)で評価されたイソプレゴンと3つの香料物質の検討

Scientific Opinion on Flavouring Group Evaluation 57, Revision 1 (FGE.57Rev1): consideration of isopulegone and three flavouring substances evaluated by JECFA (55th meeting)

EFSA Journal 2017;15(3):4727 [24 pp.]. 15 March 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4727

イソプレゴンの追加毒性データが入手可能になったため改訂された。パネルはMSDIアプローチに基づき、「香料物質としての摂取推定量で安全上の懸念はない」とするJECFAの結論に同意した。だが2物質については、mTAMDIは構造クラスの毒性学的懸念の閾値を超え、評価を最終化するためにより詳細な暴露評価が必要である。

[]FIFRA科学助言委員会会合議事録と最終報告書:EPAのグリホサートの発がん性評価に関して

FIFRA Scientific Advisory Panel Meeting Minutes and Final Report

No. 2017-01

A Set of Scientific Issues Being Considered by the Environmental Protection Agency Regarding:EPA's Evaluation of the Carcinogenic Potential of Glyphosate

December 13-16, 2016

https://www.epa.gov/sites/production/files/2017-03/documents/december_13-16_2016_final_report_03162017.pdf

結論としてグリホサートはヒト発がん性ではなさそう“not likely to be carcinogenic to humans,”だという結論を支持

(一部に発がん性にしたい人がいる?)

[]ヨーロッパと中央アジアは新しい形の栄養不良に移行しつつある

Europe and Central Asia transitioning to new forms of malnutrition

14 March 2017,

http://www.fao.org/news/story/en/item/522759/icode/

FAOの報告書は肥満と過体重−とそれらに伴う病気−の増加を強調する

「食糧安全保障地域概要:ヨーロッパと中央アジア」を発表

栄養不足が克服されて食生活が変わってきている。

  • 学校給食は飢餓を終わらせ健康的な食事を推進するのに重要である

School Meals a vital ingredient in ending hunger and promoting healthy diets

9 March 2017,

http://www.fao.org/news/story/en/item/522526/icode/

FAOは国際学校給食デーを祝福する

[]残留農薬モニタリング報告書

PRiF

Pesticide residues in food: quarterly monitoring results for 2016

16 March 2017

https://www.gov.uk/government/publications/pesticide-residues-in-food-quarterly-monitoring-results-for-2016

2016年第三四半期の報告書発表

https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/600273/pesticide-residues-quarter3-2016-report.pdf

26食品1019検体を調査しMRL超過は62検体だった。スクリーニング評価を行いオクラのジメトエート(ヨルダン産、1.8mg/kg、RASFF通知)以外については健康への影響はありそうにない。

塩素酸について既存のMRL見直しのために一定数検査を行っている

現時点では塩素酸は一律基準の0.01mg/kgが適用されるが、塩素を含む飲料水を灌水に使ったり塩素を含む殺菌剤を使ったりすることで残留基準を超過する可能性がある。EU一律基準を超過した製品であっても科学的リスク評価に基づいて国内の流通はその国が判断できる。この事例についてはEFSAの塩素酸に関する意見を考慮する。

[]都市化レベルによる自殺傾向−米国、1999-2015

Trends in Suicide by Level of Urbanization — United States, 1999–2015

Weekly / March 17, 2017 / 66(10);270–273

https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/66/wr/mm6610a2.htm?s_cid=mm6610a2_w

1999–2007と2008–2015の間、全自殺率は男性が女性の約4倍でどちらも増加。年齢別では35–64才と75才以上が多い。35–64才は増加率も大きい。田舎の方が自殺率が高く都市部との差は時間経過と共に拡大傾向。

[]最初の処方と長期オピオイド使用可能性の特徴−米国、2006-2015

Characteristics of Initial Prescription Episodes and Likelihood of Long-Term Opioid Use — United States, 2006–2015

Weekly / March 17, 2017 / 66(10);265–269

https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/66/wr/mm6610a1.htm?s_cid=mm6610a1_w

長期オピオイド使用が急性痛の治療をきっかけにすることがあることから患者記録を解析して最初のオピオイド処方と長期使用の関係について解析した。最初のオピオイドの処方が5日あるいは1ヶ月を超えると急激に長期使用が増加し12週で横ばいになる。1日だけオピオイドを使った人の長期使用リスクは低い。

[]2017年3月28日の会合の議題

COT Meeting: 28 March 2017

Last updated: 14 March 2017

https://cot.food.gov.uk/cot-meetings/cotmeets/cot-meeting-28-march-2017

・乳幼児用食のカドミウムのリスク

https://cot.food.gov.uk/sites/default/files/tox2017-14.pdf

母乳中濃度、ダストや土壌由来も考慮

EFSAのPTWI 2.5 μg/kg bw/weekとJECFAのPTMI  25μg/kg bw/monthの両方を使用

・乳幼児用食のヨウ素のリスク

https://cot.food.gov.uk/sites/default/files/tox2017-15.pdf

健康指標値はExpert Group on Vitamins and Minerals(EVM) のガイダンス値15 μg/kg bw/day、SCF(EFSA)のtolerable upper level (TUL)15.5 - 18.9 μg/kg bw/day、JECFAのPMTDI 17 μg/kg bw/day

わりと幅がある。健康への影響なのかホメオスタシス維持のための反応なのかを見分けるのが難しい。現状が健康リスクとはなりそうにない

・乳幼児用食のニッケルのリスク

・EFSAの16週未満の乳児用食品中の物質のリスク評価ガイダンス案についての意見募集について

・乳児用食品中金属やその他元素の2014年調査結果についての議論

・科学評価における根拠の重み付けアプローチについてのEFSAのガイダンス案への意見

・ホライゾンスキャニング

https://cot.food.gov.uk/sites/default/files/tox2017-22.pdf

電子タバコ、疫学根拠サブグループ、内分泌撹乱物質のガイダンス案、マイクロバイオームに影響する化学物質、RISK21など

[]ASAは世界消費者の権利デーを支持する

ASA supports World Consumer Rights Day

ASA News | 15 Mar 2017

https://www.asa.org.uk/news/asa-supports-world-consumer-rights-day.html

Consumers Internationalによる「世界消費者の権利デー」に協賛する。

今年のテーマは「消費者が信頼できるデジタルワールドを構築する」

  • アフィリエイトマーケティング:ソーシャルインフルエンサー向けの新しい広告ガイド

Affiliate Marketing: New Advertising Guidance for social influencers

| CAP News | 09 Mar 2017

https://www.asa.org.uk/news/Insight-affiliate-marketing-new-advertising-guidance-for-social-influencers.html

  • オンラインアフィリエイトマーケティングの認識−同じ規則、新しいガイドライン

Recognising Online Affiliate Marketing – Same Rules, New Guidance

CAP News | 09 Mar 2017

https://www.asa.org.uk/news/Insight-recognising-online-affiliate-marketing-same-rules-new-guidance.html

オンラインアフィリエイトマーケティングもCAP基準を守る必要があることについて。ウェブサイトでもソーシャルメディアでも適用。明確に広告であることを示すことと内容については他の広告と同じ基準があることを再確認

[]WHOファクトシート

水銀と健康

Mercury and health

Fact sheet

Updated March 2017

http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs361/en/

(どこが更新されたのかわからない)

[]シナモンとカシアについてのガイダンス

Guidance Note on Cinnamon and CCASIA

10.03.2017

http://www.fssai.gov.in/dam/jcr:8cf6c72a-85a6-4add-a069-1169097dfc96/Guidance_Note_Cinnamon_CCASIA_10_03_2014.pdf

市場で安価なカシアがシナモンとして販売されているという情報を受け取った。本物のシナモン(Cinnamomum verum syn. Cinnamomum zeylanicum)はスリランカと南インドの固有種でスリランカが主なシナモン産地で世界の60%の取引を管理している。

カシアは中国カシア(Cinnamomum cassia syn C. aromatic)などの別の種でスパイス以外にも精油などが使われている。関連はあるもののシナモンとカシアは同じではないがカシアがはるかに安価なのでしばしばシナモンとして売られている。

FSSAIはシナモンとカシアの基準を定めている。カシアにはクマリンが多いが通常の摂取ではヒト健康に有害影響が出るほどの摂取量にはならない。シナモンのクマリン含量の上限は0.3%以下と定めている。カシアのクマリンは0.8から10.63%である。

カシアの方がシナモンより強く辛い風味があり、見た目も違う(写真有り)

(ファイルの名前が2014年なのが謎だけど基準を決めたのが2016年とか書いてあるので2017年だと思う)

その他

  • 米国の科学者にとって残酷な予算の日:Trumpの計画の解析と反応

Scienceニュース

A grim budget day for U.S. science: analysis and reaction to Trump's plan

By Science News StaffMar. 16, 2017

http://www.sciencemag.org/news/2017/03/trumps-first-budget-analysis-and-reaction

10月1日から始まる2018会計年度のDonald Trump大統領の初めての議会への予算要求が行われた。一部の連邦科学機関の予算を大幅削減し科学コミュニティーと多くの議会の立法者から激しい反論が予想される

ScienceInsiderはその解析と反応を集めている

(いろいろ。NIHは-20%、全米人文科学基金は100%カット。FDAについては医薬品医療機器の認可手数料を上げる提案、など)

Natureも報道

米国の科学機関はトランプ予算で大幅カットに直面

US science agencies face deep cuts in Trump budget

Sara Reardon, Jeff Tollefson, Alexandra Witze & Erin Ross

16 March 2017 Updated: 16 March 2017

http://www.nature.com/news/us-science-agencies-face-deep-cuts-in-trump-budget-1.21652

EPAとNIHが大幅カット、NASAの惑星科学は得

  • グリセミック指数:不完全なツール

Wellness Tip

Glycemic Index: An Imperfect Tool

by Berkeley Wellness | March 16, 2017

http://www.berkeleywellness.com/healthy-eating/nutrition/article/glycemic-index-imperfect-tool

American Journal of Clinical Nutritionの研究によるとグリセミック指数(GI)は炭水化物を含む食品の血糖への影響を格付けする方法としては信頼できない。GIは健康的食生活のツールとして宣伝され多くのダイエット法の基本となっている。

この研究では63人が一晩の絶食の後に3オンスの白パンを食べ、それから血糖を測定して標準式でGIを計算した。これを12週間にわたって6回行った。結果として、GIは同じものを食べても人により25%異なり、同じ人でも20%違う。両方向に平均15ポイントの変動があり、その結果として白パンはGIの分類として低い、中程度、高いの全てのカテゴリーに分類できる。従ってGIの表示は食品の選択をガイドするアプローチとしては良いものではない、と研究者らは結論している。

  • 破傷風で重体のNSWの7才の少女が予防接種をしていないと報告された

A seven-year-old NSW girl critically ill with tetanus was reportedly not vaccinated against the deadly disease.

17 Mar 2017

http://www.sbs.com.au/news/article/2017/03/17/unvaccinated-nsw-girl-fighting-tetanus

保健当局によると少女は最初Lismore Base病院で治療を受けていたが水曜日に重体でブリスベンのLady Cilento子ども病院に移された。ABCによると少女は破傷風の予防接種を受けていない。オーストラリアの北部沿岸地域は予防接種の率が低い。

反ワクチン活動家のDavid Wolfe が近くのMullumbimbyでセミナーを開くが定員一杯になっている。市民ホールでこのようなセミナーを開催することを認めた市議会をワクチン支持者は批判している

  • アルバータの少年が髄膜炎で死亡した件でエキナセアを与えたナチュロパスは非がないとされた

Naturopath who provided echinacea cleared of wrongdoing in Alberta boy's meningitis death

Mar 16, 2017

http://www.cbc.ca/news/canada/calgary/stephans-trial-naturopath-complaint-dismissed-1.4028307

アルバータのナチュロパスを管理する団体が会員の一人に対する苦情を棄却した。

Ezekiel Stephanは両親が医学的治療を受ける代わりにナチュラルレメディで治療しようとして死亡し、両親のDavidと Collet Stephanは2016年に有罪とされている。

今回は彼らにエキナセアを売ったナチュロパスであるTracey Tannisに対してMichelle Cohen医師(本物の)がアルバータナチュロパスドクター協会に訴えていたものである。協会はTannisがEzekielを診療した根拠がないので責任がないと判断した。

Cohen医師はこの回答に満足しているという。つまりTannisは患者をみてもいないのにエキナセアを売ったということなので、ナチュロパスドクター協会が信頼できない組織であることが明確になった。

このことはまるで医師であるかのように宣伝してお金儲けのためにレメディを販売していることへの倫理的問題をつきつける。ナチュロパスドクターには専門能力がないので無罪だといっているのだ。

(騙された方が悪いそうです)