食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2017-09-08

[]FDAは早期ピーナッツ導入とピーナッツアレルギーの発症リスクの低下を関連させる限定的健康強調表示を認める

FDA Acknowledges Qualified Health Claim Linking Early Peanut Introduction and Reduced Risk of Developing Peanut Allergy

September 7, 2017

https://www.fda.gov/Food/NewsEvents/ConstituentUpdates/ucm575001.htm

入手可能な科学的根拠の系統的レビューを行った後、FDAは重症アトピー性皮膚炎及び/あるいは卵アレルギーのある乳児向けに、4-10か月齢の間に挽いたピーナッツを含む食品を摂取することと5才までにピーナッツアレルギーを発症するリスクを減らすことの間の関連性を説明する限定的健康強調表示の使用について執行の自由裁量を行使すると決めた。

製造業者が直ちに使用できる強調表示は:

既に固形食を食べている重症アトピー性皮膚炎及び/あるいは卵アレルギーのある乳児のほとんどにとって、4-10か月齢の間に挽いたピーナッツを含む食品を摂取することは5才までにピーナッツアレルギーを発症するリスクを減らすかもしれない。FDAが決定したが、しかしながらこの主張を支持する根拠は一つの研究に限られる。

もしあなたの乳児が重症アトピー性皮膚炎及び/あるいは卵アレルギーなら、挽いたピーナッツを含む食品を与える前に主治医に相談すること。

この限定的健康強調表示はAssured Bites, Incの申請への対応である。限定的健康強調表示qualified health claimは、その分野の専門家の相当な科学的合意によって支持される「認可された健康強調表示authorized health claims」とは違う。限定的健康強調表示は信頼できる科学的根拠に支持されてはいるものの、認可された健康強調表示に必要とされる、より厳密な「相当な科学的合意」基準は満たさない。そのためその強調表示を支持する科学的根拠のレベルを正確に伝えるための限定的文言や免責条項などが伴う。FDAの限定的健康強調表示の使用について執行の自由裁量を行使する意図というのは、その強調表示をしている製品がFDAの執行の自由裁量文書で述べていることに一致している限りFDAはその使用に反対するつもりはない、という意味である。

疫学的根拠は米国の子ども達のピーナッツアレルギーが1997年から2008年の間に少なくとも2倍になったことを示唆する。ピーナッツアレルギーは最もよくある食物アレルギーのひとつで、多くの場合小さい頃に始まって一生続く。FDAが認可したピーナッツアレルギーの治療や予防方法はなく、米国の食品誘発性アナフィラキシーに関連する主な死因である。従ってピーナッツアレルギーの発症を予防するような介入は公衆衛生にとって利益がある。

2015年に発表された600人以上の乳児によるLEAP研究が、乳児に予防戦略としてピーナッツタンパク質を早期に導入することを調べた最初の無作為化介入試験である。この研究は、ピーナッツアレルギー発症リスクの高い集団である重症アトピー性皮膚炎及び/あるいは卵アレルギーのある乳児にとっては、乳児期(4-10か月齢の間)にピーナッツを含む食品を摂取しはじめることが5才までにピーナッツアレルギーになるリスクを減らすことを示した。この知見をもとにNIH傘下の国立アレルギー感染症研究所(NIAID)が合同委員会を設定しピーナッツアレルギー発症予防のための新しい臨床助言を作成した。そのガイドラインは、乳児のそのピーナッツアレルギー発症リスクに応じたピーナッツ含有食品の早期導入のための3つの指針を示している。

今回の限定的健康強調表示はこのガイドラインの背景にあるものと同じ科学的根拠により支持されている。

  • ある種のハイリスク乳児にピーナッツを早期導入することがピーナッツアレルギーリスクを下げるかもしれないと助言する新しい限定的健康強調表示についてのFDAコミッショナーScott Gottlieb, M.D.の声明

Statement from FDA Commissioner Scott Gottlieb, M.D., on a new qualified health claim advising that early introduction of peanuts to certain high-risk infants may reduce risk of peanut allergy

September 7, 2017

https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm575008.htm

アレルギーと食事に関する科学は進化し続けるので、赤ちゃんや子どもに多様な食品を安全に導入するベストな方法についての専門家の助言も進化する。多分我々の世代の両親にとって最も困難な課題の一つは、相当なアレルギー反応を起こす可能性のある食品をいつどうやって導入するか、であろう。これらの決定はある種の食物アレルギーが増えているように見えることからますます難しくなっている。ピーナッツアレルギーは最も良くある食物アレルギーの一つである。そして最も危険なものの一つでもある。ピーナッツアレルギーは米国の食品誘発性アナフィラキシーに関連する主な死因である。だから新米両親が心配するのは当然である。ピーナッツアレルギーの人の多くは小さい頃に発症して一生続く。重症ピーナッツアレルギーに苦しむ子どもを知らない親を見つけるのは難しく、自分の子どもがピーナッツアレルギーでなくても友人や親類にアレルギーの子どもがいる場合がほとんどである。ピーナッツアレルギーが1997年から2008年の間だけで2倍以上になったことを考えるとこれは驚くことではない。今日、アメリカの子どもの2%がピーナッツアレルギーである。

ピーナッツアレルギーの頻度が多くなりその帰結が知られるようになると、医師らが親たちに、ピーナッツアレルギーになるリスクの高い3才未満の子どもにはピーナッツを含む食品を与えないように助言しはじめた。この助言は善意からのものだったが、新しい根拠に基づくガイドラインは医療コミュニティに異なる方法を薦める。最近のNIHが資金提供した画期的臨床試験では、滑らかなピーナッツバターを含む食品を、ピーナッツアレルギーになるリスクの高い赤ちゃんには4か月という早期から導入することがその後の子ども時代にピーナッツアレルギーになるリスクを約80%減らすことを発見した。この知見によりNIHは重症アトピー性皮膚炎や卵アレルギー、あるいは両方がある乳児の親には4-6か月の早期からピーナッツを含む食品を与えるよう薦める新しいガイドラインを1月に発表した。このガイドラインでは両親に、赤ちゃんにピーナッツを含む食品を与える前に、最初にアレルギー検査が必要かどうか、あるいは医師の監視下で与えるべきかどうかを決めるために医師に相談するよう助言している。

現在あなたが食品表示で見られるピーナッツを含むかどうかの情報に加えて、ピーナッツの早期導入とピーナッツアレルギー発症リスク削減に関する新しい助言が一部の食品に間もなく見られるようになるだろう。一方丸ごとのピーナッツは小さい子どもには窒息ハザードであり食べるべきではない。

(以下略)

[]出版物

  • 造血系とリンパ組織の腫瘍のWHO分類

WHO Classification of Tumours of Haematopoietic and Lymphoid Tissues

http://publications.iarc.fr/Book-And-Report-Series/Who-Iarc-Classification-Of-Tumours/Who-Classification-Of-Tumours-Of-Haematopoietic-And-Lymphoid-Tissues-2017

改訂第4版2巻

  • 子宮頸部前がん病変の膣鏡診と治療

Colposcopy and Treatment of Cervical Precancer

http://publications.iarc.fr/555

IARCテクニカル出版NO.45

  • マニュアル

膣鏡診アトラス−基本と実践

Atlas of colposcopy – principles and practice

http://screening.iarc.fr/atlascolpo.php

[]CDCが健康と学業の関連についての新しいデータを発表

CDC Releases New Data on the Connection between Health and Academics

Thursday, September 7, 2017

https://www.cdc.gov/media/releases/2017/p0907-health-academics-connection.html

MMWRの9月8日号に発表されたデータは、性別や人種、学年にかかわらず、成績の低い高校生は薬物使用、暴力、栄養の悪さ、運動不足、セックスに関連するより多くの健康リスク行動を報告する。また成績がよい生徒に比べて健康的行動が少ない。

Health-Related Behaviors and Academic Achievement Among High School Students — United States, 2015

MMWR September 8, 2017 / 66(35);921–927

https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/66/wr/mm6635a1.htm?s_cid=mm6635a1_w

  • デジタルプレスキット

https://www.cdc.gov/media/dpk/child-development/back-to-school/dpk-back-to-school.html

動画とインフォグラフィクス

[]環境中ナノ粒子のリスク評価

Risk assessment of nanoparticles in the environment

06 September 2017

http://www.rivm.nl/en/Documents_and_publications/Common_and_Present/Newsmessages/2017/Risk_assessment_of_nanoparticles_in_the_environment

水、土壌、空気中ナノ粒子濃度を計算するSimpleBox4nanoモデルについて

[]私達の皿には何がのっている?

What is on our plate?

04 September 2017

http://www.rivm.nl/en/Documents_and_publications/Common_and_Present/Newsmessages/2017/What_is_on_our_plate_Safe_healthy_and_sustainable_diets_in_the_Netherlands

1月にRIVMはオランダ人の食生活のパターンについての事実や数字と持続可能性、健康安全な食品が相互に強化できるのはどこかについての解析の報告書を発表した。それが英語になった。

(おもしろい)

[]卵のフィプロニル更新

Update on Fipronil in eggs

7 September 2017

https://www.food.gov.uk/news-updates/news/2017/16486/update-on-fipronil-in-eggs

先の更新から追加で26製品が回収された。ケーキミックスや液状卵製品を含む。

リスト

https://www.food.gov.uk/sites/default/files/productswithdrawnrevised070920172.pdf

[]FSAの9月理事会用ペーパー発表

FSA Board meeting papers published for September meeting

7 September 2017

https://www.food.gov.uk/news-updates/news/2017/16485/fsa-board-meeting-papers-published-for-september-meeting

2017年9月20日の会合の議題とペーパー発表

[]RASFF Week35-2017

警報通知(Alert Notifications)

ドイツ産プラスチックカップからホルムアルデヒドの溶出(317.4 mg/kg)、イラン産スロバキア経由レーズンにオクラトキシンA (19.78 µg/kg)、ベトナム産オランダ経由冷凍メカジキステーキに水銀(3.8 mg/kg)、ドイツ産養殖マスに未承認物質ロイコクリスタルバイオレット(6.2 µg/kg)、マラウィ産英国経由チリコショウにアフラトキシン(B1 = 66.4; Tot. = 82.3 / B1 = 96.2; Tot. = 116 µg/kg)、スペイン産冷凍マグロブロックにヒスタミン(最大1185 mg/kg)、ルーマニア産の卵にフィプロニル(1.20 mg/kg)、チュニジアで製造のイタリア産缶入りイワシフィレにヒスタミン(1370 mg/kg)、英国産食品サプリメントに鉛(426.6 mg/kg)及び水銀(0.26 mg/kg)、

注意喚起情報(information for attention)

イタリア産の卵にフィプロニル(0.19 mg/kg;0.30 mg/kg;0.045 mg/kg;0.081 mg/kg;0.095 mg/kg;0.093 mg/kg;0.029 mg/kg;0.41 mg/kg;0.13 mg/kg;0.35 mg/kg;0.026 mg/kg)、マルタ産の卵にフィプロニル(0.024 mg/kg;0.069 mg/kg;0.21 mg/kg;0.047 mg/kg)、トルコ産コーティングしたピーナッツに着色料サンセットイエローFCF(E110)の未承認使用(48 mg/kg)、インド産の米に着色料サンセットイエローFCF(E110)の未承認使用(29 mg/kg)、オランダ産からし菜(Kai-ChoiまたはGai-Choi)に未承認塩素酸塩化合物(17.1 mg/kg)、インド産ガーリックパウダーにオクラトキシンA (159 µg/kg)、タイ産ロンコンにクロルピリホス(1.1 mg/kg)、米国産トウモロコシにデオキシニバレノール(DON) (2688 µg/kg)、

フォローアップ用情報(information for follow-up)

ルーマニア産の卵にフィプロニル(0.082 mg/kg)、イタリア産の卵にフィプロニル(0.061 mg/kg;0.11 mg/kg)、ポーランド産飼料用鶏肉に偽和物混入の疑い(非標識尿素:0.6 %)、中国産紙製焼き型に3-モノクロール-1,2-プロパンジオール(3-MCPD) (41.8 µg/l)、ドイツ産卵黄液にフィプロニル(0.057 mg/kg)、ドイツ産鶏卵混合物にフィプロニル(0.012; 0.012 mg/kg)

通関拒否措置(Border Rejections)

トルコ産生鮮ペッパーにメソミル(0.154 mg/kg)、タイ産ニラにプロピコナゾール(0.070 mg/kg)・未承認物質イソプロチオラン(0.16 mg/kg)及びトリアゾホス(1.0 mg/kg)、トルコ産生鮮ペッパーにホルメタネート(0.120 mg/kg;0.090 mg/kg)、その他アフラトキシン等多数

[]意見等

  • 肉用鶏および育成中の採卵鶏向けのAvatec® 150G (ラサロシドAナトリウム)の安全性と有効性および、肉用鶏、育成中の採卵鶏、肉用七面鳥、採卵を目的としないマイナー鳥種(キジ、ホロホロ鳥、ウズラ、ヤマウズラ)向けの認可条件の変更

Safety and efficacy of Avatec® 150G (lasalocid A sodium) for chickens for fattening and chickens reared for laying, and modification of the terms of authorisation for chickens for fattening, chickens reared for laying, turkeys for fattening, minor avian species (phe asants, guinea fowl, quails and partridges) except laying birds

EFSA Journal 2017;15(8):4857 [3 pp.].

18 August 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4857

Avatec® 150Gは、有効成分としてイオノフォア系抗コクシジウム剤のラサロシドAナトリウムを15%含有する、抗コクシジウム飼料添加物である。耐容量についての研究では、ラサロシドとして125 mg/kg飼料(目標値)以上の濃度となるようにラサロシドAナトリウムが混餌投与されたが、肉用鶏では耐容されないことが示された。そのため、提示された耐容性研究からは、安全耐量を確立することはできなかった。ラサロシドをチアムリンや特定の他の医薬品と同時に投与することは避けなければならない。ラサロシドナトリウムは、グラム陽性細菌種に対する選択的抗菌作用を示すが、腸内細菌の多くは元来耐性を有している。耐性の導入や交叉耐性の成立は、実験室的条件下では認められなかった。ラサロシドAナトリウムには、遺伝毒性も発がん性もない。イヌを用いて新規に実施された心臓血管の研究では、1 mg/kg体重/日という急の無毒性量(NOAEL)が示された。このNOAELは、ラットの2年間毒性試験とウサギの発達試験で以前に導出された最小のNOAELである 0.5 mg/kg体重/日を超えているため、0.5 mg/kg体重/日というNOAELの方が、ラサロシドナトリウムの許容一日摂取量(ADI)の根拠として適切と考えられ、それに基づき0.005 mg/kg体重というADI値が設定された。最高濃度として、完全飼料1 kgあたり125 mgのラサロシドAナトリウムとなるようにAvatec® 150Gを添加することが示されているが、この使用量は消費者には安全である。 最大残留基準値(MRLs)を遵守するためには3日間の休薬期間が必要である。Avatec® 150Gを使用することで使用者にリスクが生じることは予想されない。Avatec® 150Gを用いて肉用鶏および育成中の採卵鶏向けの飼料にラサロシドAナトリウムを添加する場合、それが推奨最大濃度であっても、環境に影響を及ぼすリスクは生じない。肉用鶏および育成中の採卵鶏におけるラサロシドAナトリウムの抗コクシジウム剤としての有効性については、証拠が十分に示されていない。

  • 乳幼児に乳幼児期栄養生理学に基づいた食事を与え始める時期を科学的に判断するための、補助食品の導入年齢と健康状態との関連についての体系的な検討に関する要綱

Protocol for a systematic review on health outcomes related to the age of introduction of complementary food for the scientific assessment of the appropriate age of introduction of complementary feeding into an infant's diet

EFSA Journal 2017;15(8):4969 [20 pp.].

14 August 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/4969

この要綱作成のために集められたデータは、母乳だけの哺乳または粉ミルクによる哺乳が育児の各段階で栄養的に妥当かどうかについてのデータ、ならびに乳児がミルク以外の食事を摂取する能力に影響を与え得る神経筋、胃腸および腎臓の発達に関するデータと共に、科学的評価の基礎を成していると考えられる。EFSAは、この体系的な文献検証の結果をまとめた要綱の草案について、関係各位から助言を得ることを望んだため、食品・栄養・アレルギーに関する小委員会(NDAパネル)は、この要綱案を、2017年2月16日から3月23日まで、パブリックコメント募集にかけることを承認した。

  • 乳幼児に乳幼児期栄養生理学に基づいた食事を与え始める時期を科学的に判断するための、補助食品の導入年齢と健康状態との関連についての体系的な検討の内容を記した要綱の草案を議題にした意見聴取の結果

Outcome of a public consultation on a draft protocol for a systematic review on health outcomes related to the age of introduction of complementary food for the scientific assessment of the appropriate age of introduction of complementary feeding into an infant’s diet

14 August 2017

https://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/1275e

欧州食品安全機関(EFSA) は、2つの関係団体から助言を受けた。乳幼児栄養作業部会は、これらの助言を考慮に入れて、体系的な検討を実施するための要綱を改定した。EFSAの食品・栄養・アレルギーに関する小委員会(NDAパネル)は、2017年6月27日にこの改定版の要綱を承認しており、EFSA Journalで発表する。

[]論文等

  • 子どもの頃から高齢になるまで脳を健康に維持する7つのステップ

Seven steps to keep your brain healthy from childhood to old age

7-Sep-2017

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-09/aha-sst090517.php

米国心臓協会/米国心臓協会脳卒中部門会長助言

Stroke: Journal of the American Heart Associationに発表

7つとは

・血圧管理

・コレステロールのコントロール

・血糖値を正常に維持

・運動する

・健康的食生活

・余分な体重は落とす

・喫煙しない

  • アルコール業界はアルコール関連がんリスクについて人々を誤解させている

Alcohol industry misleading the public about alcohol-related cancer risk

7-Sep-2017

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-09/lsoh-aim090717.php

主な戦略は「否定、歪曲、注意を逸らす」

London School of Hygiene & Tropical Medicine とカロリンスカ研究所のチームが2016年9月から12月までの間に約30の世界中のアルコール業界団体のウェブサイトや文書に現れたがんに関する情報を分析した。団体のウェブサイト26件中24件がアルコールとがんリスクの根拠についてなんらかの歪曲や間違った提示をしていた。特に間違って提示されていたのは乳がんと直腸結腸がん。Drug and Alcohol Review

(明確に発がん性なのに知らないとか否定する人が多いのは確か。)

  • アルコール業界はがんとの関連について公衆を誤解させている−専門家の反応

SMC NZ

Alcohol industry misleads public on cancer link – Expert Reaction

September 8th, 2017.

https://www.sciencemediacentre.co.nz/2017/09/08/alcohol-industry-misleads-public-cancer-link-expert-reaction/

英国の研究がアルコール業界団体が一般向け情報提供でアルコール関連がんリスクを不正確に伝えていることを発見した

Drug and Alcohol Reviewに発表された研究についての専門家の反応を集めた

Massey大学社会と健康アウトカム研究評価(SHORE)部長Sally Casswell教授

これは価値ある詳細な研究で、アルコール業界がアルコールの害、この場合は多数のがんとの因果関係、についての根拠をどんなふうにどれだけ歪めているかを同定した。これは、国際的アルコール企業が、直接的あるいは広告団体を介して、健康増進のためのメッセージ(アルコールのがんにおける役割について知っている割合はまだ低い)を妨害しようとしていることを示すますます増える研究に加わった。

この論文の著者は、利益を増やそうとする製造販売業者と、健康と福祉への願いの間には利益相反があることを強調する。このことは多くの政府がアルコール政策や健康増進の開発に企業の関与を許していることについて重要な疑問を投じる。それはタバコ企業には認められないだろう、従ってアルコール企業にも。

オタゴ大学予防社会医学部長Jennie Connor教授

これは重要な研究である、系統的アプローチによりアルコール業界が確立した科学や現在進行中の科学をアルコール業界が圧倒的に歪めていることを発見した。これは飲酒の健康影響についての信頼できる常識が確立することに干渉しようという業界の意図である。

この分野の研究者らは自分の目でアルコール業界の代弁者の不正直さと無礼さを何度も経験している。(略)

オーストラリアSMC

オーストラリアカトリック大学健康と社会研究センター長Sandra Jones教授

この研究はアルコール業界の社会的側面と広報団体が消費者に提供している飲酒とがんの関連についての情報を解析した。英語圏27団体を含む。

特に問題の多い知見は、乳がんについての情報を排除していることである。

(一部のみ)

Macquarie大学マーケティング准教授オーストラリアソーシャルマーケティング協会長Ross Gordon教授

アルコール業界にはアルコールの害を同定した研究に異議を唱える歴史がある。私はこのことをアルコールの宣伝への暴露と青少年の飲酒の関連について研究しているときに学んだ。この研究が、アルコール業界が飲酒とがんの関連を歪曲して伝えていることを発見したのは驚くことではない。タバコ業界も同じようなことをしてきた。

この研究は適切なデザインだがツイッターや広告キャンペーンのような他のチャンネルでの宣伝は含まれていない

Flinders大学公衆衛生研究者Emma Miller博士

この研究は多くの公衆衛生専門家が既に思っていたことを強化する。これら団体の目的は「責任ある」飲酒を推奨することだと言いながら情報を歪めることが普通である。

アルコールは多くのがんと強く関連する

西オーストラリアがん評議会教育研究部長Terry Slevin

アルコール業界が飲酒とがんの関連についての根拠が確立され増えていくことを理解していてそれに社会がどう反応するのかを心配していることに疑いはない。西オーストラリアで2010/11年に行われた飲酒と乳がんの関連についての教育キャンペーンでは、飲む量を減らすつもりの女性が大きく増えた。つまり売り上げが落ちるので、企業はいつでも消費量が減る圧力には抵抗する。

がんは健康問題で人々にとって最大の恐怖と情動的反応を引き起こすままである。知り合いががんと診断されることが増える中高年では特にそうである。アルコール業界は明確ながんとの関連についてはいつでも曖昧にしようと頑張る。そのため多くの人ががんと飲酒の関連を知らない。飲めば飲むほどがんリスクは上がる。これもまた不都合な真実である。

私はこの重要な洞察力のある論文の著者らを祝福する