食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2018-04-03

[]食品中の微量化学汚染物質―Roger Genet氏への3つの質問

Traces of chemical contaminants in food – three questions for Roger Genet

News of 23/02/2018

https://www.anses.fr/en/content/traces-chemical-contaminants-food-%E2%80%93-three-questions-roger-genet

ANSESの長官であるRoger Genet氏は、全てが消費者へのリスクに結びつくわけではないが、果物や野菜における化学汚染物質の問題を重視している。彼は、食品中の残留農薬の存在の監視、様々な年齢集団についての暴露評価、および消費者保護の確保に向けての、ANSESの取り組み方を説明している。

Q: 環境保護団体Générations Futuresが、非有機栽培果物の4分の3および非有機栽培野菜の41%に痕跡量の農薬が含まれていることを明らかにしましたが、この最新調査データに驚かされたか?

A: 食品中に痕跡量の化学汚染物質が含まれていても、それは必ずしも健康へのリスクを生じることを意味してはいない。消費者は、果物や野菜など多くの食品に化学物質の残留物が見つかることがあることを知っている。食べる前にこれらの製品の皮をむいたり洗ったりするよう勧められるのはこのためである!さらに、そうした残留物には上限値、すなわち最大残留基準(MRLs)が設けられている。MRLsは、厳しい規制の枠組みに基づいて定義されており、私達の現在の知見の範囲内で消費者を守るものである。ヒトが摂取する食品か動物用飼料かに関わらず、これらの上限値を超える農作物は市販認可されない。これらのMRLsは、慢性のハザードとリスクの評価を行った上で設定され、設定に当たっては広い安全マージンが含められる。したがって、食材における農薬の痕跡がMRLsより低いかMRLsと同等の場合はもちろん、例外的な事例でMRLsを超過した場合であっても、必ずしも消費者の健康に何等かのリスクが生じることを意味しているわけではない。

Q: 最終的にこれらの汚染物質に消費者がどの程度暴露されているのか、我々は本当に把握しているのか?

A: 定期的に行っている調査のおかげで、私達は大変正確なデータを手にしている ANSESは、トータルダイエットスタディ(TDS)を実施し、消費される(皮をむいて調理した)食品に存在する化学物質への消費者の暴露を監視している。最も最近に公表されたのは、2011年と2016年の調査(TDS2およびiTDS)で、成人の食事と3歳以下の子供の食事がそれぞれ検討され、食品に関する健康リスクが良く管理されていることが示されている。これらの2件の調査の枠組みにおいて定量・分析された、それぞれ452種類と670種類のの化学汚染物質の内、参照値を超えていたのは、鉛、カドミウム、無機ヒ素、PCBs、アクリルアミドなどの12種類足らずの物質であり、その結果、リスクが高い特定の年齢集団における暴露を減らす努力が求められていることが判明した。ANSESは2019年に、これらのデータを再び更新する予定である。

また、近年の規制強化が著しい進展につながっていると考えられる。欧州レベルで実施されている最新の管理の評価では、2015年にEUで集められた食品試料の97%以上が認可基準以内であり、53%強では定量可能な残留物は検出されなかったことが示されている。だが、より多くのことを実施すべきであり、我々は、我々の活動と専門知識を通じて、できるだけ環境汚染を低減し、汚染が健康へ及ぼす影響を減らすのを支援している。

食品に関する国家協議会において明示されたように、これには農薬の使用を減らす手段の探求、農薬代替品の開発、生態的防除方法などの代替策の実現も含まれている。特定の年齢集団の暴露を減らすための手段もとる(あるいは強化する)必要があり、そのためには特に環境への排出を管理する政策の適用やできるだけ低い規制値を設定することが求められる。

Q: 化学物質に暴露されるリスクを低減しながらバランスの取れた食事をとれるようにするためにどのような助言があるか?

A: 消費者は、推奨限度を超えてしまう主要なリスクは、多くの場合、一定の食品や食品群を大量に摂取するといった、特定の行動様式に関連していることを知っておくべきである。ANSESは、バランスの取れた健康的な食事とは、様々な供給源からいろいろな食品を摂取する多様な食生活を意味するということを定期的に告知している。豆類、全粒粉の穀物製品、野菜、果物、特定の植物油をもっと摂取することも推奨している。他方、ANSESは、家禽を除く肉や、特に総菜販売店の肉、また甘味飲料の摂取を制限する必要性を強く主張している。

特に子供たちには、国家健康栄養プログラム(PNNS)の助言に従い、生後6ヵ月までは食事に多様化を導入しないことが必要であることを強調する。これは、食事の多様化が、特別な懸念があるとはみなされていなくても、特定の汚染物質への暴露につながる場合があるからで、このような汚染物質への暴露は、乳児用粉ミルクの摂取によるものよりも、多様化の場合の方が高くなる可能性があるからである。

[]RASFF 2018年第13週

警報通知(Alert Notifications)

イタリア産プラスチック製使い捨て皿からの高濃度の総溶出量(350.4 mg/dm²)、中国産ギリシャ経由プラスチック製フォークからの高濃度の総溶出量(24.26 mg/dm²)、米国産スイスで包装された食品サプリメントでビタミンB6高含有(6900 mg/kg)、ドイツ産小麦粉に未承認物質ジクロルボス(0.13 mg/kg)、オランダ産食品サプリメントでビタミンA高含有(1105 µg/item)、ポーランド産チルド燻製豚の膝肉のベンゾ[a]ピレン(6.3 µg/kg)および多環芳香族炭化水素(37.4 µg/kg)、ナミビア産原料のポルトガル産冷凍メカジキ切り身に水銀(2.5 mg/kg)、レバノン産挽いたナツメグアフラトキシン(B1 = 62; Tot. = 68 µg/kg)およびオクラトキシンA (230 µg/kg)、タイ産スウェーデン経由酢漬けレンコン細根で亜硫酸塩非表示(33; 35 mg/kg)、タイ産スウェーデン経由缶入りココナッツクリームで亜硫酸塩未承認および非表示(18.2 mg/kg)、ハンガリー産飼料用ヒマワリの種にブタクサの種高含有(264 mg/kg)、インド産生食用ブドウに未承認物質モノクロトホス(0.14 mg/kg)、

注意喚起情報(information for attention)

フィリピン産ピーナツバターにアフラトキシン(B1 = 13.8; Tot. = 16.8 µg/kg)、

フォローアップ用情報(information for follow-up)

英国産食品サプリメントに未承認新規食品成分アグマチン硫酸及びベタイン硝酸、英国産冷凍ノルウェーロブスターで亜硫酸塩高含有(327 mg/kg)、

通関拒否通知(Border Rejections)

エジプト産ピーナッツにアフラトキシン(B1 = 29.13; Tot. = 30.88 µg/kg)、アルゼンチン産冷凍イカにカドミウム(2.1 mg/kg;2.4 mg/kg;1.7 mg/kg ;2.8 mg/kg)、トルコ産ペッパーにピリミホス-メチル(2.65 mg/kg)、トルコ産生鮮ペッパーにテブコナゾール(1.356 mg/kg)、トルコ産ペッパーにクロルピリホス(0.094 mg/kg)、米国産ピスタチオにアフラトキシン(B1 = 62.4; Tot. = 65.7 µg/kg)、中国産台所用品からの揮発性有機成分の溶出(1.3 %)、アゼルバイジャン産ジョージア経由ヘーゼルナッツにアフラトキシン(B1 = 11; Tot. = 61.1 µg/kg)、中国産茶に未承認物質トルフェンピラド(0.69 mg/kg)およびアントラキノン(0.025 mg/kg)、中国産ステンレススチール製バーベキューセットからのクロム(2.4; 10.2 mg/kg)とマンガン(0.4 mg/kg)の溶出および高濃度の総溶出量(41; 72 mg/dm²)、ガンビア産ピーナッツ穀粒にアフラトキシン(B1 = 68; Tot. = 76 µg/kg)、中国産メラミンボウルからのホルムアルデヒドの溶出(309.9 mg/kg)、ペルー産缶入りグリーンアスパラガスにカドミウム(0.192 mg/kg)、中国産ピーナッツ穀粒にアフラトキシン(B1 = 132 µg/kg)、トルコ産煎って砕いたヘーゼルナッツにアフラトキシン(B1 = 60.09; Tot. = 71.48 µg/kg)、スリランカ産茶に未承認物質トルフェンピラド(0.040 mg/kg)、その他アフラトキシン等多数

[]連邦裁判所判事、無認可の新規医薬品および不正商標表示の医薬品を販売していたフロリダ州の企業に同意判決を下すことを承認

未公表の医薬品成分を含む製品をダイエタリーサプリメントとして販売

Federal judge approves consent decree with Florida company that sold unapproved new drugs and misbranded drugs

Products marketed as dietary supplements contained undisclosed active pharmaceutical ingredients

March 28, 2018

https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm602929.htm

フロリダ州に所在するMyNicNaxs, LLC of Deltona社に同意判決が下され、終局的差止命令が発せられることとなった。

命令はフロリダ中部地区連邦地方裁判所より、MyNicNaxs社、同社所有者のChevonne Torres氏および役員のMichael Banner氏に対して発せられる。

同意判決によると、FDAの検査の結果、MyNicNaxs社の製品の中には、以下のような医薬品有効成分を未申告で含有するものが見つかっている。

シルデナフィル: 性機能増強剤のバイアグラに含まれる医薬品有効成分

シブトラミン: いわゆる「痩せ薬」であるメリディアに含まれる医薬品有効成分。メリディアは市販認可の後、臨床データーにより心臓発作や脳卒中のリスクを増高することが示されたため、認可取り消しとなっている医薬品である。

フェノールフタレイン: 諸試験により発がん性が示唆され、FDAが「全体として安全性や有効性が認められない」と判断した成分である。

また、同社の製品には、疾患の治療、軽減、緩和および予防を意図しており、FD&C Actに基づくと医薬品に該当するものがあると指摘されている。

さらに、それらの医薬品は、特定の医薬品有効成分を申告しておらず、適切な使用法が表示されておらず、またラベル表記に従って使用すると健康危害の可能性があるなど、不正商標表示が指摘されている。

MyNicNaxs社は、これらの製品を、ダイエタリーサプリメントとして、ウェブサイトを通じて消費者に直接販売していた。

終局的差止命令は、すべての未承認新規薬物および不正商標表示薬物について、被告人が直接的あるいは間接的に流通するのを止めるよう要求している。

MyNicNaxs社は、同意判決の内容やFD&C Actおよびその規則をが遵守するようになっていること、および操業を再開しても良い状態になっていることをFDAから認められ、その告知文書をFDAから受け取るまで、どのような薬物およびダイエタリーサプリメントについても、受領したり製造したり所持したり流通させたりすることを禁じられる。

FDAは2015年に、MyNicNaxs社が未承認新規薬物および不正商標表示薬物の販売を続けたとして、警告文書*を発行している。

告訴はFDAに代わって米国司法省が実施していた。

*: https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/2015/ucm436724.htm

  • 連邦裁判所判事、ニューヨーク州のダイエタリーサプリメント製造会社Riddhi USAに同意判決を下すことを承認

Federal judge approves consent decree with New York dietary supplement manufacturer Riddhi USA

March 29, 2018

https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm603111.htm

ニューヨーク州に所在するRiddhi USA, Inc社に対し、不良化され不正商標表示されたダイエタリーサプリメントを販売していたことについて、同意判決が下され、終局的差止命令が発せられることとなった。

命令は、ニューヨーク州東部地区連邦地方裁判所より、Riddhi USA社、および同社社長で所有者のMohd M. Alam氏に対して発せられる。

同意判決によると、Riddhi USA社は、適正製造基準(cGMP)に違反して製品を調製、包装、ないしは保管していたことが指摘されている。違反内容は、最終製品であるダイエタリーサプリメントについて、特性、純度、効力ならびに組成に係る規格が確立されていないこと、不適切な製造記録原簿およびバッチ生産記録、品質管理手続きの欠落、および製品への苦情を調査する手続きの欠落などである。

また、製品ラベルには、食品成分やアレルゲンの申告、および製造者の事業所所在地に関する記載が正しく行われていなかった。

Riddhi USA社は、卸会社に栄養補助食品を販売する製造業者で、自社商標で市販や広告は行っていない。

FDAは2016年に、Riddhi USAに対し、施設検査でCGMP違反を確認したことにより、また製品ラベルにすべての成分を申告していなかったことにより、警告文書*を発行している。 Riddhi USA社は現在、いずれの栄養補助食品も製造していない。

製造再開のためには、同社が専門家を雇用してすべての医薬品適正製造基準を満たすようにし、検査を受けたのち、FDAから操業再開の許可を受ける必要がある。

*: https://www.fda.gov/ICECI/EnforcementActions/WarningLetters/2016/ucm498992.htm

[]FDA長官、国家食糧政策会議において栄養に関する演説を行う

FDA Commissioner Scott Gottlieb Delivers Nutrition Speech at National Food Policy Conference

March 29, 2018

https://www.fda.gov/Food/NewsEvents/ConstituentUpdates/ucm603090.htm

FDA長官Scott Gottlieb氏は、ワシントンDCで開かれた国家食糧政策会議において演説し、FDA栄養改革戦略(Nutrition Innovation Strategy)の立ち上げを宣言した。この戦略は、改善された栄養を介して国民の健康を促進し、消費者が求めるより健康的な製品が開発されるように業界の革新を振興し、消費者がそうした製品を確認できるように支援するものである。

長官の演説は、「慢性疾患の苦しみを減らす」という題名で行われ、業界の主導的考えを、より健康的な食品という消費者の需要に適合する製品の導入へと向けるために、FDAがどのような探求を行っているかが説明された。FDAは、国民の健康を向上に役立ち、改革を進めるのに適していると考えられるいくつかの分野を特定したところである。すなわち、ラベル上の文言、食品中の成分についての情報、および食品識別規格である。この戦略の具体化に伴って、FDAは意見募集の機会を提供する予定である。

◇さらに詳しく

FDA長官の演説

https://www.fda.gov/NewsEvents/Speeches/ucm603057.htm

FDA栄養改革戦略

https://www.fda.gov/Food/LabelingNutrition/ucm602651.htm

(別項で内容紹介)

  • FDA栄養改革戦略

FDA Nutrition Innovation Strategy

March 29, 2018

https://www.fda.gov/Food/LabelingNutrition/ucm602651.htm

今日、米国では、心臓病やがんなどの慢性疾患が死因や身体障害の主因となっている。米国に居住する成人の3分の1近くは、心臓病や脳卒中の主因である高血圧を患っている。米国の成人の約4割が肥満であり、過体重の人も加えると、その割合は実に70%となる。子供や青年でも、5人に1人が肥満である。こうした数値に関与しているのは、不健全な栄養状態であり、これらの慢性疾患は予防できるものである。

FDAは、栄養を改善して慢性疾患の苦しみを減らす新しい方策の創出に取り組んでいる。 FDAは、FDAのツールや機関の活用により、消費者への情報提供が強められ、消費者が必要とするより健康的な食品に向けて業界の革新が促進されることを望んでいる。食事や栄養の改善により、健康への効果、健康格差を減らす効果を得る大きなチャンスがもたらされる。この効果は甚大であり、世代に跨ってもたらされる。

2018年3月29日、FDA長官Scott Gottlieb氏は、FDA栄養改革戦略の立ち上げを宣言した。この戦略は、不健全な栄養に関連して生じる予防可能な死亡や疾患を低減するためにどうすれば良いかを新しい見方から探索するものである。

この戦略は、まだ開発の初期段階である。この戦略の一環として現在計画されている主要な活動を以下に示した。また、FDAは、食品・飲料市場の進化の流れの中で国民の健康を向上させる最良の方法に関する情報の取得およびさらなる探索のために、利害関係者と広く関わり合いを持つことを計画している。この利害関係者との関わり合いの一環として、2018年の夏に意見交換会が行われる予定である。このウェブページは、戦略の開発に進展があった場合は、それを反映すべく更新される。

◇主要な活動

・ラベルなどに謳われる文言の改良

健康強調表示の見直しなど。

・成分表示方法の改良

含有量の少ない成分にも言及し、読みやすく分かり易い「クリーンラベル」が求められている。成分名も簡素な名称を用いる。

・食品識別規格の改良

市場動向および最新の栄養科学の観点から既存の規格を再検討することが重要。製品の基本的な性質と栄養的な完全性を損なうことなく、業界がより健康的な食品を製造するための革新を促すことが目標。製品の名称付けや記述に関する規則も関係する。この分野については情報提供を呼び掛ける予定である。

・栄養表示基準およびメニュー表示規制の実施

栄養表示基準は、20年以上にわたる最初の見直しの最終段階にある。

メニュー表示規制は、2018年5月7日から実効化される。

・塩分の削減

2019年に最新版の短期の自主的減塩目標を発表すると同時に、長期削減活動としての啓もうを続ける。

◇他の情報源

・FDA長官の演説「慢性疾患の苦しみを低減する」

https://www.fda.gov/NewsEvents/Speeches/ucm603057.htm

・FDA長官、国家食糧政策会議において栄養に関する演説を行う

https://www.fda.gov/Food/NewsEvents/ConstituentUpdates/ucm603090.htm

・健康改革、より健全な家族: FDAの2018年版戦略的政策ロードマップ

https://www.fda.gov/downloads/AboutFDA/ReportsManualsForms/Reports/UCM592001.pdf

[]政府は英国の象牙販売禁止を確認

Government confirms UK ban on ivory sales

3 April 2018

https://www.gov.uk/government/news/government-confirms-uk-ban-on-ivory-sales

政府は英国での象牙販売禁止案への意見募集の結果を発表し、厳しい対策をとることを確認。全ての年代の象牙製品をカバーするだろう。意見募集には7万以上の反応があり88%以上が禁止を支持した。

[]HSAは海外でみつかった異物混入健康製品を更新

HSA Updates on Adulterated Health Products Found Overseas (Nov-Dec 2017)

28 MARCH 2018

http://www.hsa.gov.sg/content/hsa/en/News_Events/HSA_Updates/2018/foreignalertsnovdec2017.html

PDFに製品の写真と海外機関のリストを掲載

FDAやTGAが多いが台湾産製品も多い

[]3月20日の会合

COT Meeting: 20 March 2018

https://cot.food.gov.uk/cot-meetings/cotmeets-0/cot-meeting-20-march-2018

ペーパーがアップされている

エネルギードリンクの16才未満への禁止に関するプレゼン(Jamie Oliver)や資料

合成カンナビノイド

IDPH

Synthetic Cannabinoids

April 2, 2018,

http://www.dph.illinois.gov/topics-services/prevention-wellness/medical-cannabis/synthetic-cannabinoids

死者二人を含む56症例に増加

  • イリノイで合成大麻で二人死亡、数十人が入院、シカゴで3人逮捕

Synthetic pot leaves 2 dead, dozens hospitalized in Illinois; 3 arrested in Chicago

April 2, 2018,

http://www.chicagotribune.com/news/ct-met-update-synthetic-outbreak-investigation-20180402-story.html

West Sideコンビニエンスストアで殺鼠剤brodifacoum入り合成大麻が大量に販売されているのを発見してそのオーナーと二人の従業員を逮捕

(何故そんなものを入れるのか?)

[]論文

  • 我々のエビ好きは気候変動にとって悪いニュース

Scienceニュース

Our growing taste for shrimp is bad news for climate change

By Erik StokstadApr. 2, 2018 ,

http://www.sciencemag.org/news/2018/04/our-growing-taste-shrimp-bad-news-climate-change

Nature Climate Change。ロブスターやエビの漁獲が過去最高。

  • 女性の赤肉食と遠位結腸がんの関連

Links between eating red meat and distal colon cancer in women

2-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/uol-lbe032918.php

英国に住む女性の、赤肉を定期的に食べる人の遠位結腸がん発症率が肉を食べない人より高い。International Journal for Cancer

  • 合法大麻使用とオピオイド処方の関係を研究が検討する

Studies examine relationship between legal cannabis use, opioid prescriptions

2-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/jn-ser032918.php

JAMA Internal Medicineに発表された二つの研究

オピオイド流行下では害を減らす可能性

  • タンパク質をより多く食べることは高齢男性に利益とならないかもしれない

Eating more protein may not benefit older men

2-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/bawh-emp040218.php

IOMの推奨タンパク質摂取量は年齢性別関わりなく0.8-g/kg/dayであるが多くの専門家は高齢者は筋肉維持のためにそれより多くを摂るよう薦めている。Brigham and Women's病院の研究者らが高齢男性のタンパク質摂取のRCTを行い、タンパク質を多く摂っても筋量や筋肉のパフォーマンス、身体機能を強化しないことをJAMA Internal Medicineに発表した

  • 遺伝子をコードしていないDNAでもがんを誘発する

Even DNA that doesn't encode genes can drive cancer

2-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/uoc--edt040218.php

Nature Genetics。ヒトゲノムの98%はタンパク質の設計図である遺伝子をコードしていないDNAからなる。がんに関連する遺伝的変異の多くがこれら非コード領域でおこるが、がんの発生や増殖に影響するかどうかはわからない。今回カリフォルニア大学サンジエゴ医学校とMooresがんセンターの研究者らががんに機能的役割を果たす非コード領域DNAの約200の変異を同定した

(タンパク質はコードしていないが機能はある部分)

その他

  • Pus(膿?)についてのホメオパシー論文が、「ニセ医者」の著者が逮捕されて取り下げ

Homeopathy Paper on Pus Retracted After Alleged 'Fake Doctor' Authors Got Arrested

PETER DOCKRILL 14 MAR 2018

https://www.sciencealert.com/homeopathy-paper-blister-pus-retracted-alleged-fake-doctor-authors-arrested-chatterjees-psorinum

もし疑似科学論文がフェイクであることがわかったら、それはニセ−疑似科学なのか?

インドのホメオパシー論文の著者である父と子のチームが「ニセ医者」として逮捕された。そしてその論文が議論の多い代替医療雑誌(EBCAM ,

http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20180319#p14)から取り下げられた。

  • ロンドンではNHSのホメオパシーは終わり

BBC

NHS homeopathy ending in London

13 March 2018

http://www.bbc.com/news/health-43373817

ホメオパシーの主要センターThe Royal London Hospital for Integrated Medicine(統合医療王立ロンドン病院、もとの名称王立ロンドンホメオパシー病院)はNHSのお金をつかうことが4月からはできない

(でも「統合医療」はやるんだ。)

  • FIX PROP65

https://www.fixprop65.com/

農業団体の作った、カリフォルニアのProp 65に関連するグリホサート裁判についての情報提供ページ。

(コーヒーにがんの警告をするのがおかしいと思ったら、グリホサートはさらに濡れ衣なのでこっちも。アクリルアミドは遺伝毒性発がん性の可能性が高いがグリホサートはそうではない。「知る権利」を掲げて偏った情報で恐怖を扇動する活動家に騙されてはいけない。知るべきことはもっと多い。)

  • 学校や親達はJuul電子タバコ流行と戦っている

Schools and Parents Fight a Juul E-Cigarette Epidemic

By Anne Marie Chaker

Updated April 2, 2018

https://www.wsj.com/articles/schools-parents-fight-a-juul-e-cigarette-epidemic-1522677246

高校生や中学生に違法Juul使用が拡大していて、先生や親たちがこの大量のニコチンを供給する器具に苦闘している

(Juulはフラッシュメモリのような見た目の装置で実際にパソコンのUSBポートにさして充電する)