食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2018-04-17

[]査察報告

EU輸出向け落花生のアフラトキシン汚染: 中国

EU輸出向け落花生のアフラトキシン汚染を抑制するために運用されている管理システムの評価

Aflatoxin contamination in peanuts intended for export to the European Union

ASSESS THE CONTROL SYSTEM IN PLACE TO CONTROL AFLATOXIN CONTAMINATION IN PEANUTS INTENDED FOR EXPORT TO THE EUROPEAN UNION

13/04/2018

http://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_id=3950

この報告書は、欧州委員会 保健・食品安全総局(DG Sante)が中国で2017年6月13〜23日にかけて実施した査察の結果を示すものである。

この査察は、中国から輸入された落花生におけるアフラトキシン汚染に関連して、欧州の食品及び飼料に関する迅速警報システム(RASFF)の通知が相当数発行されたために実施された。今回の査察の目的は、EUへの輸出向け落花生におけるアフラトキシン汚染を抑制するために運用されている公的な管理システムが、欧州議会および欧州理事会の規則(EC) No 852/2004 第10条を遵守・適合しているかどうか、および同システムにより、対象とする農産物が欧州委員会規則(EC) No 1881/2006で定める汚染限度の規定を満たしていることが保証されるかどうかを評価することである。中国は、輸出用ピーナッツが(EC) No 1881/2006で定められた汚染限度を最低限遵守していることの保証に特化した公的管理システムを有している。

前回の2011年の査察以降、農業生産工程管理の推進、自主検査の実施、適正な保管の実践および危害分析重要管理点方式(HACCP)の実施に関し、製造加工業者レベルでの改善が図られている。

しかし、適正衛生規範やアフラトキシン汚染防止に関する公的管理は、落花生供給網で活動する全ての分野の事業者に適用されている状態ではない。特に、加工前の段階の管理が抜け落ちており、EUへの発送・輸送状態の管理も同様である。

検体の採取法および分析法は欧州の規定に準じているが、その実施においていくつかの欠点が見受けられた。このため、アフラトキシン汚染を防止し検出したり、適時に不正を見つけ出すことができない恐れが生じている。

この報告書には、明らかになった問題点を是正し、管理手段の実現を推し進めるための、中国の管轄機関に向けた助言が含まれている。

[]ANSES、500件を超える参照値のデータベース構築に着手

ANSES launches a database of more than 500 toxicity reference values

06/04/2018

https://www.anses.fr/en/content/anses-launches-database-more-500-toxicity-reference-values

2004年以降、ANSESは、毒性参照値(toxicity reference values: TRVs)に関する国家計画に取り組んでいる。TRVsは、科学的根拠に基づいて、化学物質への暴露で生じるヒトの健康上のリスクを定性的あるいは定量的に把握するために用いられる生物学的指標である。TRVsは、企業、公的な専門評価機関、およびリスク管理管轄機関などにおいて、リスクの統制に携わる人たちにとって有用である。ANSESは2018年4月6日付で、500件を超えるTRVsのデータベースを公開した。それらには、ANSES自身が設定したもの(40種類近くの化学物質について約60件)や、他の機関が自身の専門評価実務で使用するために設定したものが含まれている。

*ANSESがTRVsを設定した40種類の化学物質

https://www.anses.fr/en/content/list-toxicity-reference-values-trvs-established-anses

*データベースに収載された全てのTRVsを検索するためのポータルサイト(フランス国立産業環境・リスク研究所: INERISのウェブサイト, フランス語)

https://substances.ineris.fr/fr/

[]ANSES、特定の集団に属する人はメラトニンを含むフードサプリメントを摂取しないように呼び掛け

ANSES recommends that certain populations avoid the consumption of food supplements containing melatonin

11/04/2018

https://www.anses.fr/en/content/anses-recommends-certain-populations-avoid-consumption-food-supplements-containing-melatonin

フードサプリメントからメラトニンを摂取しない方が良い人、あるいは医師から助言を求めた方が良い人は、妊婦、授乳中の女性、子供、若年者、炎症性疾患または自己免疫疾患がある人、てんかんまたは喘息のある人、気分障害、行動障害あるいは人格障害のある人、および医学的治療を受けている全ての人である。眠気が安全上の問題を生じることがあるため、意識の集中を持続して活動することが求められる人も、メラトニンの摂取を避けるべきである。

メラトニンは、睡眠を促進するという体内時計への影響を示すほかに、気分や免疫系の調子を整え、体温や腸管の運動を制御する性質があり、さらに、血管を拡張・収縮させたり炎症反応を促進する作用を有する。そのため、特定の条件下や他の化学物質との相互作用が生じた場合には、これらの生理学的作用は有害影響を生じる可能性がある。

有害影響の事例が9件、ANSESの栄養管理事業組織に報告されている。様々な影響が報告されており、一般症状としては頭痛、めまい、眠気、悪夢、いらいらなど、神経学的症状としては振戦や片頭痛が、消化器系の障害としては、悪心、嘔吐、腹痛などが含まれている。各事例の分析結果は、事例を報告してきた団体やメラトニンを含む製品の製造業者に伝達されている。

これらの事例の後向き分析の結果を受けて、ANSESはこれらのフードサプリメントの摂取で生じるリスクの評価を始めるに至った。

ANSESは、上述した集団に属する人にメラトニンを含有するサプリメントを摂取しないように助言するとともに、より一般的なこととして、フードサプリメントを摂取する前に医学的アドバイスを求め、また現在摂取しているフードサプリメントについて医師に知らせるように助言する。

フランスでは、1日2 mg未満のメラトニンを与えるフードサプリメントの市販が認められている。市販のフードサプリメントに含まれるメラトニンの状態にばらつきがあり、メラトニンの1日の許容摂取量が2 mgであることを支持する十分なデータがないことなどを考慮すると、ANSESは、フードサプリメントの形で医薬品製品と同等の推奨用量でメラトニンが市販されていることに疑問を抱かざるを得ない。欧州レベルで調和のとれた規制の枠組みが確立され、2 mg未満という用量について実施された安全性試験に基づいた評価が実施される必要があると考えられる。

[]FDA、危険なほど高濃度の非常に濃厚または純粋なカフェインを含むダイエタリーサプリメントから消費者を保護する方向へ

FDA takes step to protect consumers against dietary supplements containing dangerously high levels of extremely concentrated or pure caffeine

April 13, 2018

https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm604485.htm

FDAは、2018年4月13日より、高濃度のもしくは純粋なカフェインを含む製品による危険から消費者を保護するための対策に着手する。これらの製品は、過剰で危険と考えられる誤った用量で用いられるリスクがある。こうした製品は、大容量包装で売られている場合も多いが、摂取しなければ健康だった人の死亡例の少なくとも2件に関連している。

FDAは、新しいガイダンス(下記ウェブサイト)を発表し、その中で、純粋もしくは高濃度のカフェインを粉末または液体の形で含有するダイエタリーサプリメントは、大容量包装のまま直接消費者に販売された場合、違法とみなされることを明確に示した。国民の健康上の懸念が大きく、このガイダンスが即座に効力を発揮する必要があるため、FDAは、違法な製品の市場からの排除開始を直ちに進める施策を準備した。

FDA長官は、以下のように述べている。「過去に何回も活動を行ったが、1包装あたり何千食分も含んだ大容量のダイエタリーサプリメントが消費者に直接販売されている。こうした製品は時として危険な使われ方をされる。例えば、10代の若者は、活力向上の感覚を求めて、危険なほどの量の超高濃度カフェインを混ぜて、トレーニング用カクテルとして飲んでしまう例がある。超高濃度の形でしかも大容量包装で販売されているため、その量はいとも簡単に考えている以上の大量となる場合がある。このような販売の仕方は違法であることを業界に対して明確にし、市場から危険な大容量包装製品を除去していく。」

高濃度液体カフェインは、2分の1カップで約2,000 mgのカフェインを含んでいる場合があり、純粋な粉末カフェインでは、ティースプーン1敗で約3,200 mgのカフェインが含まれている場合がある。これらの量は、コーヒー20杯ないしは28杯に相当し、カフェインが毒性を示し得る用量に匹敵する。実際、純粋な粉末カフェインの製品の中には、大さじ2杯未満でほとんどの成人に死をもたらすものもあり、はるかに少量でも子供の命を脅かしかねない。高濃度カフェインが大容量包装で売られていたり、消費者に非常に少量の推奨要領を正確に測り取ることを求めるように売られている場合、濫用や誤用のリスクが高まる。製品に注意書きが付されているかどうかにかかわらず、そうした製品は、消費者に病気を引き起こしたり身体的損害を与えたりするリスクを著しくかつ不合理に引き起こす。

高濃度もしくは純粋なカフェイン製品の推奨される安全な1回分用量は、カフェインとして200 mgとされている場合が多い。この量は、純粋粉末の場合、ティースプーン16分の1杯であり、液体ではティースプーン約2.5杯である。1回分用量がこんなに少ないにも関わらず、粉末カフェインは大袋で売られており、液体商品は、1ガロン以上(4 L以上)入りの瓶で通販されている。消費者が正確にこのような少量を測り取れないことも多い。もし消費者がそうできるとしても、単純でよくある間違いが1回分のカフェインの量を増加させてしまう。例えば、粉末がぎっしりと包装されていたり、「すり切り一杯」のはずを「山盛り一杯」にしてしまうことが起こり得、有害影響という結果がもたらされる。液体のカフェイン製品の場合も同様の間違いが起こり得る。缶入りカフェイン炭酸飲料中には約35 mgのカフェインが含まれているが、高濃度液体カフェインの場合はその分量だとティースプーン半分にも満たない。

さらに、これらの製品は他の安全な家庭用製品とよく似ている場合も多く、偶発的で危険な摂取が起こりかねない透明な液状の高濃度カフェインは、水や蒸留酢と紛らわしいし、純粋な粉末カフェインは、小麦粉や粉砂糖と混同しやすい。こうした混同により、毒性影響を被ったり死亡したりすることさえ起こりうる。

適切に調製され販売されていれば、カフェインはダイエタリーサプリメントの成分であり得る。例えば、今回のガイダンスでは、カフェインを含有する特定の形態のダイエタリーサプリメントについて、どうすれば安全性のリスクを生じないようにすることができるかが説明されている。そうした方策には、あらかじめ適量に小分けした包装で販売する、錠剤やカプセルなどの固形剤として販売する、高濃度にならないように調製して販売するなどが含まれている。

なお、今回のガイダンスは、処方薬、店頭販売薬、伝統的にカフェインを含む飲料などの従来からある食品については対象外である。

2015年から2016年にかけて、FDAは、純粋な粉末カフェインを販売していた7業者に警告文書を送っている。それらのいくつかには、製品が危険であり、消費者に病気を引き起こしたり身体的損害を与えたりするリスクを著しくかつ不合理に生じることが書かれている。その後も、FDAは、同様の製品が通信販売される例が増加するのを目の当たりにしてきた。FDAは、どのような形状であれ、危険とみなされる量のカフェインを含むダイエタリーサプリメント製品は、全て入念に調査する意向であり、製品が消費者を危険にさらす際には、対処の行動を取り続けていく。

*カフェインを高濃度で含有するダイエタリーサプリメントに関する業界向けガイダンス

https://www.fda.gov/Food/GuidanceRegulation/GuidanceDocumentsRegulatoryInformation/ucm604318.htm(見出し)

https://www.fda.gov/downloads/Food/GuidanceRegulation/GuidanceDocumentsRegulatoryInformation/UCM604319.pdf(本文)

[]論文

  • 薬物過剰使用は臓器移植の増加に関連

Drug overdoses tied to 24-fold rise in organ transplants

https://edition.cnn.com/2018/04/16/health/drug-overdoses-organ-transplants-study/index.html

米国における薬物過剰使用の流行と死体臓器移植:全国登録研究

The Drug Overdose Epidemic and Deceased-Donor Transplantation in the United States: A National Registry Study

17 April 2018

http://annals.org/aim/article-abstract/2678899/drug-overdose-epidemic-deceased-donor-transplantation-united-states-national-registry

2000年1月から2017年9月までの297の移植センターの138565人の死んだドナーと337934人のレシピエントのデータを解析

薬物過剰使用で死亡したドナーは合計7313人、2000年は全体ドナーの1.1%だったのに2017年は13.4%になった。レシピエントの生存に特に問題はない(もっと利用すべきと)

  • 1日に最大3杯のコーヒーは安全で保護的であるかもしれない

Drinking up to 3 cups of coffee per day may be safe, protective

16-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/acoc-dut041218.php

多くの医師は心房性あるいは心室性不整脈患者にカフェイン入り飲料を避けるように助言するが、JACC: Clinical Electrophysiologyに発表されたレビューによるとコーヒーやお茶は安全で不整脈の頻度を下げるかもしれない。

不整脈患者にとって300mg/dのカフェインは安全である可能性があるが、カフェインの影響については個人差があり、患者の最大25%はコーヒーが心房細動の引き金になると報告する。従って明確に関連する患者は飲まない方が良い。

(この、一部過敏な人がいる場合に、あるものは全面禁止を要求されあるものは許容される、という社会現象を社会学のほうできっちり記述して欲しいんだけど。科学だけでは決められない、と言って恣意的に「社会要因」を使うのはダメだと思う)

  • イングランドのグルテンフリー食品処方には膨大な多様性

Huge variation in prescribing practice for gluten-free foods in England

16-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/b-hvi041318.php

最も貧しい地域は最も処方されていない

BMJ Openに発表された研究によるとイングランドのグルテンフリー食品の処方はばらばらで、明確な医学的要因によって処方されているわけではないようだ。

グルテンフリー食はセリアック病の唯一の有効な治療法であるが、処方のコストとスーパーで簡単に入手できるようになったことから処方から除外する要請があった。しかしパブコメ募集の結果、完全廃止ではなく一部残すことになった。

グルテンフリー食処方の要因を探るため、1998-2017年の、1000人以上の患者をみている7627人の医者の処方状況を調べた。その結果1998-2010年の間は処方は一貫して増加し、近年低下傾向であった。処方パターンは大きく違っていた。そしてこの多様性には正当な(医学的)理由はなさそうだ。

  • 意見表明:睡眠時無呼吸治療に医療用大麻を使わないように

Position statement: Avoid using medical marijuana to treat sleep apnea

16-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/aaos-psa041318.php

Journal of Clinical Sleep Medicineに発表された米国睡眠医学会からの声明

2017年11月にミネソタ州保健省が州の医療用大麻計画使用可能疾患に閉塞性睡眠時無呼吸を加えたため。安全性有効性に関する根拠は十分ではなく投与法も信頼できない

(大麻推進派は根拠軽視だから)

  • 化学探索で環境中にあまりよく知られていない難燃剤が検出された

Chemical sleuthing leads to detection of little-known flame retardant in the environment

16-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/iu-csl041318.php

より初期の難燃剤が環境や健康への懸念により禁止された後に代用品として導入されたTTBP-TAX (2,4,6-トリス(2,4,6-トリブロモフェノキシ)-1,3,5-トリアジン)が環境から検出された。Environmental Science & Technology

製造業者は安全だというが有毒な可能性がある、と著者。

(何かを禁止したら代わりのものが使われるだろう)

  • 収入ではなく教育が長寿の最良の予測因子

Education, not income, the best predictor of a long life

16-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/iifa-eni041618.php

Population and Development Reviewに発表された応用統計解析国際研究所の研究。

1970-2015年の174ヶ国のデータを用いて寿命の予測因子として収入(GDP)と教育のどちらが重要かを検討した。病気の原因が感染症から慢性疾患に移行すると、生活習慣がますます重要になり教育の影響がさらに明確になる傾向がある。

  • 2型糖尿病で朝食を遅く食べる人はBMIが高い傾向がある

People with Type 2 diabetes who eat breakfast later, more likely to have a higher BMI

16-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/uoia-pwt041618.php

Diabetic Medicine。タイでシフト労働をしていない2型糖尿病の210人をリクルートし、質問票で朝が好きか夜が好きか、起きる時間、寝る時間等を調べた。インタビューによる思い出し法で一日の食事を調べている。自己申告による睡眠時間は1日5.5時間、平均摂取カロリーは1日1103kcal/dでBMIは28.4。朝ご飯を7時から8:30の間に食べる人の方が7:30から9時の間に食べる人よりBMIが0.37低かった。

(タイの名門マヒドン大学の研究費によりイリノイ大学に留学?している著者らの研究。BMI 28超の人の1日の摂取カロリーが1103kcalなはずはなく、太っている人ほど過少申告するとはいえいくら何でも信頼できない、にもかかわらず全く無視して僅かな関連を議論している。アメリカの常識的研究手法がタイにあてはまらない可能性とか考えないのだろうか?途上国が欧米の真似をして砂糖税とか主張するんだけど、自国にとって何が最も大切かちゃんと検討しているのか不安。)

  • 飲料水からヒ素を除去できる苔発見

Moss capable of removing arsenic from drinking water discovered

16-Apr-2018

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-04/su-mco041618.php

スウェーデン北部に育つ水苔Warnstofia fluitansが水のヒ素を吸収する

Environmental Pollutionに発表。

  • マラリア感染は人を蚊にとってさらに魅力的にする「ヒトの臭い」を作る

Scienceニュース

Malaria infection creates a ‘human perfume’ that makes us more attractive to mosquitoes

By Warren CornwallApr. 16, 2018

http://www.sciencemag.org/news/2018/04/malaria-infection-creates-human-perfume-makes-us-more-attractive-mosquitoes

PNAS。先の研究でマラリアを引き起こすPlasmodium寄生虫は動物の臭いに影響してヒトがより多くの蚊を寄せ付けることを示していたが、今回はそれを実験室の外で多数のヒトに拡大した。そして蚊にとってどの化合物が魅力なのか検討した。

その他

Don't Swallow Hydrogen Peroxide

by Berkeley Wellness Published April 16, 2018

http://www.berkeleywellness.com/self-care/over-counter-products/article/dont-swallow-hydrogen-peroxide

過酸化水素を飲まないこと。健康上の利点はなく高濃度だと重大な内臓傷害をおこし死亡することもある。宣伝とは違って、関節炎やがんを治すことはなく、「デトックス」もしない。宣伝業者は高濃度「食品グレード」過酸化水素(通常35%)を希釈して飲めと言う。低濃度では腐食性はないが刺激性はあり嘔吐や膨満感の原因になる。間違って高濃度を飲むとひどい目に遭う。米国中毒管理センターには2015年に7000例以上のそのような中毒が報告されている

  • 鶏肉に警告表示?ニュースから

SMC NZ

Warning labels for chicken? – In the News

April 17th, 2018.

https://www.sciencemediacentre.co.nz/2018/04/17/warning-labels-for-chicken-in-the-news/

オタゴ大学の研究者らが、ニュージーランドが世界でも高いカンピロバクター中毒発症率の国であるため生の鶏肉製品に安全表示を呼びかけている

先週発表されたBMC Public Healthの消費者のカンピロバクターと安全な鶏肉料理についての知識の調査の結果、リスクが高いことを知っていたのはたった15%だった。一方市販の鶏肉の60-70%がカンピロバクター汚染がある。消費者に鶏肉の安全性情報が好ましいかどうか尋ねたところ70%が「必須」と回答した。

報道へのリンク

(日本でもいるかも。生肉には病原菌がいます、植物には毒素が含まれます、とか)

  • 暫定気候変動委員会発表−ニュースから

Interim climate committee announced – In the News

April 17th, 2018.

https://www.sciencemediacentre.co.nz/2018/04/17/interim-climate-committee-announced-in-the-news/

気候変動大臣James Shawが、政府が完全委員会を設立するまでの間作業を始める暫定気候変動委員会のメンバーを発表した。

この委員会が直ちに開始する作業の中には農業をどう排出権取引計画に組み入れるか、等が含まれる(写真は乳牛かな。ニュージーランドにとって重要な産業で温室効果ガス排出量も大きいもの)

  • スペインの過去最大規模の科学請願は研究の「破棄」を非難する

Natureニュース

Spain’s biggest-ever science petition decries ‘abandonment’ of research

13 April 2018

https://www.nature.com/articles/d41586-018-04523-4

研究者らが10年にわたる大幅予算削減に抗議して議会に28万の署名キャンペーンを行う

Natureコメント

How to curb production of chemical weapons

Leiv K. Sydnes

https://www.nature.com/articles/d41586-018-04579-2

Leiv K. Sydnesは化学兵器前駆体を製造・販売している企業はサーベイランスと査察を受け容れるべき、という

先週のシリアの有毒ガス使用や先月の英国でのもとロシアスパイへの神経剤使用、昨年の北朝鮮主導者の兄のマレーシアでのVXガス暴露など、20年間にわたる化学兵器排除の努力が逆転しそうになっている。1992年の化学兵器禁止条約(CWC)は世界から化学兵器を無くそうとした。化学兵器禁止機関(OPCW)は10年以内に全ての備蓄化学兵器を破壊しようとしたがまだできていない。これまでのところ既知の備蓄の96%を破棄した。

新しい考えが必要である。

化合物を禁止するのは不可能なのでOPCWの権限と役割を強化し調査と監視、啓発により安全保証強化を図るべき。

(長い記事)

学生向けリソースで化学物質の多目的利用

Multi-Use Chemicals

http://multiple.kcvs.ca/site/index.html#

  • 世界を変えたい?子ども達にデータを与えよう

Sense about science usa

Want to change the world? Give kids data

Trevor Butterworth

http://senseaboutscienceusa.org/want-to-change-the-world-give-kids-data/

それを彼らの生活に関係させよう−そして可視化のためのツールを与えよう

国際統計リテラシープロジェクト助言委員会の委員長であったJames Nicholsonらが開発した3時間のセッションで、エリートでも数学が得意でもない子ども達が複雑なデータを解釈しはじめる

  • 保健省トップが、4才の子どもに狂犬病の犬の唾液で作ったレメディを使ったことに関してヘルスカナダに問い合わせ

Top health official contacting Health Canada over use of remedy made from rabid dog saliva on 4-year-old

Bethany Lindsay · CBC News · Posted: Apr 16, 2018

http://www.cbc.ca/news/canada/british-columbia/top-health-official-contacting-health-canada-over-use-of-remedy-made-from-rabid-dog-saliva-on-4-year-old-1.4622494

州の保健大臣が、ブログに投稿されたナチュロパスの主張に「深刻な懸念」

ブリティッシュコロンビアのナチュロパスの主張が、州の公衆衛生担当の長Bonnie Henry博士に連邦政府宛の手紙を書かせる

HenryはナチュロパスAnke Zimmermann の投稿を読むまで狂犬病の犬の唾液のようなレメディを知らなかったが、連邦のホメオパシー製品規制については既に懸念を表明していた。

(以下反論含め長い記事。)