食品安全情報blog RSSフィード

検索エンジンからこのサイトに来た方は、日記の検索欄で再度検索するとお望みの情報を得られる可能性が高くなるかもしれません。

このサイトはuneyamaが収集した情報をアップしているサイトです。 このサイトの要約の間違い等はuneyamaの責任です。ご利用の際には原文を確認して下さい。
なお収集している情報は主に食品中化学物質に関するもので、食の安全にとって最も問題である微生物関連情報は扱っておりません。

2018-06-25

[]異性化糖とショ糖(家庭用砂糖)は、健康を損なう可能性に関し、同等に評価することができる

Isoglucose and sucrose (household sugar) can be assessed similarly in terms of the potential to damage health

BfR Communication No 019/2018 of 8 June 2018

http://www.bfr.bund.de/cm/349/isoglucose-and-sucrose-household-sugar-can-be-assessed-similarly-in-terms-of-the-potential-to-damage-health.pdf

イソグルコース類(異性化糖類)は、高果糖液糖類(HFCS)としても知られ、食品業界では清涼飲料、クリーム、ケーキ、菓子、ヨーグルトなどの加工食品に甘味をつける物質として使われている。BfRは、様々な団体から、遊離単糖である果糖の含有率が高いこれらの甘味料が、ショ糖(家庭用砂糖、テンサイ糖、カンショ糖)などの他の甘味料と比べ、特定の健康リスクを生じるかどうかについて質問を受けてきた。

イソグルコース類は、単糖のブドウ糖や果糖を結合していない形で様々な量で含んでいる。これら2種類の糖は単糖として存在しているのである。一方、ショ糖もブドウ糖と果糖を含んでいるが、こちらの場合は正確に1対1で結合した二糖として存在している。現在良く使用されているイソグルコース中には、ブドウ糖と果糖が大体等量存在している。イソグルコース中の果糖の量は、ショ糖と比べて差はそれほど無い。それを考えると、栄養の観点からはイソグルコース類とショ糖の間には全く差は無いか、あるいは有意な差は無く、健康への影響評価は同等のものになると予測することができる。ただし、この予測の前提として、添加糖の摂取量が全体的に有意に増加しないことが条件となる。もし加工食品に添加されているイソグルコースが高い割合で果糖を含んでいる場合には、多量の果糖を摂取することにより代謝への有害影響が生じ得ることに留意しなくてはならない。具体的に言うと、脂質代謝障害、脂肪肝、肥満、2型糖尿病のようなメタボリック症候群の要因になり得るのである。また、果糖不耐症があることも知られている。

食品に添加される糖(果糖を含む)は、常に過剰に摂取していると健康に害があることは科学的に証明されているとみなされており、低減した方が良い。添加糖の一日摂取量は、食品や飲料から摂取する総一日摂取量の10%を超えないようにするべきである。添加糖の摂取はできるだけ少なくした方が良い。一日当たり約2,000キロカロリーのエネルギーを必要とする成人では、食品や飲料から摂取する添加糖を、一日当たりティースプーン6〜12杯を超えないようにすべきである。

[]アクリルアミドとフランについての調査結果発表

Acrylamide and furan survey results published

22 June 2018

https://www.food.gov.uk/news-alerts/news/acrylamide-and-furan-survey-results-published

2017年1月から12月にわたってアクリルアミドやフランの摂取水準を調査したが、ヒトの健康におけるリスクを上昇させているという懸念は認められなかった。消費者に対する助言は今まで通りである。

上述の期間に採取した271製品の試料の分析に基づき、英国で小売されている食品中のアクリルアミドおよびフランの量について、概括的な結果が得られた。271件の試料のうち、269件でアクリルアミドを、120件でフランを分析した。

この調査は、欧州議会が全ての加盟国に食品中のアクリルアミドやフランの量を調べるように助言していることに対応して実施しているプログラムの一環として行われた。

過去の年と同様に、調査結果はEFSAに送られ、照合、傾向分析、およびフランについてはリスク評価が行われる。アクリルアミド量がFSAの調査で適用している指針値を超えていた場合、FSAは関係する地方管轄機関に対し、アクリルアミドの生成を低減するために既にどのような対応を取っているかについて、食品事業者の調査を行い、さらなる対策が可能かどうかを確認するように要請することになる。

指針値は、合理的に達成可能な限り低いレベルを保つために事業者が行っている対策の有効性を検証するための成果指標である。この値は、上限値ではなく、強制目的で使用するものでもない。

アクリルアミドは、多くの食品、特にジャガイモやパンなどのデンプンが豊富な食品を高温で長時間調理する場合、例えば焼く、炒める、直火で焼く、トーストする、ローストするなどの場合に生成する化学物質である。

フランは、食品や飲料などで天然に存在する糖類、多価不飽和脂肪およびアスコルビン酸(ビタミンC)が加熱処理によって分解するときに生成し得る。

◇関連記事

● 英国で小売されている製品中のアクリルアミドとフランの調査

Survey of acrylamide and furan in UK Retail Products

https://www.food.gov.uk/research/research-projects/survey-of-acrylamide-and-furan-in-uk-retail-products

調査の背景、調査方法、食品のグループ分類、結果(上記事と同内容)が記載されている。

● 2017年のアクリルアミドとフランの調査

Acrylamide and Furan 2017

https://www.food.gov.uk/sites/default/files/media/document/Acrylamide%20and%20Furan%20FSIS%202017.pdf

詳細な調査報告書。

● 2017年のアクリルアミドとフランの調査の概要報告書

Acrylamide and Furan Summary report 2017

https://www.food.gov.uk/sites/default/files/media/document/Acrylamide%20and%20Furan%20FSIS%202017.pdf

試料ごとのデータを表示。

[]食品・飲料業界向けの食品グレードの炭酸ガスが最近不足していることについて

Current Shortages of Food Grade Carbon Dioxide for the Food and Beverage Industry

Thursday, 21 June 2018

https://www.fsai.ie/news_centre/food_grade_carbon_dioxide_21012018.html

炭酸ガスがヨーロッパ中で不足しいる。炭酸ガス(CO2)は、飲料への気泡注入や、食品の保存期間を延ばすガス置換包装(MAP)に使用されている。

炭酸ガスは、直接食品に添加されることがないMAPに用いられる場合であっても、食品に含まれる水分に溶け込み、その際に汚染物質を引き込む場合がある。そのため、食品や飲料に使われる炭酸ガスは、「食品グレード」の基準・規格を満たしたものでなくてはならない。

したがって、現在の不足の状況にあっても、食品事業者(FBOs)は、より低グレードの炭酸ガスを用いるべきではない。

MAP目的では、炭酸ガスは、低脂肪で水分の多い食品に使われ、低酸素環境を作って腐敗菌の生育を抑え、食品中の水分に溶け込む性質によって食品中にカルボン酸を生成してpHを下げ、肉などの食品の色味に影響を与える。窒素のような他のガスは、高脂肪で水分の少ない食品に用いられるので炭酸ガスとは用途が異なる。

したがって、FBOsは、MAPにおける炭酸ガスを窒素などの別のガスに短絡的に置き換えてはならない。その前にその食品の保存期間を維持できるかどうか安全性を検証しなくてはならない。

FBOsは、一般食品法に定められた義務を思い起こし、安全な食品だけを市場に提供することが求められている。

[]Lidlはトロパンアルカロイドが存在するためSnack Dayスイートポップコーンをリコール

Lidl Recalls Snack Day Sweet Popcorn due to the Presence of Tropane Alkaloids

Friday, 22 June 2018

https://www.fsai.ie/news_centre/food_alerts/Lidl_popcorn.html

ドイツ産

(シンプルなポップコーンに見えるがどうしてアルカロイド?)

[]査察報告

  • アイルランド―加工動物タンパク質

2018-6334 - National Audit Systems - Portugal PT

22/06/2018

http://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_inspection_ref=2018-6334

2018年2月12日〜20日に実施されたこの査察の目的は、加工動物タンパク質の衛生、トレーサビリティおよび取引に関する要件を事業者が満たしていることを管轄機関が検証・確認する方策について、評価を行うことであった。

公的管理システムの構成や機能性は、リスクに基づいた検査が比較的多数行われていて、サンプルの数も相当数であり、加工動物タンパク質の細菌学的基準順守において特に問題が確認されないことからも明らかなように、加工動物タンパク質が衛生やトレーサビリティに関する要件に沿って製造、移送、取引されていることを保証する良好な基盤となっている。

ただし、管理システムの運用の信頼性を損なう主要な欠点が3件認められた。1つ目は、管理システムが、反芻動物由来の加工動物タンパク質の輸出に関する義務が関連施設や事業者によって果たされていることを全面的に保証しているわけではないことである。2つ目は、所轄機関が、カテゴリー3の動物副産物(食用とはなるが商業的理由で販売できないもの)のうち適格なものだけが飼料用加工動物タンパク質の生産に用いられていることを保証できていないことである。3つ目は、事業者が実施しているMethod 7 (Chapter III of Annex V to規則(EC) No 1774/2002 附属書V 第3章に記載の動物副産物加工法)に関する所轄機関による評価が、全ての細菌学的基準が本当に満たされていることを保証できていないことである。

  • ポルトガル―国家査察システム

2017-6027 - National Audit Systems - Portugal PT

2018-3-16

http://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_id=3936

2017年9月4〜8日にポルトガルで実施された査察の報告。飼料および食品法ならびに動物の健康と福祉に関する規則が遵守されていることを、公的管理が検証するシステムに関し、評価が行われた。規則(EC) No 882/2004に関し、2つの主要な中央管轄機関(CCAs)、農業・海洋・環境・国土計画の総合監察局(IGAMAOT)、ならびに食品・獣医総局(DGAV)が導入している制度が査察対象に入れられた。

2つのCCAsはともに、指令2006/677/ECを満たすべく、査察の適切な制度を整備していた。査察業務の独立性は保たれ、査察官は業務に十分な能力を有していた。

査察結果は、システム全体にわたる問題や改善の余地の特定に役立てられている。しかし後期管理システムは、以下のような(他の加盟国でも一般的な)問題点に取り組むことでより強固になると考えられる。

・査察計画がリスクに基づいたものであることを示す根拠とその透明性が不十分。

・IGAMAOTについては、査察プロセスの独立性を精査する体制を欠いている。

査察の報告に関しては、特に以下のような点で改善の余地がある。

・実際に評価した活動やその評価の結果が必ずしも明確に記載されていない。

・特定の所見に結び付けた根拠や方法論、公的管理の有効性、および組まれた制度の適切性が明確に述べられておらず、いくつかの査察ではその分野に関する法的要件を評価したかどうかが曖昧。

好適な事例として、DGAVの「査察を受ける側のための優良査察実施マニュアル」を用いた取り組みと、このコンセプトに則ったトレーニングが挙げられる。

しかし、マデイラ諸島では、査察体制を欠いており、この地域での公的管理は審査を受けておらず、EUの法的要件を満たしていないことになる。アゾレス諸島ではDGAVによる査察体制があり、これをマデイラ諸島などにも適用する価値があると考えられる。

  • ブルガリア―輸入管理‐文書検査

2017-6044 - Import controls - documentary checks - Bulgaria BG

2018-3-16

http://ec.europa.eu/food/audits-analysis/audit_reports/details.cfm?rep_id=3935

2017年9月11〜15日にブルガリアにおいて、EU境界での文書検査の管理システムを評価した。必要に応じて輸入管理システムの組織も評価した。位置づけが様々な機関の間で、また管轄機関と税関の間で、協調と協力が保たれていた。TRACESシステムを介して、対象となる全ての積送品が公的管理に提示される。国内法は、特別な輸入条件の対象となる非動物由来の食品や飼料の積送品の全てが文書検査を受けること、および管轄機関がこれらの積送品についてTRACESを使用することを求めている。全般的に、動物由来及び非動物由来製品の文書検査は的確に実施されているが、文書検査にもその後の輸入の許可過程にも改善の余地が確認された。また、いくつかの事例では、十分に詳細な指示を欠いたために、公的機関が誤った行動を取り、一貫性を欠く取り組みを行っていた。検証活動を欠いているために、中央管轄機関が公的管理の適切で効果的な実施を確実にする能力の面で、脆弱さが生じている。訪問した施設は、おおよそ目的にかなっており(ソフィア空港の国境検査所を除く)、衛生要件も満たしていた。

[]カイロプラクティックの広告についてのCAPの助言

CAP advice on advertising and Chiropractic

https://register.gotowebinar.com/register/5059138164326816514

2017年末にガイダンスを更新したことを受けてWed, Jun 27, 2018にウェブセミナー

(整体だかマッサージだかの広告(チラシ)もひどい。医者では治らなかった病気が治るだの妊婦に薦めるだの)

[]職業疾患監視予防全国ネットワーク:職業由来がんの新しいデータ発表

National Network for the Monitoring and Prevention of Occupational Diseases: new data published on cancers of occupational origin

06/06/2018

https://www.anses.fr/en/content/national-network-monitoring-and-prevention-occupational-diseases-new-data-published-cancers

アスベストが職業がんで調べた事例の42%で圧倒的に多く、次が多環芳香族炭化水素で6.5%。職業としては建設業労働、冶金、自動車販売や修理。

その他

  • 卵のフィプロニル:「オーガニック」農業が生み出されていなかったらどうだったろう?

European Scientist

編集者のコーナー

Eggs Fipronil: what if “organic” agriculture hasn’t been invented yet?

By Jean-Paul Oury - 21.06.2018

https://www.europeanscientist.com/en/editors-corner/eggs-fipronil-what-if-organic-agriculture-hasnt-been-invented-yet/

新しい食品スキャンダルが培養されている−数日前、有機卵からフィプロニルと約15の未承認製品が発見された。この事例はオランダのNGO Foodwatchが報告したものである。この物質は鶏農場の赤いダニ(ワクモ)をコントロールするのに使われる抗寄生虫薬である。我々が関心をもったのはフィプロニルのリスクについて、ではなく、影響を受けているのが「有機」部門であるという事実である。このことは通常誰もがあえて口にしない疑問を表面化させる。

このような事例が繰り返されたらどうなる?消費者がオーガニックの利益を疑い始めるリスクがあるのでは?近年、有機認証は全ての疑いをうまくやり過ごす評判を謳歌している。しかし疑問は尽きることはない。既に我々が議論しているように、ジャーナリストのGill Rivière Wecksteinは「オーガニックが答えだろうか?」と問う。彼はフランスオーガニック機関の調査結果を引用して、有機認証製品を買う消費者の63%は「健康のため」と答えているが、専門家は「オーガニックの方が健康によいという証拠はない」という。また慣行栽培の食品が健康に悪いという根拠もない。かつて有機農業を支持していたもと活動家のINRAの「食品とがん」のチームを率いる専門家も、「これらの製品を毒性学者として科学的に研究し始めると、オーガニック食品を好む客観的理由はないことを発見した」という。この問題についての最新の論文ではオーガニックとそうでない食品との間に幾分かの組成の違いはあるもののあまりにもわずかでヒトの健康に測定可能な影響を与えることはない。では人々がオーガニックを買うのは何故か?「農薬を使わない」農業だと固く信じているからであろう。Harris Interactiveの調査によるとフランス人の2人に1人は有機農業でも農薬を使うことを知らない。そしてオーガニック食品による食中毒事件も多数おこっている。しかもそれは運が悪かったためではない。細菌のリスクを予防するための技術のいくつかがオーガニックでは禁止されている。

なのにどうしていわゆる有機農業は消費者に歓迎され続けているのだろう?

(いろいろ略

「フィプロニルと約15の未承認製品」が気になるのだがオランダ語でわからない

これ?

Gewobde inspectierapporten: naast fipronil nog minstens 15 andere verboden middelen

16-06-2018

https://www.foodwatch.org/nl/onze-campagnes/onderwerpen/nvwa/actuele-nieuwsberichten/gewobde-inspectierapporten-naast-fipronil-nog-minstens-15-andere-verboden-middelen/

  • 大麻依存は現実で、増加している、保健担当官が言う

Marijuana addiction is real, and rising, health officials say

By Christine Vestal Washington Post June 24, 2018

https://www.bostonglobe.com/news/nation/2018/06/24/marijuana-addiction-real-and-rising-health-officials-say/16QBOwue6GKm1z2eZ5ajxL/story.html

  • 子どもの肥満:新しい対策はあなたの人生を楽にするか?

BBC

Child obesity: Will new measures make your life easier?

24 June 2018

https://www.bbc.com/news/uk-44592585

政府は子どもの肥満対策としてスーパーマーケット、ジャンクフードの広告、レストランのメニューを標的に新しい規則を計画している

店の入り口やレジのそばでお菓子を売ったりひとつ買うともう一つもらえるといったことが禁止される

  • 2頭の犬の100匹のダニを治療してアルバータの動物病院が警告

Alberta vet clinic issues warning after 2 dogs treated for 100 ticks

Jun 23, 2018

https://www.cbc.ca/news/canada/edmonton/alberta-dogs-ticks-warning-1.4718782

獣医は毎年ダニが増加しているという

ノミ・ダニ予防薬を薦める

(写真が可哀想。このフィプロニルの毎月使用は明確に効果があるのだけれど、ペットにさわることによる暴露量のほうが回収されて破棄された卵を食べた場合より多いだろう)

  • NIHはアルコール研究をとりやめ、他の疑わしい研究を狩り始める

NIH kills alcohol trial, starts hunt for other suspect studies

Meredith Wadman

Science 22 Jun 2018:Vol. 360, Issue 6395, pp. 1286

NIHは調査の結果1億ドルの適量飲酒の心臓への利益の可能性についての臨床試験を中止した。NIH長官Francis Collinsは6月15日の助言委員会会合で、NIHの27の研究所で他に類似の問題がないか2ヶ月間徹底調査することを命令した。